ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式” An Invisible Sign (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2001年に発表された、エイミー・ベンダーの小説”An Invisible Sign of My Own”を基に製作された作品。
何にでも興味を抱く数学好きの快活な少女の苦悩と成長を描く、主演ジェシカ・アルバクリス・メッシーナJ・K・シモンズ他共演、監督マリリン・アグレロによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:マリリン・アグレロ
製作総指揮:レイチェル・コーエン他
製作:パメラ・フォーク他
原作:エイミー・ベンダー

脚本
パメラ・フォーク
マイケル・エリス
編集:サビーヌ・ホフマン
音楽:アンドリュー・ホランダー

出演
モナ・グレイ:ジェシカ・アルバ

ベン・スミス:クリス・メッシーナ
ジョーンズ先生:J・K・シモンズ
父:ジョン・ショア
母:ソニア・ブラガ
モナ・グレイ(少女期):ベイリー・マディソン
リサ・ヴィーナス:ソフィー・ナワイデ

アメリカ 映画
配給 IFC Films

2011年製作 96分
公開
北米:2011年5月6日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

数学好きの10歳少女モナ・グレイ(ベイリー・マディソン)は、ある日、大好きな父(ジョン・ショア)が、原因不明の病気にかかりショックを受ける。

自分が好きなものを諦めれば、父の病気が治ると信じたモナは、お菓子や映画、友達、そして走ることも諦めてしまう。

父のために全てを犠牲にして、人付き合いもよくないモナだったが、数字とはいつまでも付き合い成長する。

そんなモナは、母(ソニア・ブラガ)から自立することを強要され、父の世話もできなくなる。

家を借りたモナは、ある日、小学校からの依頼で算数を教えることになる。

周囲になじめずに育ったモナは、実は大学も中退して数学の学位も持っていなかったのだが、母に励まされる。

校長に案内されたのが、隣人で、かつて自分も習った算数の、ジョーンズ先生(J・K・シモンズ)の教室だと気づき、モナは、その頃を懐かしく思い出す。

教材を用意して、苦労しながらも授業をこなすようになったモナは、同僚の理科の教師ベン・スミス(クリス・メッシーナ)に声をかけられる。

心の病である父は一向に回復しなかったが、モナの誕生日に、家族は食事に出かける。

居合わせたベンは、モナと両親に挨拶して同席するのだが、彼女は場が持てずに、父に頼まれた肥料を買いにいく。

教師を引退して、金物店を始めていたジョーンズの店に向かったモナは、隣人への干渉を嫌う彼を子供時代に憎み、思わずそこでオノを買ってしまう。

その夜、オノを振り下ろす夢を見たモナは、それを学校に持っていき、飾って数字の7にして壁に掛ける。

ある日、母親がガンだという生徒リサ・ヴィーナス(ソフィー・ナワイデ)が、母が亡くなった後に、慕っているモナと暮らしたいことを告げる。

しかし、それは他の子供達に対して不公平になるかもしれないとリサを説得し、モナはそれを断る。

その後、ベンに映画に誘われたモナだったが、突然、その場を逃げ出して家に帰ってしまう。

追ってきたベンを、招き入れたモナは、彼から愛を告げられるが、その気になれないことを伝える。

モナに帰って欲しいと言われたベンは、本心でないと告げながら、気分を害して立ち去る。

翌日、モナは、生徒が持っていた、ジョーンズがいつも首から下げている数字をリサと返しに行く。

しかし、ジョーンズが不在だったために、モナはリサを母親の病院に連れて行く。

目のガンだというリサの母親と、戸惑いながらも言葉を交わしたモナは、その後ジョーンズの家に向かい、彼の姿が見えなくなったたことで母にそれを尋ねる。

夫が姿を消し、それどころではない母は、彼が薬を飲んでいなかったことなどをモナに伝える。

陸上競技場で父を見つけたモナだったが、エネルギーが閉じ込められている、薬は毒だと言う彼は、トラックをひたすら掘っていた。

教室であるトラブルが起き、母親を亡くしたリサは自分を傷つけてしまい、リサを嫌う生徒が壁にかけてあったオノを振りかざし、誤ってそれがモナの足に刺さってしまう。

モナは、リサと共に入院して、孤独な二人は互いを励まし合う。

退院したモナは、学校にオノを持ち込み、学位のことでも嘘をついたことを校長に非難される。

モナはジョーンズの家に忍び込み、女性と愛し合っていた彼に、気分が分かる数字を、どうして手放したのかを訪ねる。

ジョーンズは、数字に縛られないという、素晴らしいことを知り、今更、数字に拘るモナに、自分が彼女らを無関心だったのは誤解だと語る。

かつてジョーンズが、モナや父親のことを気遣い声をかけた時も、逆に彼女に心無い言葉をかけられたことを伝える。

さらに声をかけるべきだったと後悔するジョーンズに、モナは、自分を偽って生きてきたことを告げる。

過剰なほどに父の世話をしようとしてきたことに気づいたモナは、ベンに謝罪して互いは心通い、そして二人は愛し合う。

弁護士である生徒の母親が、騒ぎを起した生徒と母親を訴えると協力を申し出るが、モナはそれを断り、教職復帰を希望する。

そして、モナはリサを引き取り、ベンと共に新たな生活を始める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

数学好きの快活な少女モナ・グレイは、大好きな父親が病気になり、子供心に思い悩む。
自分が好きなことを全て諦めれば、父が回復すると考えたモナは、それを実行する。
やがて成長したモナは、子供の頃とは一変し、人付き合いもよくない内気な女性彼女だったが、数字とだけは付き合い続けていた。
そんなモナに、小学校の算数の教師の依頼があり、実は大学も中退して学位も持っていなかった彼女は、引け目を感じながらもそれを受けてしまう。
授業を始めたモナは、思い通りにならない生徒達に梃子摺り、同僚の教師ベンに声をかけられても、当然のごとく積極的になれない・・・。
__________

セクシー女優ジェシカ・アルバが、人付き合いが苦手の内気な女性(ほぼノーメイク)を演ずるという、興味深い作品。

当然、誰が見ても”ジェシカ・アルバ”にしか見えないのだが、無理矢理に地味な女性に扮しているとしか思えない。
まずまず熱演しているものの、結果的には、どうして彼女がこの役を演じなければならなかったのかが疑問だ。

娘が親に対し、過剰な世話をして”過保護”になり過ぎて、全く自立できないという設定、それに絡む、ベテラン俳優の確かな演技が見られるだけに、やや惜しい気がする。

北米では、公開されたとは言えないような状態も寂しい限りで、もちろん日本では劇場未公開に終わった。

主人公に思いを寄せる同僚教師役のクリス・メッシーナ、隣人の元教師J・K・シモンズ、父ジョン・ショア、母親ソニア・ブラガ、主人公の少女期のベイリー・マディソン、主人公を慕う生徒ソフィー・ナワイデなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター