ミスター・アーサー Arthur (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年に大ヒットした「ミスター・アーサー」のリメイク作品。
破天荒な毎日を送る、桁外れな大富豪の御曹司が、成長して普通の恋を手に入れるまでを描いた、製作、主演ラッセル・ブランドヘレン・ミレンジェニファー・ガーナーニック・ノルティ共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ジェーソン・ウィナー
製作総指揮:ラッセル・ブランドほか
製作
ケヴィン・マコーミック

ラリー・ブレズナー
マイケル・F・タドロスほか
原案:
スティーヴ・ゴードン

脚本:ピーター・ベイナム
撮影:ユタ・ブリースウィッツ
編集:ブレント・ホワイト
音楽:セオドア・シャピロ

出演
アーサー・バック:
ラッセル・ブランド

リリアン・ホブソン:ヘレン・ミレン
スーザン・ジョンソン:ジェニファー・ガーナー
ナオミ・クイン:グレタ・ガーウィグ
バート・ジョンソン:ニック・ノルティ
ビターマン:ルイス・ガスマン
ヴィヴィアン・バック:ジェラルディン・ジェームズ
本人:イヴェンダー・ホリフィールド
Dylan’s Candy Bar”のマネージャー:ジョン・ホッジマン
写真家:ナイジェル・バーカー

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 110分
公開
北米:2011年4月8日
日本:未公開
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $33,015,696
世界 $45,735,397


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
大富豪の御曹司アーサー・バック(
ラッセル・ブランド)は、運転手のビターマン(ルイス・ガスマン)と共に、バットマンとロビンのコスチュームで、バットモービルに乗り、母親ヴィヴィアン(ジェラルディン・ジェームズ)のパーティーに向おうとする。

二人はパトカーに追跡され、ウォール街の”Charging Bull”に激突し、酔っていたアーサーは逮捕されてしまう。

ヴィヴィアンは、アシスタントのスーザン・ジョンソン(ジェニファー・ガーナー)に届いた、アーサー逮捕の写真を見せられて呆れてしまう。

その後アーサーは保釈され、いつものように出会った者達を自宅に招き夜を明かす。

翌朝、乳母のリリアン・ホブソン(ヘレン・ミレン)にたたき起こされたアーサーは、母親ヴィヴィアンがオーナーの”バック・ワールドワイド”本社ビルに向う。

アーサーの行動に、我慢の限界に達したヴィヴィアンは、非の打ち所のない才女で、優秀なスーザンとの結婚を命ずる。

当然、アーサーはその気になれないが、ヴィヴィアンに、資金援助を切ることと、9億5000万ドルの遺産もなくなることを告げられ、彼は仕方なくそれに従うことを伝える。

その後アーサーは、ホブソンと共に馬鹿げた買い物などをして、”グランド・セントラル駅”に向う。

そこでアーサーは、ライセンスなしでツアー・ガイドをしているナオミ・クイン(グレタ・ガーウィグ)に出会い、心惹かれてしまう。

ナオミは、無許可でガイドをしているところを警官に問い詰められるが、アーサーが機転を利かせて彼女を助ける。

そこに、ビターマンの車に乗ったホブソンが現われ、何者か分からないアーサーらを不審に思い、ナオミはその場を立ち去る。

スーザンの父バート(ニック・ノルティ)が建設中の高層ビルに向ったアーサーは、半ば脅迫されながら、彼にスーザンとの結婚の許可を得る。

そして、スーザンと食事をしたアーサーは、そこでも彼女に脅されながらプロポーズさせられ、父親が母親に贈った指輪を彼女に渡す。

その後アーサーは、”グランド・セントラル駅”を貸切り、そこで、ナオミと”ペッツ”を食べて、二人だけのディナーを楽しむ。

その後、二人はナオミ女の家で過ごし、アーサーは、彼女が作家志望だと知る。

バック、ジョンソン両家の、顔合わせと写真撮影があり、アーサーは、結婚に前向きでないことをスーザンに正直に伝える。

スーザンは、現時点で財力はあるものの、バック家のような家名に拘ることをアーサーに告げて、何があっても結婚することを伝える。

翌日、自宅にスーザンが現われ、その後ナオミも姿を現し、アーサーは焦ってしまう。

ホブソンにナオミを任せ、自分はスーザンに迫られるが何とかそれを逃れる。

ナオミが気の毒に思うと同時に、アーサーの恋が実っても、彼が貧乏生活に耐えられるはずもなく、ホブソンは行く末を案ずる

ホブソンに働くことを宣言したアーサーだったが、ようやく見つけた”Dylan’s Candy Bar”の店員も、即マネージャー(ジョン・ホッジマン)からクビを言い渡される。

酒も止められないアーサーは悩み、結婚を諦めることを考えていることを母ヴィヴィアンに告げるが、彼女は、結婚をして浮気をすればいいと提案する。

ナオミの家に向かったアーサーは、スーザンと婚約していることを正直に伝え、結婚後も付き合い続ける提案をする。

それを拒まれたアーサーは、ナオミに99万9000ドルの小切手を渡すが受取ってもらえず、その場を立ち去る。

その後アーサーは、スーザンとの結婚準備を進める一方、ホブソンは、この結婚に対してヴィヴィアンに意見する。

解決策が見つからないまま、ホブソンはナオミの元に向かい、アーサーが本気で恋をしていることを伝えるものの、気分が悪くなり、その場で倒れてしまう。

ホブソンが入院したことを知ったアーサーは、病院に急行して彼女を励ます。

ナオミに会ったアーサーは、彼女の夢だった、作家として本が出版できることを知りそれを喜ぶ。

そこにスーザンが現われ、ナオミの出版社が、”バック・ワールドワイド”が買収した会社だと伝える。

アーサーが、手を回したことを知ったナオミは気分を害し、その場から立ち去る。

その後、ホブソンを献身的に看病したアーサーだったが、彼女は亡くなる。

抜け殻となったアーサーだったが、悲しことに飽きて自宅でパーティーを開き、翌日、酔いながら結婚式を迎える。

教会に向かったアーサーは、ホブソンからの自分を想うメッセージに気づく。

式は始まり、誓いの言葉でアーサーは、今回の結婚が茶番だと言って騒ぎ始める。

スーザンはアーサーを殴り、是が非でも結婚して、自分が”バック・ ワールドワイド”の経営者になると言い張る。

しかし、ヴィヴィアンがそれを制止し、アーサーに全てを捨てることを確認する。

アーサーは、財産を放棄してその場を去ろうとするが、ヴィヴィアンが彼を呼び止め、強くなったことを褒めて彼にタクシー代を渡す。

下着だけでナオミの家に向かったアーサーだったが、彼女の気持は変わらなかった。

6ヶ月後。
アーサーは、今度こそ断酒に成功し、ナオミの本が出版されて評判になっていることを知る。

ニューヨーク公共図書館
ナオミの朗読会が開かれ、アーサーは彼女に謝罪して、二人は愛を確かめ合う。

実は母ヴィヴィアンとは和解し、相続権を受け継いでいたアーサーは、ビターマンが用意したバッドモービルに乗り、セントラルパークを突っ切るように指示を出す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
大富豪の御曹司アーサー・バックは、大企業の”バック・ ワールドワイド”のオーナーである母ヴィヴィアンの愛も受けられず、乳母ホブソンに”監視”されながら、酒浸りの気ままな人生を送る青年だった。
しかし、トラブル続きのアーサーに、我慢の限界に達したヴィヴィアンは、家柄もよく才女で優秀なアシスタントのスーザンとの結婚を強要する。
それを拒もうとしたアーサーだったが、母親から、資金援助を切ることと、莫大な遺産もなくなる覚悟を問われ、仕方なく結婚に同意する。
そんなアーサーは、無許可でツアー・ガイドをする女性ナオミに出会い、心惹かれてしまう。
スーザンの父バートに、脅されながら結婚の許可を得たアーサーは、気が進まないまま彼女にプロポーズしてしまう。
それと平行して、素朴なナオミとの親交を深めるアーサーは思い悩み、ホブソンも、彼の行く末を案ずる・・・。
__________

ラブ・コメディの傑作と言ってもいい、旧作と比べてしまうのは気の毒のような気もするが、一言で言えば平凡な仕上がりに終わった作品。

人気スター、ベテラン、実力派など、豪華な出演者も注目の作品で、旧作とは、人物設定などを微妙に変え工夫も見られるものの、今一パンチが足りない展開などが気になる。

製作にも参加している主演のラッセル・ブランドは、コメディアンの本領を発揮して熱演するが、ラジー賞にノミネートされてしまった。

マンハッタンを走り抜ける、バットモービルデロリアンなどの登場は、ファンにはたまらなく嬉しい。

期待のヘレン・ミレンが乳母役で何とか作品に重みを加え、悪女役である主人公のフィアンセ、ジェニファー・ガーナー、その父親をニック・ノルティが豪快に演じている。

主人公との愛が実るグレタ・ガーウィグ、バック家の運転手ルイス・ガスマン、主人公の母親ジェラルディン・ジェームズ、本人役でイヴェンダー・ホリフィールド、”Dylan’s Candy Bar”のマネージャー、ジョン・ホッジマン、写真家ナイジェル・バーカーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター