暗闇にベルが鳴る Black Christmas (1974) 3.6/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大学の女子寮で起きる連続殺人事件に怯える女子大生達が体験する恐怖を描く、製作、監督ボブ・クラーク、主演オリヴィア・ハッセーキア・デュリアマーゴット・キダージョン・サクソンアンドレア・マーティン他共演のサスペンス・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ボブ・クラーク

製作:ボブ・クラーク
製作総指揮:フィンドレイ・クイン
脚本:ロイ・ムーア
撮影:レジナルド・モリス
編集:スタン・コール
音楽:カール・ジットラー

出演
ジェシカ”ジェス”ブラッドフォード:オリヴィア・ハッセー
ピーター・スマイス:キア・デュリア
バーバラ“バーブ”コアード:マーゴット・キダー
ケネス・フラー警部補:ジョン・サクソン
フィリス“フィル”カールソン:アンドレア・マーティン
ハリソン :ジェームズ・エドモンド
ナッシュ巡査部長:ダグラス”ダグ”マッグラス
マクヘンリー夫人:マリアン・ウォルドマン
クリス・ハイデン:アーサー”アート”ヒンドル
クレア・ハリソン:リン・グリフィン
ビル・グラハム:レスリー”レス”カールソン

カナダ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1974年製作 98分
公開
カナダ:1974年10月11日
アメリカ:1974年12月20日
日本:1975年12月13日
製作費 $620,000
北米興行収入 $4,053,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベッドフォード。
クリスマス・パーティーが開かれている学生寮で、ジェシカ”ジェス”ブラッドフォード(オリヴィア・ハッセー)が電話を受ける。

ジェスから、長距離だと言われたバーバラ“バーブ”コアード(マーゴット・キダー)は電話を代わり母と話す。

その後、再び電話に出たジェスは、いつもかけてくるイタズラ電話だったために、皆を集めてそれを聴く。

受話器を取って話しかけたバーブは相手を侮辱し、殺すと言われて電話を切られる。

恋人のクリス・ハイデン(アーサー”アート”ヒンドル)が帰り不安に思うクレア・ハリソン(リン・グリフィン)は、バーブにからかわれたために気分を害する。

学生生活に慣れていないクレアを気の毒に思うジェスは、バーブの心ない言葉を非難する。

そこに寮母のマクヘンリー夫人(マリアン・ウォルドマン)が戻り、学生達に迎えられる。

部屋に戻り出かける支度をしていたクレアは、クローゼットに隠れていた何者かに襲われる。

パーティーは終わり、音楽院生の恋人ピーター・スマイス(キア・デュリア)からの電話を受けたジェスは、話したいことがあると伝えて電話を切る。

部屋に向かったジェスは、クレアに声をかけるものの返事はなかった。

窒息死させられたクレアは、屋根裏部屋で椅子に座らされていた。

翌日、クレアを迎えに来た父ハリソン(ジェームズ・エドモンド)は、娘が現れないために、学生に寮の場所を訊く。

寮に向かい、マクヘンリー夫人と話したハリソンは、出かける準備はできているはずのクレアは、イベントが行われている男子寮にいるはずだと言われる。

支度をしたマクヘンリー夫人は、ハリソンと共に男子寮に向かう。

ピーターと話したジェスは妊娠したことを知らせ、彼は喜ぶものの、中絶したいと伝える。

ジェスの考えが理解できないピーターは、帰ろうとする彼女を呼び止めて、夜、話をする約束をする。

男子寮にもクレアがいなかったため、ハリソンは、今日中には帰れないことを妻に電話をして伝える。

寮に戻り電話を受けたジェスは、相手の男から、”ベビーはどうした、アグネスとビリーはどうした”など、意味不明なことを言われたために切ってしまう。

ハリソンは、男子寮にいたバーブやフィリス“フィル”カールソン(アンドレア・マーティン)と共に警察署に向かい、ナッシュ巡査部長(ダグラス”ダグ”マッグラス)にクレアの捜索願いを出す。

寮に戻ったマクヘンリー夫人は、不審な電話があったことをジェスから知らされ、クレアが男子寮にもいないことを伝える。

アイスホッケーをしていたクレアの恋人クリスの元に向かったジェスは、クレアは家に帰ったと言われる。

まだ帰っていないと伝えたジェスは、クレアの行方が分からないことをクリスに伝える。

ジェスから警察も相手にしてくれないと言われたクリスは、警察署に向かい、ナッシュに言い寄る。

騒ぎに気づいたケネス・フラー警部補(ジョン・サクソン)は、恋人のクレアを警察が捜そうとしないと言うクリスとジェスから話を聞く。

寮に戻り食事をしたハリソンは、バーブから、自分の言葉を気にしたクレアが出て行ったと皆が思い、死んだらその責任も追及されると言われる。

試験の結果が悪かったピーターは、ピアノを壊す。

クリスと警察から寮に戻ったジェスは、ハリソンとフィルと共に出かける。

その頃、失踪した少女ジャニスとクレアの捜索が始まり、フラーはその指揮を執り、ジェスらはその場に向かう。

出かけようとしていたマクヘンリー夫人は、寮で飼っている猫のクロードが気になり屋根裏部屋に向かい、その場でクレアの死体を見つける。

次の瞬間、マクヘンリー夫人は、その場に潜んでいた者に殺される。

マクヘンリー夫人が現れないために、タクシーの運転手は憤慨して帰る。

その後、公園内でジャニスの死体が発見され、母親はショックを受ける。

ピーターとの約束があり寮に戻ったジェスは、電話を受けて、”ビリー”のことを恨む男に、何が目的かを尋ねて電話を切る。

不審な電話を警察に通報したジェスは、二階からピーターが現れたために驚く。

ジェスからの通報を受けたナッシュは住所を聞き、その場にいたハリソンらはそれに気づく。

ピーターから外の騒ぎのことを訊かれたジェスは、少女が公園で殺されたことを知らせる。

クレアも捜索したがまだ見つからないと伝えたジェスは、ピーターから彼女は無事だと思うと言われる。

音楽院をやめることをジェスに伝えたピーターは、結婚することを提案する。

自分の夢は諦めたくないと伝えたジェスは、ピーターから、結婚しても夢は追えると言われるものの、結婚を考える気にはなれなかった。

それならば、ベビーはどうするとピーターはジェスに尋ねる。

クレアのことや不審電話の通報を受けていたナッシュから話を聞いたフラーは、ハリソンらに捜査をすることを伝える。

あくまで中絶をする考えを変えないジェスを見限ったピーターは、必ず後悔すると言ってその場を去る。

ピーターと入れ替わりでフィル達と共にフラーが現れ、ジェスは、電話を盗聴して寮内を調べると言われる。

同行した電話技師のビル・グラハム(レスリー”レス”カールソン)は、早速、電話を盗聴する準備をする。

ジェスとフィルに話を聞きながら寮内を調べたフラーは、電話が鳴ると署でも検知できることをグラハムから知らされる。

寮にあるもう一台ある電話には、不審な電話はかかってこないということだった。

外に配置された警察の車で寮を見張っていることを伝えたフラーは、ジェスらを安心させて署に戻る。

ピーターは、寮の様子を窺っていた。

クレアが心配なフィルは動揺して涙し、ジェスに眠ると伝えて部屋に向かう。

署に戻ったフラーは、電話局にいるグラハムからの連絡で、話をなるべく長引かせることを寮に指示するようにと言われる。

うなされているバーブの様子を見に行ったジェスは、怖い夢を見た彼女を落ち着かせる。

その後ジェスは、外で歌ってくれている子供達の様子を見に行く。

その間、バーブは、部屋に忍び込んできた者に殺される。

電話が鳴ったためにジェスが出て、フラーも署の受話器を取り、グラハムが回線を調べる。

ピーターが口にした、中絶するのは”コブを削り取るのとは違う”と言った言葉に気づいたジェスは驚き、電話が切れたために受話器を置く。

フラーから電話があり、逆探知はできなかったことを知らされたジェスは、話を引き延ばしてほしいと言われる。

会話に気になる点はあったかと言われたたジェスは何もないと答え、自分達と入れ違いで出て行った男性のこと訊かれ、恋人のピーターだと伝える。

電話の相手がピーターである可能性をフィルに話したジェスは、そう思うなら警察に伝えるべきだと言われる。

ピーターがやったこととは思えない二人は、外の警察の車を確認する。

その後、ピーターから電話があり、フラーは、それをグラハムに逆探知させる。

ベビーを傷つけたくないと泣きながらジェスに伝えるピーターは、ジェスから、どこにいるかと訊かれ電話を切ってしまう。

フラーからの電話で、会話の内容の意味を訊かれたジェスは、ベビーを”殺せない”という言葉が普通ではないと言われる。

ピーターは変わっていると言うジェスは、真実を話しているかと訊かれ、彼女が何かを隠していると考えるフラーは、ピーターが犯人だとすると早急に対処する必要があると伝える。

最初の電話の時にこの場にいたピーターが犯人のわけがないと言うジェスは、彼と話すつもりのフラーに住んでいる場所と音楽院生であることを教える。

今の話でピーターが犯人ではないと思うジェスは、フィルから同じ考えだと言われる。

少女を殺害した犯人を捜す男性から、戸締りをするようにと言われたジェスとフィルは、ドアの鍵などをチェックする。

バーブの様子を見に行ったフィルは、部屋に閉じ込められる。

フィルに声をかけるジェスは、電話がかかってきたために受話器を取り、相手の話を聞いて時間を稼ぐ。

ピーターに会うために音楽院に向かったフラーは、ピアノが壊されていることを確認し、電話があったことを知らされる。

グラハムが電話をかけている場所を突き止め、それをフラーに知らせる。

その場所が寮だと言われたフラーは、監視の警官に連絡するものの応答がない。(警官は車内で殺されている)

署のナッシュに連絡したフラーは、寮のジェスに電話をして直ぐに外に出るよう伝えることを指示する。

ジェスに電話をしたナッシュは、何も聞かずに外に出るよう指示するが、フィルやバーブはどうすると言われたため、電話の相手が寮の中にいることを話してしまう。

フィルとバーブが気になるジェスは、暖炉の火かき棒を手にして二階に向かう。

バーブの部屋に入り、彼女とフィルが殺されていることを知ったジェスは、何者かがいることに気づき、その場から逃れて家を出ようとするものの、捕まってしまう。

地下室に逃げ込んだジェスは鍵をかけるが、外にいたピーターが入り口の窓を割って中に入る。

駆け付けたフラーはジェスの叫び声を聞き、寮に押し入り地下室を調べる。

ピーターは死亡し、フラーに声をかけられた無事だったジェスは保護される。

なぜピーターが殺人を犯したのかは不明だったが、彼がクレアらを殺し電話をかけていたとは思えなかった。

フラーは救急車を手配して引き揚げ、病院に運ばれるのを待つジェスはベッドで眠る。

屋根裏部屋のクレアとマクヘンリー夫人の死体は見つからないまま、正体が分からない殺人鬼は呟く。

”アグネス、私だ、ビリーだ”。

そして、寮の電話のベルが鳴る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
クリスマス・シーズン、ベッドフォード。
女子大生のジェシカ”ジェス”ブラッドフォードは、度々かかってくる嫌がらせ電話を迷惑に思っていた。
同じ寮生のクレアが、誰にも気づかれないまま何者かに殺され、翌日、迎えに来た父ハリソンと寮生のバーブとフィルらは、クレアを捜し始める。
クレアのことを心配しながら、ジェスは妊娠したことを音楽院生の恋人ピーターに伝え、中絶することを伝える。
ジェスの考えを理解できないピーターは、話し合うことを提案する。
その後もクレアは見つからず、不審電話も続く中、バーブも何者かに殺される。
誰もそれに気づかないまま、警察のフラー警部補は、クレアの失踪と不審電話の関係を考えながら捜査を始め、寮の電話に盗聴装置を付けて犯人を捜そうとするのだが・・・。
__________

北米では有名な都市伝説”The babysitter and the man upstairs”を基に製作された作品。

1970年代初頭からホラー映画監督として頭角を現したボブ・クラークが、製作も兼ねて演出した作品。

ロミオとジュリエット」(1968)で世界中の人々の心を捉えたオリヴィア・ハッセーの主演作であり、怪奇殺人事件に巻き込まれる、妊娠して中絶を考える悩める女子大生を熱演するファン注目の作品であり、その恋人役は、「2001年宇宙の旅」(1968)の”デビッド・ボーマン船長”役のキア・デュリアが演じている。

カナダ映画であり大作でもないが、1970年代を思い起こさせる作品で、当時を知る者にとっては非常に懐かしい作品だ。

オリヴィア・ハッセーが主演ではあるが、小さな役を含めて役柄がうまく分散されていて、それぞれが個性的に演じている。

犠牲者となる皮肉屋で利己主義な学生マーゴット・キダー、事件を捜査する警部補のジョン・サクソン、犠牲になる学生アンドレア・マーティン、最初の犠牲者である学生リン・グリフィンの父親ジェームズ・エドモンド、彼女の恋人アーサー”アート”ヒンドル、巡査部長のダグラス”ダグ”マッグラス、寮母のマリアン・ウォルドマン、警察の逆探知を担当するレスリー”レス”カールソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター