家族の庭 Another Year (2010) 4/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

幸福感を味わいながら長年寄り添って暮らしてきた初老の夫婦の平凡な生活と、その二人の元に集う人々の孤独や言い知れない寂しさなどを描く、監督マイク・リー、主演レスリー・マンヴィルジム・ブロードベントルース・シーンイメルダ・スタウントン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:マイク・リー
製作総指揮
ゲイル・イーガン

テッサ・ロス
製作:ジョージナ・ロウ
脚本:マイク・リー
撮影:ディック・ポープ
編集:ジョン・グレゴリー
音楽:ゲイリー・ヤーション

出演
メアリー:レスリー・マンヴィル

トム・ヘップル:ジム・ブロードベント
ジェリー・ヘップル:ルース・シーン
ケン:ピーター・ワイト
ジョー・ヘップル:オリヴァー・モルトマン
ロニー・ヘップル:デイビッド・ブラッドリー
ケイティ:カリーナ・フェルナンデス
カール・ヘップル:マーティン・サヴェッジ
タニア:ミシェル・オースティン
ジャック:フィリップ・デイヴィス
トムの同僚:スチュワート・マッカリー
ジャネット:イメルダ・スタウントン

イギリス 映画
配給
フォーカス・フィーチャーズ

Film4
2010年製作 129分
公開
イギリス:2010年11月5日
北米:2010年12月29日
日本:2011年11月5日
製作費 £8,000,000
北米興行収入 $3,205,244
世界 $19,722,766


アカデミー賞 ■

第83回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロンドン
不眠症で悩むジャネット(イメルダ・スタウントン)は、医師タニア(ミシェル・オースティン)の診察を受けて、精神的な悩みを、カウンセリングで解決することを勧められる。

地質学者トム・ヘップル(ジム・ブロードベント)と妻ジェリーは、長年連れ添った初老の夫婦だった。

医療カウンセラーのジェリーは、訪れたジャネットのカウンセリングを始める。

気難しいジャネットは、積極的に話をしようとしないが、ジェリーは翌週のカウンセリングも勧める。

同僚の独身女性メアリー(レスリー・マンヴィル)に付き合ったジェリーは、彼女の男運の悪さなどをパブで聞かされ、後日、彼女を食事に誘い帰宅する。

数日後。
トムとジェリーを尋ねたメアリーは、いつものように酔って愚痴をこぼし始め、結局は泊まっていくことになる。

自暴自棄気味のメアリーを、トムとジェリーは優しく見守り理解しようとする。

翌朝、帰ろうとしたメアリーは、昔からよく知る、二人の息子で弁護士のジョー(オリヴァー・モルトマン)と出くわし、軽い挨拶をしてその場を去る。

その後は、家族で菜園の畑仕事をしていたが、トムとジェリーは、30歳を過ぎて、未だ結婚の予定のなさそうな息子の将来を案ずる。

ある日、トムの学友ケン(ピーター・ワイト)が訪ねて来るが、暴飲暴食でヘビースモーカーの彼は、歳をとってしまい今風のパブには行けず、休暇を過ごす相手もいないことなどを嘆き、亡くなった友人のことを想い涙する。

翌日、トムとケンは、友人ジャック(フィリップ・デイヴィス)やジョーと共にゴルフを楽しみ、その後、メアリーも招待してバーベキュー・パーティーが開かれる。

その場には、タニヤや生まれた子供もいて、ケンは、独身同士でメアリーと話をしようとする。

ケンに興味のないメアリーは、購入した車で来たにも拘らず、ワインを何杯も飲み始める。

メアリーは、過食症気味のケンの肥満体を遠めに見ながら、かつての彼を想いジェリーにそれを語る。

その後、ジョーを捉まえて話を始めたメアリーは、結婚を考えていない様子の彼に、自分が何度か男性関係に失敗したことなどを振り返って聞かせる。

ジョーとケンを、車で送っていくことなったメアリーは、目的地でジョーを降ろし、駅に着いたところで、ケンに愛を告白されるが、彼女はそれを拒む。

菜園から戻ったトムとジェリーは、ジョーが恋人ケイティ(カリーナ・フェルナンデス)を連れて来ていたので驚いてしまう。

作業療法士だという気さくなケイティと、食事をしながら会話を楽しんだ一家は、午後からは、メアリーを迎えることになる。

メアリーは、ジョーがいたことを喜ぶが、少なからず彼に心を寄せていたにも拘らず、ケイティの存在を知り気分を害してしまう。

その後メアリーは、車を壊されたことなど、家族にとっては退屈な話をした挙句に、”叔母”呼ばわりされてしまう。

ジョーとケイティが帰った後、メアリーは明らかに動揺し、彼が早まった行動をしているような言い方で、ジェリーにそれを語る。

トムとジェリーは、メアリーの態度を気にするものの、息子達の将来を考え冷静にそれを見守ろうとする。

トムは、妻を亡くした兄ロニー(デイビッド・ブラッドリー)の家を家族で訪ね、葬儀に参列する。

それが終わる頃、ロニーの息子カール(マーティン・サヴェッジ)がようやく現われ、彼は自分を待たなかったことで、家族に不満をぶつける。

ロニーの家に戻ったトムらは、家に寄り付かないカールの話などをした後、数人の参列者を招き入れる。

その後、カールが現われて家族と口論になり、客は席を立ち、どう対処すればよいのか迷うロニーをトムは抱きしめる。

トムはロニーに、ロンドンの自宅に滞在することを提案して、ロニーはそれに同意する。

母親の死に際にも会えなかったカールは、悪態をつき出て行ってしまい、トムらはロニーの身支度をして家に向かう。

ある日、トムとジェリーが菜園に行っている間に、落ち着きのない様子のメアリーが現われ、留守番をしていたロニーが対応する。

ロニーはメアリーを警戒するが、家の中の様子を知っている、ジェリーの友人だと言うメアリーを信用して家の中に招き入れる。

お茶を入れて、ロニーに話しかけるメアリーは、後でジョーがケイティと現われることや、ロニーが、自分のことを、家族から何も聞いていないと知りショックを受ける。

二人は、噛み合わない話を淡々と続け、やがてトムとジェリーが帰宅する。

メアリーに失望していたジェリーは、職場でも彼女を避けていたため、彼女が連絡もせずに、ジョーとケイティが訪れる日に限って現われたことをよく思わない。

しかし、苦悩するメアリーの気持を知ったジェリーは、自分ではなく、専門家の相談相手を探すよう、彼女に助言する。

暫くすると、ジョーとケイティが現われ、家族は会話を弾ませながら食事をする。

ロニーは、それには加わらずに話を興味深く聞いていたが、メアリーは、友人ではあるが、家族の一員でないことを理解する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

地質学者のトム・ヘップルと妻ジェリーは、平凡ではあるが幸福な毎日を送る初老の夫婦だった。
二人の悩みと言えば、30歳を過ぎても結婚を考えていない、弁護士の息子ジョーのことくらいであった。
医療カウンセラーのジェリーは、親友でもある同僚のメアリーを度々家に招いていた。
メアリーは、自分の男運の悪さなどを悲観し、自暴自棄気味に酒の力を借りて気を紛らしていた。
そんなメアリーを理解しつつ、温かく見守るトムとジェリーだった。
そんな時、前触れもなくジョーが恋人のケイティを連れて現われ、それを知った、少なからず彼に心を寄せていたメアリーは気分を害してしまう。
その様子を見たトムとジェリーは、明らかに動揺するメアリーの態度に困惑してしまう・・・。
__________

中流家庭の、平凡ではあるが充実した毎日を送る家族と、彼らに関りながら、自らの力で孤独から逃れられない人々の人生の悲哀を、名匠マイク・リーが切実に描いた秀作ドラマであり、実に味わい深い作品だ。

物語の中心人物は初老の夫婦なのだが、その孤独感から、彼らを家族同等の存在に考えてしまう、哀れなまでに不安定な独身女性を演ずる、レスリー・マンヴィルの渾身の演技は素晴らしい。
彼女の演技は、世界の映画祭などで高く評価されて絶賛された。

第83回アカデミー賞では、マイク・リーが、脚本賞にノミネートされた。

温厚で柔和な地質学者ジム・ブロードベント、その妻で、カウンセラーらしく何事も冷静に判断する思慮深い女性ルース・シーン、その息子オリヴァー・モルトマン、その恋人カリーナ・フェルナンデス、トム(J・ブロードベント)の兄デイビッド・ブラッドリー、その息子マーティン・サヴェッジ、トムの友人ピーター・ワイトフィリップ・デイヴィス、医師ミシェル・オースティン、冒頭にカウンセリングを受ける女性イメルダ・スタウントン、トムの同僚スチュワート・マッカリーなどが競演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター