ボトル・ドリーム Bottle Shock (2008) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

カリフォルニア産のワインが本場フランス産を上回る評価を得た”Judgment of Paris”(1976年に開催)の”歴史的”な快挙の事実を基に描く、製作、原案、脚本、編集ランドール・ミラー、主演アラン・リックマンビル・プルマンビル・プルマン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ランドール・ミラー
製作
マーク・トベロフ

ジョディ・セイヴィン
ランドール・ミラー
原案
ジョディ・セイヴィン

ランドール・ミラー
ロス・シュワルツ
ラネット・パドン
脚本
ジョディ・セイヴィン

ランドール・ミラー
ロス・シュワルツ
撮影:マイケル・J・オジアー
編集
ランドール・ミラー

ダン・オブライエン
音楽:マーク・アドラー

出演
スティーヴン・スパリュエアラン・リックマン

ジム・バレットビル・プルマン
ボー・バレットビル・プルマン
サム・フルトン:レイチェル・テイラー
グスタヴォ・ブランビラフレディ・ロドリゲス
モーリス・キャンタヴェール:デニス・ファリナ
サンダース教授:ブラッドリー・ウィットフォード
ガルシア:ミゲル・サンドヴァル
ジョー:エリザ・ドゥシュク

アメリカ 映画
配給 Freestyle Releasing

2008年製作 109分
公開
北米:2008年8月8日
日本:未公開
北米興行収入 $4,078,607
世界 $4,628,553


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1976年、カリフォルニア州、ナパ・バレーカリスト
ワイン醸造業者で”シャトー・モンテレーナ”のオーナー、ジム・バレット(ビル・プルマン)は苦しい経営状態に加え、奔放な息子ボー(クリス・パイン)に手を焼いていた。

パリ
ワイン・ショップのオーナーでソムリエでもある、イギリス人のスティーヴン・スパリュエ(アラン・リックマン)は、ワイン愛好家のアメリカ人モーリス・キャンタヴェール(デニス・ファリナ)の相手をするだけで、ビジネスにならないことを嘆いていた。

そんなスパリュエは、フランスのワインばかりを並べて語ろうとしていることをモーリス指摘され、それらをヒントに、仏米のワインを比較審査する”ブラインド・テイスティング”の審査会を開催することを考え、早速カリフォルニア飛びワインを探そうとする。

ある夜、ボーは実習生として現われたサム・フルトン(レイチェル・テイラー)とグスタヴォ・ブランビラ(フレディ・ロドリゲス)と共に、ジョー(エリザ・ドゥシュク)のバーに向う。

ボーは、グスタヴォの才能をサムに見せるために、ワインの品種と銘柄を当てる賭けをして見事に勝ってみせる。

ナパ・バレーを訪れたスパリュエは、車のパンクで立ち往生するが、そこに偶然バレットが通り掛り、”ブラインド・テイスティング”試飲会などについてを話す。

バレットは、気取ったスパリュエの態度を好かなかったが、その後、彼がワイナリーを訪れワインの試飲を希望したため、それに応ずる。

自分のワインに自信を持つバレットは、それを評価するスパリュエを一応受け入れて、ボーとサムに彼を地域のワイナリーに案内させる。

律儀に試飲代を払うスパリュエの存在は話題になり、彼の元に醸造業者が殺到したりもする。

相変わらず気ままな日々を送るボーだったが、父バレットの窮状を知り、自分の人生を見つめ直す気になり、汚名返上するためにサンフランシスコに向い、母に会い資金を提供してもらう。

バレットは、給料が払えない現状でグスタヴォに自立を促すが、ワイン造りを芸術と考える彼は、その意地を見せてみると豪語してその場を去る。

サムは、ワイナリーのオーナーになると語るグスタヴォの醸造したワインを味見して感激して彼と愛し合い、それを知ったボーはショックを受ける。

その間スパリュエは、アメリカの文化にも触れながら、あらゆるワインの試飲を続ける。

ボーが勝手なまねをしたことを知ったバレットは激怒し、頑固な彼は息子の気持ちを理解しない。

そこに現われたスパリュエに、ワインの提供を求められたバレットは、それを断ってしまう。

ボーは、試飲会への参加を勧めるが、バレットは、フランス人がアメリカ・ワインを認めるわけがないと、それに積極的になれない。

サムのことでいがみ合いながらも、グスタヴォのワインを味見したボーはそれに納得し、パリに向おうとするスパリュエを追い、空港でシャルドネを二本渡す。

スパリュエは、複数のワインが機内に持ち込めないことを知り、品質を考え、それを貨物便で運ぶつもりはなかった。

そこでスパリュエは、同じ便の乗客に協力を要請して、ボーはアメリカ・ワインを試飲会で発表する意気込みを語り、26本のボトルを機内に運び入れることに成功する。

その後バレットは、パリから自分達のワインが試飲会に出品される連絡を受け取り、ボーが既にボトルが現地に渡っていることを伝える。

意地を張るバレットは、ボーを追い出そうとするのだが、その後、ボトル詰めしたワインが変色してしまったことに気づき絶望する。

パリでは、スパリュエの開催する試飲会”Judgment of Paris”の準備が進められていた。

変色したワインだったが、味は悪くないことに目をつけたボーは、サムの協力でUCデイヴィスの教授サンダース教授(ブラッドリー・ウィットフォード)を訪ねる。

そこでボーとサムは、完璧なワインを造ろうとした結果、ボトル詰め前に酸素との接触を避けたことが原因だと知り、数日後には元に戻ることが分かる。

ボーとサムは、ワインを処分しようとしているバレットの元に急ぐが間に合わなかった。

500箱のワインは廃棄場所に向かい、バレットは元の職業に戻ろうとする。

落胆するボーとサムは、ジョーの店で現われたグスタヴォに慰められる。

ジョーは、大量に仕入れたというワインだと言って三人にそれを飲ませ、バレットシャルドネを引き取ったことをボーに知らせる。

バレットは、金色のシャルドネが戻ったと言うボーからの連絡を受け、持参していたボトルの中身を確認し興奮してワイナリーに戻る。

バレットは、ワイナリーを救ったボーを試飲会に参加させることを決め、ナパ・バレーの期待を背負っている彼をサムは励ます。

そして、地域の人々やグスタヴォのカンパで、ボーは旅立とうとする。

グスタヴォの考えを認めたバレットは、彼に戻ってきて欲しいことを伝える。

パリ郊外、”Judgment of Paris”会場。
ボーは、同じアメリカ人のモーリスや主催者スパリュエに歓迎され、審査は”ブラインド・テイスティング”で行われることが伝えられて、著名人の審査員が紹介される。

そして審査は終わり、スパリュエは、ボーに歴史的な瞬間に立ち会う準備をさせ、”シャトー・モンテレーナ”のシャルドネが勝利したことを発表する。

それがバレットにも知らされ、彼のワインは全国から注文が殺到する。

フランス・ワインの神話が崩壊した今、スパリュエは、世界のワインが続くことを確信し、それをモーリスに伝える。

バレットは、帰国したボーと共に、新たな挑戦をに挑むことを誓う。
__________

実際の1976年の”Judgment of Paris”では、ナパ・バレーの”スタッグス・リープ”が赤ワイン部門で勝利した。

ボー・バレットは、”カリフォルニア州立大学フレズノ校”で醸造学を学び、醸造技師となった。

ジム・バレットは、1978年からカベルネも生産している。

グスタヴォ・ブランビラは、独立してワイナリーを持った。

2006年、カリフォルニア州議会は、”Judgment of Paris”を重要な歴史的事実と認め、優勝したワイン・ボトルはスミソニアン博物館に所蔵されている。

2006年、スパリュエは30年ぶりに試飲会のリターンマッチを開催し、カリフォルニア勢が再び勝利した。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

パリ
ワイン・ショップを経営し、ソムリエでもあるイギリス人のスティーヴン・スパリュエは、友人のワイン愛好家であるアメリカ人モーリスの助言で閃き、仏米のワインを”ブラインド・テイスティング”で審査することを考える。
カリフォルニアに向ったスパリュエは、ナパ・バレーのワイナリーのオーナー、ジム・バレットのワインを試飲して地域一帯を見て回る。
経営悪化に苦悩する日々が続くバレットは、将来も定まらない奔放な息子ボーにも手を焼いていた。
そんなボーバレットの窮状を知り、離婚していた母親に資金を援助してもらうものの、父の理解は得られない。
ボーの友人でもある使用人のグスタヴォは、バレットから解雇を言い渡されるものの、自分の醸造には絶対的な自信を持っていた。
バレットに、フランス人がアメリカ・ワインを認めるわけがないと言われ、その提供を断られたスパリュエパリに帰ろうとする。
実習生のサムのことで、ボーグスタヴォは仲違してしまうが、グスタヴォのワインを飲んだボーは、その味に納得する。
そしてボーは、絶対的な自信を持ち二本のシャルドネスパリュエに渡すのだが・・・。
__________

小作として製作された作品ではあるものの、新旧豪華キャストによる痛快なドラマとして、月並みな言い方だが得した気分になれる作品。

主人公スティーヴン・スパリュエの、偶然の発想がきっかけとなり、当時タブーとも言える仏米のワイン決戦の裏舞台を描き、気取った英国紳士や、アメリカ人気質丸出しのワイナリー・オーナー、奔放だが親思いの息子、ワイン造りを芸術と考える青年などなど・・・
人間味溢れる登場人物のハーモニーが実に心地よい、愛すべき作品に仕上がっている。

主演はアラン・リックマンのような雰囲気なのだが、役柄の比率ががうまく分散されていて観ていて全く飽きが来ない。

アメリカ国内の風景や音楽を含め、どこか古風で雰囲気がある描写や映像がお洒落に感じる。

”歴史的”イベント”Judgment of Paris”主催者スティーヴン・スパリュエを演ずるアラン・リックマン、経営難に苦しみながらも一徹な性格を曲げない、人間味の溢れるワイナリー・オーナー、ジム・バレット役のビル・プルマン、その息子で、彼なりに父親をサポートするボー・バレットクリス・パイン、実習生のレイチェル・テイラー、ワイナリーの使用人であるグスタヴォ・ブランビラフレディ・ロドリゲス、彼らしくない役なのだが実にいい味を出し、ドラマにアクセントを加えるワイン愛好家のデニス・ファリナ、ワインの変色を分析する大学教授役のブラッドリー・ウィットフォード、使用人ミゲル・サンドヴァル、バーのオーナー、エリザ・ドゥシュク等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター