【レビューを書く】 

愛と青春の旅だち An Officer and a Gentleman (1982)


4.04/5 (49)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

心の拠り所を失い、行き場のない青年の心の葛藤と、彼との愛に不安を抱える女性の揺れ動く女心を描く、監督テイラー・ハックフォードリチャード・ギアルイス・ゴセット・ジュニアデブラ・ウィンガーデヴィッド・キース共演のラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督 テイラー・ハックフォード
製作 マーティン・エルファンド
脚本 ダグラス・D・スチュアート
撮影 ドナルド・ソリン
編集 ピーター・ツィンナー
音楽 ジャック・ニッチェ

主題歌
ジェニファー・ウォーンズ

ジョー・コッカー
Up Where We Belong

出演
リチャード・ギア:ザック・メイヨ
ルイス・ゴセット・ジュニア:エミル・フォーリー軍曹
デブラ・ウィンガー:ポーラ・ポクリフキー
デヴィッド・キース: シド・ウォーリー
リサ・ブロウント:リネット・ポメロイ
リサ・エイルバッハー:ケーシー・シーガー
ロバート・ロッジア:バイロン・メイヨ
トニー・プラナ:エミリアーノ・デラ・セラ
デヴィッド・カルーソ:トッパー・ダニエルス
ハロルド・シルベスター:ライオネル・ペリマン
グレイス・ザブリスキー:エスター・ポクリフキー
ヴィクター・フレンチ:ジョー・ポクリフキー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1982年製作 124分
公開
北米:1982年8月13日
日本:1982年12月18日
北米興行収入 $129,795,550


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・受賞
助演男優(ルイス・ゴセット・ジュニア)
歌曲賞
・ノミネート
主演女優(デブラ・ウィンガー)
脚本・編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントン州、シアトル
ザック・メイヨ(リチャード・ギア)は、海軍の兵卒だったで、父バイロン(ロバート・ロッジア)に呼び寄せられ、フィリピンで不遇な生活を送った少年時代を思い起こす。

帰国して成長し、父の元を離れる決心をしたザックは、ジェットパイロットを目指し、士官訓練校に入学する。

レーニエ基地内の訓練校に入学したザックは、訓練教官エミル・フォーリー軍曹(ルイス・ゴセット・ジュニア)のしごきに遭いながら、13週間の訓練を受けることになる。

士官候補生の中には、オクラホマ出身の純真な青年シド・ウォーリー(デヴィッド・キース)、ケーシー・シーガー(リサ・エイルバッハー)、エミリアーノ・デラ・セラ(トニー・プラナ)、ライオネル・ペリマン(ハロルド・シルベスター)、トッパー・ダニエルス(デヴィッド・カルーソ)などがいた。

数週間が経ち、はみ出し者のザックは、隠れて装備具の売買をして小銭を稼いだりもしていた。

ザックと同室のペリマンは、そんな彼の規則違反が知られ、連帯責任をとらされることを心配する。

しかし、要領のいいザックは、それを気にすることもなく、優等生のシドと学業の裏取引もして、何とか訓練の日々を続ける。

訓練と”商売”に徹するザックは、候補生の中で孤立するが、シドは彼に親友として接していた。

市民との懇親パーティーの席上、ザックとシドは地元の製紙工場に勤める、ポーラ・ポクリフキー(デブラ・ウィンガー)とリネット・ポメロイ(リサ・ブロウント)と知り合う。

ポーラとリネットは、パイロットの妻になることを夢見て、士官候補生を物色していたのだった。

そして、ザックはポーラと、シドはリネットと付き合うことになる。

短絡的なリネットと違い、ポーラは、ザックが本気で自分を愛しているか不安を抱えながら、それを彼に知られないように恋愛を続けようとする。

フォーリー軍曹のしごきはきつく、格闘技の訓練でもしくじったダニエルスが、水中脱出訓練で命を落としそうになり、ついにDOR(任意除隊)第一号となる。

その後、フォーリーはザックの小遣い稼ぎを見破り、特別メニューの罰を与えDORを迫る。

さらにフォーリーは、利己主義で連帯意識もないザックが、軍隊には向かないと言って罵倒する。

しかし、泣きながら罰に耐えるしかないザックは、行き場所のないことをフォーリーに伝える。

フォーリーは、ザックのその言葉で納得して、彼に兵舎に戻るよう指示する。

休暇を楽しむシドらは、しごかれるザックを励まし、彼は他の候補生にも少しずつ心を開くようになる。

ザックとポーラは愛を深めていたが、シドを逃したくないリネットは、妊娠してしまうことを考える。

卒業まで3週間を切った頃、ザックは、ポーラの両親ジョー(ヴィクター・フレンチ)と、エスター(グレイス・ザブリスキー)らに招待され、気まずい雰囲気の中で食事をする。

席を外したポーラは、結婚などについてをザックに尋ね、ジョーが義父で、実の父親は士官候補生だったことを彼に伝える。

ザックはそれを聞いて驚き、訓練も大詰めを迎えているため、今後は、連絡できるかわからないことをポーラに伝えて立ち去る。

その後、シドのように、真剣に結婚まで考えられない自分に気づいたザックは、ポーラを避けるようになる。

ポーラは、連絡のとれなくなったザックの元に向かおうとするが、これ以上、娘が傷つくのを見ていられない母エスターに、引き止められてしまう。

シドには、故郷に婚約者がいることを知ったザックは、リネットのことは、自分のように断ち切れと助言する。

ザックは、酒場で、ポーラが飛行教官と一緒にいるところを目撃し、彼女とは、お互いけじめをつけたような会話をして別れる。

一方、リネットが、妊娠したことが分かったシドは動揺するが、ザックは、卒業を控える自分のことを優先して考えるよう助言する。

責任感が強いシドはそれに納得できず、オクラホマの両親の期待や婚約者のことが負担になり、精神的にまいってしまう。

そして、除隊することになったシドを止めようとするザックは、それを認めたフォーリーに事情を説明して食ってかかる。

しかし、シドはDORを申請したことと、両親のために死んだ兄の身代わりで、軍人になろうとしたことをザックに伝える。

リネットとの結婚を決意したシドだったが、彼女から妊娠は間違いだったと知らされる。

さらに、リネットから結婚を断られたシドは、彼女が、パイロットの妻になり、外国に行くことが夢だったと告げられて絶望してしまう。

ザックは、姿を消したシドを捜すため、ポーラとリネットの家に向かい事情を聞く。

愛のために軍を捨てたシドを、田舎者の男となど結婚できないと吐き捨てるリネットだった。

リネットに失望したザックとポーラは、その場を立ち去りシドを捜す。

そして、ザックとポーラは、モーテルで自殺したシドを見つける。

ザックは、薬物を飲んで自殺した母親とシドの死が、自分の責任だと言って思い悩むが、ポーラが彼を慰める。

しかし、動揺したザックは、ポーラを突き放して、シドのDORを受理したフォーリーを恨み、決着をつけようとして彼を呼び出す。

しかし、フォーリーがそれに応じないため、ザックはDORを宣言してしまう。

フォーリーは、仕方なくザックの言い分を聞き入れ、二人は、格納庫の格闘技場で殴り合いを始める。

激しい闘いを繰り広げた二人だったが、ザックは、フォーリーに叩きのめされる。

13週間の訓練を終え、卒業式を迎える候補生の中にザックもいた。

式も終わり、フォーリーは、少尉となったザックに敬意を表する。

ザックもこの訓練で、軍人、そして人としての成長を手助けしてくれたフォーリーに感謝する。

そしてザックは、次期候補生に厳しく接するフォーリーの姿を見ながら、製紙工場で働くポーラの元に向かう。

ザックはポーラを抱きかかえ、リネットや母エスターに祝福されながら、新たな人生を歩む決意をする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
幼い頃に母親を自殺で亡くし、父親の愛情も得られないで育った青年ザック・メイヨ は、ジェット・パイロットを目指して、士官訓練校に入学する。
訓練教官フォーリーのしごきを受けながら、同期のシドとのみ親交を深めたザックは、やがて地元の工員ポーラと出会う。
一時の恋愛と考える、ザックの心を察しながらも、ポーラは、彼への愛情を深めていく。
しかし、心に深い傷を負っていた、ザックの捉えどころのない性格に、ポーラの心は揺れ動く・・・。
__________

日本では、青春ロマンス映画の決定版のように言われている作品ではあるが、”若者向け映画”で終わらせるには相応しくない、実に奥深い作品でもある。

ラストの、主人公達の”完結する愛”の場面以外、多少のシーンを除き、かなり悶々とした展開が続き、ストレスが溜まる雰囲気で進行する。

それでも、中盤からクライマックスにかけて、ロマンスとして描き切るテイラー・ハックフォードの演出は、当然ではあるが、女性客の心を捉えることになる。

逆に、痞えたものがようやくとれたような、ラストシーン(主題歌を含め)にしか興味を持てなかった男性客も多かったはずだ。

興行収入は、北米のみでも1億3000万ドルに迫る大ヒットとなった。

第55回アカデミー賞では、助演男優(ルイス・ゴセット・ジュニア)と歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
主演女優(デブラ・ウィンガー)
脚本・編集・作曲賞

アカデミー賞を受賞して大ヒットした、ジェニファー・ウォーンズジョー・コッカーが歌う主題曲”Up Where We Belong”は、映画史上に残る名曲と言っても過言ではない。

若くて凛々しいチャード・ギアの人気がブレイクした、言わずと知れた彼の出世作で、トップ・スターへと伸し上がるきっかけになった作品。

どこか東洋的な顔立ちの、脂ぎってない素朴な彼の魅力は、本作以後、多くのファンを魅了することになる。

アカデミー助演賞を受賞したルイス・ゴセット・ジュニアの鬼軍曹役は、彼の熱演がなければ、本作がこれほど評価されなかったであろうと言えるほど、強烈なインパクトを与えている。

また、本作以降、こういうタイプの鬼教官が、スクリーンに登場する回数が増えたような気がする。

同じく、アカデミー主演賞にノミネートされたデブラ・ウィンガーの演じた、堅実な人生を見つめていこうとする女性像も多くの共感を得た。
容姿に似合わない、ハスキーボイスも非常に魅力的だ。

翌年の「愛と追憶の日々」(1983)でも、共演したシャーリー・マクレーンと共にアカデミー賞にノミネートされたことで、その実力を確かなものにした。
(シャーリー・マクレーンは主演賞受賞)

本位でない軍役や、恋に翻弄され、絶望して自殺する士官候補生役のデヴィッド・キース、その恋人リサ・ブロウント、主人公の父ロバート・ロッジア、候補生のリサ・エイルバッハートニー・プラナデヴィッド・カルーソハロルド・シルベスター、ポーラ(D・ウィンガー)の両親ヴィクター・フレンチグレイス・ザブリスキーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。