ボー・ジェスト Beau Geste (1939) 4.96/5 (25)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

イギリスの作家パーシヴァル・クリストファー・レンが、1924年に発表した小説”Beau Geste”を基に製作された2度目の映画化。
孤児の3兄弟が家宝の盗難の謎を抱えながら憧れのフランス外人部隊に入隊し、お互いを励まし敬いながら戦いの地で生き抜こうとする姿を描く、製作、監督ウィリアム・A・ウェルマン、主演ゲイリー・クーパーレイ・ミランドロバート・プレストンスーザン・ヘイワードブライアン・ドンレヴィ他共演のドラマ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ウィリアム・A・ウェルマン
製作:ウィリアム・A・ウェルマン
原作:パーシヴァル・クリストファー・レンBeau Geste
脚本:ロバート・カーソン

撮影
セオドア・スパークル

アーチー・スタウト
編集:トーマス・スコット
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ゲイリー・クーパー:マイケル”ボー”ジェスト
レイ・ミランド:ジョン・ジェスト
ロバート・プレストン:ディグビー・ジェスト
スーザン・ヘイワード:イゾベル・リヴァース
ブライアン・ドンレヴィ:マーコフ軍曹
ジェームズ・スティーヴンソン:ボージョレ少佐
ヘザー・サッチャー:パトリシア・ブランドン
J・キャロル・ネイシュ:ラシノフ
ブロデリック・クロフォード:ハンク・ミラー
アルバート・デッカー:シュウォルツ
ドナルド・オコナー:ボー(12歳)

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1939年製作 112分
公開
北米:1939年9月15日
日本:1952年12月25日


アカデミー賞 ■

第12回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(ブライアン・ドンレヴィ)
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アフリカ
フランス外人部隊の指揮官であるアンリ・デ・ボージョレ少佐(ジェームズ・スティーヴンソン)は、トコツ砦から広大なサハラ砂漠を渡りジンダヌフ砦に到着する。

銃声はしたものの、見張りの兵士が全員死亡していることを確認したボージョレは、先に砦を偵察に行ったラッパ手ディグビー・ジェスト(ロバート・プレストン)の戻るのが遅いため、様子を見に行く。

ボージョレは、砦の司令官と思われる軍曹が手に持っていた、”ブランドン邸からサファイア”青い水”を盗んだのが自分だ”という自白書を見つける。

その後、ボージョレは部隊を呼び寄せるが、軍曹とその脇で死んでいた若い兵士の死体は消えていた。

その後、砦は何者かによって火が放たれ、疑問の多い出来事にボージョレは首を傾げる。
__________

約15年前、イングランド、ブランドン・アッバス邸。
養子として引き取られていたジェスト3兄弟は、暇さえあれば戦争ごっこをして遊んでいた。

ある日、3兄弟は、おばのパトリシア・ブランドン(ヘザー・サッチャー)に、外人部隊のボージョレ大尉を紹介されて憧れる。

ブランドン卿は邸宅には寄り付かず、姪イゾベル・リヴァースと甥のオーガスタス・ブランドン、そして3人の養子をかかえるパトリシアの生活は苦しかった。

パトリシアは、3万ポンドの価値がある家宝のサファイア”青い水”を、唯一の財産として手放さずにいた。

そんな時、ジェスト兄弟の長男マイケル”ボー”(ドナルド・オコナー)は、”青い水”に関するある秘密をしってしまう。
__________

15年後。
ジェスト兄弟の次男ジョン(レイ・ミランド)と、美しいイゾベル(スーザン・ヘイワード)は惹かれ合う仲になっていた。

ある日、ブランドン卿が”青い水”を売るかもしれないことが分かり、パトリシアは困惑する。

パトリシアの気持ちを察した、秘密を知る兄弟の長男ボー(ゲイリー・クーパー)は、”青い水”を売る前に、一目見たいことを伝え、彼女は家族全員の前でそれを披露する。

その時、一瞬、停電となり、明かりが点ると、なんと”青い水”が消えていた。

パトリシアは、悪趣味だと言って、その場にいた者達を非難し、戻すチャンスを与えようと、もう一度明かりを消すのだが、”青い水”は戻らなかった。

翌朝までに、”青い水”が戻らない場合は、警察を呼ぶと言い残し、パトリシアは席を外してしまう。

兄弟の三男ディグビー(ロバート・プレストン)は、まずはその場にいたオーガスタス(G・P・ハントリー)を疑い、彼を強引に調べるが何も出てこなかった。

そして3兄弟は、自分達が盗んでないことを確認しながら部屋に戻る。

早朝、ジョンは”青い水”を捜そうとするが、ディグビーがそこに現れ、自分が盗んだと告白して家を出た、ボーの書置きを彼に見せる。

二人は、ボーの行き先が、自分達も考える外人部隊だろうということで意見が一致する。

その後ジョンは、犯人はボーではなく自分だと言って家を出たディグビーの書置きを受け取る。

自分に罪を被せたくなかった、二人の気持ちを察したジョンは、イゾベルに、自分は”青い水”を盗んでないと伝え、彼女に別れを告げて兄弟の元に向かう。

アルジェリアサイダ外人部隊野戦訓練所。
ボーとディグビーは新兵のジョンと合流し、鬼軍曹マーコフ(ブライアン・ドンレヴィ)に鍛えられることになる。

そんなジェスト兄弟が、”青い水”を自分が盗んだという話を、新兵ラシノフ(J・キャロル・ネイシュ)は聞いてしまう。

1ヵ月後。
ラシノフが、ボーから宝石を奪おうとして騒動となり、マーコフはそれを知り、奪い取る方法を画策する。

やがて、ディグビーはトコツ隊に、ボーとジョンはマーコフの下でジンダヌフ砦に配属される。

数ヵ月後、ジンダヌフ砦。
司令官が熱病で死に、トコツのボージョレに新任指揮官の派遣を命ぜられたマーコフは、それを無視して自分が部隊の指揮を執ることを兵士達に伝える。

マーコフの独裁を恐れた兵士達は、シュウォルツ(アルバート・デッカー)に扇動され反乱を起こそうとするのだが、 ボーとジョンはそれに賛成しない。

密告者から情報を得たマーコフは、事前に手を打ち、ボーとジョンらに武器を運び出させ、反乱派を制圧する。

マーコフは、シュウォルツらから処刑しようと、ボーとジョンにそれを命ずる。

しかし、ボーはそれを拒み銃を取り上げられ、マーコフに撃たれそうになる。

そこに、アラブの遊牧民の大群が砦を攻めようとしているという連絡が入る。

マーコフは、処刑を中止して応戦体制に入り攻撃を始め、敵を退却させる。

そして、再びアラブの攻撃が始まり、部隊の兵は次々と倒れ、ボーも敵の銃弾に倒れてしまう。

死んだ兵士をも利用するマーコフは、それで敵を見張っているように見せかける。

やがて日が暮れ、ボーとジョンはお互いの無事を確認して励まし合う。

尚も死んだ兵士を配置させるマーコフを、粗野だが兵士としては優秀だと、ボーは認める。

食事と休息を命ぜられたボーとジョンは、お互いのどちらかが生き残った場合のことを話し合う。

夜が明けて、敵の総攻撃が始まり、ついにボーが銃弾を受けてしまう。

ジョンはボーに歩み寄るが、マーコフが彼に反撃を命じ、その後、敵は諦めて退却する。

マーコフは、それが自分の功績だと自我自賛し、ボーの所持品を調べ始める。

ジョンは宝石を見つけたマーコフに剣を向けるが、彼は銃を手にする。

瀕死のボーがジョンを助け、彼はマーコフを刺し殺す。

ボーは、告白書の手紙をマーコフに持たせるようジョンに伝え、パトリシアへの手紙を託し息を引き取る。

現れたトコツ隊のラッパに気づいたジョンは発砲し、食糧を持参して砦から脱出する。

砦の偵察を志願したラッパ手ディグビーは、ボーの死体を見つけて悲しみながらジョンを捜す。

そこにボージョレが現れたため、ディグビーは死体に扮してやり過ごす。

ボージョレが、マーコフが持っていた手紙に気づき、砦内を見回っている間に、ディグビーは、ボーとマーコフの死体を運ぶ。

ディグビーは、ボーに別れを告げて火を放ち火葬して、ジョンを追い逃走する。

ジョンとディグビーは再会し、エジプトに向かう途中、野戦訓練所で一緒だったアメリカ人ハンク・ミラー(ブロデリック・クロフォード)らに出くわす。

その後ジョンらは、オアシスの水を求めてアラブ人に攻撃を仕掛け、ディグビーが犠牲になる。

ブランドン邸に戻ったジョンは、イゾベルとの再会を喜び、独り帰ったことをパトリシアに告げ、ボーの手紙を渡す。

パトリシアは、生活のために”青い水”を売り、偽物を受け取ったことを知っていたボーが、自分への恩返しのために、それを盗んだと告白する手紙を読み感激する。

そしてパトリシアは、”ボー・ジェスト”は”うるわしい行い”の意味があると言って、彼に感謝して称える。


解説 評価 感想 ■

パーシヴァル・クリストファー・レンの原作”Beau Geste”は、1926年にロナルド・コールマン主演で映画化され、1966年にも再びリメイクされた。
1926年度版/1966年度版

*(簡略ストー リー)

ブランドン邸の養子であるジェスト3兄弟のボー、ジョン、ディグビーは、おばパトリシアの愛を受け逞しく成長する。
しかし、パトリシアは生活苦から、家宝である宝石のサファイア”青い水”以外の財産を失ってしまう。
その窮状と、ある秘密を知っていたボーは、主人に”青い水”を手放すと言われて焦るパトリシアに、それを一目見てみたいことを伝える。
しかし、家族の前で披露された”青い水”は、何者かによって盗まれてしまう。
ボーとディグビーは、ジョンをかばうために自分が盗んだと言って外人部隊に志願してしまう。
ジョンも、愛し合うイゾベルに別れを告げて、兄弟の後を追いアフリカに向かう。
野戦訓練所で合流した三人は再会を喜ぶのだが、軍曹マーコフが宝石の噂を聞き、それを奪おうと画策する・・・。
__________

外人部隊に入隊する、ジェスト兄弟が活躍する戦争活劇ではあるが、主人公の名前を、フランス語の”Beau Geste”(うるわしい行い)と掛けて、養子として育ててくれた、おばへの恩返しをテーマにした、見応えある、美しい感動のドラマである。

第12回アカデミー賞では、助演男優(ブライアン・ドンレヴィ)と美術賞にノミネートされた。

第1回アカデミー作品賞受賞作「つばさ」(1927)を監督した、ウィリアム・A・ウェルマンの丁寧な演出が光る。

クライマックスで命を落とすゲイリー・クーパーの、兄弟やおばを敬い愛情を注ぐ演技は、清々しい爽やかな感動を与えている。
1930年代における、彼のハリウッドでの存在感と活躍ぶりを、再確認できる作品でもある。

兄弟でただ一人生き残るレイ・ミランドも、終盤でゲイリー・クーパーを凌ぐ活躍ぶりを見せる。

風貌の割には二人に比べかなり若い、当時まだ20歳のロバート・プレストンの、犠牲になるが、正義感溢れるラッパ手役も印象に残る。

忘れてならない、ブライアン・ドンレヴィの冷酷非情な悪役ぶりは、アカデミー助演賞候補に相応しい熱演だ。

20代前半のスーザン・ヘイワードの際立つ美しさも注目だ。

10年後の「オール・ザ・キングスメン」(1949)の好演でアカデミー主演賞を獲得するブロデリック・クロフォードも、若々しくひょうきんな兵士で登場している。

後に、ミュージカル・スターとして大活躍するドナルド・オコナーが主人公ボー・ジェストの多感な少年時代を好演する。

3兄弟が憧れる、フランス外人部隊の指揮官役のジェームズ・スティーヴンソン、兄弟を養子として迎え温かく見守るおばのヘザー・サッチャー、兄弟を宝石泥棒と思い込む兵士のJ・キャロル・ネイシュ、反乱を扇動する兵士アルバート・デッカー、一家の後継者G・P・ハントリー等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター