キング・オブ・マンハッタン Arbitrage (2012) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

巨額損失を抱えて窮地に立たされる大物投資家の追い詰められていく姿を描く、主演リチャード・ギアスーザン・サランドンティム・ロス他共演、監督ニコラス・ジャレッキーによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ニコラス・ジャレッキー
製作
ローラ・ビックフォード

ケヴィン・チューレン
ジャスティン・ナッピ
ロバート・サレルノ
脚本:ニコラス・ジャレッキー
撮影:ヨリック・ル・ソー
編集:ダグラス・クライズ
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ロバート・ミラー:リチャード・ギア

エレン・ミラー:スーザン・サランドン
マイケル・ブライヤー刑事:ティム・ロス
ブルック・ミラー:ブリット・マーリング
ジュリー・コテ:レティシア・カスタ
ジミー・グラント:ネイト・パーカー
シド・フェルダー:スチュアート・マーゴリン
ギャヴィン・ブライアー:クリス・アイグマン
ジェームズ・メイフィールド:グレイドン・カーター
クリス・フォーグラー:ブルース・アルトマン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 100分
公開
北米:2012年9月14日
日本:2013年3月23日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $7,918,283
世界 $35,485,056


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
ヘッジ・ファンドを運営する大物ロバート・ミラー(リチャード・ギア)は、出張から戻った自宅で家族に迎えられ、60歳の誕生日を祝う。

妻のエレン(スーザン・サランドン)や娘のブルック(ブリット・マーリング)、そして家族全員に感謝したミラーだったが、ある悩みを抱えていた。

重役でもあるブルックに、なぜ会社を売るのかを問われたミラーは、家族との時間を増やしたいと答える。

会社に向かうとエレンに伝え外出したミラーは、愛人ジュリー・コテ(レティシア・カスタ)のアパートに向かい愛し合う。

ミラーとエレンの出資した、ギャラリーのオーナーのジュリーは展覧会の準備をしていた。

銅山の投資に失敗したミラーは、4億1200万ドルの借金の返済を迫られ窮地に陥っていた。

ジュリーの展覧会を気にしながら合併相手のジェームズ・メイフィールド(グレイドン・カーター)との会合に向かったミラーは、相手が現れないために席を立つ。

同席していたブルックに、帳簿に不審な点があることを知らされたミラーは、翌日にそれを調べることを約束してジュリーの元に向かう。

約束の時間を大幅に遅れたため、気分を害したジュリーはミラーを相手にしようとしない。

その後、ジュリーのアパートに向かったミラーは、彼女と言い争いになる。

冷静になったミラーは、ジュリーを誘い別荘に向かう。

その途中、睡魔に襲われたミラーはハンドルを誤り、車が横転してジュリーが死亡してしまう。

焦ったミラーはその場を離れ、直後に車は爆破炎上する。

傷を負ったミラーは、ハーレムに住むジミー・グラント(ネイト・パーカ)に連絡する。

事故現場に到着したマイケル・ブライヤー刑事(ティム・ロス)は、ただの飲酒運転事故ではなく、運転者がドアを蹴破って出たことを知る。

ジミーの父が長年自分の運転手をしていたため、彼の世話を頼まれていたミラーは、彼に協力を求め事故を偽装しようと考える。

自宅に戻り監視カメラの映像を処分したミラーは、痛みを堪えながらベッドに入る。

翌日、友人のシド・フェルダー(スチュアート・マーゴリン)に、早い段階で自首を勧められたミラーだったが、合併が白紙になり負債が明るみに出ることを恐れ、黙っているほかないと考える。

会社に向かったミラーは、帳簿上の資産が半分不明瞭だとブルックから指摘される。

そこにブライヤーが現れ、ミラーは事故死したジュリーとの関係を聞かれる。

ミラーに探りを入れたブライヤーは、エレンから話を聞こうとするものの、アポを取るように言われ、ジュリーのアパートを調べさせる。

電話の記録で、ミラーが公衆電話からハーレムに連絡したことなどをブライヤーは突き止める。

ブライヤーはジミーを連行して尋問するが、彼はミラーとの約束通り何も話さなかった。

ジミーは解放され、ミラーに呼ばれて200万ドルの信託財産を与える話を聞かされる。

その後ミラーは、企業倫理に触れて、会社が告発されたという連絡を、部下のクリス・フォーグラー(ブルース・アルトマン)から受ける。

引き続き帳簿を調べたブルックは、ミラーの指示で粉飾決算を行なっていたことを知る。

メイフィールドが全て裏で動いていたことを知ったミラーは、彼と直接会って話し合おうとする。

金で全てを解決しようとする人間を憎み、罪のないジミーを利用しようとするミラーを追い詰めようと考えるブライヤーは行動を開始する。

ブルックに問い詰められたミラーは、破産寸前の会社を存続させるためにした行為を認める。

仕事と割り切るミラーに対し、謝罪も得られず、詐欺に加担する気になれないブルックは父を見限る。

ジミーに会ったブライヤーは、犯人のミラーを車に乗せた証拠を見せて、利用されていることを伝える。

審議にかけられたジミーは、あらゆる状況証拠から犯人を車に乗せたことを追求される。

ミラーの周辺の異変に気づいていたエレンは、何も話せないと言うブルックに、自分の信ずる行動をとるよう助言する。

直接メイフィールドに会ったミラーは、会社の業績が順調であることを強調して、好条件で契約を決めて社内で発表し、社員に感謝する。

ジミーに会ったミラーは、ブライヤーが提出していた料金所のナンバーが重要な証拠となったため、指示に従わなかったジミーを責める。

ジミーはその場を通っていないと言い張り、起訴の不安を抱える彼に、ミラーはもう少し辛抱するよう伝える。

追い込まれたミラーは、ジミーの弁護士に料金所を通過させて、その写真を入手させて調べる。

証拠であるジミーの車のナンバー写真が偽造だと気づいたミラーは、それを弁護士に追及させる。

判事は、写真鑑定に応じようとせず映像テープも亡くしたと言うブライヤーと検事に対し、ミラーへの尋問を禁ずる。

判事に厳重注意されたブライヤーは、何とかしてエレンに会おうとする。

ジミーはミラーの金を受取り、事業を始めようとする彼は、それを役立てることを伝える。

ブルックから全てを聞いたとエレンに言われたミラーは、家族のためにやったことだと答える。

会社の所有権と決議権を、ブルックが代表を務める慈善団体に与える書類にサインするよう言われたミラーだったが、彼はそれを拒む。

エレンは、サインをすれば事件の夜は一緒だったと証言するという条件を出す。

それに応じようとしないミラーに、愛する娘を傷つけたことを痛烈に非難してエレンは納得しない。

尚も、世の中はそういうものだと言うミラーだったが、それを知らずにいたブルックのことを考えながら、エレンはその場を去る。

メイフィールドは、ミラーの会社の4億ドル以上が未確認だと知らされるが、問題ないと判断して慈善パーティーに向かう。

会場で、ブルックに紹介されたミラーは、複雑な思いで壇上に上がる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
ヘッジ・ファンドを運営する大物投資家のロバート・ミラーは、投資の失敗で巨額の損失をだす。
ミラーは、それを隠して事業は順調だと見せかけ、合併を計画する。
そんなミラーは、愛人のジュリーと別荘に向かおうとするが、事故を起こし彼女は死亡してしまう。
合併白紙の危機に、スキャンダルを避けようとするミラーは、元運転手の息子ジミーを現場に呼び偽装工作に協力させる。
その頃、事業を手伝う娘のブルックは帳簿の不明瞭な部分に気づき、ミラーが粉飾決算を指示していたことを知ってしまう。
それをブルックに問い詰められたミラーは、事故の捜査を始めた刑事ブライヤーにも疑われ窮地に立たされる・・・。
__________

人気スターのリチャード・ギアをはじめ、実力派ベテラン女優のスーザン・サランドンや個性派ティム・ロスの共演というキャスティングが注目の作品。

サスペンスと宣伝しているものの、そうとも言えない内容で、世の中の全てを金で牛耳ろうとする者の凋落、また、それを免れようとする姿を描く物語は珍しくもない。

しかし、”家族”が頻繁に強調される中で、主人公がそれを第一に考え、改心するのかと思いきや、あくまで世の中はそういうものだと割り切るところなどがなかなか興味深い。
ラストは”やはり?”という雰囲気では終わるが・・・。

主人公の行動や考えは短絡的であり、警察が捏造などしなくても、誰がどう見ても、事故の同乗者は明らかだと思える展開も今一だ。

それなりの雰囲気を出している、魅力的ではある主人公の投資家リチャード・ギア、その妻スーザン・サランドン、裏の手を使うところが彼らしいとも言える刑事ティム・ロス、主人公の娘ブリット・マーリング、主人公の愛人レティシア・カスタ、偽装工作に加担するネイト・パーカ、主人公の友人スチュアート・マーゴリン、主人公の部下クリス・アイグマン、合併相手グレイドン・カーターなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター