テキサスの五人の仲間 A Big Hand For the Little Lady (1966) 3.83/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

年に一度の大勝負のポーカー・ゲームに割り込んだ夫婦とメンバー5人の富豪との絡み合いと、その裏に隠された策略を描く、主演ヘンリー・フォンダジョアン・ウッドワードジェイソン・ロバーズバージェス・メレディスバージェス・メレディス他共演、製作、監督フィルダー・クックによるコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:フィルダー・クック
製作:フィルダー・クック
脚本:シドニー・キャロル
撮影:リー・ガームス
編集:ジョージ・ロアーズ
音楽:デヴィッド・ラクシン

出演
メレディス/ベニー:ヘンリー・フォンダ

メアリー/ルビー:ジョアン・ウッドワード
ヘンリー・ドラモンド:ジェイソン・ロバーズ
ジョセフ・スカリー医師:バージェス・メレディス
ベンソン・トロップ:チャールズ・ビックフォード
オットー・ハバーショウ:ケヴィン・マッカーシー
ジェシー・ビュフォード:ジョン・クォーレン
デニス・ウィルコックス:ロバート・ミドルトン
C・P・バリンジャー:ポール・フォード
ジャッキー:ジェラルド・ミチェノード
サム・ライン:ジェームズ・ケニー/バーウィック
酒場の老人:チェスター・コンクリン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1966年製作 95分
公開
北米:1966年5月31日
日本:1966年10月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

テキサスラレド
娘の結婚式を延期した、大牧場主のヘンリー・ドラモンド(ジェイソン・ロバーズ)、絞首刑目前の被告の弁護を放棄した弁護士オットー・ハバーショウ(ケヴィン・マッカーシー)は、葬儀屋ベンソン・トロップ(チャールズ・ビックフォード)の迎えの馬車に乗り町に向かい、牛の仲買人ジェシー・ビュフォード(ジョン・クォーレン)とデニス・ウィルコックス(ロバート・ミドルトン)とホテルで顔を合わせ、年に一度の恒例となっている、ポーカー・ゲームを始める。

町の男達は勝負の行方を気にし、ジョセフ・スカリー医師(バージェス・メレディス)は、ドラモンドが勝っていることを知らされる。

翌朝、サンアントニオに向かう途中のメレディス(ヘンリー・フォンダ)と妻メアリー(ジョアン・ウッドワード)、そして、その息子ジャッキー(ジェラルド・ミチェノード)が現れる。

部屋を借りたメレディスは、ウィルコックが、大金と引き換えにチップを取りに来たのを見て驚いてしまう。

メレディスは、ホテルのサム・ライン(ジェームズ・ケニー/バーウィック)から、テキサスの富豪トップ5が、ポーカーで顔を揃えているのを聞き目を輝かせる。

メアリーは、ポーカーに目がないメレディスを心配するが、休息に現れたハバーショウが、彼女を一目で気に入る。

勝負を見学するだけだというメレディスは、メアリーが許可するという条件で、ハバーショウがそれを認める。

部屋に案内されたメレディスは、興味津々ゲームを見守るが、居ても立っても居られなくなり、メアリーとの約束を破り、参加料の1000ドルを部屋に取りに行こうとする。

ジャッキーはそれを止めようとするが、メレディスは息子を黙らせて、現金をチップに換えゲームに参加する。

わずか40エイカーの土地を求めて旅をするメレディスが、滑稽に思える5人は、興奮しながらカードを切る彼を興味深く観察する。

しかし、たちまちチップを減らしたメレディスは焦り始め、5人は容赦なく彼をからかい始める。

そして、チップが足りなくなったメレディスは、部屋に向かい現金3000ドルを持ち出しゲームを続けてしまう。

馬車の車輪を直しに行っていたメアリーは、ホテルの異様な雰囲気に胸騒ぎを感じる。

部屋に戻り、バッグの現金がなくなっていることに気づき、メアリーは、メレディスがポーカーをしていることをサムから知らされ愕然とする。

一方、メレディスはあっという間に3000ドル分のチップを失いかけ、賭けの不足金に困ってしまう。

そこに現れたメアリーはメレディスを責めるが、一生に一度の手だといって、馬車まで担保にしようとする。

興奮したメレディスは発作を起こして倒れ、ハバーショウはスカリー医師を呼ぶ。

駆けつけたスカリーは、メレディスが心臓病の薬を飲んでいることを知り別室に移す。

ドラモンドが、同情もせずにゲームの行方を心配したため、メアリーに気のあるハバーショウは彼を非難する。

その時、カードを握り締めながらうなされるメレディスは、自分の代わりにメアリーに勝負させようと、それを必死に伝える。

メアリーは、ゲームのやり方も分からないままテーブルにつき、女人禁制でもあり、反対する者もいたが、仕方なく彼女を仲間に加える。

ハバーショウがメアリーにルールを教えるが、懐中時計や馬車を担保にしても、その場の者は彼女に金を貸そうとしない。

そこでメアリーは、銀行に行き現金を工面しようとするが、それがルール違反だとウィルコックスに言われて引き止められる。

ハバーショウがメアリーに同行しようとするが、他の者も不正をする可能性があるため、結局はビュフォードだけ残り、彼女はメンバーを引き連れて銀行に向かう。

銀行の所有者C・P・ベリンジャー(ポール・フォード)に会い、事情を話したメアリーは、担保だと言って自分のカードを彼に見せる。

それには、ベリンジャーほかメンバーも呆気にとられてしまう。

ベリンジャーは、正気だと思えないメアリーの行動に驚き、彼女を追い払ってしまう。

ホテルに戻った失意のメアリーは、ドラモンドらにからかわれるが、そこにベリンジャーが現れる。

ベリンジャーは、メアリーのカードの手が生涯で最高の担保だと言い切り、5500ドルをチップに換え、5000ドルをレイズし、利子は6%だと彼女に伝える。

それを見た5人は勝負を降り、メアリーは大金を手にすることになる。

そこでウィルコックスがその場を去り、ベリンジャーは早速チップを換金しようとする。

トロップはメアリーに敬意を表し、他のメンバーも感心しながら彼女を見送る。

結婚式を延期していた家族の元に帰宅したドラモンドは、花婿に現金を渡し、本物の女性を探すよう、彼をその場から逃がしてしまう。

その頃メアリーは、実はグルだったスカリーやベリンジャー、仮病を使っていたベニー(メレディス)に分け前を分配する、親子でもなかったジャッキーを見つめる。

16年前に、不動産取引で騙されたベリンジャーの復讐劇で、ギャンブラーのルビー(メアリー)らを呼び寄せて仕組んだ大芝居だったのだ。

そして、ルビーは、ベリンジャーが制止するのも聞かず、稼いだ金でポーカーを始めようとして、ベニーも同席する。


解説 評価 感想 ■

フィルダー・クック(製作、監督)とシドニー・キャロル(脚本)による、1962年のテレビ劇”Big Deal in Laredo which aired on the DuPont Show of the Week”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

テキサスラレド
5人の大富豪による、年に一度の恒例行事であるポーカー・ゲームが始まる。
そこに、旅人一家メレディスと妻メアリー、そして息子のジャッキーが現れる。
ポーカーに目のないメレディスは、見るだけという条件でゲームを見学させてもらうのだが、そのうちに彼は参加を希望し、所持金をつぎ込んでしまう。
やがて、メレディスは勝負を続けられなくなり、メアリーに責められ、興奮するうちに発作で倒れてしまう。
仕方なくゲームを受け継いだメアリーは、掛け金を用意するため銀行に向かうが、責任者のベリンジャーに担保だと言って、カードの手を見せてしまう。
呆れたベリンジャーは、彼女を追い払うものの、生涯で最高の担保でもあると言って大金を用立て、メアリーに勝負を続けさせる・・・。
__________

初めて見ると、そのドラマ展開に引き込まれ、クライマックスのどんでん返しに驚くことだろうが、途中で何となく怪しげな雰囲気を感じるのも、注目を誘おうとする製作者側の意図かもしれない。

内容を知っていて見ても、名だたる演技派やベテランの演技を楽しめる、実に愉快な作品でもある。

個人的には、翌年に他界するチャールズ・ビックフォードの遺作として感慨深い作品であり、堅物に見える彼がメアリー(ジョアン・ウッドワード)に、勝負を終え敬意を表する場面などが印象的で胸が熱くなる。

また、ジョン・フォード一家の名バイプレイヤーとして活躍したジョン・クォーレンにとっても、劇場用映画ではこれが最後の出演作品となった。

終盤はクライマックスしか登場しないヘンリー・フォンダだが、ポーカー狂としてダメ勝負師を見事に演じている。

彼に代わり、後半は主役と言っていいジョアン・ウッドワードの、軽妙な詐欺師役も圧巻だ。

何も知らずに、大金を巻き上げられるものの、それを気にもせず、人生の教訓にするところなど、いかにも度量の広い大富豪を豪快に演ずるジェイソン・ロバーズ、彼が主人公らに絡むあたりから、どうも怪しい雰囲気となる医師バージェス・メレディス、ゲームのメンバーで、葬儀屋のチャールズ・ビックフォード、弁護士ケヴィン・マッカーシー、牛の仲買人のジョン・クォーレン、そしてロバート・ミドルトン、彼らに復讐を企てる銀行家ポール・フォード、詐欺師一味の息子役ジェラルド・ミチェノード、ホテルの主人役のジェームズ・ケニー/バーウィック、酒場の老人でチェスター・コンクリンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター