バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 Back to the Future II (1989) 3.84/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒットSFコメディ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)の続編。
未来、過去、現在を舞台に、家族の危機と町を守るために奮闘する高校生と科学者の活躍を描く、製作スティーヴン・スピルバーグ、監督、脚本ロバート・ゼメキス、主演マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイドリー・トンプソンエリザベス・シュートーマス・F・ウィルソンた共演のSFコメディ。


SF

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
製作
ボブ・ゲイル

ニール・カントン
脚本
ロバート・ゼメキス
ボブ・ゲイル

撮影:ディーン・カンディ
編集
ハリー・ケラミダス

アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
マーティ/マーティJr./マーリーン・マクフライ:マイケル・J・フォックス
エメット”ドク”ブラウン博士:クリストファー・ロイド
ビフ・タネン/グリフ・タネン:トーマス・F・ウィルソン
ロレイン・ベインズ・マクフライ:リー・トンプソン
ジョージ・マクフライ:ジェフリー・ワイズマン/クリスピン・グローヴァー
ジェニファー・パーカー:エリザベス・シュー

ストリックランド:ジェームズ・トールカン
ゴールディー・ウィルソン3世:ドナルド・フリラヴ
ダグラス・J・ニードルス:フリー
フジツ・イシダ:ジム・イシダ
マッチ:ビリー・ゼイン
ゲームをする少年:イライジャ・ウッド

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1989年製作 108分
公開
北米:1989年11月22日
日本:1989年12月9日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $118,500,000
世界 $332,000,000


アカデミー賞
第62回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ヒル・ヴァレー、1985年10月26日、土曜日。
30年前の過去から戻ったマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、未来から戻ったエメット”ドク”ブラウン博士(クリストファー・ロイド)に連れられて、自分とガールフレンドのジェニファー・パーカー(エリザベス・シュー)との子供に危険が及んでいる、30年後の未来に向けてデロリアンで飛び立つ。

その様子を見ていた、マクフライ家の使用人のような暮らしをしていたビフ・タネン(トーマス・F・ウィルソン)は驚く。

ヒル・ヴァレー、2015年10月21日、水曜日、午後4時29分。
デロリアンがタイムマシンだと知ったジェニファーを眠らせたドクは、地上に着陸する。

未来の技術によりドクが若返っていることを知ったマーティは、息子と同じ服装にさせられ、ドクから、カフェに向かいグリフという男を待つようにと言われる。

グリフに何を訊かれても”ノー”と言って断ることと、その後、この場に戻るようドクはマーティに指示する。

窃盗で逮捕されるマーティJr.(マイケル・J・フォックス)を助けるめの計画だとマーティに話す未来を見てきたドクは、阻止しなければ、この事件をきっかけにして家族は崩壊することを伝える。

その指示に従ったマーティは、時計台の広場に向かい、町の変貌を見て驚く。

レトロ・カフェに向かったマーティは、その場にいた年老いたビフから声をかけられる。

息子マーティJr.に間違えられたマーティは、そこにビフの孫のグリフ(トーマス・F・ウィルソン)が現れたために驚く。

ビフを連れ出したグリフは、この場で待っているようにとマーティに伝えて立ち去る。

少年(イライジャ・ウッド)にレトロなゲームのやり方を教えたマーティは、マーティJr.が現れたために身を隠す。

戻って来たグリフに窃盗を強要され殴られた息子を見て黙っていられないマーティは、気を失ったマーティJr.に扮して、ドクから言われたように”ノー”と答えて、その場を去ろうとする。

腰抜けと言われたマーティは立ち止まり、グリフを傷めつけて店を出る。

少女が使っていたホバートボードを借りたマーティは、それに乗って、グリフの仲間マッチ(ビリー・ゼイン)らの追跡を逃れようとする。

水の上ではボードが進まないことを知ったマーティは、広場の池の上で止まってしまう。

ジェットパワーに乗り襲い掛かるグリフらは、水に飛び込んだマーティにかわされて建物に激突してしまう。

その後、MLBの最下位チーム”シカゴ・カブス”の優勝に賭ければ100倍の儲けになっていたことを知ったマーティは、骨董店でスポーツ年鑑を手に入れる。

マーティを迎えに来たデロリアンを30年前に見たことを思い出した老ビフは、マーティJr.がカフェから出てきたために不思議に思う。

広場の騒ぎに気づいたドクは、マーティJr.が現れて揉め事になったことをマーティから知らされるものの、新聞の犯罪記事が消えて行くと言われる。

マーティJr.の窃盗事件は消えてグリフの逮捕記事になったことを喜ぶドクは、ジェニファーを迎えに行こうとする。

スポーツ年鑑を落したマーティが、それで金儲けを考えていることを知ったドクは、タイムマシンを作った意味を教えて彼を戒める。

その時、路地で眠らせていたジェニファーが警官に保護されてしまい、ドクは、彼女が現在のマーティの家に連れて行かれると考える。

ジェニファーを救い出す方法を考えるドクだったが、彼女が30年後の自分に出くわすと、時と空間の秩序の乱れにより、宇宙が破滅する危険があることをマーティに話す。

スポーツ年鑑を捨てたドクは、マーティと共に彼の家に向かう。

その話を聞いていた老ビフは、捨てられた年鑑を手にしながら、ドクがタイムマシンを発明したことを理解する。

ヒル・デイル。
警官に未来のマーティの家に送ってもらったジェニファーは戸惑い、人の声がしたためにその場から去ろうとするが、玄関のベルが鳴ったので隠れる。

マーティの娘マーリーン(マイケル・J・フォックス)は、訪ねてきた祖父母ロレイン(リー・トンプソン)とジョージ(ジェフリー・ワイズマン)を迎え入れる。

ドクとマーティンもヒル・デイルに到着し、ビフがタクシーで二人を尾行する。

マーティJr.と現在のマーティ(マイケル・J・フォックス)も帰宅する。

ビフは、ドクとマーティが車を離れた隙に、デロリアンを奪ってその場をから飛び立つ。

夕食を食べていたマーティは、同僚のダグラス・J・ニードルス(フリー)からの電話で、社内の不正行為に手を貸すことに誘われる。

それを断ろうとしたマーティだったが、腰抜けと言われたために、その話に乗ってしまう。

不正を知った上司のフジツ・イシダ(ジム・イシダ)は、マーティに電話をして解雇してしまう。

その様子を見ていたジェニファーは、窓の外に現れたドクに、玄関から出るようにと指示される。

玄関で現在の自分と出くわしてしまったジェニファーは気を失ってしまい、ドクとマーティンに助けられる。

60年前の自分にスポーツ年鑑を渡したビフは、デロリアンを戻すものの、折れた杖の握り部分が車内に残る。

マーティと共にジェニファーをデロリアンに運んだドクは、タイムトラベルの研究は諦める決心をして1985年に戻る。

ジェニファーを家に送りポーチに寝かせたドクは、目覚めれば夢だと思うはずだとマーティに伝える。

自宅に戻ったマーティは、そこが他人の家だと気づき、家主に追い払われる。

世の中の異変に気づいたマーティは、その場が無法の町と化したことを知る。

戻った時代が違うと考えたマーティだったが、落ちていた新聞で1985年11月26日であることを確認し、その家の主人に銃を向けられる。

そこが教師のストリックランド(ジェームズ・トールカン)の家だと知ったマーティは、自分に気づかない彼から、学校は6年前に焼けたと言われる。

その場が銃撃されたたために逃げたマーティはヒル・ヴァレーに向かい、ビフが大富豪になっていることを知る。

21歳のビフは、競馬で一夜にして億万長者となり、その後もツキまくり、事業に投資し、政界に働きかけてギャンブルを合法化し、ヒル・ヴァレーの裁判所は、彼のカジノホテルになったのだった。

そんなビフと結婚したのが母ロレイン(リー・トンプソン)だと知ったマーティは絶叫し、ビフの部下であるマッチらに傷めつけられる。

目覚めたマーティは、ビフに虐げられる母ロレインが暴力を受けたために、ビフに襲い掛かるものの逆に殴られてしまう。

出て行く決心をしたロレインだったが、ビフから、子供達の援助は打ち切ると言われたため、仕方なく思い止まる。

ロレインから、12年前に父ジョージが死んだと言われたマーティは驚き、墓地に向かい、その事実を知り絶望する。

現れたドクと共に彼の実験室に向かったマーティは、12年前の新聞を見せられ、父が何者かの殺されたと書いてあると言われる。

マーティは、スポーツ年鑑の入っていた袋と領収書、更には老ビフの杖の握りがデロリアンに落ちていたことをドクから知らされる。

ドクから、老ビフが過去の自分に年鑑を渡したはずだと言われたマーティは、1958年にビフが競馬で100万ドルを手に入れた新聞の記事と写真を見て、ポケットに年鑑が入っていることを確認する。

アイデアを盗まれたと思うものの、自分が年鑑を手に入れたことで起きたことだと後悔するマーティは、ドクから、未来でビフがデロリアンを盗むのを阻止するのではなく、年鑑が渡された時を突きとめるべきだと言われる。

ビフの元に向かったマーティは、1955年11月12日の”魅惑の深海パーティー”の時に、年鑑を老ビフから渡されたことを聞き出す。

銃を向けられたマーティはその場から逃れて屋上に向かうものの、ビフに追い詰められ、彼が父を殺したことを知らされる。

マーティはその場から飛び降りるが、ドクが運転するデロリアンのボンネットに乗って現れる。

ドクが開けたドアで顎を打ったビフは気絶し、1955年に年鑑が渡されたことをマーティはドクに伝える。

ジェニファーや愛犬アインシュタインを置いて行くのかと訊かれたドクは、30年前の歴史を変えれば、今の1985年は消えるとマーティンに伝えて1955年に向かう。

1955年に戻ったマーティは、ドクと別れてビフの家に向かい彼を尾行する。

その頃、老ビフは過去に着き、若い自分を監視する。

肥料のトラックに衝突して修理が終わったビフの車に隠れたマーティは、ロレインに迫りダンスに行くことを強要するビフが相手にされない様子を見ていた。

車に戻ったビフは、見知らぬ老人が乗っていたために驚く。

運転する老ビフが家のガレージに向かったために不思議に思うビフは、金持ちになれると言われてスポーツ年鑑を渡されるものの、信じようとしない。

ラジオを点けた老ビフは、中継中のフットボールの試合の勝敗を当てて、ビフを信用させる。

老ビフが若い自分に年鑑を渡したことを確認した後部座席のマーティンは、彼らが鍵をかけて出て行ったためにガレージに閉じ込められてしまう。

無線でドクに助けを求めたマーティだったが間に合わず、ビフの車に隠れたままパーティー会場に向かう。

自転車で現れたドクは、マーティがいないことに気づき、無線も通じないまま町に向かい、時計台に準備されたデロリアンを確認する。

無線が通じたドクは、パーティー会場に向かうのは危険すぎるので計画は中止した方がいいとマーティに伝えるものの、年鑑は目の前にあると言われる。

もう一人の自分と鉢合わせしないようにとマーティに忠告したドクは、落雷の準備を始めた自分に声をかけられたために焦る。

工具をとってほしいと言われて応じたドクは、過去の自分と簡単な会話を交わしてその場を去る。

”魅惑の深海パーティー”が始まり、会場に着いたマーティは、ビフから年鑑を奪おうとする。

ロレインと共に車で現れた自分を確認しながら、ビフがストリックランドに年鑑を没収されててめ、マーティはそれを追う。

ストリックランドのオフィスに忍び込み、彼が出て行く際にゴミ箱に捨てた年鑑を手にしたマーティだったが、それは表紙だけが年鑑で中身は雑誌”Oh LàLà”だった。

ショックを受けたマーティは、ドクに連絡して諦めかけるが、外の駐車場でロレインを襲ったビフが、ジョージに殴られそうな状況に気づく。

ジョージがビフを殴り倒しロレインと共にダンス会場に向かう姿を見ていたマーティは、ビフから年鑑を奪いドクに連絡し、体育館の屋上で落ち合うことにする。

マーティはマッチらに見つかるものの、その場から逃れる。

デロリアンを動かそうとしたドクは、看板に当たった衝撃で、タイムスリップの時間が1885年の1月1日になってしまったことに気づかない。

ドクに連絡したマーティは、マッチらがステージで演奏中の自分に襲い掛かろうとしていることを伝える。

マーティは、両親や自分に気づかれないようにして、マッチらを始末しろとドクから指示される。

意識が戻ったビフはマーティを捜し、財布が盗まれたと言われる。

舞台脇に現れたマッチらに気づいたマーティは、”チャック・ベリー”の”ジョニー・B.グッド”を演奏中の自分を助けるために妨害し、彼らを撃退する。

演奏を終えた自分が、ロレインとジョージと話す姿を確認していたマーティは、現れたビフを相手にしないものの、腰抜けと言われる。

許せないマーティはビフに言い寄るが、ロレインとジョージに別れを告げて出てきた自分が開けたドアが当たり倒れ込む。

二人のマーティを見て驚くビフは、倒れたマーティから年鑑を奪い返し、彼を傷めつけてその場を去る。

到着したドクに年鑑を奪われたことを話したマーティは、デロリアンでビフの車を追う。

ドクの運転するデロリアンから降りて、ホバーボードに乗ってビフの車に近づいたマーティは、気づかれながらもトンネルで年鑑を取り戻す。

ビフに追われたマーティは必死に逃げて、トンネルの出口でドクに救われる。

それに気を取られたビフは、肥料を積むトラックに激突してしまう。

地上に降りたマーティは年鑑を焼いてしまい、ビフのカジノパレスのマッチが自動車販売に、新聞の父ジョージの殺害記事が名誉市民となったことに変わったために安堵する。

それをマーティから知らされたドクは、自分が異常者として逮捕された記事が表彰される内容となったことを確認し、二人は喜ぶ。

その時、ドクの乗ったデロリアンは落雷を受け、マーティを置いて消え去ってしまう。

そこに”ウエスタンユニオン”の社員が現れ、マーティは、70年間保管していたという手紙を受け取る。

それがドクからの手紙と気づいたマーティは、彼が1885年に向かったことを知る。

マーティは、時計台の落雷を利用して、自分を1985年に戻したドクの元に向かう。

たった今、未来に戻したマーティが現れ、再び戻って来たと言われたドクは、混乱して気を失ってしまう。


解説 評価 感想

参考:
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」(1989)
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」(1990)

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ヒル・ヴァレー、
1985年10月26日、土曜日。
30年前の過去から戻ったマーティ・マクフライは、未来から戻ったエメット”ドク”ブラウン博士に連れられて、自分とガールフレンドのジェニファーとの子供に危険が及んでいる30年後の未来に向けて、デロリアンに乗り飛び立つ。
ドクとマーティは、ビフの孫グリフに犯罪に加担するよう強要されているマーティJr.を助けて危機を救う。
その後、ドクは、スポーツ年鑑を過去に持ち帰り金儲けを考えるマーティを戒める。
それを盗み聞きしていた老ビフは、ドクの捨てた年鑑を手に入れ、デロリアンを盗み60年前の自分に年鑑を届けてしまう。
ドクとマーティは、30年後の自分に出会い気を失ったジェニファーを連れて1985年に戻る。
自宅に帰ったマーティは、無法の町と化した世の中の異変に気づく。
マーティは、ビフが年鑑を利用して大富豪になり、母ロレインと結婚したことを知り、父ジョージは彼に殺されていたために悲しむ。
年鑑の事実をなくすには、老ビフがビフ自身に年鑑を渡した時を知るしかないことをドクはマーティに伝える。
1955年の”魅惑の深海パーティー”の時に、ビフが年鑑を渡されたことを知ったマーティは、ドクと共にデロリアンで30年前に飛ぶのだが・・・。
__________

1作目の大ヒットと、ファンの要望による待望の続編で、北米の興行収入が前作をかなり下回ったものの、全世界ではほぼ同じ記録を残した。

北米興行収入 $118,500,000
世界 $332,000,000

また、Part3の撮影は同時に行われ、6ヶ月後に公開された。

真剣に見ていないと混乱してしまうほど、前作を上回る目まぐるしいストーリー展開で、未来、現在、過去を舞台にした、1作目のシーンを巧みに使った編集は見事だ。

第62回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

1作目のジェニファー役クローディア・ウェルズが、母親の病気を理由に俳優を引退してしまったためにエリザベス・シューと代わった。

また、マーティの父親役をクリスピン・グローヴァーが辞退してジェフリー・ワイズマンが演じているのだが、許可なくクリスピン・グローヴァーの映像を使ったために訴訟となり、結局は彼が勝訴した。

また、同一人物の合成画面が多く使われ、2015年のマーティ一家では、ジュニア、父、娘の3役をマイケル・J・フォックスが演じている。

頭の回転の速さに驚かされる、マーティを凌ぐ活躍を見せるクリストファー・ロイドが、Part3での奮闘を前に、混乱して倒れて終わるラストが笑える。

老人、中年、青年、孫と各時代のビフ・タネン/グリフを忙しく演じるトーマス・F・ウィルソン、グラマーな主人公の母親役を演じてドキッとさせるリー・トンプソン、主人公の父ジェフリー・ワイズマンほとんど気を失っている、主人公のガールフレンド、エリザベス・シュー、2015年でも市長のドナルド・フリラヴ、2015年のマーティの同僚フリー、上司のジム・イシダ、教師のジェームズ・トールカン未来の主人公の同僚フリー、二人の上司ジム・イシダ1作目に続きビフの仲間のビリー・ゼイン、そして、ゲーム少年役でイライジャ・ウッドが端役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター