幸せになるための27のドレス 27 Dresses (2008) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

27回ものブライズメイドをこなした女性に巻き起こる騒動を描く、監督アン・フレッチャー、主演キャサリン・ハイグルジェームズ・マースデンマリン・アッカーマンジュディ・グリアエドワード・バーンズ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:アン・フレッチャー
製作
ロジャー・バーンバウム

ゲイリー・バーバー
ジョナサン・グリックマン
製作総指揮
ベッキー・トルヒーリョ
エリン・スタム
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ

撮影:ピーター・ジェームズ
編集:プリシラ・ネッド=フリエンドリー
音楽:ランディ・エデルマン

出演
ジェーン・ニコルズ:キャサリン・ハイグル

マルコム・ケヴィン・ドイル:ジェームズ・マースデン
テス・ニコルズ:マリン・アッカーマン
ケイシー:ジュディ・グリア
ジョージ:エドワード・バーンズ
トレント:モーリク・パンチョリー
ハル・ニコルズ:ブライアン・カーウィン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2008年製作 110分
公開
北米:2008年1月18日
日本:2008年5月28日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $76,808,654
世界 $160,259,319


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1986年。
8歳のジェーン・ニコルズは、”結婚式”というものに魅せられて、自分の生甲斐を見つけ、いつか自分にもその日が訪れることを待ち望んでいた。

成長して、ニューヨークで働くようになったジェーン(キャサリン・ハイグル)は、結婚式のブライズメイドとして27着ものドレスを持ち、忙しい毎日を送っていた。

そんなジェーンは、人の世話に追われて適齢期を過ぎてしまい、自分の結婚など二の次だった。

ある日、ジェーンは、結婚式会場でのアクシデントで頭を打ち気絶してしまい、取材で居合わせた新聞記者ケヴィン・ドイル(ジェームズ・マースデン)に介抱される。

結婚式など偽善だというケヴィンと、意見が合うはずもないジェーンは、そそくさと帰宅する。

ケヴィンは、ジェーンが落として行ったスケジュール帳を見つける。

ジェーンは、会社の上司ジョージ(エドワード・バーンズ)に思いを寄せているのだが、自分の気持ちを伝えられず、そんな彼女を見た、同僚ケイシー(ジュディ・グリア)は苛立ってしまう。

そんな時、ニューヨークにやって来た妹テス(マリン・アッカーマン)をジェーンは歓迎する。

その夜、バーでジョージが自分に”好意”があるのではと思い込んだジェーンだったが、その矢先、現れたテスに彼は一目惚れしてしまう。

その後、ジェーンの前にケヴィンが現れ、”好意”の花が彼からの贈り物だとわかり、手帳を返してもらう。

ジェーンはケヴィンの誘いを断り、意気投合したジョージとテスにショックを受けながら帰宅してしまう。

ジョージとテスが、一夜で親密な関係になったことを知ったジェーンは動揺し、手帳に自分の名前を書き込んで気を引こうとするケヴィンを鬱陶しく思う。

ジョージに気に入られようと、好きでもないアウトドアや菜食主義者に成りすますテスを見て、ジェーンは益々嫉妬する。

ある日、ジョージが会社に財布を忘れていったことに気づいたジェーンは、それを彼に届ける。

そこでジェーンは、ジョージがテスにプロポーズする場に遭遇してしまう。

”結婚スペシャリスト”の自分に、何でもさせようとするテスに腹を立てたジェーンは、急にケヴィンに会う気になり鬱憤を晴らす。

結婚の準備を進めるジェーンは、テスが、ケヴィンも式に招待していることを知り、さらに彼が、自分のお気に入りのウエディング記事の記者だったことを知る。

ケヴィンはジェーンのアパートに現れ、彼女が、友達との思い出のためにため込んだ27着のドレスを見せてもらう。

ドレスを捨てられず、人の結婚式の世話ばかりしている、ジェーンの気持ちがケヴィンには理解できない。

数日後、式の料理のチェックをしていたジェーンとジョージを見かけたケヴィンは、一目で彼女がジョージに好意を持っているのに気づく。

それをケヴィンに問い詰められ、口論になったジェーンは、雨でハンドルを誤り車が立ち往生してしまう。

二人は、バーで酔ううちに打ち解け、車の中で愛し合ってしまう。

しかし、ケヴィンが、自分のドレスを題材に記事を書いたのを知ったジェーンは、憤慨して彼の前から姿を消す。

わがまま振りを、”ゴジラ・ブライド”と非難されたテスも激怒する。

同僚のケイシーやジョージは、ジェーンを気遣い慰める。

そんな時、テスは、亡くなった母親の想い出のウェディングドレスにハサミを入れてアレンジしてしまう。

それを見たジェーンはショックを受け、善人のジョージに不幸な結婚をさせないよう、彼女はテスの本性をバラしてしまおうとする。

婚約パーティーの席上、ジェーンはテスが、動物好きでも菜食主義者でもないことなどをスライドで暴露してしまい、ジョージは、彼女に失望してその場から立ち去ってしまう。

ジェーンの友人ケイシーは、テスの行動にに批判的ではあったが、ジェーンのやり方も非難する。

後味の悪いジェーンは、テスから婚約を解消したことを聞き、自分のしたことを後悔する。

動揺するジェーンの前に現れたケヴィンは、記事のことを謝罪し、これからは自分を補助してくれる人を探すべきだと助言し、潔く彼女の元から去っていく。

テスと話し合ったジェーンは、テスが恋人にフラれて失業してニューヨークに戻り、ジョージと出会ったのをきっかけに、心を入れ替えようと思ったことを知る。

そしてテスは、ジェーンが、母親のように人の世話ばかり焼かずに、姉として生きる人生もあるはずだと助言する。

思い立ったジェーンは、27着のドレスを処分する決心をして、ジョージに自分の気持ちを伝え、会社を辞めることにする。

ジョージは思わずジェーンにキスをするが、2人はそれが、どうもしっくりこないことに気づく。

そしてジェーンは、自分が求めている男性がケヴィンだと気づき、彼を捜しに取材現場の結婚式場に向かう。

ジェーンは式場の船に飛び乗り、花嫁の好意でステージに上がり、ケヴィンに対して愛を告げる。

ケヴィンはジェーンを呼び寄せ、2人は抱き合いキスをする。

1年後、ジェーンとケヴィンの浜辺での結婚式の日。
ジェーンは、ブライズメイドを務めるテスとケイシーに付き添われ、ケヴィンの元へと向かう。

そして、ジェーンの27着のドレスを着たブライズメイド達も、2人に祝福の眼差しを贈っていた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

子供の頃、結婚式というものに魅せられたジェーン・ニコルズは、いつか、自分にもその日が訪れると待ち望みながら、結婚式のブライズメイドとして、27着ものドレスを持つ忙しい毎日を送っていた。
人の世話に追われ、適齢期を過ぎてしまったジェーンは、ある結婚式会場でアクシデントに遭い、気絶した自分を介抱した新聞記者ケヴィンに出会う。
しかし、結婚式など偽善だというケヴィンと、ジェーンは意見が合うはずもなかった。
そんなジェーンは、上司のジョージに思いを寄せているのだが、その気持ちを伝えられないでいた。
その後、ジェーンを訪ねて来た妹テスに、なんとジョージが一目惚れし、プロポーズまでしてしまう。
ショックを受けたジェーンは、鬱憤晴らしにケヴィンに会う気になるのだが・・・。
__________

振付師、そしてダンサーでもあるアン・フレッチャーが監督し、「プラダを着た悪魔」(2006)のアライン・ブロッシュ・マッケンナが脚本を担当した作品。

北米で約7700万ドル、全世界では約1億6000万ドルの興行収入を上げるヒットとなった作品。
世話焼きな女性が、自分の幸せを真剣に
求めた時、新たに生まれる周囲の幸せに気づくという、どちらかと言えば、古風で地味な考えの女性が、成長していく姿を描いたドラマとして、結末は実に爽やかだ。

幸せな主人公2人の、結婚が記事になり、その記事を利用して始まるエンドロールもなかなか洒落ている。

ヒロイン役のキャサリン・ハイグルの個性をやや控えめに描き、恋に積極的になれない主人公の人物像をうまく描写しているものの、何となく妹役のマリン・アッカーマンや、同僚役のジュディ・グリアの方が、スクリーン上で見栄えがしてしまうようなところなどがやや気になる。

キャサリン・ハイグルは、バリバリのキャリア・ウーマン風で登場するものの、質素で人間味もあり、意図的に周囲を際立たせている演出でもある。

悪戯っぽいところもあるが、率直で男らしい演技を見せてくれるジェームズ・マースデンの熱演も光る。

いかにも派手な遊び人風の雰囲気で好演するマリン・アッカーマン、皮肉屋だが思慮深さも兼ね備える同僚ジュディ・グリア、典型的なエリートでありナイスガイを演ずるエドワード・バーンズ、主人公の父ブライアン・カーウィンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター