ミスター・アーサー Arthur (1981) 4.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

大富豪の御曹子、プレイボーイで子供のような、独りでは何もできない主人公が、下町に住む貧しい女性との恋の騒動で四苦八苦する姿を描く、ダドリー・ムーアライザ・ミネリジョン・ギールグッド共演のロマンティック・コメディの快作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴ・ゴードン
製作:ロバート・グリーンハット
製作総指揮:チャールズ・H・ジョフィ
脚本:スティーヴ・ゴードン
撮影:フレッド・シュラー
編集:スーザン・E・モーズ
音楽:バート・バカラック
主題歌:“Best That You Can Do
クリストファー・クロス

キャロル・ベイヤー・セイガー
作詞作曲:ピーター・アレン

出演
ダドリー・ムーア:アーサー・バック
ライザ・ミネリ:リンダ・マローラ
ジョン・ギールグッド:ホブソン
ジェラルディン・フィッツジェラルド:マーサ・バック
バーニー・マーティン:ラルフ・マローラ
ジル・アイケンベリー:スーザン・ジョンソン
スティーヴン・エリオット:バート・ジョンソン
テッド・ロス:ビターマン
アン・デ・サルヴォ:グロリア
トーマス・バーバー:サンフォード・バック
リチャード・ハミルトン:ビル
B・コンスタンス・バリー:結婚式招待客

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1981年製作 95分
公開
北米:1981年7月17日
日本:1981年12月5日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $95,461,682


アカデミー賞 ■

第54回アカデミー賞
・受賞
助演男優(
ジョン・ギールグッド)
歌曲賞
・ノミネート
主演男優(
ダドリー・ムーア)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
大富豪の御曹子アーサー・バック(ダドリー・ムーア)は、自由奔放、気ままに暮す独身男性だった。

ある夜、街角でコール・ガールのグロリア(アン・デ・サルヴォ)を拾ったアーサーは、彼女を同伴して馴染みの高級レストランに向かう。

アーサーは、周囲の迷惑も考えずに一人で騒ぎ始め、食事後,グロリアと自宅に帰りベッドを共にする。

翌朝、アーサーは、生真面目で厳格な執事ホブスン(ジョン・ギールグッド)に起こされ、グロリアは、現金を渡されてその場を去る。

ホブスンは、羽目を外し過ぎるアーサーを、厳しい目で監視していた。

アーサーは、ホブスンがいなければ何も出来ず、また、彼の忠告を気にもせず、仕事もなく遊びほうけている。

その後、父親サンフォード(トーマス・バーバー)に呼ばれたアーサーは、かねてから決められていた富豪令嬢スーザン・ジョンソン(ジル・アイケンベリー)と結婚することを,父に命ぜられる。

全く結婚する気のないアーサーは、当然それを拒むが、父に、7億5千万ドルの遺産相続権を失う覚悟をしておけと脅されてしまう。

独身生活を楽しむアーサーは、スーザンに贈る代々伝わるダイヤの指輪を受け取り寂しさを感じる。

そして、巨額の遺産をみすみす捨てるわけにもいかないアーサーは、今回ばかりは観念する。

その後、ホブソンと買い物に出かけたアーサーは、高級紳士服店にいた女性リンダ・マローラ(ライザ・ミネリ)が、万引きをしたのを目撃してしまう。

アーサーは警備員に追われるリンダを追い、自分の連れだと言って彼女を助ける。

それ以上、関わるべきではないというホブソンの忠告を尻目に、アーサーは、運転手ビターマン(テッド・ロス)に、彼女を自宅まで送らせる。

リンダは、失業中の父ラルフ(バーニー・マーティン)の誕生日に、盗んだネクタイをプレゼントしようとしていたのだ。

アーサーは、勝気で大胆なリンダに惹かれてしまい、彼女を誘いデートを重ねるうちに、初めて恋というものを経験する。

その後、スーザンとは結婚したくないことを、アーサーは祖母マーサ(ジェラルディン・フィッツジェラルド)に相談する。

マーサは、一応、結婚はして浮気をすればいいと、アーサーにアドバイスする。

婚約の夜を迎え、アーサーはリンダとの約束をキャンセルする連絡を入れる。

リンダは潔く引き下がろうとするが、父ラルフは、億万長者と縁が切れたことにショックを受ける。

スーザンの元に向かう前にアーサーは、年のせいで、時々体調を崩すホブソンを気遣いながら、リンダへの想いを彼に伝える。

スーザンの父バート(スティーヴン・エリオット)は、欲しいものは何でも手に入れる強引な男で、アーサーは、脅迫まがいの言い方で彼に娘の幸せを約束させられる。

そして、アーサーはスーザンに結婚指輪を渡し、仕方なくプロポーズしてしまう。

帰宅途中、リンダの家に立ち寄ったアーサーは、彼女に手切れ金の10万ドルを渡そうとするものの、追い返されてしまう。

ホブソンは、今度ばかりは、アーサーが本気で女性に恋をしたことを察し、リンダの元を訪れてドレスを進呈し、彼女を婚約パーティーに招待する。

パーティーに出席したリンダは、アーサーが結婚を無理強いされていることを知らされ、彼の優しさにも触れるが、これで彼とは別れるつもりだった。

そんな時、運転手ビターマンからの連絡で、ホブスンの癌が悪化し。入院してしまったことをアーサーは知る。

アーサーはホブソンを家に連れ帰り、付き添って看病するのだが、リンダとのことを心配しながらホブソンは息を引き取る。

結婚式当日、アーサーはリンダがウエイトレスをしている店に向かう。

そして、いつものように酔ったアーサーは、貧乏生活を覚悟し、その場でリンダにプロポーズして彼女を伴い教会に向かう。

教会に到着したアーサーが、スーザンに結婚できないことを伝えると、彼女の父バートが激怒する。

バートはアーサーを叩きのめし、彼をナイフで刺し殺そうとするが、アーサーの祖母マーサが、バートを一喝してそれを阻止する。

結婚式は中止されて、アーサーは一文無しになり、リンダとの貧しい生活を覚悟する。

しかし、そんな二人を見た祖母マーサは、アーサーに貧乏暮らしをさせまいと、遺産を渡すことを決意する。

アーサーは一旦それを断り、ビターマンに別れを告げるが、リンダのことを考えて遺産を受け取ることにする。

そして、アーサーは、ビターマンに給料を倍にすることを約束し、リンダと共に彼の運転で教会を後にする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

自由気ままな独身生活を楽しむ、大富豪の御曹司アーサー・バックは、執事ホブソンの”躾”のおかげで、何とか毎日を送っていた。
しかし、年頃のアーサーは、富豪令嬢スーザンとの結婚を父親から強要されてしまう。
当然それを断ろうとしたアーサーだったが、巨額の財産を渡さないと言われ、仕方なくスーザンとの結婚を決意する。
そんな時アーサーは、下町に住む平凡な女性のリンダと出会い、生まれて初めて恋というものを知ってしまう。
それを察したホブソンは、アーサーが大人に成長するチャンスだと考え、病を抱えながら、彼のために最後の手助けをする・・・。
__________

わずか700万ドルの製作費にも拘らず、北米だけで1億ドル近い興収を上げたヒット作でもあり、1988年に続編も公開された。

2011年にはリメイク作品も公開された。

第54回アカデミー賞では、助演男優(ジョン・ギールグッド)と歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
主演男優(
ダドリー・ムーア)
脚本賞

クリストファー・クロスの歌う主題歌“Best That You Can Do” も大ヒットし、ビルボードをはじめ軒並みNo.1ヒットとなった。

バート・バカラックの、作品イメージにマッチしている小粋な音楽もいい。

”金が全てではない”などと、きれいごとを言わない、”金持ちで幸せ”を連発する富豪達が憎めないところが面白い。

奔放で世間知らずの大金持ちを演じ、ほとんどのシーンで酔っている、イギリス人コメディアンのダドリー・ムーアの、ワンマンショー的作品ではあるが、脇を固めるベテラン、演技派達の味のある演技が見ものだ。

ミュージシャンでもあるダドリー・ムーアは、見事なピアノ演奏も披露してくれる。

気の強い下町娘ライザ・ミネリは、万引きはしても、アーサーの財産には目もくれない女性を好演し、観客は、何とかアーサーと結ばれるようにと願ってしまう。

アーサーに不利益になることは全て排除していく、厳格だが、時にユーモラスで人情味溢れる執事、名優ジョン・ギールグッドの出色の名演は忘れ難い。

一族を仕切る祖母、大ベテラン女優ジェラルディン・フィッツジェラルド、娘の玉の輿を願うリンダ(L・ミネリ)の父親バーニー・マーティン、結婚を破棄される富豪令嬢ジル・アイケンベリー、暴力的なその父親スティーヴン・エリオット、コール・ガールのアン・デ・サルヴォ、運転手テッド・ロス、アーサーの父親トーマス・バーバー、バーの客でリチャード・ハミルトン、結婚式招待客B・コンスタンス・バリーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター