刑事ニコ/法の死角 Above the Law (1988) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎の俳優にして合気道の達人スティーヴン・セガールのデビュー作にして、原案と製作を担当した意欲作であり、彼が一躍世界中の注目を浴びた、製作、監督、原案、脚本アンドリュー・デイビスパム・グリアヘンリー・シルヴァシャロン・ストーン他共演のハード・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:アンドリュー・デイビス
製作
アンドリュー・デイビス

スティーヴン・セガール
原案
アンドリュー・デイビス
スティーヴン・セガール
脚本
アンドリュー・デイビス

スティーヴン・プレスフィールド
ロナルド・シャセット
撮影:ロバート・ステッドマン
編集:マイケル・ブラウン
音楽:デヴィッド・マイケル・フランク

出演
ニコ・トスカーニ:スティーヴン・セガール

デロリス”ジャックス”ジャクソン:パム・グリア
カート・ゼイガン:ヘンリー・シルヴァ
ネルソン・フォックス:チェルシー・ロス
サラ・トスカーニ:シャロン・ストーン
ラキッチ:ロン・ディーン
バーの男:マイケル・ルーカー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1988年製作 99分
公開
北米:1988年4月8日
日本:1988年10月
北米興行収入 $18,869,631


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニコ・トスカーニ(スティーヴン・セガール)は、合気道に憧れ日本に渡っていた際、 アメリカ大使館主催のパーティーでCIAのネルソン・フォックス(チェルシー・ロス)に出会う。

1973年。
ベトナム戦争時、CIAの特殊工作員として現地で任務に就いていたニコは、 非人道的な行為を繰り返す同僚カート・ゼイガン(ヘンリー・シルヴァ)らの行動に嫌気が差す。

その後ニコは、CIAを辞め故郷のシカゴに戻り刑事となる。

1988年。
妻サラ(シャロン・ストーン)と子供の洗礼式を終えたニコは、相棒のデロリス・ジャクソン(パム・グリア)と、身内の少女の行方を追い、大きな麻薬取引の情報を入手する。

その情報を基に、同僚達と張り込みをするニコらは、現場にFBIも来ていることを気にしながら、密売人らを捕らえる。

押収品を同僚のラキッチ(ロン・ディーン)と調べたニコは、そこから、軍隊用のプラスチック爆弾(C-4)を見つける。

逮捕された犯人は、FBIの協力者だという理由で釈放され、そこに現れたゼイガンは彼らに警戒するよう伝える。

それに納得いかないニコは、ジャックスと共に独自捜査を始める。

釈放された男達を追ったニコとジャックスは、彼らが向かった教会の、知人でもある神父に呼び止められる。

そこでニコは、教会が南米からの難民を保護していることを知らされる。

数日後、ニコが教会の礼拝に参加している最中、ある女が置いていった紙袋が爆発して、神父はその犠牲になり死亡する。

その爆薬が押収した物と同じだと判断したニコは、その線で強引な捜査を進める。

ある夜、自分や家族が危険な状況下にあることを、CIAの元同僚フォックスからの電話でニコは知らされる。

その後、不法捜査と命令違反で、警察バッジと拳銃を押収されたニコは、民間人として事件を探る。

ジャックスの協力で、中米の麻薬ルートの調査をしていた上院議員秘書が、教会爆破の犠牲者だったことにニコは目を付ける。

ニコは、その秘書と連絡をとろうとしていた、難民を匿っていた神父を追い、家族を避難させ同僚ラキッチに後を任せる。

そしてニコは、警察に保管されているはずのプラスチック爆弾(C-4)を、CIAのフォックスが持ち出したことを知る。

ゼイガンが企んでいる、中米関連の計略を知った神父は捕らえられ、彼に化学的尋問にかけられる。

そこに、ニコとラキッチが押し入り銃撃戦となり、彼らを助けようとしたジャックスが撃たれてしまう。

逃げ延びたニコはジャックスのことを案ずるが、彼女が防弾チョッキを着ていたために、無事だったことを知り安堵する。

その後、ニコには家族を襲うという脅迫状も届き、妻サラからは手を引くよう言われるが、彼はそれに怯まずゼイガンを追う。

張り込み中にフォックスが現れ、ニコは戦争で儲けようとしているゼイガンが、CIAニカラグア侵攻に感づいた議員を殺そうした計画を語る。

そこにゼイガンらが現れて撃ち合いになり、フォックスは撃たれニコは捕らえられてしまう。

ニコは拷問されるが、隙を見て反撃しゼイガンの首をへし折り一味を倒す。

その後、暗殺を免れた上院議員はニコに感謝し、彼は判事に内情を暴露し警告する。

新聞、裁判官、政治家などを操れる人間は、必ず政治を危険な方向に導くと。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

合気道の達人にして、元CIAの工作員である刑事ニコ・トスカーニは、麻薬取引現場でプラスチック爆弾を押収する。
FBIが、捕らえた犯人を協力者だと言って釈放したため、それに納得のいかないニコは、相棒の刑事ジャクソンと独自捜査を始める。
南米からの難民を匿っていた教会の爆破事件を発端にして、ニコはCIAが絡む陰謀に気づき強引な捜査を進める。
不法捜査と命令違反を繰り返し、FBIの圧力などを受けたニコはバッジを取り上げられてしまう・・・。
__________

自信に満ち溢れた態度と風貌、敵の反撃をほとんど受けずに相手を叩きのめすセガールの戦いぶりに、痛快さと共に衝撃を受けた方も多いはずだ。

冒頭のクレジットで、日本語を話しながら合気道の指導をするセガールの映像も実に興味深い。

まるでブルース・リーのような圧倒的な強さに加え、なんとなくやんちゃなところもある、親しみも感じる彼のキャラクターは大いに受けて監督アンドリュー・デイビスとは4年後の大作「沈黙の戦艦」(1992)で再びコンビを組むことになる。
しかし、それ以降のセガール作品に全く精細がないのは残念でならない。

作品自体は、法の裏をかき世の中を動かそうとする悪人がいる現実を訴えたいという大きなテーマがあるのだが、とにかくセガールの魅力を前面に出した、彼のお披露目的作品と言った方がいい。

凄みのある元CIA工作員役ヘンリー・シルヴァと、男勝りな同僚パム・グリア以外はほとんど無名の俳優ばかりであり、シャロン・ストーンが、主人公の”普通の妻”役で登場し、謎めいたCIA工作員のチェルシー・ロス、主人公に協力する同僚刑事ロン・ディーンマイケル・ルーカーは、セガールが最初に手入れに入るバーの客として、端役出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター