ボディ・ダブル Body Double (1984) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アルフレッド・ヒッチコックの「ダイヤルMを廻せ」(1954)、「めまい」、(1958)、「裏窓」(1954)を基に製作された、ブライアン・デ・パルマ(製作、監督、脚本)によるヒッチコック作品へのオマージュ的作品。
殺人の目撃者にされる陰謀に巻き込まれる売れない役者の行動を描く、主演クレイグ・ワッソンメラニー・グリフィスグレッグ・ヘンリー他共演のエロチック・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作総指揮:ハワード・ゴットフリード

製作:ブライアン・デ・パルマ
脚本
ロバート・J・アヴレッチ
ブライアン・デ・パルマ
撮影:スティーヴン・H・ブラム
編集
ジェラルド・B・グリーンバーグ
ビル・パンコウ
音楽:ピノ・ドナッジオ

出演
クレイグ・ワッソン:ジェイク・スカリー
メラニー・グリフィス:ホリー・ボディ
グレッグ・ヘンリー:サム・ブッチャード
デボラ・シェルトン:グロリア・ルヴェール
デニス・フランツ:ルービン
ガイ・ボイド:ジム・マクレーン刑事
バーバラ・クランプトン:キャロル
レベッカ・スタンリー:キンバリー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1984年製作 114分
公開
北米:1984年10月26日
日本:1985年2月23日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $8,801,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

B級ホラー映画俳優ジェイク・スカリー(クレイグ・ワッソン)は、撮影中に閉所恐怖症の発作で体が動かなくなってしまい帰宅する。

帰宅したジェイクは、恋人キャロル(バーバラ・クランプトン)の浮気現場を目撃してしまい、ショックを受けて自棄酒を飲みに行く。

オーデションや演技クラスに足を運んだジェイクだったが、再び体の自由が利かなくなり、同じ役者のサム・ブッチャード(グレッグ・ヘンリー)に励まされる。

ジェイクは、サムの友人の家の留守居を頼まれ、その屋敷の豪華さに驚いてしまう。

その後ジェイクは、毎晩同じ時間に、部屋の中で半裸で踊りだす、隣人グロリア・ルヴェール(デボラ・シェルトン)の姿を望遠鏡で覗かせてもらう。

公演旅行に旅立ったサムから、屋敷の鍵を預かり贅沢を満喫するジェイクは、グロリアが気になり再び覗いてしまう。

そしてジェイクは、グロリアがある男と口論を始め、その男に彼女が殴られるのを目撃する。

翌日ジェイクは、突然、出演中の映画”吸血鬼のキス”の主役を降ろされてしまい、監督ルービン(デニス・フランツ)に言い寄るが、スタジオから放り出されたしまう。

豪邸に帰ったジェイクは、再びグロリアの”ショー”を覗き見するが、何者かが彼女を監視しているのに気づく。

後日、屋敷から車で出かけようとするグロリアを見かけたジェイクは、彼女がつけられているのを知り後を追う。

ホテルでグロリアを尾行したジェイクは、彼女が入った店の店員に通報され、駆けつけた警備員に気をとられた隙に、グロリアを見失ってしまう。

グロリアを見つけたジェイクは、彼女が男に狙われているのを知る。

ジェイクは同じエレベーターに乗り、そのことをグロリアに伝えようとする。

しかしジェイクは、エレベーターに何人もの人が乗ったためグロリアに話が出来ず、現れた男もそれに乗るのを諦める。

再び車でグロリアを追ったジェイクは、彼女を追って浜辺に向かう。

ジェイクは、意を決してグロリアに声をかけ、男に追われていることを伝えるのだが、その時、男が現れて彼女のバッグを奪ってしまう。

ジェイクはそれを追うが、ある通路で閉所恐怖症の発作が起きてしまい、男を取り逃がしてしまう。

男は、グロリアのバッグから何かを持ち去り、彼女に助けられたジェイクは、衝動的にグロリアと求め合ってしまう。

その夜ジェイクは、例の男がグロリアの家に忍び込み、彼女を襲うのを目撃する。

ジェイクはグロリアの家に急行するが、彼女は無惨にも電気ドリルで殺されてしまう。

その後、マクレーン刑事(ガイ・ボイド)に尋問されたジェイクは、覗きと、グロリアが捨てた下着を所持していたことで性犯罪を疑われるが、逮捕はされなかった。

ある日ジェイクは、ホリー・ボディ(メラニー・グリフィス)というポルノ映画女優の踊り方が、グロリアとそっくりなことに気づく。

ジェイクは、ポルノ映画に出演してホリーに近づき、彼女がグロリアに扮して、誰かのために踊っていたことを突き止める。

ホリーは、電話の声のサムが依頼人だと言い、グロリア殺しの犯人が、彼だと言い張るジェイクと言い争いになり、その場を立ち去る。

ジェイクはマクレーン刑事に連絡して、全てはサムが仕組んだ罠だと伝え警察署に向かう。

ヒッチハイクしたホリーが、車の中で襲われるのを見たジェイクはその車を追う。

ホリーを埋めようとしていた男を見つけたジェイクは、男の隙を見て彼女を助けようとする。

ジェイクは、穴の中で男(サム)に襲われ、そこで発作が起きてしまう。

しかし、ジェイクは力を振り絞り、穴から這い上がろうとする。

その時、車に乗っていた犬がサムに襲い掛かり、彼は貯水池に転落して命を落とす。

ジェイクは、サムの死を信じないホリーを助け、そして再び映画”吸血鬼のキス”に復帰することになる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

B級ホラー映画俳優ジェイク・スカリーは、撮影中に閉所恐怖症の発作に襲われる。
オーデションや演技クラスでも再び発作が起きたジェイクは、同じ役者のサムに励まされ親しくなる。
その後ジェイクは、サムの友人の豪華な屋敷の留守居を頼まれる。
そこでジェイクは、毎晩同じ時間に半裸で踊りだす、 隣人グロリアの姿を望遠鏡で覗かせてもらう。
公演旅行に出たサムから、屋敷を任されたジェイクは、グロリアが気になり再び覗いてしまう。
そしてジェイクは、グロリアがトラブルに巻き込まれているのを知り、彼女を尾行して行動を監視するのだが・・・。
__________

作風が違うので仕方ないが、ヒッチコック作品のような格調の高さも感じられない、ブライアン・デ・パルマの悪趣味的な自己満足作品で、批評家や観客からも酷評され、興行的にも大失敗に終わってしまった作品。

隣人の謎の女をつける、主人公の尾行があまりにわざとらしく、見ていて冷や冷やしてしまい、この作品自体が”B級映画”に思えてしまうほどだ。

セリフの中では”美男”などと言われているが、冴えない雰囲気が、売れない役者そのものとも言えるクレイグ・ワッソン、少女時代から若くして映画デビューはするものの低迷し、本作での体を張った演技がまずまず認められ、その後飛躍することにもなるメラニー・グリフィス、真犯人グレッグ・ヘンリー、映画監督デニス・フランツなどが共演している。

割り切ってはいるだろうが、「」(1963)、「マーニー」(1964)などに出演した、ヒッチコックのお気に入りだったM・グリフィスの母ティッピ・ヘドレンは、娘の演技をどう思っているのだろうか・・・。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター