華麗なる相続人 Bloodline (1979) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1977年に発表された、シドニィ・シェルダンの小説”Bloodline”の映画化。
父親の死で世界的大企業を継ぐことになった女性と、その財産を狙う一族の争いと陰謀を描く、監督テレンス・ヤング、主演オードリー・ヘプバーンベン・ギャザラジェームズ・メイソンオマー・シャリフイレーネ・パパス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:テレンス・ヤング
製作
デイヴィッド・V・ピッカー

シドニー・ベッカーマン
原作:シドニィ・シェルダン
脚本:レアード・コーニッグ
撮影:フレディ・ヤング
編集:バッド・モーリン
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
エリザベス・ロフ:オードリー・ヘプバーン

リース・ウィリアムズ:ベン・ギャザラ
アレック・ニコルズ:ジェームズ・メイソン
ヴィヴィアン・ニコルズ:ミシェル・フィリップス
イーヴォ・パラッツィ:オマー・シャリフ
シモネッタ・パラッツィ:イレーネ・パパス
ドナテラ:クラウディア・モーリ
シャルル・マルタン:モーリス・ロネ
エレーヌ・ロフ=マルタン:ロミー・シュナイダー
ケイト・アーリング:ベアトリス・ストレイト
マックス・ホルヌング:ゲルト・フレーベ
ユリウス・プラガー:ヴォルフガング・プライス

アメリカ/ドイツ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1979年製作 114分
公開
北米:1979年6月29日
西ドイツ:1979年12月20日
日本:1980年1月26日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $8,218,695


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

スイスの世界的な製薬企業の社長サム・ロフが、アルプスの山中で事故死する。

ロフの補佐リース・ウィリアムズ(ベン・ギャザラ)は、一族血縁者であるエレーヌ・ロフ=マルタン(ロミー・シュナイダー)とフランス支社長の夫シャルル(モーリス・ロネ)、同じく一族であるイギリス人のアレック・ニコルズ(ジェームズ・メイソン)、シモネッタ・パラッツィ(イレーネ・パパス)と、その夫イーヴォ・パラッツィ(オマー・シャリフ)に訃報を知らせる。

ニューヨーク
企業の取引銀行を訪れたウィリアムズは、頭取ユリウス・プラガー(ヴォルフガング・プライス)から、ロフが短期の多額の借入金があり、トラブルも抱えていたことを知らされる。

企業を継ぐのが、ロフの一人娘のエリザベス(オードリー・ヘプバーン)だと知らされたプラガーは、株の過半数を所持しているエリザベスにそれを売却させて、企業の負債を支払うべきだと、ウィリアムズに提案する。

その後ウィリアムズは、エリザベスに会いロフの死を知らせて、彼女と共にスイスに戻る。

一族の会議に出席するエリザベスは緊張するが、ロフの秘書ケイト・アーリング(ベアトリス・ストレイト)に励まされる。

会議は始まり、年長者のニコルズが、持ち株を公開して負債を返し、残りの財産を分け合う方法をエリザベスに提案する。

しかし、エリザベスは時期尚早だと判断し、即答を避ける。

ウィリアムズに工場を案内されたエリザベスは、父が起業するまでの資料を渡される。

翌日、エリザベスはケイトを伴い、父が研究を始めた村を訪れ、血縁者だけで始めた事業のことなどを改めて確認してみる。

そしてエリザベスは、株の売却をしないことを一族に伝えるが、彼女が企業の窮状を救えるか、経営手腕に不安を抱えながらの再出発となる。

ウィリアムズは、エリザベスの意見に従うことを伝え、彼女は全ての意見を退け、自分が経営者であることを発表する準備を始めようとする。

そこに、ロフの死亡事故を調べる警部マックス・ホルヌング(ゲルト・フレーベ)が現れ、ザイルが銃弾で切られたことを指摘し、事件が事故ではなく、殺人だったことを一族に伝える。

事故現場に向かったエリザベスとウィリアムズは、ロフの所持品を引き取りに来た者がいたことや、同行したガイドが素人だったことなどを知る。

ホルヌングから、父の亡くなる直前に録音したテープを受け取ったエリザベスは、静養の為、サルデーニャの別荘にケイトと共に向かう。

テープを聞いた二人は、株売却を目的にした陰謀を企んでいた者が社内上層部にいることを、ロフが確信していたことを知る。

そこにホルヌングから連絡が入り、コンピューターで一族を調べ上げた結果、まずニコルズが財産を失っていることを伝える。

ニコルズは、若い妻ヴィヴィアン(ミシェル・フィリップス)の浪費のお陰で、裏社会の者達からも脅されていた。

イーヴォも、愛人ドナテラ(クラウディア・モーリ)に三人の男の子を産ませ、それをシモネッタにばらすと脅されていた。

ホルヌングは、エレーヌの夫シャルルの借金なども調べ上げる。

その後、エリザベスの車が細工され、彼女は事故を起こして病院に運ばれる。

早速、ニコルズが見舞いに現れ、ウィリアムズも駆けつけるが、エリザベスは、幸い軽傷で済み職務に復帰する。

エリザベスは、新薬の開発が秘密裏に進んでいることを聞き、その発売を急がせる。

その頃、ホルヌングに謎の女性絞殺事件が報告される。

プラガーを本社に呼んだエリザベスは、経営陣の交代と新薬の発表を伝え、融資の継続を要請する。

エリザベスの経営手腕を疑い、それに躊躇するプラガーだったが、彼女がウィリアムズと結婚して、社長にすることを知り納得する。

形式上の結婚のつもりだったが、ウィリアムズはそれに合意し、二人はサルデーニャで結婚式を挙げる。

そこに、ホルヌングが現れ例のテープを証拠品として受け取ろうとするのだが、エリザベスは、それが盗まれたことに気づく。

実は、エレーヌと関係を持っていたウィリアムズは、その後エリザベスに株を売却させるための企みを考える。

そんな時、ケイトがエレベーターの事故で死亡して、エリザベスはショックを受ける。

エレーヌは、自分の宝石を売りさばいて、借金にあてたシャルルを脅し、会社を乗っ取ろうと画策する。

ニコルズは、組織にヴィヴィアンを痛めつけられ、製薬会社のモルヒネの横流しを強要される。

同じ頃、エリザベスとホルヌングは、ウィリアムズがロフの登山に同行していた可能性に気づく。

パリにいるウィリアムズに呼ばれたエリザベスは、彼が登山を始める前に帰ったことを知り、二人は今後、信頼し合うことを約束する。

ウィリアムズはシャルルを追放し、彼はエレーヌの元から姿を消してしまう。

エリザベスは、プレイボーイだったウィリアムズの女性遍歴を知り憤慨するが、それがきっかけで、二人は愛を確かめ合うことになる。

その頃、ロフ社製のフィルムで撮影されたポルノ・フィルムが、先の絞殺事件を映したものだと知ったホルヌングは、一族の中にそれに関係している者がいると考える。

その後、新薬の開発者が殺されてしまい、エリザベスは、現れたニコルズから、ロフと共に裏切り者を追っていたことと、イーヴォを調べた結果、潔白だったと知らされる。

そして、エリザベスは、ウィリアムズがエレーヌと密通していたことを知り、テープを見つけて愕然とする。

エリザベスは、ホルヌングに連絡を入れサルデーニャに向かい、地元警察の警護を受けながら別荘で休養する。

その夜、警察がいないことに気づいたエリザベスは、罠にはめられたことに気づく。

同じ頃ホルヌングは、ウィリアムズがサルデーニャに向かったことを知り後を追う。

別荘は火事となり、屋根に逃れたエリザベスだったが、現れたニコルズとウィリアムズが、互いに相手が犯人だと言い合い、彼女は混乱してしまう。

エリザベスはニコルズの元に向かうが、そこに駆けつけたホルヌングは、絞殺死体と同じリボンを持っていた彼を銃撃する。

ニコルズは、ヴィヴィアンのために、ロフを殺すしかなかったことをエリザベスに伝え息を引き取る。

そして、エリザベスはウィリアムズの元に向かい、二人は固く抱き合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

世界的製薬会社社長サム・ロフが、アルプス山中で事故死する。
企業は、会社経営及びビジネスには無関係だった、ロフの一人娘エリザベスが継ぐことになる。
しかし、企業は多額の債務とトラブルを抱えていたため、取引銀行や一族の者達は、株式公開の売却益で窮状を凌ぐこと提案する。
エリザベスは、一族で企業を運営するという父の遺志を尊重して株式売却案を却下する。
さらにエリザベスは、新薬開発間近という報告を受け、父親の右腕ウィリアムズと結婚して社長にすることで、銀行の融資を継続させることに成功する。
それぞれが、財政難やトラブルを抱えていた一族は、株式の公開または企業乗っ取りなど、あらゆる手段を画策する。
そして、エリザベス本人にも、危険が及ぶことになるのだが・・・。
__________

暗くなるまで待って」(1967)でコンビを組んだテレンス・ヤングオードリー・ヘプバーンが、再び顔を合わせ、豪華キャストなどが話題になった作品。

しかし、原作にかなり忠実に作られた内容のため、結末や犯人を知っている者にとっては面白味に欠ける。
テレンス・ヤングの演出も、いまいちキレがない、上記のように、国際色豊かなスター競演を楽しむしかない作品とも言える。

エンニオ・モリコーネの音楽も、”スパゲッティ・ウエスタン”のようでもある。

デヴィッド・リーン作品で三度アカデミー撮影賞を受賞した撮影のフレディ・ヤングも、80歳を前に平凡な仕事と言ったところだろうか。

撮影当時49歳のオードリー・ヘプバーンだが、かつての雰囲気はないものの、中年女性を魅力的に演じている。

最後まで犯人の雰囲気で演ずる、主人公の夫となる前社長の右腕ベン・ギャザラ、若い妻の浪費に悩むジェームズ・メイソン、その妻ミシェル・フィリップス、彼にしては威厳もないダメ男を演ずるオマー・シャリフ、妻イレーネ・パパス、イーヴォ(O・シャリフ)の愛人クラウディア・モーリ、企業乗っ取りを企む一族のロミー・シュナイダー、その夫モーリス・ロネ、社長秘書役のベアトリス・ストレイト、コンピューターを駆使する捜査をする警部役ゲルト・フレーベ、取引銀行の頭取役ヴォルフガング・プライスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター