ブルーバレンタイン Blue Valentine (2010) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある若いカップルの破局への道と、二人が育て上げた愛を現在と過去を交錯させながら描く、ライアン・ゴズリングミシェル・ウィリアムズ共演、監督デレク・シアンフランセによるドラマ。


ドラマ

WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:デレク・シアンフランセ
製作総指揮
ダグ・ダイ
ライアン・ゴズリング

ジャック・レクナー
ミシェル・ウィリアムズ

製作
ジェイミー・パトリコフ

リネット・ハウエル
アレックス・オルロフスキー
脚本
デレク・シアンフランセ

ジョーイ・カーティス
カミ・ドラヴィーニュ
撮影:アンドリー・パレーク

編集
ロン・パターネ
ジム・ヘルトン
音楽:グリズリー・ベア

出演
ディーン・ペレイラ:ライアン・ゴズリング

シンシア”シンディ”ヘラー:ミシェル・ウィリアムズ
ジェリー・ヘラー:ジョン・ドーマン
フランキー:フェイス・ワディッカ
ボビー・オンタリオ:マイク・ヴォーゲル

フェインバーグ医師:ベン・シェンクマン

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー

2010年製作 111分
公開
北米:2010年12月29日
日本:2011年4月23日
製作費 $1,000,000
北米興行収入 $9,706,328
世界 $12,355,734


アカデミー賞 ■

第83回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ペンシルベニア
ディーン・ペレイラ(ライアン・ゴズリング)とシンシア”シンディ”ヘラー(ミシェル・ウィリアムズ)は、娘のフランキー(フェイス・ワディッカ)と共に田舎町で暮らしていた。

シンディは資格を取り病院で忙しく働いていたが、ディーンは酒浸りで、家の壁のペンキ塗り程度の仕事しかせずに、まともな職業に就こうとしなかった。

二人は、お互いに対し不満を抱きながら毎日を送っていたが、何とか持ちこたえている、家族の絆を壊したくない思いでいた。
__________

ハイスクールをドロップアウトしたディーンは、ニューヨークの引越社で、客への思いやりもある青年だった。
__________

ある日、愛犬を事故で亡くしたディーンとシンディはそれを悲しむ。

二人は、フランキーにはそれを知らせずに、彼女を父親ジェリー(ジョン・ドーマン)に預ける。

愛犬を埋葬したディーンは、安宿の”未来”という部屋を予約し、気分転換だと言ってシンディを誘う。

途中で買い物をしたシンディは、その場で、学生時代のボーイフレンド、ボビー・オンタリオ(マイク・ヴォーゲル)に出くわし声をかけられる。

そのことを気にしたディーンと、車内で気まずい雰囲気になったシンディは、車を止め林に入り気を落ち着かせて、かつて彼と知り合った時のことを思い出す。
__________

シンディは、不仲の両親と共にペンシルベニアで暮らし、足の不自由な祖母の介護をする医大予科の学生で、ボビーと付き合っていた

そんなシンディは、介護ホームに仕事で来たディーンに声をかけられ、彼の連絡先を渡される。
__________

ホテルに着いた二人はシャワーを浴び、ディーンがシンディを求めようとするが、彼女はその気になれない。

暫くして、音楽をかけムード作りをしたディーンは、シンディと踊り始める。
__________

ディーンはシンディに一目惚れしてしまい、ボビーと喧嘩していた彼女に偶然バスの中で出くわし、街を歩きながら楽しい時を過ごす。
__________

二人は食事をとるが、シンディは無気力なディーンに、何をやりたいのかを問質す。

いつもの口論が始まりそうになった二人は気分を変え、酔いながらじゃれ合うものの、真剣に愛し合うことができない。
__________

ディーンと親密になったシンディは、ある日、妊娠していることに気づき、それが彼の子ではないことを伝え中絶しようとする。

しかし、シンディは途中で処置を止めてもらい、子供を産む決心をする。

辛い立場のシンディを抱きしめたディーンは、結婚を決意し彼女にそれを伝える。
__________

翌朝、病院から呼び出しがあったシンディは、ディーンを起こさずにメモを残しホテルを出る。
__________

ボビーを捨てたことで恨まれたシンディは、ディーンの危険を察知し彼に連絡をする。

既にその頃、ボビーは仲間を連れ、ディーンの職場に向かい、彼を袋叩きにする。
__________

病院に着いたシンディは、自宅から職場が離れていることで気遣ってくれるフェインバーグ医師(ベン・シェンクマン)が、自分に好意を抱いていることを知る。

その後、バスで戻ってきたディーンが酔って病院に現れたため、我慢の限界に達したシンディは彼を見限る。

二人は激しい口論になりディーンは暴れ始め、彼は、止めに入ったフェインバーグを殴ってしまう。

興奮したシンディは離婚すると言い出し、ディーンは指輪を投げ捨ててしまうものの、すぐさまそれを探し始める。
__________

シンディに家に招かれたディーンは、彼女の両親や祖母と食事をする。

ディーンは、医者志望のシンディと、高校も出ていない自分が釣り合いが取れないと引け目を感じながら、家族とぎこちない会話をしつつも、二人の愛は深まる。
__________

シンディの実家に向かった二人だったが、フランキーのことを考え、涙しながら謝罪するディーンは、修復不可能だと言う彼女を抱き寄せる。

そして、ディーンとシンディは、二人だけで挙げた結婚式を思い出しながらお互いを許す。

しかし、終わりを悟ったディーンは、追ってくるフランキーをシンディの元に戻し、独り立ち去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

結婚数年目のカップル、ディーン・ペレイラとシンディ・ヘラーは、互いに不満を抱きながら、何とか持ちこたえる日々を送っていた。
資格を取り病院で働くシンディに対し、ディーンは無気力で朝から酒を飲み、まともな職に就こうとはしなかった。
一人娘のフランキーを、シンディの父ジェリーに預けたディーンは、気分転換にと、ホテルを予約して彼女と楽しもうと考える。
シンディは、気乗りしないままそれに同意するが、途中、元恋人のボビーに出くわし、それがきっかけとなり、ディーンと気まずい雰囲気になる。
そして二人は、出会い愛を育てあげてきた時代を思い起こしながら、現在の関係の修復を試みるのだが・・・。
__________

小作でありながら、主人公の二人をはじめ、各方面、映画賞で絶賛された作品。

終局に向かう夫婦の関係と平行し、その二人の愛が生まれ、結ばれていく姿を対比して描く構成が実に興味深い。

世間にはよくある、何の変哲もないカップルのドラマではあるが、無気力だが愛だけは伝えたい夫、家事、子育て仕事に追われ、それを考え受け入れる気になれない妻、共感して身につまされる方は多いはずだ。

過去と現在がめまぐるしく変わる場面展開を、混乱させることなくまとめ上げた、新鋭デレク・シアンフランセに今後も期待したい。
ミシェル・ウィリアムズは、それほどの変化は感じないが、現在のライアン・ゴズリングは額を広くし、時代設定の区別をする工夫などもされている。

多くの夫婦が体験し、そして理解できるだろう、もどかしい関係を切実に演ずる二人、ライアン・ゴズリングと、実力派として輝かしい評価を受けるミシェル・ウィリアムズの、自然な演技は心を打つ。

ミシェル・ウィリアムズは、第83回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた。

シンディ(M・ウィリアムズ)の父ジョン・ドーマン、娘フェイス・ワディッカ、元恋人役のマイク・ヴォーゲル、彼女に好意を持つベン・シェンクマンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター