綴り字のシーズン Bee Season (2005) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

娘のスペリングの才能が開花するに連れ崩壊していく家族の苦悩の末の再生までを描く、リチャード・ギアジュリエット・ビノシュケイト・ボスワース他共演、監督スコット・マクギーデヴィッド・シーゲルによるドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■

監督
スコット・マクギー

デヴィッド・シーゲル
製作総指揮
アーノン・ミルチャン

ペギー・ラジェスキー
マーク・ロマネク
製作
アルバート・バーガー

ロン・イェルザ
原作:マイラ・ゴールドバーグBee Season
脚本:ナオミ・フォナー・ギレンホール

撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
編集:ローレン・ザッカーマン
音楽:ピーター・ナシェル

出演
ソール・ナウマン:リチャード・ギア

ミリアム・ナウマン:ジュリエット・ビノシュ
イライザ・ナウマン:フローラ・クロス
アーロン・ナウマン:マックス・ミンゲラ
チャーリ:ケイト・ボスワース

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

2005年製作 104分
公開
北米:2005年11月11日
日本:2005年12月23日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $1,180,560
世界 $6,856,989


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

オークランド
ユダヤ人の宗教学者でUCバークレーの教授ソール・ナウマン(リチャード・ギア)は、妻ミリアム(ジュリエット・ビノシュ)、息子のアーロン(マックス・ミンゲラ)、娘イライザ(フローラ・クロス)とで平穏な毎日を送る、買い物や家事も手伝い、音楽も親しむ理想的な夫であり父親でもあった。

イライザは、学校のスペリング・コンペティション(spelling bee)で優勝したにも拘らず、それに父ソールが無関心であることが不満だった。

兄アーロンに付き添ってもらい、新聞社主催のコンテストでも優勝したイライザは、それを父ソールに伝える。

ソールは、今まで気づいてあげられなかったことをイライザに謝罪し、彼女を称える。

イライザは、家族と共に参加したサクラメントの大会でも優勝し、州大会に挑戦しようとする。

ミリアムはそんなイライザを誇りに思い、自分がいつも持ち歩いていた万華鏡を贈るものの、両親を亡くした過去の悪夢が甦り不安が募る。

イライザの才能に気づいたソールは、それ以来、帰宅を早くして彼女とスペリングのトレーニングを始める。

カバラ主義”についてが卒業論文だったソールは、その神秘性などについてもイライザに説明したりもする。

アーロンは、父ソールがイライザにのことに集中している姿に不満を感じ、キリスト教や他宗教に興味を持とうとしたりもする。

そんな時アーロンは、家族はカトリックであるがヒンズー教の信者の女性チャーリ(ケイト・ボスワース)に出会う。

イライザは、州大会をクリアして全国大会出場を決め、ソールは浮かれ気味だったが、彼はアーロンの態度を気にする。

精神的に限界に達しようとしていたミリアムは、ソールに教えられた修復の概念”ティクン・オラム”を思い出し、彼の愛を求めてしまう。

迎えに来たチャーリを、まともに紹介もしないアーロンの余所余所しい様子がソールは気にかかる。

そして、週末を利用してキャンプに行くと言うことを両親に伝えたアーロンは、ヒンズー教に改宗してしまう。

夜中に外出したミリアムの異変に気づいたソールは、彼女に何があったのかを尋ねる。

しかし、何も語らず家を出たミリアムは、車も使わずに一日中、外を徘徊し、イライザも母の異常な行動をアーロンに伝える。

警察に呼び出されたソールは、空き巣癖があるミリアムが借りていた倉庫に案内され、そこで大量の盗品のアクセサリーなどを見せられる。

ショックを受けたソールは涙し、ミリアムは病院に入れられ、それが子供達にも知らされる。

病院を訪れたソールは、ミリアムを家に連れ戻そうとするが、何かを隠している彼女は、”光を集めたかっただけ”と言って家に戻ることを拒む。

ミリアムに会うことの出来ないイライザは、自分のスペリングのせいで母が病気になったと思い込むが、ソールはそれを否定して彼女を慰める。

そんな時、アーロンが改宗したことを知ったソールは憤慨し、二人は言い争い、それを聞いていたイライザの心は傷つく。

ワシントンD.C.
全国大会に参加するため、ソールはアーロンとイライザと共にホテルの部屋を取り本番に備える。

その夜イライザは、ソールが訳した”アブラハム・アブラフィア”の”カバラ”の書を持参していたイライザは、朗読し、”光”感じ神と一体化して気を失ってしまう。

翌日、大会は始まり、ミリアムもテレビ中継されるイライザの様子を病院で見守る。

順調に勝ち進んだイライザだったが、最後の問題で、理解しているはずのスペルをわざと間違えて優勝を逃してしまう。

アーロンは、動揺するソールに歩み寄り、父子は固く抱き合い壇上のイライザを見つめる。

イライザは、父ソールが語っていた、言葉の次元を超えて、世界を修復できることを悟り、会場の父とアーロンに笑みを浮かべる。

それを見ていたミリアムは、神に全身が満たされ家族が一体になったことを感じ涙する。


解説 評価 感想 ■

2000年に発表された、マイラ・ゴールドバーグの小説”Bee Season”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

ユダヤ人の宗教学者で大学教授ソール・ナウマンは、妻ミリアムや息子アーロンと娘イライザとで、平穏な暮らしをする理想的な夫だった。
イライザは、スペリングの才能を発揮して、学校内や地方大会で優勝する。
そんな娘の才能を知ったソールは、彼女に情熱を注ぎ込む一方で、幼い頃、両親を失った心の傷を拭い去ることが出来ないミリアムは、精神的極限に達していた。
息子アーロンも、妹イライザが生活の中心になっている父ソールを避けるようになり、ヒンズー教に改宗することを考える。
その後、イライザは州大会も勝ち抜き全国大会出場が決まるのだが、そんな時、空き巣癖のあったミリアムが警察に逮捕されてしまう。
ソールは、盗んだ大量のアクセサリーなどをミリアムが保管していたことを知らされてショックを受ける。
そして、母親の精神的不安定による入院を知らされた子供達も傷つき、家族の幸せは崩壊していく・・・。
__________

絵に描いたような理想的な家庭の中で、娘の才能の開花が新たな喜びとなるはずが、急転、家族の崩壊につながっていくという、恐ろしい内容の物語。

ファンタジー・サスペンス風の興味深い映像や、細やかな描写なども注目の一作。

スペリング・コンペティション(spelling bee)が物語の中心ではあるが、ユダヤ教の神秘主義思想”カバラ”や、修復の概念である”ティクン・オラム”なども語られる奥深いテーマが盛り込まれている。

年齢を重ね渋みも増すリチャード・ギアと実力派ジュリエット・ビノシュの共演という魅力的なキャスティングではあるが、拡大公開もされず商業ベースには乗らなかった作品。

スペリングの天才時として、演技とは思えない知的且つ繊細、さらに神秘的な雰囲気を感じさせる、主演の二人に引けを取らない演技を見せる、撮影当時まだ10歳のフローラ・クロスは各方面で高い評価を得た。

アンソニー・ミンゲラの息子であるマックス・ミンゲラも、壊れていく家族の中で苦悩する長男役を好演している。
彼をヒンズー教に誘うケイト・ボスワースなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター