ソルジャー・ストーリー A Soldier’s Story (1984) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年、オフ・ブロードウェイで初演された、チャールズ・フラーの戯曲”A Soldier’s Play”を基に製作された作品。
*戯曲は、1982年のピューリッツァー賞(ドラマ)を受賞。
陸軍基地黒人連隊内で起きた殺人事件で派遣された黒人将校の、人種差別が絡む難航する事件調査を描く、製作、監督ノーマン・ジュイソンハワード・E・ロリンズデンゼル・ワシントンアドルフ・シーザー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ノーマン・ジュイソン
製作総指揮:チズ・シュルツ
製作
ノーマン・ジュイソン

ロナルド・L・シュワリー
パトリック・J・パーマー
戯曲:チャールズ・フラーA Soldier’s Play
脚本:チャールズ・フラー

撮影:ラッセル・ボイド
編集
マーク・ワーナー

カロライン・ビガースタッフ
音楽:ハービー・ハンコック

出演
ダヴェンポート大尉:ハワード・E・ロリンズ

ウォーターズ軍曹:アドルフ・シーザー
ウィルキー二等兵:アート・エヴァンス
コッブ伍長:デヴィッド・アラン・グリア
スモールズ二等兵:デヴィッド・ハリス
テイラー大尉:デニス・リップスコーム
C.J.メンフィス:ラリー・ライリー
エリス伍長:ロバート・タウンゼント
ピーターソン上等兵:デンゼル・ワシントン
ヘンソン二等兵:ウィリアム・アレン・ヤング
ナイヴェンス大佐:トレイ・ウィルソン
ビッグ・メアリー:パティ・ラベル
ウィルコックス大尉:スコット・ポーリン
バード中尉:ウィングス・ハウザー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1984年製作 101分
公開
北米:1984年9月14日
日本:1985年6月28日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $21,821,347


アカデミー賞 ■

第57回アカデミー賞
・ノミネート
作品
助演男優(アドルフ・シーザー)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1944年。ルイジアナ州タイニン、ニール陸軍基地。
黒人連隊第221発煙中隊のウォーターズ軍曹(アドルフ・シーザー)は、クラブで酔い店を出た後に射殺される。

部隊では直ちに捜査が始り、兵士のタイニンの町への出入りは禁じられる。

テイラー大尉(デニス・リップスコーム)は、ウォーターズの代理として、コッブ伍長(デヴィッド・アラン・グリア)を指名する。

その後、ダヴェンポート大尉(ハワード・E・ロリンズ)が、ワシントンD.C.ペンタゴンから調査のため基地に派遣される。

ダヴェンポートは、エリス伍長(ロバート・タウンゼント)に迎えられ、殺人現場を確認しながら基地に向かう。

ナイヴェンス大佐(トレイ・ウィルソン)の元に向かったダヴェンポートは、KKKの犯行も噂される事件だが、部隊内で起きたと言われる。

大佐は、黒人の殺害に対する世間の過剰反応を警戒して、白人が犯人になることを嫌い、ダヴェンポートの調査を早急に切り上げさせようとする。

ダヴェンポートはそれに抗議し、徹底調査をすることを告げて調書を受取り、テイラーの元に向かう。

テイラーは大佐と同じ意見を伝え、黒人が白人を犯人と考えて疑い調べることに対して、ダヴェンポートに警告するが、彼はそれを聞き入れない。

あくまで協力を要請するダヴェンポートは、エリスと共にウォーターズの部下達の元に向かう。

テイラーが、わずか2日で調査を打ち切ったことをエリスから聞いたダヴェンポートは驚き、小隊の兵士達と対面する。

事件当日、外出した白人兵が二人いて、彼らをテイラーが尋問したことをエリスに知らされたダヴェンポートは、兵士達の事情聴取を始める。

最初に呼ばれたウィルキー二等兵(アート・エヴァンス)は、厳しかったウォーターズに、飲酒で降等され10日間の営倉送りにされたことと、彼が南部出身の黒人を嫌っていたことを話す。

しかしウォーターズは、C.J.メンフィス(ラリー・ライリー)だけは気に入っていて、家族思いでもあり、彼が殺されたことが信じられないとウィルキーは語る。
ウォーターズが、二重人格者のようだとも話すウィルキーは、殺された彼の軍服に階級章が残っていたことを伝え、KKKならば、それを剥ぎ取るはずだと指摘する。

ウィルキーに戻るよう命じたダヴェンポートは、その後に現れたピーターソン上等兵(デンゼル・ワシントン)の話を聞く。

南部出身のピーターソンは、ウォーターズを石頭と呼び嫌い、野球チームがある試合で大勝した時のことを話す。
__________

宿舎で勝利を祝っていたピーターソンらチームのメンバーだったが、現れたウォーターズは、将校クラブのペンキ塗りを命じた。

ピーターソンはそれに反発し、ウォーターズと一触即発になるが、そこにテイラー大尉が現れ、兵士達に休日を過ごすよう命ずる。

ウォーターズは抗議するが受け入れられず、テイラーは立ち去る。

兵士達は喜ぶが、ウォーターズは、ピーターソンを呼び出して二人は殴り合いを始める。

ウォーターズは、殴られながらもピーターソンを叩きのめす。
__________

ピーターソンは、それを上官には報告しなかったことをダヴェンポートに話す。

事件の夜、ウォーターズを見ていないことを確認したダヴェンポートは、ピーターソンを退席させる。

その夜、宿舎にいたダヴェンポートの元にテイラーが現れ、大佐に宛てた調査中止要請書を彼に渡す。

それに納得しないダヴェンポートは、白人兵が絡む事件を揉み消そうとするテイラーを非難する。

大佐の命令であることを伝えたテイラーは、犯行に使われた弾丸が、軍用銃の45口径弾だったことを伝え、白人将校が犯人となった場合の黒人兵の復讐を心配する。

白人将校は、ウォーターズとの口論は認めたが、その場で別れたことをテイラーは伝え、KKKの犯行を疑うダヴェンポートを排除したい理由を語る。

しかしダヴェンポートは、白人将校二人と話をさせるようテイラーに要求する。
__________

事件の夜、ウィルコックス大尉(スコット・ポーリン)とバード中尉(ウィングス・ハウザー)は、酔ったウォーターズと現場で出くわす。

バードが、ウォーターズに絡まれて口論になり、彼を叩きのめして銃を抜く。
__________

ダヴェンポートは、白人同士が口裏を合わせたと判断して二人を逮捕することをテイラーに伝え、邪魔はさせないと警告する。

大佐が、二人のアリバイを証言していると言うテイラーは、他の将校も証人となっていることを伝えてその場を去る。

ダヴェンポートは、ナイヴェンス大佐の元に向かうが、自分の主張が通らない。

しかし、ウィルコックスとバードの尋問だけは許可され、報告をするよう命ぜられる。

日曜日のミサの後、ヘンソン二等兵(ウィリアム・アレン・ヤング)と話をしたダヴェンポートは、彼がウォーターズを嫌っていたことを知る。

ヘンソンは、ウォーターズがメンフィスをいびっていたという、ウィルキーとは違う話し始める。
__________

ある殺人事件が起き、ウォーターズは、兵士の中で関係した者がいないかを調べ始める。

メンフィスのベッドの下に拳銃があった為、ウォーターズは彼を疑い、兵士の前で侮辱する。

憤慨したメンフィスはウォーターズを殴り、営倉に連行される。

我慢の限界に達したピーターソンは、営倉に向かい、メンフィスが無実だと訴えようとする。
__________

ヘンソンが事件の夜に、コッブと兵舎にいたことを確認したダヴェンポートは、彼を帰す。

その後ダヴェンポートは、訓練場でコッブから話を聞き彼はメンフィスをかばう。
__________

コッブは、メンフィスの様子を見に営倉に向かうが、彼が、現れたウォーターズに絶望的な話をされ、精神的に参っていることを知る。
__________

それをダヴェンポートに話したコッブは、メンフィスが自殺したことを涙ながらに伝える。

ダヴェンポートは、事件の夜の話をコッブから聞き、ヘンソンの話と一致していることを確認する。

テイラーは、ダヴェンポートを将校クラブに連れて行き、ウィルコックスとバードの尋問を始める。

二人は、迷惑そうな態度で質問を受け、事件の夜のことを話す。

バードは殺人を否定し、45口径弾を受け取った者が、部隊にはいないことをダヴェンポートに伝える。

その報告を受けていないことで驚くテイラーだったが、ダヴェンポートは、二人の告発をしないと言い残してその場を去る。

テイラーは二人の有罪を確信し、ダヴェンポートに告発するようにと促す。

事実は不明ではあったが、ダヴェンポートはそれを拒み調査を続ける。

ダヴェンポートは兵舎に戻り、ウィルキーを呼び出して再び尋問する。

ウォーターズに降等されていたウィルキーは、階級を戻すと言われ、メンフィスのベッドの下に銃を置いたことを告白する。

ウィルキーは、ウォーターズが、メンフィスを間抜け呼ばわりして、嫌っていたことと、殴り倒したピーターソンのことは認めていたため、彼を昇進させるつもりだったことをダヴェンポートに話す。

その時、ヨーロッパで侵攻作戦が始り、部隊に出撃命令が下る。

兵士達は歓喜の声を上げるのだが、ダヴェンポートは、ウィルキーを営倉に入れるようエリスに命ずる。

その後、脱走したスモールズ二等兵(デヴィッド・ハリス)が捕えられ、ダヴェンポートは彼を尋問し、ピーターソンと共謀したウォーターズ殺害を追求する。

スモールズは、殺したのはピーターソンだと告白して事件の夜の話を始める。
__________

衛兵勤務だったピーターソンとスモールズは、殴られて倒れているウォーターズを見つける。

付近に誰もいないことを確認したピーターソンは、制止するスモールズを黙らせる。

そして、銃を抜いたピーターソンは、ウォーターズを射殺する。
__________

それを止めることのできなかったスモールズは、白人が疑われるだろうと言うピーターソンの言葉を信じたことをダヴェンポートに伝え、神に許しを請う。

ピーターソンは連行され、スモールズが全てを話したことを知り、ウォーターズが死んで当然の男だと言って、自分の行為を悔いていないことをダヴェンポートに伝える。

誰から裁く権利を与えられたと、ピーターソンを厳しく追及するダヴェンポートは、答えを返せない彼とスモールズを連行させる。

全てを終わらせたダヴェンポートは、その場にたたずみ涙する。

翌日、出撃のため司令官の閲兵を受けるテイラーは、事件を解決させたことでダヴェンポートに声をかける。

二人は、お互い誤解があったことを認め、テイラーは、出発するダヴェンポートの手を取り車に乗せる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1944年。
ルイジアナ州タイニン、ニール陸軍基地。
黒人連隊第221発煙中隊のウォーターズ軍曹が、殺害される事件が起きる。
ワシントンD.C.ペンタゴンから派遣されたダヴェンポート大尉は、KKKの犯行も噂される中、白人が犯人になることを嫌う司令官に内部の犯行だと言われ、早急に解決するよう命ぜられる。
部隊の指揮官テイラー大尉も同じ意見だったが、徹底調査を主張するダヴェンポートは、ウォーターズの部下の尋問を始める。
ダヴェンポートの調査で、部下に厳しかったウォーターズは、殆どの兵士から嫌われていたことが分かる。
その後ダヴェンポートは、事件の夜、白人将校の二人が外出したことを知り、彼らの尋問をテイラーに要求するのだが・・・。
__________

映画は第二次大戦中が舞台だが、公開は1984年で、その時代背景などを考えつつ、「夜の大捜査線」(1967)でも同じような題材を扱った、ノーマン・ジュイソンの演出手腕と、舞台の戯曲も担当したチャールズ・フラーの脚色に注目したい作品。

舞台劇として高く評価されただけに、主人公である調査を担当する士官と兵士、指揮官や司令官との、一対一の対決のような描写、その息遣いが伝わってくる見事な脚色も素晴らしい。

また、フラッシュバックをうまく使い、それほど緊迫した場面があるわけではないのだが、サスペンスとしての面白さも加えた社会派ドラマとして、ノーマン・ジュイソンの力強さも感じる演出は見応えある。

第57回アカデミー賞では、作品、助演男優(アドルフ・シーザー)、脚色賞にノミネートされた。

ベテラン、若手も含む確かな演技者、そのキャスティングも満足できるものであり、今見ると・・とどうしても言いたくなるデンゼル・ワシントンは、もちろん脇役ではあるが、観客を引き付ける魅力、光るものを感じさせる演技だ。

ペンタゴンから派遣される士官、難しい調査を妥協せずに進めるハワード・E・ロリンズ、よく言われる”鬼軍曹”、しかし部下には好かれ・・・という雰囲気は全くない、犠牲者となる軍曹を好演するアドルフ・シーザー、彼の補佐的な部下アート・エヴァンス、軍曹代行を任されるデヴィッド・アラン・グリア、犯行を止められなかった兵士デヴィッド・ハリス、事件を政治的に解決させようとする、部隊指揮官デニス・リップスコーム、自殺する兵士ラリー・ライリー、主人公の補佐役の伍長ロバート・タウンゼント、犯人ヴぉデンゼル・ワシントン、兵士ウィリアム・アレン・ヤング、基地司令官トレイ・ウィルソン、クラブ歌手パティ・ラベル、白人将校のスコット・ポーリンウィングス・ハウザーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター