つぐない Atonement (2007) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

イギリス人作家イアン・マキューアンの2001年に発表された”Atonement”を基に製作された作品。
使用人の息子と令嬢の恋とたどる運命を描く、監督ジョー・ライト、主演ジェームズ・マカヴォイキーラ・ナイトレイシアーシャ・ローナンヴァネッサ・レッドグレイヴロモーラ・ガライ他共演のロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョー・ライト
製作総指揮
ライザ・チェイシン

リチャード・エアー
ロバート・フォックス
デブラ・ヘイワード
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
ポール・ウェブスター
原作:イアン・マキューアンAtonement
脚本:クリストファ・ハンプトン

撮影:シーマス・マクガーヴェイ
編集:ポール・トーシル
美術・装置
サラ・グリーンウッド

ケイト・スペンサー
衣装デザイン:ジャクリーヌ・デュイラン
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演
ジェームズ・マカヴォイ:ロビー・ターナー
キーラ・ナイトレイ:セシーリア・タリス
ロモーラ・ガライ:ブライオニー・タリス(18歳)
シアーシャ・ローナン:ブライオニー・タリス(13歳)
ブレンダ・ブレッシン:グレイス・ターナー
ヴァネッサ・レッドグレイヴ:ブライオニー・タリス(77歳)
パトリック・ケネディ:レオン・タリス
ハリエット・ウォルター:エミリー・タリス
ベネディクト・カンバーバッチ:ポール・マーシャル
ジュノ・テンプル:ローラ・クインシー
ダニエル・メイズ:トミー・ネトル
ノンソ・アノツィー:フランク・メイス
アンソニー・ミンゲラ:インタビュアー

イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
フォーカス・フィーチャーズ(北米)
2007年製作 123分
公開
イギリス:2007年9月7日
北米:2007年12月7日
日本:2008年4月12日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $50,921,738
世界 $129,266,061


アカデミー賞 ■

第80回アカデミー賞
・受賞
作曲賞
・ノミネート
作品
助演女優(シアーシャ・ローナン)
脚色・撮影・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1935年、イングランド、夏のある日、タリス邸。
小説家を夢見る末娘ブライオニー(シアーシャ・ローナン)が、休暇で帰省中の兄レオン(パトリック・ケネディ)らを歓迎するための戯曲“アラベラの試練” を書き上げ、母エミリー(ハリエット・ウォルター)に傑作だと褒められる。

家庭の問題で、タリス家に預けられている、いとこに役をつけたブライオニーだったが、遊び盛りの子供達は稽古を放り出してしまう。

ケンブリッジ大学を卒業した、ブライオニーの姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、将来進むべき道を見つけられず、屋敷内で平凡な毎日を過ごしていた。

屋敷の使用人の息子ロビー・ターナー(ジェームズ・マカヴォイ)も、ブライオニーの父の援助を受けセシーリアと同じケンブリッジを卒業し、医学生になる準備を進めていた。

姉セシーリアが、ロビーを避けている雰囲気を感じとったブライオニーだったが、セシーリアは、身分が違うだけだと答える。

稽古が進まず呆然と庭を眺めていたブライオニーは、噴水の前で言い争いをするセシーリアとロビーに気づき、次の瞬間、セシーリアが服を脱ぎ始めるのを目撃してしまう。

実は、セシーリアが屋敷から持ってきた花瓶が壊れ、割れた破片を彼女が噴水から拾っただけの些細なことだった。

やがて、友人のポール・マーシャル(ベネディクト・カンバーバッチ)を伴い、兄リオンが屋敷に帰ってくる。

ロビーは、セシーリアに無礼な態度をとったことを詫びた手紙をタイプし始めるが、彼女に対する思いで猥雑な文面になってしまう。

夕食会に招待されていたロビーは、屋敷に向かう途中、セシーリアに手紙を渡してもらうため、ブライオニーを呼び止め、彼女にそれを預ける。

しかし、ロビーは手紙を渡した後、それが書き直したものでないことに気づく。

ロビーはブライオニーを呼び戻そうとするが、彼女はそれを読んでしまいショックを受ける。

ブライオニーはセシーリアに手紙を渡すが、それを読まれたことを知った彼女は困惑する。

屋敷に着いたロビーは、セシーリアに正直に謝り、露骨な表現でないもう一通の手紙を書いたことも伝える。

そして、セシーリアがロビーを求めていることも分かり、二人は書斎で愛し合ってしまう。

しかし、それをブライオニーが見てしまい、気づいた二人は何も言わずに書斎から立ち去る。

夕食が始まり、ブライオニーは、ロビーに対して嫌悪感を示すが、双子のいとこが家出してしまい、屋敷の者は手分けして二人の捜索を始めることになる。

そんな中、いとこで、双子の姉ローラ(ジュノ・テンプル)が何者かに襲われ、駆けつけたブライオニーはロビーを色情狂と決めつけて、犯人だと確信する。

ブライオニーは、警察にロビーが犯人だと告げ、母エミリーに彼がセシーリアに書いた手紙を渡してしまう。

数時間後、双子を連れ戻したロビーが屋敷に帰ってくるが、彼は警察に連行されることになり、別れを惜しむセシーリアと彼をブライオニーはじっと見つめていた。

4年後、1939年、北フランスダンケルク
出征していたロビーは、部隊からはぐれてフランス兵と合流するが、フランス語を話すロビーに、彼らは上流の人間がどうして前線にいるのか尋ねる。

ロビーは犯罪者である自分は仕方なく兵役を選び、上流の出でもないことを同僚に語りながら、セシーリアへの想いが脳裏を過ぎる。

半年前。
ロビーはロンドンでセシーリアと再会していたが、彼女は、あの事件をきっかけに家族と絶縁状態になり、屋敷を離れ看護師になっていた。

ロビーは、家族との連絡も途絶えたセシーリアを気遣い、3年半前の書斎のことを思い出し涙する。

そして二人は、次の休暇で、海辺の別荘で会うことを約束して別れる。

その後、ロビーが受け取ったセシーリアからの手紙には、大学に進学もせずに、看護師の訓練を受けているというブライオニーの様子が綴られていた。

ブライオニーは、自分がやったことの意味を理解し、罪を償いたいらしいということだった。

そんなロビーは、戦場で子供達の多数の遺体を見つけ、かつて、ブライオニーを川で助けた時のことを思い出す。

ブライオニーはロビーをからかっただけだったが、彼は激怒して彼女を激しく叱りつける。

ブライオニーは、”あなたは命の恩人で、ご恩は一生忘れません”と、ロビーに恋心を抱いていた彼女は、素直に謝まる。

しかし、ロビーはブライオニーに何も言わず立ち去ってしまう。

ロビーは、”必ず戻ってきて”と言ったセシーリアとの約束を果たすために、トミー・ネトル(ダニエル・メイズ)、フランク・メイス(ノンソ・アノツィー)らと戦場をさ迷う。

そして海岸線にたどり着くが、そこでロビーは、ドイツ軍に追われて撤退しようとする、味方の大軍30万人以上を目の当たりにする。

気の遠くなるような帰国の順番待ちに愕然としたロビーは、 やがて、戦場で受けた傷口が悪化してしまう。

3週間前、ロンドン
市内の病院で、厳しい看護師訓練を受けるブライオニーは、消灯後に部屋を抜け出して、密かにセシーリアとロビーを題材にした物語「噴水の二つの人影」を綴っていた。

ブライオニーは同僚との会話で、一度だけ恋をした相手(ロビー)がいることを告白する。

そして病院に多数の負傷兵が運び込まれ、ブライオニーはある兵士をロビーと間違えてしまう。

名誉の帰還を果たす、兵士のニュース映像を見ていたブライオニーは、あの事件の日、兄と共に屋敷を訪れたポール・マーシャルが、いとこのローラと結婚することを知りショックを受ける。

ブライオニーは、二人の結婚する教会に出向くのだが、あの事件で、ローラを襲ったのはポールだということを知りながら、ロビーを陥れ姉セシーリアとの仲を裂いてしまった罪悪感で、胸が張り裂ける思いをする。

その足で、セシーリアのアパートに向かったブライオニーは、証言を変える考えを伝えるが、セシーリアは、彼女を突き放す。

その時、寝室から、帰還していたロビーが現れ、声を荒げてブライオニーを責め、彼女に言い寄る。

しかし、セシーリアがそれを制止し、ロビーに再び言葉をかける。

”戻ってきて、私のところへ・・・・”

ロビーは、事件の証言が偽りだったという供述書を、弁護士と作り署名して送るようブライオニーに言い残し、戦場に戻ろうとする。

しかし、犯人がローラと結婚したポールだと、ブライオニーから知らされたロビーとセシーリアは、もはや、ローラが証言しないだろうということを悟り絶句してしまう。

そしてロビーは、心から謝罪するブライオニーに対して、”やれと言ったことをやれ、飾り立てなく書面にし、二度と来るな”と彼女をその場から追い出してしまう。

1999年。
21作目の小説「つぐない」を発表する、77歳になっていたブライオニーが、テレビ番組の司会者(アンソニー・ミンゲラ)からインタビューを受ける。

これが最後の作品になるというブライオニーは、主治医から脳血管性認知症だと診断され、死が近いことも告白する。

それ故に書かなければならなかったことと、これが真実だということを語り始める。

実は、セシーリアに謝ろうとしたブライオニーは怖気づき、彼女には会いに行けず、告白は自分の想像で書き綴ったものだった。

1940年6月1日に、ロビーは帰還を待つ海岸で、敗血症のため亡くなった。

ブライオニーと仲直りできないまま、セシーリアも10月15日の空襲で死亡し、結局二人は再会することができなかったのだ。

しかし、その事実を書いても、読者が希望や満足感を得られるか疑問を抱いたブライオニーは、本の中では、二人が失ったものを取り戻してあげたかったのだった。

それが自分にできる最後のことだと・・・。

そしてブライオニーは、二人が休暇を過ごすはずだった、幸せな日々を想いながらインタビューを締めくくる。


解説 評価 感想 ■

原作者イアン・マキューアンは1998年の「アムステルダム」でブッカー賞を受賞している。

*(簡略ストー リー)

1935年、夏のイングランド、タリス邸。
小説家を夢見る末娘ブライオニーが、休暇で帰省する兄と友人を自作の劇で歓迎しようとする。
大学を卒業するも、進路を決めかねていた姉セシーリアは、あることをきっかけに使用人の息子ロビーとの愛に気づく。
しかし、ロビーに恋心を抱くブライオニーは、彼とセシーリアの関係を、自らの思い込みと妬心の目で見てしまう。
そんな時、屋敷内でいとこが強姦されてしまい、ブライオニーは、ロビーが犯人だと証言し、彼は警察に逮捕されてしまう。
4年後、出所の条件として従軍兵となっていたロビーは、最前線の地で、セシーリアとの再会だけを信じて生きる毎日を送っていた・・・。
__________

プライドと偏見」(2005)とほぼ同じスタッフ、及びその主演女優キーラ・ナイトレイが再び組んだ作品ということで話題になった。

少し年上の大人達の行為を、汚らわしく感じてしまった少女が、どこにでもある純粋な愛を引き裂いてしまう悲劇、それを理解しないでもない恋人達の思い、そして、 砕け散る愛の切なさに容赦なく襲い掛かる。戦争の残酷さなどを、30代半ばのジョー・ライトが、繊細且つ緻密に描く、ミステリアスなラブ・ストーリーの秀作。

第80回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門でノミネートされた。
美しくも、時に波乱を感じさせるメロディが印象的なダリオ・マリアネッリが作曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品
助演女優(シアーシャ・ローナン)
脚色・撮影・美術・衣装デザイン賞

北米興行収入は約5100万ドルに留まるが、全世界では約1億2900万ドルのヒットとなった。

主人公達が集う森の中の大邸宅や、別荘の建つ海辺の自然の美しさ、対してダンケルクで撤退を待つ大軍や、戦中のロンドン市内のセットなども手抜きがない。

看護師となり、姉に許しを請いに行こうとするブライオニーが、生身の人間でないかのような冷めた表情を一瞬浮かべ、作り話と暗示させるような、細かい描写なども注目だ。

知的で思慮深い青年らしく、運命に逆らわずに、一途に愛を追い求めようとする主人公のジェームズ・マカヴォイと、恵まれた環境を捨ててまで彼を待つキーラ・ナイトレイの、二人の悲劇的な愛の結末は涙を誘う。

両者共に、今やハリウッドを代表するイギリス人俳優として注目されているだけあり、若く小柄ながら、全くひ弱さを感じさせない見事な演技を見せてくれる。

意地悪い小悪魔でもなく、純情で幼いが故にその”罪”を許してあげたくもなる、少女期のブライオニーを熱演したシアーシャ・ローナンは、中盤までの出演となるが、アカデミー助演賞にノミネートされただけあり、姉役のK・ナイトレイを上回るほど印象に残る演技を見せてくれる。

終盤登場の18歳のブライオニー役ロモーラ・ガライ、そしてクライマックスで小説家となった77歳のブライオニーを演ずるヴァネッサ・レッドグレイヴの、短い出演ながらベテランらしい重みのある演技も光る。

セシーリア(K・ナイトレイ)の兄パトリック・ケネディ、母親役のハリエット・ウォルター、主人公の友人のベネディクト・カンバーバッチ、セシーリアの従妹ジュノ・テンプル、主人公の戦友ダニエル・メイズノンソ・アノツィーなどが共演している。
B・レッドグレイヴにインタビューする、TV司会者で、翌年亡くなることになるアンソニー・ミンゲラがゲスト出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター