不都合な真実 An Inconvenient Truth (2006) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
解説(簡略ストーリー)
 
★★★☆☆

元アメリカ副大統領アル・ゴアが、2000年の大統領選に僅差で破れ、その後のライフワークとして、環境問題「地球温暖化」への取り組みと対策を訴える行動を描く、製作ローレンス・ベンダー他、製作総指揮、監督デイビス・グッゲンハイムによるドキュメンタリー作品。


ドキュメンタリー


スタッフ キャスト ■

監督:デイビス・グッゲンハイム
製作総指揮
ジェフ・スコル
デイビス・グッゲンハイム
製作
ローレンス・ベンダー
ローリー・デイビット
音楽:マイケル・ブルック

出演
アル・ゴア

アメリカ 映画
配給 パラマウント・クラシックス
2006年製作 94分
公開
北米:2006年5月24日
日本:2007年1月20日
制作費 $1,000,000
北米興行収入 $23,808,111
世界 $49,749,351


アカデミー賞 ■

第79回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞”I Need to Wake Up
長編ドキュメンタリー映画賞


解説 評価 感想 ■
日本人には信じ難いことかも知れないが、京都議定書を受け入れようとしないアメリカ国民は、本作でようやくこの温暖化問題を知った人も多く、そういう意味で大きな影響を与えた作品。

世界各地の視察を重ね、細かいデータによる分析で、非常に説得力のあるアル・ゴアの、皮肉やユーモアを交えた講演は、エンタテインメント性も兼ね備えた興味深いものにはなっている。

ただし、認識の甘さやデータからの推測を誇張し過ぎているという批判があるのも事実で、イギリスでは、政治活動であるとして、学校での上映が裁判にまでなったこともある。

また、アル・ゴア自身の、生い立ちや家族についてのシーンは、にわか仕立てではない、数十年の問題追及の結果を、あえて強調しているかのようにも思える。

本作は、第79回アカデミー賞で、長編ドキュメンタリー映画賞と歌曲賞を受賞し、アル・ゴア自身は、ノーベル平和賞まで受賞した。

しかしアル・ゴアは、その後、自宅で年間300万円以上の光熱費を使っていという、頭を傾げたくもなる報道もされた。

さらには、エンドロールでの提案が、押し付けがましく感じてしまう。

賛否両論はあるにしても、一政治家が世界中の多くの人々に影響を与えたのは事実で、副大統領として影の存在だったアル・ゴアの、見る者に選択肢を与えるパワーのようなものは十分伝わる作品だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター