結婚しない女 An Unmarried Woman (1978) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫の浮気を知った女性が、精神的に不安定になりながらも自立していく姿を描く、製作、監督、脚本ポール・マザースキー、主演ジル・クレイバーグアラン・ベイツ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ポール・マザースキー
製作
ポール・マザースキー

アンソニー・レイ
脚本:ポール・マザースキー

撮影:アーサー・J・オーニッツ
編集:スチュアート・H・パッピ
音楽:ビル・コンティ

出演
エリカ・ベントン:ジル・クレイバーグ

ソール・カプラン:アラン・ベイツ
マーティン・ベントン:マイケル・マーフィー
チャーリー:クリフ・ゴーマン
スー:パット・クイン
エレイン:ケリー・ビショップ
ジャネット:リンダ・ミラー
パティ・ベントン:リサ・ルーカス
ジャイコブズ医師:ダニエル・セルツァー
フィル:マシュー・アーキン
ハル:ポール・マザースキー
エドワード:レイモンド・J・バリー
ボブ:アンドリュー・ダンカン
タニア・バーケル:ペネロープ・ラシアノフ
フレッド:マイケル・タッカー

クレア:ジル・アイケンベリー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1978年製作 124分
公開
北米:1978年3月5日
日本:1978年8月


アカデミー賞 ■

第51回アカデミー賞
・ノミネート
作品
主演女優(ジル・クレイバーグ)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
画廊でアルバイトをするエリカ・ベントン(ジル・クレイバーグ)は、ウォール街で働く夫マーティン(マイケル・マーフィー)と高校生の娘パティ(リサ・ルーカス)とで、平穏な暮らしをしていた。

エリカは、友人スー(パット・クイン)、エレイン(ケリー・ビショップ)、ジャネット(リンダ・ミラー)らと時々集まり、4人で楽しい時間を過ごしていた。

数日後エリカは、画廊のチャーリー(クリフ・ゴーマン)の、自分を誘う言動にうんざりしてしまう。

マーティンとランチをとったエリカは、その帰り道、彼から浮気をしていることを告白される。

エリカは、泣きながら相手のことなどを語るマーティンに呆れてしまい、彼を見限ってその場から立ち去る。

その後、スーらにそれを伝えたエリカは、ショックを受けて泣き出すパティを励ます。

離婚したエリカは体調が優れないまま、クリニックで診察を受けるが、ジャイコブズ医師(ダニエル・セルツァー)に、異常はなくてストレスのせいだと言われる。

ある日エリカは、ランチを共にしたボブ(アンドリュー・ダンカン)に、タクシーの中で迫られてしまう。

憤慨したエリカは、ボブを車から降ろして帰宅するが、パティが、ボーイフレンドのフィル(マシュー・アーキン)と抱き合っているのを目撃して取り乱し、彼を追い出してしまう。

その後、冷静になったエリカはパティに謝罪し、フィルを食事に招待しようとする。

タニア・バーケル(ペネロープ・ラシアノフ)のセラピーを受けたエリカは、その後、マーティンのオフィスに立ち寄る。

エリカはパティを心配し、彼女にもセラピーを受けさせたいということをマーティンに伝える。

友好ムードだったマーティンだったが、エリカは彼を許していないとはっきり言い放つ。

スーやエレインと話をしたエリカは、タニアのセラピーを受け、街角のカップルを見て、ねたましく思うと涙ながらに語る。

タニヤはそんなエリカ、早く現実の生活に戻り、男を求めてみるのも一つの方法だと助言する。

偶然バーで会った、チャーリーの部屋に行ったエリカは、毛嫌いしていた彼と愛し合ってしまい、一度きりだと言ってその場を去る。

翌日、マーティンは、いつものジョギング・コースでエリカを待っていたが、彼女にまともに話しすらしてもらえない。

抽象画家のソール・カプラン(アラン・ベイツ)と、行きずりのセックスを楽しんだエリカは、彼に再会を希望される。

芸術家が集まるパーティーで、ソールを見つけたエリカは、タニアにも出くわす。

その場にいたチャーリーが、エリカとのことを茶化したため、自分も侮辱されたソールが憤慨して彼に襲い掛かる。

会場を出たエリカとソールは、互いの愛を確かめ合い、彼のアパートに向かう。

その後、二人は順調な交際を続けるが、自立するため真剣に仕事を見つけようとするエリカは、同棲を勧めるソールの申し出に同意できない。

ソールを食事に招き、パティを紹介したエリカは、二人の関係に敏感になる彼女に、結婚する気はないことを伝える。

数日後、恋人に捨てられたというマーティンから、戻りたいと言われたエリカは、それを拒む。

エリカは、夏休みにバーモントで休暇を過ごすソールに誘われるが、その答えを渋ってしまう。

新しいアパートを探したエリカは、ソールのことをエレインに話し、彼女はバーモントに行くことを勧める。

エリカは、週末だけバーモントに行くことをソールに伝え、巨大な抽象画を受け取る。

旅立つソールを見送ったエリカは、苦労しながらその絵をアパートに持ち帰ろうとする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

夫や娘との平凡な暮らしをする、画廊でアルバイトをするエリカ・ベントンは、ある日、夫マーティンから浮気を告白される。
マーティンを追い出したエリカは、体調不良で精神的にも不安定となり、セラピーに通うようになる。
セラピストから、早く普通の生活に戻り男を求めてみてはと言われたエリカは、毛嫌いしていた画廊の同僚とベッドを共にしてしまう。
そして、抽象画家ソールとの関係を楽しんだエリカは、彼との親交を深めていく。
その後エリカは、恋人に振られて寄りを戻そうとする夫マーティンを拒絶し、順調な交際を続けていたソールの同居の誘いにも答えを渋ってしまう・・・。
__________

平穏な家庭が崩れた時の都会での孤独感、同じような悩みを抱える友人との心の触れ合いなど、揺れ動く女心を繊細に描く、ポール・マザースキーの都会的感覚が痺れるほど自然に描かれている作品。

第51回アカデミー賞では、作品、主演女優(ジル・クレイバーグ)、脚本賞にノミネートされた。

今や使い古されたような、女性の自立をテーマにした内容であるが、当時としては斬新で、いわゆる”女性映画ブーム”の火付け役であり先駆けとなった作品。

大都会ニューヨークの雰囲気にマッチするビル・コンティの軽快な音楽も非常に印象的だ。

公開当時は、熟年女性のように感じた主演のジル・クレイバーグだが、撮影当時はまだ30代前半で、今見るとノーメイクに近い、ゾクッとするほどの色気を感じる、魅力ある素晴らしい女優だと再確認した。

主人公の心を捉えるものの、自分の思い通りにならない彼女を理解しきれない抽象画家アラン・ベイツ、優柔不断な夫役マイケル・マーフィー、画廊の同僚クリフ・ゴーマン、主人公の親友役のパット・クインケリー・ビショップリンダ・ミラー、娘リサ・ルーカスアラン・アーキンの息子で、彼女のボーイフレンドのマシュー・アーキン、医師役のダニエル・セルツァー、芸術家レイモンド・J・バリー、セラピストのペネロープ・ラシアノフ、友人のジル・アイケンベリーマイケル・タッカー、そしてポール・マザースキーも出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター