エルム街の悪夢 A Nightmare on Elm Street (1984) 3/5 (23)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪夢を支配する殺人鬼”フレディ・クルーガー”に立ち向かう少女の戦いを描く、監督、脚本ウェス・クレイヴン、主演ジョン・サクソンロニー・ブレイクリーヘザー・ランゲンカンプジョニー・デップロバート・イングランド他共演のスラッシャー・ムービーで、シリーズ化された第一作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ウェス・クレイヴン

製作:ロバート・シェイ
製作総指揮
スタンリー・ダデルソン
ジョセフ・ウルフ
撮影:ジャック・ヘイトキン
編集:リック・シャイン
脚本:ウェス・クレイヴン
音楽:チャールズ・バーンスタイン

出演
ドナルド・トンプソン:ジョン・サクソン
マージ・トンプソン:ロニー・ブレイクリー
ナンシー・トンプソン:ヘザー・ランゲンカンプ
ティナ・グレイ:アマンダ・ワイス
ロッド・レイン:ニック・コッリ
グレン・ランツ:ジョニー・デップ
フレッド”フレディ”クルーガー:ロバート・イングランド
キング医師:チャールズ・フライシャー
パーカー巡査部長:ジョセフ・ウィップ
教師:リン・シェイ
フォアマン:デヴィッド・アンドリュース

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
1984年製作 91分
公開
北米:1984年11月9日
日本:1986年5月24日
製作費 $1,800,000
北米興行収入 $25,504,513


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
高校生のティナ・グレイ(アマンダ・ワイス)は、鉄の爪の男に襲われる悪夢に悩まされる。

そのことを親友のナンシー・トンプソン(ヘザー・ランゲンカンプ)に話したティナなったが、ナンシーとボーイフレンドのグレン・ランツ(ジョニー・デップ)は気にしなかった。

その夜、ティナの家に泊まることになったナンシーは、昨夜見た夢の話をする。

それが自分の見た夢と同じだったために驚くティナだったが、その場にいたグレンは信じようとしない。

外で物音がしたために三人は警戒するものの、現れたのはティナと喧嘩していたボーイフレンドのロッド・レイン(ニック・コッリ)だった。

ロッドはティナと楽しむことしか考えていないが、ナンシーはティナを守るためにグレンと見張ろうとする。

ロッドと愛し合ったティナは、彼も同じ夢を見たことを知る。

眠っていたティナは物音に気づき、名前を呼ばれたように思い警戒する。

十字架を手にしながら眠っていたナンシーは、動いたように思えた壁が気になる。

裏庭の様子を見たティナは路地に出たところで、鉄の爪の男(ロバート・イングランド)に襲われる。

ベッドでもがいているティナに気づいたロッドは、彼女が血だらけになり殺されたために驚く。

騒ぎに気づき部屋に向かったナンシーとグレンは、死んでいるティナを確認するものの、ロッドの姿はなかった。

ナンシーの父である警部補のドナルド(ジョン・サクソン)は、事件の詳細を聞き、容疑者は、ティナと喧嘩をしていた不良のロッドだと部下のパーカー巡査部長(ジョセフ・ウィップ)から知らされる。

別れた妻マージ(ロニー・ブレイクリー)と共に警察署にいたナンシーは、現れたドナルドから、夜中に三人でロッドのような不良と過ごしていた理由を訊かれる。

ロッドが犯人ではないと考えるナンシーは、ティナが事件と同じ夢を見たことを話す。

誰かに殺される夢を見たので三人で集まり、怖がるティナを守ろうとしたことを話しながら、ナンシーは涙する。

翌日、マージに休むようにと言われたナンシーだったが登校し、途中でロッドが現れる。

自分も殺されるのかと考えるロッドは、ティナを殺したことを否定する。

そこにドナルドが現れ、ロッドは逃げようとするものの逮捕される。

ロッドを逮捕するために自分を利用したと言って、ナンシーはドナルドを非難しながら高校に向かう。

授業中に眠ってしまったナンシーは、ボイラー室で鉄の爪の男に襲われる夢を見てしまい、目を覚ますためにスチームパイプに腕を当てる。

取り乱すナンシーは、教師(リン・シェイ)に落ち着くようにと言われ、家に帰ると伝えて校舎を出る。

腕の火傷を確認したナンシーは、警察に向い留置場のロッドと話す。

シーツの中で男がティナに襲いかかっていたと言うロッドは、姿は見えなかったが、彼女を切り裂いていたと話す。

自分も見た夢に出て来た男の仕業に違いないと言うロッドは、指にナイフをはめていたとナンシーに伝える。

同じ夢を見ていたために動揺するナンシーは、ロッドが犯人ではないことを確認してその場を去る。

その夜、入浴中に眠り溺れそうになったナンシーは、マージが入ってきたために浴槽から這い出し、覚醒特効薬を飲んで眠らないようにする。

ベッドで眠りそうになったナンシーは、隣に住むグレンが窓から現れたので部屋に入れる。

昨夜、怖い夢を見て、それが現実になると思うかをグレンに尋ねたナンシーは、それを否定される。

ティナはロッドに殺されたと信じるグレンは、ある男に会いに行くため、ボディーガードになってほしいとナンシーに頼まれる。

電気を消して眠ったナンシーは、夢の中でグレンに守られながらロッドの元に向う。

現れた鉄の爪の男がロッドに襲い掛かりそうになり、叫び声をあげたナンシーは、ティナに声をかけられる。

鉄の爪の男に追われて家に戻ったナンシーは、グレンが部屋で眠っていたために焦る。

押入って来た鉄の爪の男に襲われたナンシーは、目覚まし時計が鳴ったために目覚める。

ナンシーは約束を守らなかったグレンを非難し、マージが現れたために彼は窓から出る。

夢でうなされただけだと言うナンシーは、マージが去った後でグレンを呼び警察署に向かう。

ロッドが心配だと言うナンシーとグレンは、ドナルドにそれを伝えて留置場に向かう。

シーツが首に絡み絞殺されたロッドは、ドナルドらに助けられるものの既に息を引き取っていた。

ロッドの葬儀に家族と共に参列したナンシーは、犯人のことをドナルドから訊かれ、火傷顔の帽子姿で赤と緑のセーターを着た手に爪のようにナイフをはめた男だと答える。

それを聞いたマージは動揺し、病気を治す方法はあると言って、ナンシーを連れて睡眠障害研究施設に向かう。

キング医師(チャールズ・フライシャー)による睡眠テストを受けたナンシーは、正常な眠りを続けていたが、突然、取り乱して目覚める。

ナンシーは、腕の切り傷と夢から持ってきた鉄の爪の男の帽子に気づく。

アルコール依存症のマージは動揺し、帽子のことなどをドナルドに電話で話し、それを知ったナンシーは、帽子で夢が事実だと証明しようとする。

ロッドは犯人ではなく自殺もしていないと言うナンシーは、夢で追って来た男の仕業だとマージに伝える。

マージが隠していた帽子を手にしたナンシーは、書いてあった名前の”フレッド”フレディ”クルーガー”のことについて、母に問い詰める。

フレディは死んだと言うマージは、眠れば治ると考えるものの、納得できないナンシーはその場を去る。

グレンに会ったナンシーは、護身術を習っていることな度を話す。

帰宅したナンシーは、窓に鉄格子を付けた理由を酔っているマージに問い、用心のためだと言われる。

地下室に連れて行かれたナンシーは、フレディが20人の子供を殺した殺人鬼だとマージから知らされる。

フレディを知っていると言うマージは、捕らえられた彼は、捜査令状がなかったために釈放されてしまうが、住民が、子供を殺したボイラー室で見つけて、ガソリンを撒き焼き殺したことを話す。

殺したフレディを心配することはないと言うマージは、隠してあった彼の手袋型のナイフを見せる。

その後、グレンに電話をしたナンシーは、7日間、眠っていないことを伝える。

自分達は命を狙われると言うナンシーは、フレディを誘い出すための協力をグレンに求める。

フレディを夢から引きずり出さなくては一巻の終わりだと言うナンシーは、真夜中に家に来るようグレンに指示する。

ベッドでマージに眠るようにと言われたナンシーは、母が部屋から出た後でグレンを待つ。

ナンシーを変人扱いするグレンの父親は、息子と付き合うのは迷惑だと妻に話す。

グレンが現れないために電話をしたナンシーは、父親に電話を切られてしまう。

眠ってしまったグレンはそれに気づかづ、電話に出たナンシーは異音を聴き怯える。

線を外したにも拘らず電話が鳴ったことに驚きながらそれに出たナンシーは、”お前のボーイフレンド・・・”と言われる。

グレンに危険が迫ると考えたナンシーは家を出ようとするが、酔ったマージから、用心のため鍵をかけたと言われる。

フレディに襲われたグレンは死亡し、それに気づいた母親は驚き、警察が駆けつけて捜査が始まる。

グレンの家に呼ばれたドナルドは、ナンシーに電話をしてグレンが死んだことを知らせる。

自分がフレディを呼び出すので捕えてほしいと言うナンシーは、彼が夢に出てくるはずなので、20分後に家のドアを破って入って来るようドナルドに伝える。

ぐっすり眠るようにと言って電話を切ったドナルドは、ナンシーの家を見張り何かあったら知らせるようにと部下のパーカーに指示する。

ナンシーは、フレディと対決するために様々な仕掛けを考える。

マージと話したナンシーは、ベッドに入って眠る。

地下室でフレディのナイフがなくなっていることを確認したナンシーは、ボイラー室に向う。

フレディに襲われたナンシーは、グレンの家にいるパーカーに、父ドナルドに知らせてほしいと言って叫び声をあげる。

抵抗したナンシーはフレディに火を放ち、騒ぎに気づいたドナルドは、入り口を破って家に入る。

フレディに襲われていたマージを助けられなかったドナルドは、ナンシーの話を信じる。

その部屋に残ったナンシーは、現れたフレディを恐れることなく、ただの夢だと言って、母と友人を返すようにと伝える。

エネルギーを奪い返すと言うナンシーは、フレディに幻影だと伝えて部屋を出る。

ナンシーに襲い掛かろうとしたフレディだったが、姿を消してしまう。

清々しい朝を迎え、登校するため家を出たナンシーは、マージに見送られながら、迎えに来たグレン、ティナ、ロッドの乗る車に向かう。

ナンシーは車に乗るが、赤と緑のルーフと窓が閉まり、閉じ込められてしまう。

叫び声をあげるナンシーに気づかないマージは、入口のドアの窓を突き破ったフレディに、家の中に引きずり込まれる。


解説 評価 感想

参考:
・「エルム街の悪夢」(1984)
・「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」(1985)
・「エルム街の悪夢3 惨劇の館」(1987)
・「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」(1988)
・「エルム街の悪夢5 ザ・ドリームチャイルド」(1989)
・「エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア」(1991)
・「エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア」(1994)

リメイク:
・「エルム街の悪夢」(2010)

関連作:
・「フレディVSジェイソン」(2003)

*(簡略ストー リー)
高校生のナンシーは、鉄の爪の男に襲われる、自分と同じ悪夢に悩まされる親友ティナのことを心配する。
ボーイフレンドのグレンと共にティナを守ろうとしたナンシーだったが、ティナはボーイフレンドのロッドの前で惨殺されてしまう。
容疑者となったロッドは逮捕され、ナンシーは、警部補である父ドナルドに、ティナが事件と同じ夢を見ていたことを話すものの信じてもらえない。
その後、ロッドも変死し、それも鉄の爪の男の仕業だと考えるナンシーは、その男が、火傷顔の帽子姿で赤と緑のセーターを着た、手に爪のようにナイフをはめていることを両親に話す。
それを聞いたナンシーの母マージは、かつて子供達を20人も殺した殺人鬼”フレディ・クルーガー”のことを思い出す・・・。
__________

1980年代を代表するスラッシャー・ホラー・ムービーであり、ウェス・クレイヴンの出世作で、人気シリーズとなった記念すべき第一作。

殺人鬼である”フレディ・クルーガー”が主役ではないが、そのビジュアル的インパクトは衝撃的でもある。

夢の中で起きる殺人事件で実際に人が死亡するため、現実と夢の区別がつきにくい複雑な構成なのだが、そのあたりをうまくまとめたウェス・クレイヴンの脚本と演出が見所の作品。

1980年代ということもあり、CGなども使わない低予算映画で、アイデアと工夫を凝らしたこれだけの作品を製作した努力は見事だ。

180万ドルで製作された作品は、北米興行収入だけで約2600万ドルを稼ぎ出し、シリーズ化されることになる。

また、ジョニー・デップのデビュー作としても知られるが、当時は、スーパースターになるとも思えない、特別な雰囲気も感じられないごく普通の若手俳優だったことが確認できる貴重な作品。
その後、ハリウッドの頂点に立ち、歴史に残るスターになったことを考えると、人間の運命を感じる・・・。

悪夢に悩む娘の話と事件の関連性を信じることができない警部補ジョン・サクソン、その妻で、殺人鬼”フレディ・クルーガー”の秘密を知るロニー・ブレイクリー、悪夢に悩みながら勇敢に立ち向かう高校生ヘザー・ランゲンカンプ、その親友アマンダ・ワイス、そのボーイフレンド、ニック・コッリ、ナンシー(ヘザー・ランゲンカンプ)のボーイフレンド、ジョニー・デップ、殺人鬼”フレディ・クルーガー”のロバート・イングランド、ナンシーの夢の検査を行う医師チャールズ・フライシャー、巡査部長のジョセフ・ウィップ、教師リン・シェイデヴィッド・アンドリュースなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター