【レビューを書く】 

ベイブ/都会へ行く Babe: Pig in the City (1998)


3.5/5 (36)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1983年に発表された、ディック・キング=スミスの児童小説”The Sheep-Pig”を基に製作された大ヒット作「ベイブ」(1995)の続編。
夫の怪我で農場の運営ができなくなった妻が、人気者となった牧羊ブタの”ベイブ”を連れて大都会に向かい巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ジョージ・ミラー、出演マグダ・ズバンスキージェームズ・クロムウェルメアリー・ステインミッキー・ルーニーエリザベス・デイリー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ミラー
製作
ジョージ・ミラー
ダグ・ミッチェル
ビル・ミラー
原作:ディック・キング=スミス(キャラクター創造)
脚本
ジョージ・ミラー
ジュディ・モリス
マーク・ランプレル
撮影:アンドリュー・レスニー
編集
マーガレット・シクセル
ジェイ・フリードキン
音楽:ナイジェル・ウェストレイク

出演
エズメ・コーデリア・ホゲット:マグダ・ズバンスキー
アーサー・ホゲット:ジェームズ・クロムウェル
フルーム:メアリー・ステイン
ファグリー・フルーム:ミッキー・ルーニー
ベイブ:エリザベス・デイリー
フェルディナンド:ダニー・マン
ズーティ:グレン・ヘドリー
ボブ:スティーヴン・ライト
イージー:マイレス・ジェフリー
セロニアス:ジェームズ・コスモ
ブル・テリア/ドーベルマン:スタンリー・ラルフ・ロス
フリーリック:アダム・ゴールドバーグ
ナイジェル/アラン:エディ・バース
ピンクのプードル:ルシー・テイラー
ペリカン:ジム・カミングス
フライ:ミリアム・マーゴリーズ
レックス:ヒューゴ・ウィーヴィング
ナレーター:ロスコー・リー・ブラウン

オーストラリア/アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1998年製作 96分
公開
オーストラリア:1998年12月10日
北米:1998年11月25日
日本:1999年3月6日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $18,319,900
世界 $50,812,000


アカデミー賞
第71回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞”That’ll Do”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
牧羊犬コンテストで優勝した、農場主アーサー・ホゲット(ジェームズ・クロムウェル)の子豚のベイブ(エリザベス・デイリー)は、村人の歓迎を受けてマスコミ報道などにも大きく取り上げられる。

妻エズメ(マグダ・ズバンスキー)は、女王への謁見や各地から届く招待状の整理などで大忙しだったが、アーサーは、自分の農場で働くことが喜びだった。

井戸のポンプ修理をしていたアーサーの手伝いをしようとしたベイブは、余計なことをしてしまい事故が起きる。

重傷を負ったアーサーに代わり、家事の他に仕事までしなくてはならなくなったエズメは、まともな作業ができるはずもなく、農場を銀行に差し押さえられてしまう。

”ステート・フェア”の招待状のことを思い出したエズメは、出演料の他、経費は全て主催者持ちであることを確認して、それをアーサーに伝え、ベイブを連れて大都会に旅立とうとする。

責任を感じて納屋に閉じこもるベイブは、牧羊犬のフライ(ミリアム・マーゴリーズ)や夫のレックス(ヒューゴ・ウィーヴィング)に励まされて、エズメと共に出発する。

アーサーはエズメとベイブを見送るが、農場は売りに出される。

飛行機に乗ったエズメとベイブを追ったアヒルのフェルディナンド(ダニー・マン)は、ペリカン(ジム・カミングス)の群れに付いて行く。

空港に着いたベイブは、麻薬犬スヌープが騒いだために、エズメと共に取り調べを受ける。

問題なく釈放されたエズメだったがステート・フェアには間に合わなくなり、仕方なく宿泊先を探すものの、ペット同伴を許可してくれる場所がなかった。

空港からも追い払われたエズメは、清掃職員からあるホテルを紹介され、その場に向かう。

川の横に建つホテルの女主人のフルーム(メアリー・ステイン)に宿泊を拒否されたエズメだったが、裏口から入れてもらえる。

近所の目を気にしていただけのフルームは、動物達だけが住むホテル内の部屋にエズメとベイブを案内する。

後ろ足に車輪を付けている”ジャック・ラッセル・テリア”のフリーリック(アダム・ゴールドバーグ)に追いかけられたベイブはネコに間違えられ、この階には下りてくるなと警告される。

エズメが電話をしに出かけたために部屋にいたベイブは、入ってきた”オマキザル”のタグに荷物の鞄を奪われてしまう。

タグが入った部屋から出てきた”チンパンジー”のズーディ(グレン・ヘドリー)に招き入れられたベイブは、彼女の夫ボブ(スティーヴン・ライト)と彼の弟イージー(マイレス・ジェフリー)らに鞄を返してほしいと伝える。

それを拒まれたベイブは反論するが、そこに”オランウータン”のセロニアス(ジェームズ・コスモ)が現れる。

ベイブが何の動物か分からないボブ達に、食料になるしかない無能なブタだと教えたセロニアスは、ベイブから、牧羊ブタだと言われる。

農場を救うために旅に出たと言うベイブは、ご主人に仕えるのが自分の仕事だと伝えて鞄を取り戻そうとする。

その時、フルームのおじであるファグリー(ミッキー・ルーニー)が現れ、ベイブを箱に隠す。

フルームから、エズメの部屋に泥棒が入ったと言われたファグリーは、姿が見えないブタは出て行ったと伝える。

ベイブを捜しに行ったエズメは、通りでトラブルを起こしてしまう。

一座の道化であるファグリーは、セロニアスらと病院を慰問して、ベイブも仲間に引き入れてショーを行う。

出演料がもらえると言われていたベイブは、仕方なくそれに加わるが、火事を起こしてしまう。

大変な目に遭ったエズメは、騒ぎを起こした犯人として警官に逮捕されてしまう。

出演料がもらえないことを知ったベイブは、エズメが帰ってこないために心細く思う。

翌日、ショックで倒れたファグリーはホテルに運ばれ、セロニアスは悲しむ。

その頃、ペリカンと共に旅をしたフェルディナンドは、街に向かい地上に下りるが、そこはガンクラブで、危うく撃ち殺されそうになる。

夜になり、ボブは、食べ物を手に入れるために建物から出て街に向かい、空腹だったベイブも付いて行く。

羊集めができると言うベイブにウソをついて、猛犬の相手をさせたボブは、その間に食料を調達しに行く。

ドーベルマンブル・テリアスタンリー・ラルフ・ロス)に脅されたベイブは、その場から逃げる。

ベイブを追い襲い掛かったブル・テリアは、鎖が橋に引っ掛かり宙吊りになり川に落ちそうになる。

川に落ちたベイブは水から上がり、カフェからお菓子を盗んできたボブらとホテルに入ろうとする。

しかし、川に飛び込んだベイブは、吊るされたまま顔が水面に沈んだブル・テリアを、ボートを使いタグ手を借りて助ける。

それを見ていた、捨てられて行き場がないピンクのプードルルシー・テイラー)らはベイブに助けを求める。

ボブらが持っているお菓子を見て欲しがるプードル達をホテルに入れようとしたベイブは、ボブに反対される。

しかし、ブタに従うべきだと言うブル・テリアの意見が聞き入れられ、皆はホテルに入る。

命を助けてくれたベイブに感謝したブル・テリアは、お礼だと言って首輪を渡す。

動物達にお菓子を分けたブル・テリアは、ベイブに感謝するよう皆に指示する。

もっと食べたい犬と猫達は、数が多すぎると言っていがみ合うが、皆、平等であり仲間なので助け合うべきだとベイブとブル・テリアが意見する。

妊娠していたズーディは無事に双子を出産し、動物達は我が身の不幸を忘れて喜び合う。

ベイブは皆を祝福して歌い出し、隠れていたフェルディナンドがその声に気づく。

向かいに住む夫人は、ホテルが動物園化していることに気づき衛生局に連絡する。

ベイブとフェルディナンドは再会を喜ぶが、そこに衛生局員が押し入り、動物達を捕獲する。

逃げた動物達もいたが、プードル、ブル・テリア、ボブ、ズーディ、フリーリックも捕らえられる。

ブルドッグ”のナイジェルと”マスティフ”のアラン(エディ・バース)は、心臓が悪いフリーリックのことを心配する。

セロニアスも捕まり、彼が持っていた金魚鉢が落ちて割れてしまう。

金魚を助けようとしたベイブも捕まってしまうが、フェルディナンドが助ける。

金魚の元に戻ったベイブは、それをくわえて窓に飛ばして川に放り込む。

局員に追われたベイブだったが、窓から飛び出して逃げ切る。

役に立ちそうもないフリーリックは解放されるが、局員の衣服に食いつきトラックに引きずられる。

それを追ったベイブは、転倒したフリーリックが無事であることを確認し、フェルディナンドに反対されながらも仲間達を助けに行こうとする。

フェルディナンドとフリーリック、そしてタグと共に衛生局に着いたベイブは様子を窺う。

その頃、裁判所で弁明するエズメは、善良な人物であることは明らかとなり釈放される。

局内に侵入して仲間達を檻から出したベイブらだったが、その部屋の鍵は閉められてしまう。

ホテルに戻ったエズメは、悲しむフルームから、動物達が連れ去られたことを知らされる。

通報した向かいの家に向かったエズメは、動物達が連れて行かれた場所を聞き出、フルームと共に自転車で衛生局に向かう。

天井から脱出したベイブらは、隣の病院に向かう。

衛星局に着いたエズメとフルームは吠えるフリーリックに気づき、厨房に現れたベイブらを見つけるものの、行く手を阻まれる。

医師会の懇親パーティーの会場に逃げ込んだベイブらは焦ってしまい、そこに、エズメとフルームが乱入して大騒動になる。

しかし、天井に宙吊りになったボブとズーディの赤ん坊の一匹を、セロニアスが受け止めて感謝される姿を見たその場の人々は感激する。

その後、エズメとフルームは協力し合い、ホテルをダンス・ランドにして賃貸し、そのおかげで農場は人手に渡らずに済んだ。

ボブとズーディ、そしてイージーとタグは、農場の近くの森の中で暮らすが、フリーリックは車を追いかけるのをやめようとしない。

プードルと恋が芽生えるものの逃げられてしまったブル・テリアは、子育てに奮闘する。

エズメといつも一緒のセロニアスは、彼女の家事を手伝う。

回復したアーサーは井戸のポンプを直し、ベイブは、彼と一緒にいられるだけで満足だった。


解説 評価 感想

参考:
・「ベイブ」(1995)
・「ベイブ/都会へ行く」(1998)

*(簡略ストー リー)
牧羊犬コンテストで優勝した子ブタのベイブは、人気者となる。
そんなベイブは、主人のアーサーを手伝おうとして事故を起こしてしまう。
重傷を負ったアーサーは農作業などができなくなり、農場は銀行に差し押さえられてしまう。
農場を救おうとする妻のエズメは、ステート・フェアの出演料を当てにして、ベイブを連れて大都会に向かう。
空港で麻薬所持を疑われてステート・フェアに間に合わなくなったエズメは、あるホテルを紹介されてその場に向かう。
そこは、動物を可愛がるフルームが犬や猫、そしてサル達と共に暮らす不思議なホテルだった・・・。
__________

動物達の見事な演技などが話題になり、世界中の人々に感動を与えたハートウォーミング・コメディ「ベイブ」(1995)の続編。

前作で監督と脚本を担当したクリス・ヌーナンに代わり、ジョージ・ミラーが監督を務め(製作、脚本も)、今回は大都会が舞台であり、子ブタと動物達が繰り広げる騒動を描く作品。

第71回アカデミー賞では歌曲賞(”That’ll Do”)にノミネートされた。

前作は、全世界で約2億5400万ドルの興行成績を記録する大ヒットとなったために、なんと9000万ドルの製作費をかけて、”満を持して”ジョージ・ミラーがメガホンを握った。
しかし、北米で約1800万ドル、全世界では約5100万ドルに終わってしまい、興行的には大失敗に終わった作品でもある。

新しい企画として、架空の大都会が舞台となっているのだが、この物語の良さは素朴で平凡な牧歌的な描写であり、都会の雑踏などは合わない気がする。

製作費をふんだんに使ったセットや仕掛けは凝っているのだが、派手なだけで楽しく思えないのが正直なところだ。

事故で重傷を負った夫ジェームズ・クロムウェルに代わり、本作ではベイブ(エリザベス・デイリー)を連れて大都会に向かい奮闘するマグダ・ズバンスキー、彼女を迎えるホテルの女主人メアリー・ステイン、そのおじである一座の道化で、いまいちパッとしない役柄が残念なミッキー・ルーニー、アヒルのフェルディナンドのダニー・マン、チンパンジーの雌グレン・ヘドリー、その夫スティーヴン・ライト、その弟マイレス・ジェフリー、オランウータンのジェームズ・コスモ、ブル・テリアとドーベルマンのスタンリー・ラルフ・ロス、脚が悪いジャック・ラッセル・テリアのアダム・ゴールドバーグ、ブルドッグとマスティフのエディ・バース、ピンクのプードルのルシー・テイラー、ペリカンのジム・カミングス、牧羊犬のミリアム・マーゴリーズとその夫ヒューゴ・ウィーヴィング、そして、ナレーターはロスコー・リー・ブラウンが担当している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。