はじまりのうた Begin Again (2013) 4/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋人に裏切られたシンガー・ソングライターと落ちぶれた音楽プロデューサーの出会いと信頼関係が築かれるまでを描く、監督、脚本ジョン・カーニー、主演キーラ・ナイトレイマーク・ラファロキャサリン・キーナーヘイリー・スタインフェルドアダム・レヴィーンジェームズ・コーデン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーニー

製作
アンソニー・ブレグマン
トビン・アームブラスト
ジャド・アパトー
脚本:ジョン・カーニー
撮影:ヤーロン・オーバック
編集:アンドリュー・マーカス
音楽:グレッグ・アレキサンダー

出演
グレタ・ジェームズ:キーラ・ナイトレイ
ダン・マリガン:マーク・ラファロ
ミリアム・ハート:キャサリン・キーナー
ヴァイオレット・マリガン:ヘイリー・スタインフェルド
デイヴ・コール:アダム・レヴィーン
スティーヴ:ジェームズ・コーデン
サウル・バイロン:ヤシーン・ベイ
CEO:ロブ・モロー
トラブルガム:シーロー・グリーン

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 104分
公開
北米:2014年6月27日
日本:2015年2月7日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $16,170,630
世界 $63,464,860


アカデミー賞
第87回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞”Lost Stars


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークロウアー・イースト・サイド
イギリス人のシンガーソングライターのグレタ・ジェームズ(キーラ・ナイトレイ)は、ライブハウスのステージに上がる友人スティーヴ(ジェームズ・コーデン)から歌ってほしいと言われる。

それを拒むものの、客から催促されたため、仕方なくステージに上がったグレタは、ギターを弾きながら歌う。

それを聴いていた、かつて成功した元レーベルの経営者で音楽プロデューサーのダン・マリガン(マーク・ラファロ)は、グレタの歌が気に入る。

その日の朝・・・
目覚めたダンは、別居中の妻ミリアム・ハート(キャサリン・キーナー)に頼まれて、14歳の娘ヴァイオレット(ヘイリー・スタインフェルド)を学校に迎えに行く。

娼婦のような服装のヴァイオレットに顔をしかめながら会社に寄ったダンは、共同経営者のサウル・バイロン(ヤシーン・ベイ)らの会議の内容に意見する。

その後、サウルと二人で話し合ったダンは意見が合わず、5年間ヒット・シンガーも出せずにいることを批判される。

解雇されたダンは、ヴァイオレットを連れてバーに向かい、彼女から、母ミリアムも負け犬だと思っていると言われる。

ビール代がないダンは、ヴァイオレットと共に店から逃げるが、バーテンダーに追われて殴られただけで許してもらう。

ヴァイオレットを家に送ったダンは、ミリアムと娘のことについて話し、父親の役目をはたしていないと言われる。

車が動かなくなり、酒を飲んで地下鉄でロウアー・イースト・サイドに向かったダンは、ライブハウスに寄る。

ステージに上がったグレタの歌を聴いたダンは、それをアレンジしてヒットさせることができるイメージが浮かぶ。

受けなかったために気落ちするグレタに話しかけて名刺を渡し、レコードを作ることを提案したダンは、興味を示さない彼女からホームレスのようだと言われる。

曲と同じく見た目もいいと言われたグレタは、音楽に必要なのは耳だと伝えてダンに名刺を返す。

諦めたダンだったが、店から出て来たグレタを呼び止め、自分は7年間、誰とも契約していない信頼を失ったプロデューサーであり、ホームレスに見えるのは、1年前に家を出たからだと正直に話す。

バーに誘われたグレタは、ネットでダンの輝かしい経歴を調べ、曲はいいのでイメージを変えればトップを目指せると言われる。

意見し合うグレタは、とにかく契約したくないと伝えるが、ダンはそんな彼女が気に入る。

店を出たダンは、明日は帰国すると言うグレタに、ニューヨークを離れたい理由があるはずだと尋ね、何があったかを聞こうとする。

パートナーにデモを聴かせたいと言うダンは、1日だけ帰国を延ばすようにと伝えてグレタを説得する。

帰って考え明日、連絡するとダンに伝えたグレタはその場を去る。

アパートに戻ったグレタは、映画の挿入曲をレーベルに曲が認められて一緒にニューヨークに来た恋人のデイヴ・コール(アダム・レヴィーン)のことを想う。
__________

レーベルの担当者から高級アパートを提供されたデイヴとグレタは、夢のような生活が始まり、期待に胸膨らませる。

その後、レーベルのCEO(ロブ・モロー)に会ったデイヴとグレタは、レコーディングなどを始める。

献身的にデイヴをサポートしていたグレタは、路上で歌っていた友人のスティーヴに出くわし、彼のアパートに向かい楽しい時間を過ごす。

ロサンゼルスから戻ったデイヴの曲を聴いたグレタは、彼がその曲を他の女性に捧げていることに気づき、相手がレーベルのスタッフ、ミムであることを知る。

デイヴと別れたグレタは、スティーヴのアパートで世話になる。

失意のグレタを励まそうとしたスティーヴは、彼女をライブハウスに誘う。

酔ったダンはライブハウスに寄り、グレタの曲を聴く。
__________

翌朝、グレタからの電話で目覚めたダンは、契約の件は本気かと訊かれる。

当然だと答えたダンは、ミリアムの家に向かいシャワーを浴びる。

グレタを連れてサウルに会ったダンは、彼女の曲を聴いてもらう。

未熟で不愛想なグレタが気に入らないサウルは気が進まないが、ダンに説得され、デモを聴かせれば判断すると伝える。

デモなどは無視して、ニューヨーク中でレコーディングすることで意見が一致したダンとグレタは、スティーヴや他の素人ミュージシャンを集めて曲をイメージする。

自分を信頼してくれるラッパー、トラブルガム(シーロー・グリーン)の豪邸に向かったダンは、協力を約束してもらえる。

グレタは、ダンのお陰でトラブルガム成功したことを知る。

路地でレコーディングを始め、エンパイア・ステート・ビル付近のビルの屋上も確保したダンは、グレタをヴァイオレットに紹介する。

男子生徒の目を引く方法などを助言してくれるグレタと意気投合したヴァイオレットは、楽しい時間を過ごす。

ヴァイオレットをレコーディングに誘ったグレタだったが、一応OKしたダンは気が進まない。

それをミリアムに伝えたダンは、ヴァイオレットのギターはうまくないと言われ、レコーディングに来るよう伝える。

その後、自分達の家族の修復を考えるグレタの気持ちを迷惑に思うダンは、別の男と新しい人生を送ることを計画していたミリアムとの関係で、神経衰弱になるほど傷ついたことを話す。

そんな気持ちが分かるのかと言われたグレタは、ダンから、これまでの経緯を聞く。

結局は、ミリアムの決心を聞いた相手の男が手を引いてしまい、それでも彼を待つ妻を見ていた自分は正気を失ったことをダンは話す。

ミリアムと結婚するまでの話などをしたダンとグレタは、音楽を聴きながら街を歩き、クラブに向かい踊る。

その後も街を散策する二人はスティーヴのアパートに向かい、デイヴが賞を獲った映像を見せられる。

ダンが帰った後でグレタは、スティーヴに促されて曲を作り、二人で演奏する。

グレタに電話をしたデイヴだったが、つながらなかった。

その後、ダンとグレタはら、様々な場所でレコーディングをする。

ミリアムとヴァイオレットが現れ、ビルの屋上でレコーディングしようとしたグレタは、デイヴからの着信に気づき、ニューヨークに戻ったというメッセージに残された彼の曲を聴く。

夜になりレコーディングは始まり、ダンとヴァイオレットも演奏に加わり大いに盛り上がる。

皆と打ち上げをしてダンの家族を見送ったグレタは、デイヴにメールを送り会うことになる。

翌日、デイヴと会ったグレタは、ダンのプロデュースで行った奇抜なレコーディングの話などをする。

デイヴがアレンジした自分の曲を聴いたグレタは、それをヒット目的に使うことに気が進まない。

やり直したい気持ちを伝えるデイヴに対し、素直にそれを受け入れる気になれないグレタは、皆がどれだけこの曲を愛しているか分かってほしいと言う彼に、とにかくそのアレンジは嫌だと伝えて立ち去る。

普通の女の子風の服装になったヴァイオレットに満足するダンは、レコーディングしたCDを渡し、ギタリストの才能があると伝える。

愛を告げるダンに分かっていると答えたヴァイオレットは、ミリアムが待つ家に向かう。

曲を聴いたサウルは、素晴らしいアルバムだと言って、契約を結びたいことをグレタに伝える。

一曲目を映画の挿入歌にしたいと言われたグレタはそれを拒み、まずダンを復帰させてほしいと伝える。

それを承諾してもらったグレタはギャラの交渉などを始めて、売り上げの1割だと言われる。

製作費もかからず宣伝もネットの口コミするつもりだと言うグレタは、1割しか受け取れないことが納得できない。

今後ヒット曲が出せるアーティストとしてサウルに認められたグレタは満足する。

次はヨーロッパ版などが作りたいと言ってダンに感謝したグレタは、その場を去る。

アパートに戻ったグレタは、ライブに来てほしいというデイヴからのメールを受け取る。

ライブハウスに向かったグレタは、ステージのデイヴが自分の曲を歌う姿を見守る。

曲に思いを込めたデイヴの気持ちを理解したグレタだったが、涙しながらその場を去る。

ライブハウスを出たグレタは、清々しい思いで自転車をこぐ。

ダンのアパートに向かったグレタは、ミリアムとの関係を修復した彼が家に戻ることを知る。

契約はしないとダンに伝えたグレタは、オンラインでアルバムを1ドルで販売することにする。

応援要請を受けたトラブルガムがそれをつぶやき、全世界のフォロワーがグレタの曲に注目する。

翌日、サウルから大ニュースだと言われたダンは、アルバムが1日で1万枚売れたことを知らされる。

サウルから冗談でクビだと言われたダンは、レコーディングの際の画像をチェックしながら微笑む。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
イギリス人のシンガーソングライター、グレタ・ジェームズは、曲が認められてレーベルに招かれた恋人のミュージシャン、デイヴと共に新しい生活を始める。
ところが、デイヴがスタッフと浮気したことが分かり、彼と別れたグレタは、友人のミュージシャンのスティーヴのアパートで世話になる。
自分を慰めてくれるスティーヴと向かったライブハウスで歌ったグレタは、局を気に入ってくれた音楽プロデューサーのダンに話しかけられ、一緒にアルバムを作ることを提案される。
デイヴに裏切られた直後で、そんな気分になれなかったグレタだったが、翌日、ダンに連絡して彼のレーベルに向かう。
ダンはパートナーのサウルにグレタを紹介するものの、感触がよくなかったため、二人は、独自の方法で野外レコーディングをすることを考える。
別居中の妻ミリアムと娘のヴァイオレットとの関係もうまくいかないダンは、スティーヴや素人ミュージシャンを集めて、グレタと共に奇抜なレコーディングを始めるのだが・・・。
________

アイルランドの映画監督ジョン・カーニーが脚本も兼ねた作品で、全編で挿入される楽曲と多くのプロ・アーティストのパフォーマンスなどが見どころの作品。

レーベルの手を借りることなく、路上レコーディングを決行する素人ミュージシャンの奮闘と、それに協力する落ちぶれた音楽プロデューサーの出会いと信頼関係が築かれるまでを描く、ユーモアにヒューマニズムも加えた秀作ドラマに仕上がっている。

ニューヨークロウアー・イースト・サイドなどの街並み、薄汚れた路地やビルの屋上などのロケがドラマに臨場感を与え、効果的な映像となっている。

第87回アカデミー賞では、歌曲賞(”Lost Stars“)にノミネートされた。

恋人である成功したミュージシャン(アダム・レヴィーン)に裏切られたことがきっかけとなり、新たな人生を歩むことになる主人公を演ずるキーラ・ナイトレイ、彼女の才能を見出し、束縛することなく自由な活動をさせる音楽プロデューサーを好演するマーク・ラファロ、別居中のその妻キャサリン・キーナー、その娘で、両親の愛を求めながら孤立するヘイリー・スタインフェルド、主人公の友人であるミュージシャンのジェームズ・コーデン、レーベルの経営者ヤシーン・ベイ、レーベルのCEOロブ・モロー、ダン(マーク・ラファロ)の友人であるラッパーのシーロー・グリーンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター