30デイズ・ナイト 30 Days of Night (2007) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年8~10月にかけて掲載された”IDW Publishing同名コミック・ミニシリーズを基に製作された作品。
冬季に30日間も夜が続く”極夜”を迎えるアラスカ最北端の町で起きる住民とヴァンパイアの戦いを描く、製作サム・ライミ、監督デヴィッド・スレイド、主演ジョシュ・ハートネットメリッサ・ジョージダニー・ヒューストンベン・フォスター他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:デヴィッド・スレイド
製作総指揮
ジョセフ・ドレイク

オーブリー・ヘンダーソン
ネイサン・カヘイン
マイク・リチャードソン
製作
サム・ライミ

ロブ・タパート
原作
スティーヴ・ナイルズ

ベン・テンプルスミス
30 Days of Night
脚本
スティーヴ・ナイルズ

スチュアート・ビーティー
ブライアン・ネルソン
編集:アート・ジョーンズ
音楽:ブライアン・レイツェル

出演
エバン・オルソン:ジョシュ・ハートネット

ステラ・オルソン:メリッサ・ジョージ
マーロー:ダニー・ヒューストン
見知らぬ男:ベン・フォスター
ボウ・ブロワー:マーク・ブーンJr.
ジェイク・オルソン:マーク・レンドール
ビリー・キトカ:マヌー・ベネット
デニス:アンバー・セインスベリー
ウィルソン・ブロサン:クレイグ・ホール
アイザック・ブロサン:チック・リトルウッド
ダグ・ハーツ:ジョエル・トベック

カーター・デイヴィス:ナサニエル・リーズ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2007年製作 113分
公開
北米:2007年10月19日
日本:2009年8月22日
製作費 $32,000,000
北米興行収入 $39,568,996
世界 $75,505,973


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アラスカ州、アメリカ最北の町バロウ
今年も、30日間も夜が続く”極夜”のシーズンを迎える。

太陽が昇る最後の日
住民は街を離れる準備を始め、その中には、保安官のエバン・オルソン(ジョシュ・ハートネット)と離婚する同じ保安官妻ステラ(メリッサ・ジョージ)もいた。

署に戻ったエバンは、事故を起したステラから、空港に送って欲しいという連絡を受けるが、保安官補ビリー・キトカ(マヌー・ベネット)に代わりに行かせる。

その後、呼び出されたエバンは、ある住民の犬が殺された現場を確認する。

空港に向かったステラだったが、結局、飛行機に乗り遅れ、出発を1ヶ月先延ばしにすることになる。

ダイナーに向かったエバンは、店で言いがかりをつける見知らぬ男(ベン・フォスター)を表に出そうとして一触即発になるが、現われたステラが彼に銃口を向ける。

同じ頃、町では住民達が、何者かに噛み殺される事件が起きていた。

男を署に連行し拘留したエバンは、彼の素性を調べようとするが、男は、恐ろしい奴らが現われるとだけ語る。

やがて、電話が不通になり電気も止まり、弟のジェイク(マーク・レンドール)とステラらを残し、エバンは町を見回りに行く。

殺人があったことを知ったエバンは、住民達に危険を知らせ、署に戻り男に誰を連れて来たのかを尋ねる。

ビリーらの様子を見に行こうとしたエバンにステラも同行し、二人は、車の屋根に飛び乗って来た何者かに襲われるが、それを振り落とし町に戻る。

署に戻ったエバンとステラは、ジェイクらが惨殺されたことを知るが、男は見逃されていた。

その頃、ヴァンパイアのマーロー(ダニー・ヒューストン)率いる一団は、獲物を狩り始める。

ステラとダイナーに向かったエバンは、そこにジェイクが避難していたことを知り、逃亡の方法を考える。

その後、ある民家に向かった生存者だったが、エバンとステラはマーローらに襲われてしまう。

しかし、現われた住民のボウ・ブロワー(マーク・ブーンJr.)が二人を助け、彼らは生存者が隠れている場所に向かう。

エバンは、町に詳しい自分達が有利だと言って皆を励まし、生き抜く手段を考える。

その頃、署に向かったマーローは、役目は終えたと言って男を殺害する。

敵が迫る中、エバンは食料を確保して配管路に向かう決断をして、吹雪を待つことにする。

7日目
自分達を見つけるために囮に使われた女性が惨殺され、食料を探しに行ったエバンは、ヴァンパイア化していた知人を、止むを得ず殺して仲間達の元に戻る。

エバンが休んでいる間に、老人アイザック・ブロサン(チック・リトルウッド)が表に出てしまい、その息子ウィルソン(クレイグ・ホール)もそれを追うが、二人はヴァンパイアの餌食となる。

やがて吹雪になり、エバン達は商店で食料品などを確保するが、ヴァンパイア化した少女に襲われ、ジェイクが彼女を殺す。

18日目
移動しようとしたエバンは、栽培用の紫外線ランプを使いヴァンパイアに光を浴びせようと考え、エバンが発電機を作動させている隙に、ステラらは署に戻る。

マーローらはエバンに襲いかかり、ランプを点灯されて仲間を傷つけられるが、電源を切ってしまう。

ボウが、エバンを助けるために犠牲になり、彼は署に戻ることが出来る。

エバンは、ダグ・ハーツ(ジョエル・トベック)も殺されたことを知り、少女に噛まれ異変を感じ始めたカーター・デイヴィス(ナサニエル・リーズ)に頼まれて彼を殺す。

27日目
ビリーが生存していたことが分かるが、彼は妻子を命を奪ってしまっていた。

署にビリーを連れ帰ったエバンとステラだったが、ジェイクらの姿が見えず、彼らが向かったと思われる配管路に急ぐ。

途中、少年を助けたステラはエバンと別れ、彼は配管路でジェイクらと合流する。

エバンはステラが来ていないことを知り、到着したビリーがヴァンパイアに襲われるのを助けるが、既に噛まれていた彼を殺すしかなかった。

ステラから無線連絡があり、通りの車の下に隠れていることが分かるが、マーローらはパイプラインを壊して石油を町に流し火を放つ。

エバンは、ステラを助けるために、ビリーの血液を注射器で抜き取り自分に打ち、ジェイクに別れを告げる。

マーローに立ち向かったエバンは彼を倒し、やがて30日ぶりに太陽が昇る。

そして、エバンは日の光を浴び、ステラに抱き寄せられながら息絶える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アラスカ州、アメリカ最北の町バロウでは、今年も、30日間の夜が続く”極夜”のシーズンを迎えようとしていた。
人々は町を去る準備を始め、その中には、保安官エバン・オルソンと離婚するステラもいた。
やがて、住民の犬が殺される事件が起き、エバンはそれを確認し、ステラは事故に遭い飛行機に乗り遅れて町に戻る。
見知らぬ男を捕らえたエバンは、戻った同じ保安官のステラと共に署に向かう。
男は、恐ろしい奴らが現れると言ってエバンに警告し、やがて電話が不通になり電気が消える。
その後、見回りに行ったエバンは殺人を確認し、住民に警戒するよう呼びかける。
そして、闇の世界に現われた、マーロー率いるヴァンパイア集団が、容赦なく住民に襲い掛かる・・・。
__________

カルト映画監督でも知られる、「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミが製作に参加していることも注目の作品。

日の光が致命傷になるヴァンパイアが、30日間も夜が続く町で獲物(人間)を狩るという発想が恐ろしい。
実際のバロウは、11月から1月に渡って、なんと68日間も太陽が昇らない。
いくら作り話とは言え、バロウに住む人々は、本作をどのような目で観るのだろうか。

アメリカ最北端の町の雰囲気をよく出している町のセットやロケは、実は殆どがニュージーランドで撮影された。

自らを犠牲にして、家族や生存者を守る保安官ジョシュ・ハートネット、彼と離婚するものの、生き抜くために共に力を尽くす同じ保安官メリッサ・ジョージ、ヴァンパイアのリーダーを怪演するダニー・ヒューストン、彼に操られる謎の男ベン・フォスター、主人公の弟役マーク・レンドール、保安官補のマヌー・ベネット、生存住民役のマーク・ブーンJr.アンバー・セインスベリークレイグ・ホールチック・リトルウッドナサニエル・リーズジョエル・トベック、殆どがニュージーランドの俳優が演じている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター