ビヨンド the シー Beyond the Sea (2004) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1950年代半ばから60年代にかけて、圧倒的な人気を誇ったエンターティナー、ボビー・ダーリンの半生を描いた、ミュージカル・タッチのヒューマン・ドラマ。 ボビー・ダーリン自身と彼の歌を敬愛するケヴィン・スペイシーが、製作、監督、主演、脚本を兼ね、数年がかりで取り組んだ意欲作。
ケイト・ボスワースジョン・グッドマンボブ・ホスキンスグレタ・スカッキ共演。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:ケヴィン・スペイシー
製作
ケヴィン・スペイシー
アーサー・フリードマン

アンディ・パターソン
ジャン・ファントル
脚本
ケヴィン・スペイシー
ルイス・コリック

撮影:エドゥアルド・セラ
編集:トレヴァー・ウェイト

出演
ケヴィン・スペイシーボビー・ダーリン
ケイト・ボスワースサンドラ・ディー
ジョン・グッドマン:スティーヴ・ブラウナー
ボブ・ホスキンス:チャーリー・カソート・マフィア
グレタ・スカッキ:メアリー
キャロラィン・アーロン:ニーナ・カソート・マフィア
ブレンダ・ブレッシン:ポリー・カソート

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2004年製作 118分
公開
北米:2004年12月17日
日本:2005年2月26日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $6,318,709
世界 $8,010,814


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ウォールデン・ロバート”ボビー”カソートは、子供の頃のリューマチ熱が原因で、心臓にダメージを受ける。

そしてボビーは、最善の治療を受けても15歳まで生きられるかわからないと宣告される。
しかし、少年ボビーは、舞台女優である母ポリー(ブレンダ・ブレッシン)の影響で、病気も時間も忘れて、音楽に没頭するようになる。

成長することができたボビー(ケヴィン・スペイシー)は、音楽で独り立ちするために、”ボビー・ダーリン”という芸名をつける。

ボビーは、義兄のチャーリー・カソート・マフィア(ボブ・ホスキンス)やマネージャーのスティーヴ・ブラウナー(ジョン・グッドマン)らと売り出すが、人気は出なかった。

鳴かず飛ばずの時期が続いた後、ボビーは、なんと20分で書いた曲が大ヒットし、たちまちティーンのアイドルになるが、母ポリーは、シナトラ以上になることを望んでいた。

やがて、心の支えだった母ポリーは他界し、ボビーはヒット曲を立て続けに連発し、グラミー賞も受賞する。

そして、ボビーは映画界からも声がかかり、チャーリーと姉のニーナ(キャロラィン・アーロン)夫婦と共にハリウッドに向かう。

ボビーは、ロック・ハドソン主演の”Come September”で共演した、若手女優サンドラ・ディー(ケイト・ボスワース)に一目惚れして、猛烈なアタックを開始し、彼女の心を射止め、結婚することになる。

そしてボビーは、ついにニューヨークの高級ナイトクラブ”コパカパーナ”のステージに上がることになる。

さらにボビーは、”Captain Newman, M.D.”の好演で、アカデミー助演賞にノミネートされる。

その後、ボビーサンドラには子供も生まれ、彼のあまりの忙しさに、普通の生活を望むサンドラは不満を抱く。

それを聞き入れたボビーは、仕事を減らして、サンドラとの二人きりの生活を始める。

やがて時代は変わり、ボビーサンドラの映画はヒットしなくなり、国や音楽の世界も劇的に変化する。

ボビーのステージやヒット曲もなくなり、ベトナム戦争が激化する中、彼は政治活動に没頭するようになる。

そんな時、ボビーは姉ニーナから、最愛の母ポリーが、自分の祖母で、姉が母親だという、出生の秘密を知らされる。

ショックを受けたボビーは、過去を捨てて独りトレーラーハウスに引き篭ってしまう。

その後ボビーは、チャーリーの勧めでステージ立つことになるが、淡々と反戦を歌う彼に、客は見向きもしなかった。

さらにボビーは、心臓病が悪化して手術を受け、療養することになる。

回復したボビーは、サンドラから、”人は浅はかで見かけで歌を聴く”と言われ、ラスベガスのステージに戻る決心をする。

体調不良を押し、ゴスペル聖歌隊とラスベガスフラミンゴのステージに立ったボビーは、舞台裏で酸素吸入をしながら歌い、仲違いしていた観客席のニーナを、母親として紹介する。
__________

ボビーは163の曲と486枚のレコードを制作し、総売上は数千万枚にも及んだ。

そしてボビーは、1973年12月20日、心臓手術中に死去する。
(享年37)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

少年ウォールデン・ロバート”ボビー”カソートは、リューマチ熱が原因で心臓にダメージを受けて、15歳まで生きられるかわからないと宣告される。
そんな少年ボビーは、舞台女優の母ポリーの影響で、病気も忘れて音楽に没頭するようになる。
成長したボビーは、音楽で独り立ちするために、”ボビー・ダーリン”という芸名で、義兄チャーリーやマネージャーのスティーヴらと、歌手として売り出すが人気は出なかった。
その後も低迷期は続くが、20分で書いた曲が大ヒットし、ボビーはたちまちティーンのアイドルになる。
やがてボビーは、ヒット曲を連発し、グラミー賞を受賞、ハリウッドにも進出する。
ボビーは、共演した若手女優サンドラ・ディーに一目惚れして、彼女の心を射止め結婚することになる。
しかし、順風満帆の若きスター、ボビーは多忙を極め、普通の生活を望むサンドラは、やがて不満を抱くようになる・・・。
__________

ケヴィン・スペイシーが、特訓の末にボビー・ダーリンに成り切って歌う、20曲にも及ぶ、吹替えなしの歌唱力とパフォーマンスは圧巻だ。

商業的には全く成功しなかった作品ではあるが、若くしてこの世を去った、偉大なエンターティナーを称えようとする、ケヴィン・スペイシーの意気込みが伝わってくる作品。

ただし、熱演のケヴィン・スペイシーの演技以外は、ドラマチックなボビーの人生の描き方などに深みが足りないのが残念で、特にボビー・ダーリンが天国でもスイングしていると言いたいのだろうが、いいムードで終わろうとするラストに付け加えられ、ボビーと少年ボビーが歌い踊るシーンはしらけてしまう。

メイクはしているものの、ボビーのボーイッシュな雰囲気とはやや違うケヴィン・スペイシーは、ボビー独特の仕草や自前の声を、あれほどまでに見事に披露するとは、はさすがに実力派だと言える。

10代のサンドラ・ディーの初々しさを20歳のケイト・ボスワースが好演するのだが、ケヴィン・スペイシーがあまり若作りには見えず、実際、親子ほど年齢が違う二人は、若い夫婦という感じがしない。
ボビーを支えるマネージャー兼友人のジョン・グッドマン、最も頼りになる義兄のボブ・ホスキンス、そして、その妻で実はボビーの母であることを告白し、最後には彼から感謝されるキャロラィン・アーロン、祖母だったブレンダ・ブレッシンなど、ベテランの個性派俳優が脇を固めている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター