8mm (1999) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大富豪が遺したスナッフ(殺人)フィルムの謎を追う私立探偵が巻き込まれる事件を通して、アメリカ社会の闇の世界を描く、製作、監督ジョエル・シューマッカー、主演ニコラス・ケイジホアキン・フェニックスジェームズ・ガンドルフィーニピーター・ストーメア他共演のサスペンス・スリラー。


スリラー/ホラー

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョエル・シューマッカー
製作
ギャヴィン・ポローン

ジュディ・ホフランド
ジョエル・シューマッカー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:マーク・スティーヴンス

音楽:マイケル・ダナ

出演
ニコラス・ケイジ:トム・ウェルズ
ホアキン・フェニックス:マックス・カリフォルニア
ジェームズ・ガンドルフィーニ:エディー・プール
ピーター・ストーメア:ディーノ・ヴェルヴェット
アンソニー・ヒールド:ロングデール
クリス・バウアー:マシーン
キャサリン・キーナー:エイミー・ウェルズ
マイラ・カーター:クリスチャン夫人
ジェニー・パウエル:メアリー・アン・マシューズ
エイミー・モートン:ジャネット・マシューズ
ノーマン・リーダス:ウォレン・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1999年製作 123分
公開
北米:1999年2月26日
日本:1999年5月
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $36,283,504
世界 $96,618,699


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

私立探偵のトム・ウェルズ(ニコラス・ケイジ)は、妻エイミー(キャサリン・キーナー)と、生まれたばかりの娘とで静かに暮らしていた。

ある日トムは、大富豪クリスチャン夫人(マイラ・カーター)の顧問弁護士ロングデール(アンソニー・ヒールド)に呼ばれる。

クリスチャン夫人は、実業界の大物の夫が遺した遺品の中にあった、残虐な少女のスナッフ(殺害)フィルムの調査をトムに依頼する。

フィルムを見たトムは、その異常性から警察の鑑定を勧めるが、ロングデールと夫人は、故人の名に傷がつくという理由からそれを断り、トムは調査を受けることにする。

エイミーと娘に別れを告げたトムはクリーブランドに向かい、手がかりを基に、行方不明者のリストの中から、1993年に失踪したメアリー・アン・マシューズ(ジェニー・パウエル)という、16歳の少女の存在を見つける。

トムは、早速メアリーの母親ジャネット(エイミー・モートン)に会い、彼女からメアリーの家出をした時の状況を聞く。

母親に宛てた、メアリーの手紙と日記を見つけたトムは、それをジャネットに知らせず持ち帰る。

その後トムは、メアリーが、ウォレン・アンダーソン(ノーマン・リーダス)という男友達と、ハリウッドに向かったことを知る。

トムはウォレンの父に接触するが、彼は刑務所に入っているということだった。

ウォレンはエイミーを見捨てていて、再びジャネットに会ったトムは、日記を戻して立ち去る。

ハリウッド
トムは、アダルト・ショップの店員マックス・カリフォルニア(ホアキン・フェニックス)に近づく。

スナッフ・フィルムの、裏ルートに関する情報を探したトムは、手がかりは掴めない。

やがてトムは、メアリーを知る修道女を見つけ、彼女の所持品のメモから、ポルノ・ビデオの製作者エディ・プール(ジェームズ・ガンドルフィーニ)に目をつけて監視する。

エディに探りを入れたトムは、闇ポルノ・ビデオ界の大物監督ディーノ・ヴェルヴェット(ピーター・ストーメア)の存在を知り、コネのあるマックスを連れてニューヨークに向かう。

ディーノのテープを買い込み調べ始めたトムは、メアリーのフィルムに映っていた仮面の男マシーン(クリス・バウアー)に気づく。

トムとマックスはディーノに接触し、マシーンを使ったビデオの製作を依頼する。

その後、マックスにロサンゼルスに帰るよう指示したトムは、ディーノの撮影現場に向かう。

しかしディーノは、そこに現れたエディとマシーンとでトムを拘束し、ある人物に会わせる。

なんとそれは、依頼人の顧問弁護士ロングデールだった。

さらに、ロサンゼルスに返したはずのマックスが痛めつけられ、ディーノはトムにフィルムの返還を迫る。

メアリー殺害フィルムを撮らせたのは、故人クリスチャンとロングデールだったのだ。

トムはフィルムを渡すが、マックスは殺されてフィルムは焼却される。

しかし、山分けするはずの金額が、実際は100万ドルだったことが分かり、仲間割れが始まり、ロングデールとディーノは相撃ちとなり命を落とす。

その隙に銃を奪い逃走したトムは、妻エイミーに連絡を取って避難させ、クリスチャン夫人に真実を知らせる。

エイミーと落ち合ったトムは、動揺する彼女を落ち着かせて、クリスチャン夫人の元に向かうが、唯一の証人だった夫人は自殺した後だった。

トムは夫人からの謝礼金をエイミーに渡し、ロサンゼルスに飛び、エディを痛めつけてメアリーを殺したマシーンを捜す。

トムは、メアリーの母親ジャネットに連絡を入れ、メアリーが殺されたことを伝え、犯人への制裁の許可を得る。

エディを殴り殺したトムは、彼の作ったビデオと共に遺体を焼き払い、マシーンを捜し出し、格闘の末、傷を負いながらも彼を倒す。

エイミーと娘の元に戻ったトムは、むごい事件を体験し抜け殻のようになってしまう。

しかし、ジャネットからの感謝の手紙を受け取ったトムは、安堵の表情を浮かべる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

私立探偵のトム・ウェルズは、大富豪クリスチャン夫人の顧問弁護士ロングデールに呼ばれる。
夫人は、実業界の大物である夫の遺品の中にあった、残虐な少女のスナッフ(殺害)フィルムの調査をトムに依頼する。
異常なフィルムを見たトムは、それを警察に任せるように勧めるが、二人は、故人の名を傷つけたくないことを伝える。
調査を受けることにしたトムは、手がかりを基に、行方不明者リストの中から、メアリーという16歳の少女の存在に注目し、彼女の母親ジャネットに会う。
トムは、メアリーが母親に宛てた手紙と日記を見つけ、それを参考に、彼女がウォレンという男友達とハリウッドに向かったことを知る。
ハリウッドに着いたトムは、アダルト・ショップの店員マックスと接触し、スナッフ・フィルムの裏ルートに関する情報を入手しようとするのだが・・・。
__________

実業界の大物の歪んだ趣味や、家庭崩壊による家出少女の殺害など、現代社会の問題を、ジョエル・シューマッカーは、リアルな映像で衝撃的に描いている。

残酷なシーンや描写が多く、じっくり見るには少々覚悟がいる作品でもある。

そのためか、当時ハリウッドの頂点を極めようとしていたニコラス・ケイジ作品にしては、商業的に平凡な結果終わってしまった。

北米興行収入 $36,283,504
世界 $96,618,699

主演のニコラス・ケイジは、平穏な家庭を持つ男性と、行動力ある私立探偵を、メリハリのある演技で熱演して、ナイーブさと逞しさの両面見せてくれる。

事件に首を突っ込み過ぎて殺害される、アダルト・ショップの店員ホアキン・フェニックス、主人公に制裁を加えられる、ビデオの製作者ジェームズ・ガンドルフィーニスナッフ・フィルムを撮った業界の大物監督ピーター・ストーメア、それを指示した黒幕アンソニー・ヒールド、夫の危険な仕事を知らぬまま怯える主人公の妻キャサリン・キーナー、フィルムの調査を依頼する富豪夫人役のマイラ・カーター、被害者の母親エイミー・モートンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター