エアポート’75 Airport 1975 (1974) 4/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

パニック映画の先駆け「大空港」(1970)の成功を受けて製作されたシリーズ化第二作。
軽飛行機と空中衝突した旅客機乗客の救出を描く、監督ジャック・スマイト、主演チャールトン・ヘストンカレン・ブラックジョージ・ケネディエフレム・ジンバリストJr.他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ジャック・スマイト
製作総指揮:ジェニングス・ラング
制作:ウイリアム・フライ
原作:アーサー・ヘイリー
脚本:ドン・インガルス
撮影:フィリップ・H・ラスロップ
編集:J・テリー・ウィリアムズ
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:ジョン・カカバス

出演
アラン・マードック:チャールトン・ヘストン
ナンシー・プライア:カレン・ブラック
ジョー・パトローニ:ジョージ・ケネディ
スティシー:エフレム・ジンバリストJr.
ヘレン・パトローニ:スーザン・クラーク
シスター・ルース:ヘレン・レディ
スコット・フリーマン:ダナ・アンドリュース
ジャニス・アボット:リンダ・ブレア
アボット夫人:ナンシー・オルソン
アレクサンダー少佐:エド・ネルソン
フリオ:エリック・エストラーダ
ユライアス:ロイ・シネス
デヴァニー夫人:マーナ・ロイ
本人:グロリア・スワンソン
バーニー:シド・シーザー
グレン・パーセル:ラリー・スコット
シスター・ベアトリス:マーサ・スコット
フリーマン夫人:ビヴァリー・ガーランド
サム:ジェリー・スティラー
ビル:ノーマン・フェル
アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1975年製作 106分
公開
北米:1974年10月18日
日本:1974年12月14日
製作費 $3,000,000
世界 $47,285,152


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントンD.C.ダレス国際空港
ヨーロッパから戻った恋人、パイロットのアラン・マードック(チャールトン・ヘストン)を出迎えた、フライト・アテンダントのナンシー・プライア(カレン・ブラック)は、お互い忙しいだけで、一向に進展しない二人の関係に不満をぶつける。

ロサンゼルスで話し合おうというマードックを見限ったナンシーは、夜のフライトに備えてその場を立ち去ってしまう。

コロムビア航空の409便は、ロサンゼルスに向かうために搭乗を始め、大女優グロリア・スワンソンや、シスター・ルース(ヘレン・レディ)とシスター・ベアトリス(マーサ・スコット)、三流役者のバーニー(シド・シーザー)、アル中気味のデヴァニー夫人(マーナ・ロイ)、コロムビア航空副社長ジョー・パトローニ(ジョージ・ケネディ)夫人のステーシー(スーザン・クラーク)と息子などが機内に向かう。

機長のスティシー(エフレム・ジンバリストJr.)、副操縦士のユライアス(ロイ・シネス)、航空機関士フリオ(エリック・エストラーダ)、そして、ナンシーらも機内に乗り込み、409便(ボーイング747-100)は離陸準備を始める。

ナンシーは、別れ方が気になっていたマードックからの連絡を受けて、ロサンゼルスでの再会を約束する。

そこに、腎臓移植をする予定の少女ジャニス・アボット(リンダ・ブレア)と付き添いの母親(ナンシー・オルソン)が救急車で到着し、機内に移動する。

そして409便は、予定通り、ロサンゼルスに向けて離陸する。

ニュー・メキシコ
重要会議を控える、会社役員スコット・フリーマン(ダナ・アンドリュース)は、悪天候にも拘らず軽飛行機でアイダホボイシに向けて飛び立つ。

シスター・ルースは、ジャニスの様態が気になり、彼女の席でギターを弾き歌を歌い励ます。

その後、ロサンゼルスが濃霧との連絡が入り、409便は一旦、ソルトレイク・シティ国際空港に着陸することになり高度を下げる。

それを知らされた乗客は様々な表情を見せ、アボット夫人は、人工腎臓から長い時間離れているジャニスを気遣う。

その頃、フリーマンもソルトレイクに向かうことを指示され、409便の着陸が優先されて、彼の機は上空で待機させられる。

その時、心臓病の持病があるフリーマンは発作を起し、制御不能となった機体は急上昇してしまい、409便のコックピット上部に接触する。

副操縦士ユライアスは機外に吹き飛ばされ、機体は大きく揺れて機内はパニックになる。

ステイシー機長は目を負傷して気を失い、機関士フリオは死亡する。

コックピットの状況を確認したナンシーは驚き、気がついたステイシーは、自動操縦に切り替えたところで再び気を失ってしまう。

ソルトレイクの管制塔と連絡を取ったナンシーは、機体が無人で飛んでいることと、損害状況を知らせる。

ナンシーは、ステイシーを客室に運び、犠牲者を前に動揺する同僚クルーを励ます。

事故はパトローニに報告され、彼は747の操縦指導官だったマードックに連絡を取る。

連絡を受けたマードックとパトローニは、社の専用ジェット機でソルトレイクに向かいながら、ナンシーを操縦席に座らせ、計器類を確認して指示を出す。

マードックに励まされながら、ナンシーは、手動で機体を旋回させて、ソルトレイクに向かう進路に保つことに成功する。

途中の山岳地帯の通過が、ナンシーには無理だと判断したパトローニは、409便にパイロットを移乗させることを考える。

空軍機が409便に接近して損害状況を調べ、右の内翼がへこみ、燃料が漏れていることを確認する。

ソルトレイクに着いたマードックとパトローニは、事故を起したフリーマンの妻(ビヴァリー・ガーランド)を伴って現れたテレビ局リポーターのグレン・パーセル(ラリー・スコット)を追い払う。

無線の電波状況が悪くなる中、パトローニは、妻ヘレンとの交信で彼女を励ますが感極まってしまう。

間もなく、アレクサンダー少佐(エド・ネルソン)が、空軍救難隊のヘリコプター(MH-53)で到着する。

409便は、低空飛行のままワサッチ山脈に差し掛かり、山地に激突する危険を抱えながら飛行を続け、その状況で、マードックらは合流地点に向かい飛び立つ。

その後、無線が途絶えててしまい、ナンシーは、前方の山を避けるために、重傷のステイシー機長の指示で機体を上昇させることに成功する。

マードックらは409便に追いつき、アレクサンダー少佐が移乗しようと機首まで到達するが、失敗して落下死する。

パトローニの制止を振り切り、マードックが移乗することになり、彼は409便に乗り移り、それが客室に知らされて乗客は安堵する。

しかし、一基のエンジンが過熱しているためそれを停止し、マードックは、胴体着陸も覚悟しながらソルトレイクに向かい飛行する。

機内では着陸態勢を整え、パトローニもソルトレイクに戻り、救援隊と共に滑走路に向かう。

マードックはナンシーに愛を告げながら、制動装置の故障した機体を何とか着陸させることに成功する。

乗客は機体から退避し、パトローニは、妻へレンと息子の無事を確認する。

そして、マードックとナンシーは、愛を確かめ合いながらタラップを降りる。


解説 評価 感想 ■

大空港」(1970)の続編と言えるかは疑問で、アーサー・ヘイリーの原作とは関係ない内容であり、その登場人物として活躍するチーフ・メカニックの”ジョー・パトローニ”が、他社の副社長となり再登場することだけが関連性がある。

参考:
・「大空港」(1970)
・「エアポート’75」(1974)
・「エアポート’77」(1977)
・「エアポート’80」(1979)

*(簡略ストー リー)

ワシントンD.C.ダレス国際空港
コロムビア航空の409便は、大女優グロリア・スワンソンや難病の少女ジャニスなどを乗せて、ロサンゼルスに向けて飛び立つ。
その後、悪天候のため、409便は一旦ソルトレイク・シティ国際空港に着陸することになる。
その頃、会議のために軽飛行機で飛び立った会社役員フリーマンもソルトレイクに向かうことを指示される。
しかしフリーマンは、心臓発作を起して機体を制御できなくなり、409便と接触してしまう。

409便のコックピット上部は大破し、副操縦士は機外に放出され、機関士は死亡する。
機長ステイシーは目を負傷する重傷を負い、機体は無人で飛行する状況になってしまう。
フライト・アテンダントのナンシーは、事故の状況をソルトレイクの管制塔に連絡し、客室の乗客はパニックに陥る。
連絡を受けたコロムビア航空副社長パトローニは、ボーイング747の操縦指導官だったパイロットで、ナンシーの恋人アラン・マードックと共に急遽ソルトレイクに向かう・・・。
__________

1970年代の、パニック映画ブームを知る方には非常に懐かしい作品であり、代表作ともなりヒットしたため、その後も”エアポート・シリーズ”として2作が製作された。

今観ると、緊迫感や迫力などが物足りない感じを受けるのだが、当時は手に汗握るアクション
巨編として大いに話題になり、重量級スターのチャールトン・ヘストンジョージ・ケネディの活躍は見応えがあり、予想以上のヒットとなった。

ジョージ・ケネディは、前作「大空港」(1970)の好演の方が印象的だ。

前作が、様々な人間模様を丹念に描く作品であったのに対し、本作は、関係者が事故の対応に追われるアクション映画であり、多彩な乗客もおまけ程度の描写で、ジャック・スマイトの演出も単調だ。

その中で、本人役で登場する大女優グロリア・スワンソンは特別待遇のように随所で登場し、結局、本作は彼女の遺作となった。

彼の出演により”大作”の風格が漂う、事故機を救う優秀なパイロットチャールトン・ヘストン、その恋人で、乗客の命を預かるフライト・アテンダントのカレン・ブラック、前作同様、強引な行動が功を奏す航空会社副社長ジョージ・ケネディ、その妻で乗客のスーザン・クラーク、難病少女(リンダ・ブレア)を励ますシスター、ヘレン・レディ、負傷する機長エフレム・ジンバリストJr.、心臓発作で事故を起すダナ・アンドリュース、少女の母親ナンシー・オルソン、命を落とす副操縦士ロイ・シネス、機関士エリック・エストラーダ、事故機の移乗に失敗する救難隊少佐エド・ネルソン、アル中気味の婦人マーナ・ロイ、三流役者シド・シーザー、テレビ・リポーターのラリー・スコット、シスターのマーサ・スコット、事故を起す男性(D・アンドリュース)の妻ビヴァリー・ガーランド、乗客でベン・スティラーの実父ジェリー・スティラーノーマン・フェルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター