ブッチ・キャシディ -最後のガンマン- Blackthorn (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

その名を知られた強盗ブッチ・キャシディが死なずに生きていたという設定で描かれる、主演サム・シェパードエドゥアルド・ノリエガスティーヴン・レイ他共演、監督マテオ・ヒルによるアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:マテオ・ヒル
製作
アンドレス・サンタナ

イボン・コメンザーナ
脚本:ミゲル・バロス
撮影:ファン・ルイス・アンシア
編集:デヴィッド・ギャラート
音楽:ルシオ・ゴドイ

出演
ジェームズ・ブラックソーン/ブッチ・キャシディサム・シェパード

エドゥワルド・アポダカ:エドゥアルド・ノリエガ
マッキンリー:スティーヴン・レイ
ヤナ:マガリ・ソリエル
ブッチ・キャシディ(青年期):ニコライ・コスター=ワルドー
サンダンス・キッドポードリック・デラニー
エッタ・プレイスドミニク・マケリゴット

スペイン 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ

マグノリア・ピクチャーズ
2011年製作 102分
公開
北米:2011年10月7日
日本:未公開
北米興行収入 $200,558
世界 $623,528


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1927年、ボリビア
19年前に、この地で殺されたと思われた、アメリカ人の強盗ブッチ・キャシディ(サム・シェパード)は、ジェームズ・ブラックソーンと名を変え、牧場主として静かに暮らしていた。

ブラックソーンは、アメリカにいるある女性の息子に会うために、帰国することを考えていた。

現地の女性で愛人のヤナ(マガリ・ソリエル)に、ポトシで馬を売ることをブラックソーンは伝える。

銀行で預金を全て下ろしたブラックソーンは、戻る途中、スペイン人だと言うエドゥワルド・アポダカ(エドゥアルド・ノリエガ)に愛馬を奪われそうになる。

ブラックソーンは、銃撃してそれを阻止しようとするが、結局、現金を積んだ馬には逃げられ、無一文になってしまう。

1900年、アメリカ。
ブッチ(ニコライ・コスター=ワルドー)は、サンダンス・キッド(ポードリック・デラニー)と、その恋人エッタ・プレイス(ドミニク・マケリゴット)を誘い南米に向う。
__________

線路伝いに先を急ぐブラックソーンは、後についてくるエドゥワルドを追払おうとする。

しかし、エドゥワルドは、命を狙われていると言いいながら、ある場所に大金を隠したことをブラックソーンに伝える。

エドゥワルドは、すず鉱山に隠してあるという現金で、ブラックソーンの失った金を返すことを約束し、その場所に向おうとする。

鉱山主シモン・パティーニョの、5万ドルを盗んだと言うエドゥワルドは、追われているということだったが、その半額をブラックソーンは要求する。

ラバを手に入れた二人は、その後、鉱山に到着するが、追っ手も彼らの動きを察知する。

エドゥワルドは、ブラックソーンに、酒場の女から手に入れた銃を向けるが、彼は、追っ手が近づいていることと、銃の弾を抜いてあることを伝えて、二人は金を捜す。

金を手に入れた二人は、現われた追っ手から逃れて、鉱山から脱出する。

ようやく打ち解けた二人は、ブラックソーンの家に向う。

1905年、アルゼンチンサンフアン
ブッチサンダンスは、”ユニオン・パシフィック鉄道”の社長E.H.ハリマンに雇われた、ピンカートン探偵社のマッキンリー(スティーヴン・レイ)に捕らえられるのだがエッタが二人を助ける。
__________

ブラックソーンは、翌日、国に向うことをヤナに伝えて別れを告げるが、その後、彼女は戻ってくる。

翌朝、二人の女が現われ、ブラックソーンは、エドゥワルドを引き渡すように言われて銃撃される。

反撃したヤナは殺され、女はエドゥワルドに射殺され、ブラックソーンはヤナの死にショックを受ける。

エドゥワルドは、ブラックソーンの傷を治療して、二人は旅立つ。
__________

ボリビアヴィアチャ
妊娠していたエッタは、独り帰国することになりる。
__________

ブラックソーンとエドゥワルドは、追っ手が諦めないことに気づきながら”ウユニ塩原”を渡る。

ブラックソーンは追っ手を確認して、エドゥワルドに金を持たせてトゥピサに向うようにして伝え、二人は別行動とる。

それぞれ追手を倒し、ブラックソーンとトゥピザは塩原を渡る。

1908年、ボリビア、サンヴィセンテ
エッタや生まれてくる子供と帰るべきだったと言う、銃弾を受けていたサンダンスを連れて、ブッチはその後も逃亡を続ける。
__________

ブッチが死んでいないと考えていたマッキンリーは、町医者から、運び込まれた男を確認するように言われる。

マッキンリーは、その男がブッチだということを確認し、意識が戻った彼に銃を渡し、互いの老いを確かめ合いながら、安全な場所を確保することを約束する。

その後、ブラックソーンがエドゥワルドと関係していることを知ったマッキンリーは、それが騒ぎになっていることを伝える。

エドゥワルドが奪ったのは、パティーニョの金ではなく、鉱山を受け継いだ労働者のものだったのだ。

マッキンリーから、その話を聞いたブラックソーンは愕然とする。

軍人に、ブッチの手配書を見せられたマッキンリーは、診療所にいた男が、彼ではなかったことを証言する。

その後、ブラックソーンは、エドゥワルドの行方を追う。
__________

アンデス山脈ボリビア国境。
ブッチは、傷が悪化てし覚悟を決めたサンダンスに頼まれ、彼を射殺する。
__________

ボリビア国境を目の前に、エドゥワルドに追いついたブラックソーンは、サンダンスのことを想う。

行動した男が、ブッチ・キャシディだったことに興奮するエドゥワルドは、現金が、富豪のものではなかったことを認める。

ブラックソーンはエドゥワルドの足を撃ち抜き、身動きできないようにして、追っ手と軍が現われることを告げて国境に向う。

エドゥワルドが射殺される銃声を聞きながら、ブラックソーンは山を越える。

金は労働者の元に戻り、同行していたマッキンリーは、ブッチを助けたことで、山中に置き去りにされる。

ブラックソーンは、かつて仲間達と行動を共にしたことを想い起こしながら先を急ぐ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1927年、ボリビア
19年前に死んだとされていた、アメリカ人の点説の強盗ブッチ・キャシディは、ジェームズ・ブラックソーンと名前を変え、牧場主として静かに暮らしていた。
亡くなった、ある女性の息子に会うために、国に帰ることを考えたブラックソーンは、馬を処分して銀行の預金を下ろし、その準備を始める。
ブラックソーンは、町から引き揚げる途中に、スペイン人のエドゥワルドに馬を奪われそうになる。
結局ブラックソーンは、現金を積んだまま馬に逃げられて無一文になり、エドゥワルドを捕らえてそれを責める。
しかしエドゥワルドは、大富豪パティーニョから5万ドルを奪い隠してあることをブラックソーンに伝える。
そして二人は、執拗に追跡してくる追っ手を気にしながら、現金の隠し場所の炭鉱に向うのだが・・・。
__________

明日に向って撃て!」(1969)の主人公でもあるブッチ・キャシディが、ボリビアで生残り、仲間だったサンダンス・キッドの恋人、エッタ・プレイスの息子に会いに行こうとするところから始まるストーリーは、実に興味深い。

明日に向って撃て!」のラストでは命を落としたであろうと思えるブッチサンダンスが、襲撃を逃れ逃亡し、サンダンスアンデスの山で息絶える(ブッチが射殺する)までを、ドラマと平行して随所に挿入しながら描く、マテオ・ヒルの丁寧な演出も注目だ。

本作で、主人公達は執拗に追ってくる者達を必至に振り切ろうとするが、「明日に向って撃て!の追跡集団を想い起こさせる、オマージュ的なショットもファンには嬉しい。

髭を蓄えているために余計に老いて見えるが、70歳を手前にした主演のサム・シェパードは、かなりハードな役柄をこなしている。
いくつもの荒波を乗り越えた、苦難の道程を物語る顔のシワや、終始、友(サンダンス)を想う表情も、人生の年輪を感じさせる、味わい深い演技を見せてくれる。

実は労働者の金を奪った悪党だったスペイン人のエドゥアルド・ノリエガ、人間味を感じさせる演技が印象的な、かつて主人公を追い詰めたピンカートン探偵社スティーヴン・レイ、主人公の若い愛人役マガリ・ソリエル、若き日のブッチ・キャシディニコライ・コスター=ワルドーサンダンス・キッドポードリック・デラニー、その恋人エッタ・プレイスドミニク・マケリゴットなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター