ボーイズ・ドント・クライ Boys Don’t Cry (1999) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

性同一性障害の女性が男として生きることを求めた末の悲劇を描く、監督、脚本キンバリー・ピアース、主演ヒラリー・スワンククロエ・セヴィニーピーター・サースガード他共演による実話を基にしたドラマ。


・ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:キンバリー・ピアース
製作
ジェフリー・シャープ

ジョン・ハート
エバ・コロドナー
クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮
パメラ・コフラー

ジョナサン・セリング
キャロライン・カプラン
ジョン・スロス
脚本
アンディ・ビーネン

キンバリー・ピアース
撮影:ジム・デノールト
編集
リー・パーシー

トレイシー・グレンジャー
音楽:ネイサン・ラーソン

出演
ブランドン・ティーナヒラリー・スワンク

ラナ・ティスデル:クロエ・セヴィニー
ジョン・ロトラー:ピーター・サースガード
トム・ニッセン:ブレンダン・セクストン3世
キャンディス:アリシア・ゴランソン
ラナの母:ジーネッタ・アーネット
ロニー:マット・マクグラス
ケイト:アリソン・フォランド
ブライアン:ロブ・キャンベル

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

1999年製作 118分
公開
北米:1999年10月8日
日本:2000年7月8日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $11,533,945


アカデミー賞 ■

第72回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(ヒラリー・スワンク)
・ノミネート
助演女優賞(クロエ・セヴィニー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1993年、ネブラスカ州、リンカーン
性同一性障害ブランドン・ティーナ(ヒラリー・スワンク)は、ゲイのロニー(マット・マクグラス)に協力してもらい男装して出かける。

ブランドンは、ロニーの制止も聞かずにローラースケート場に入り、ある女性と楽しい時を過ごす。

ところが、ブランドンが女だと知った女性の兄らは彼女を追い、ロニーのトレーラーハウスに押し掛ける。

ロニーに追い出されたブランドンはバーに向かい、その場にいたキャンディス(アリシア・ゴランソン)と知り合う。

キャンディスに絡んだ客と争いになったブランドンは殴られ、ジョン・ロトラー(ピーター・サースガード)に助けられて店を出る。

ブランドンは、キャンディスやジョンの友人トム・ニッセン(ブレンダン・セクストン3世)と共に街を離れる。

翌朝、目覚めたブランドンはロニーに連絡して、喧嘩の後でフォールズ・シティに来たことを伝える。

トラブルばかり起こすブランドンに、性転換手術を受けるよう助言するロニーだったが、彼女はそれに耐えられないことを伝える。

裁判所の出廷命令もあり、このままでは刑務所送りになってしまうと考えるブランドンは焦る。

キャンディスの家にいることを知ったブランドンは、その夜、彼女が働くバーの客にリンカーンまで送ってもらえることになり安心する。

ブランドンは、その場のカラオケでステージに立った、ラナ・ティスデル(クロエ・セヴィニー)に惹かれる。

店を出たブランドンはジョンらに誘われ、リンカーンに送ってもらうことを諦めてその夜を楽しむ。

その後、コンビニエンスストアでラナを見かけたブランドンは、ドラッグでハイになっている彼女が、ビールを売ってもらえないために代わりにそれを買う。

ラナを送ったブランドンは、彼女を眠らせて店で盗んできた指輪を置き立ち去る。

翌朝、キャンディスと共にラナの家に向かったブランドンは、その場にいたジョンから、刑務所暮らしを経験した自分の家のようなものだと知らされる。

ラナは刑務所のジョンに手紙を送り、彼を立ち直らせたということだった。

ブランドンは、ラナの母親(ジーネッタ・アーネット)に歓迎される。

ラナが仕事に行くため、ブランドンが車を運転することになるのだが、言いがかりを付けられた車を追い越し暴走した彼女らはパトカーに捕まる。

コンピューターが故障していたため、ブランドンの身元は知られず、違反切符を切られただけで彼女らは逮捕を免れる。

ところが、ジョンはブランドンが暴走したことを責め、彼女とキャンディス、トムを置き去りにしてその場を去る。

翌日ブランドンは、裁判所の出廷命令のため留守にしようとしていたところにラナが現れる。

心通じ合うようになった二人は軽いキスをして、ブランドンは一旦リンカーンに戻るためにその場を離れる。

ロニーの元に向かったブランドンは、その日は泊めてもらうことになり、出会ったラナに結婚を申し込むことを伝える。

翌日、裁判所に向かったブランドンだったが、自分の女性名”ティーナ・ブランドン”を呼ばれた瞬間、答えようとせずその場を立ち去る。

フォールズ・シティ
ラナの仕事場に向かったブランドンは、彼女を連れ出して愛し合う。

その後、ブランドンは21歳の誕生日を祝ってもらい、ラナは、ジョンからブランドンとの関係を聞かれて戸惑う。

ジョンは、ラナに手出しをしないようブランドンに警告する。

ガソリンスタンドで働き始めたブランドンは、カラオケ歌手になりメンフィスに行きたいと言うラナに結婚を迫り、住まいにするトレーラーハウスを買うことを考える。

スピード違反の罰金を払いに行ったブランドンは、免許証の照合で女だと知られてしまい、留置場に入れられる。

ブランドンに、小切手帳を勝手に使われたキャンディスも、彼女が女だと気づいてショックを受け、それをラナと友人ケイト(アリソン・フォランド)に伝える。

警察に向かったラナは、女子監房にいたブランドンから、性同一性障害であることを告白される。

ラナは驚きもせずに多くを語らず、ブランドンを釈放させる。

それを知ったジョンは、キャンディスから真実を知らされる。

ラナの家で、ブランドン性同一性障害だという事実を知ったジョンは彼女とラナを待つ。

ジョンは戻って来たブランドンに、新聞記事にまでなった本名”ティーナ・ブランドン”の件などを問い詰める。

ラナはブランドンの体を調べると言って、彼女が男だということを伝えるが、ジョンとトムは納得しない。

二人はブランドンの服を脱がせて女であることを確認し、それをラナにも確かめさせるが、母親は彼らを追い出す。

翌日ブランドンは、安全を考えて留置されることになり、ラナも仕方なくそれに従う。

警官は、ジョンとトムにレイプされたかをブランドンに問うが、彼女は覚えていないと応える。
_____

ラナの家を出たブランドンは、ジョンとトムに連れ去られ、レイプされて誰にも言わぬよう脅される。

ブランドンは二人から逃れてラナの家に向かい、病院に運ばれて治療と検査を受ける。
_____

全てを警官に話したブランドンは、自分が性同一性障害であることを付け加える。

行き場がなく、キャンディスの家を訪ねたブランドンは、ラナとの思い出の写真を燃やす。

ラナの母親はジョンを問い詰め、警察に通報したことを伝え、自分の家には近づくなと警告する。

ジョンとトムは、翌朝、警察署に来るようにという連絡を受ける。

ブランドンの元に向かったラナは彼女を慰め、女と認めながら愛し合い、二人はリンカーンに行くことで意見が一致する。

ラナは、荷造りのために家に戻るがためらいも見せ、そのためブランドンは彼女に無理強いはしない。

そこに銃を持ったジョンが現れ、母親はキャンディスの家にブランドンがいることを話してしまう。

それを知ったラナはジョンを引き止めようとするが、彼とトムはキャンディスの家に向かう。

ジョンとトムはキャンディスの家に押し入り、ブランドンは幼い子供がいる彼女を守ろうとする。

ラナは、泣きながらブランドンと共に旅立つことを伝える。

しかし、ジョンはブランドンを射殺してしまい、捨てた銃を拾ったトムが、騒ぐキャンディスを銃撃する。

ジョンはナイフでブランドンに止めを刺し、トムと共に逃走する。

ラナは、横たわるブランドンに寄り添い泣き崩れる。

夜が明けて、目覚めたラナは、ブランドンの自分宛の手紙に気づき、現れた母親と共にその場を去る。

自分を待っているという、永遠の愛が綴られたブランドンの手紙の言葉を考えながら、ラナはメンフィスへと旅立つ。
_____

ジョンは、第一級殺人で有罪となり死刑囚監房から上訴中で、トムは検事側に協力し、ジョンに不利な証言をして減刑され、終身刑で服役中。

数年後にラナは女の子を出産し、娘と共にフォールズ・シティに戻った。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1993年、ネブラスカ州、リンカーン
性同一性障害ブランドン・ティーナは、男装して街に向かいトラブルを起こし、バーで喧嘩となり、その場にいたジョンに助けられる。
刑務所を出たばかりのジョンは、トムやバーにいたキャンディスと共にブランドンを誘い、車でフォールズ・シティに向かう。
バーで見かけたラナに惹かれたブランドンは、その後キャンディスの家で世話になる。
ラナと親交を深めたブランドンだったが、裁判所の出廷命令を無視できず一旦リンカーンに戻る。
裁判所で、自分の女性名を呼ばれたブランドンは、それを無視してラナの元に向かい二人は愛し合う。
ところが、ラナを家族と考えるジョンが、ブランドンの存在を気にして、二人の関係を疑い始める・・・。
__________

1993年12月、ネブラスカ州の田舎町で実際に起きた”ティーナ・ブランドン”殺害事件を背景に、性同一性障害に悩みつつ、自分らしさを求めた彼女の切実な思いを描く、衝撃のドラマとして話題になった。

初監督となるキンバリー・ピアースは、事件に興味を持ち入念な調査を始めて、”ティーナ・ブランドン”の恋人や母親に会い、犯人の裁判を傍聴して製作に臨んだ意欲作でもある。

本作のような内容では、主人公が”男性”に見え過ぎないところがポイントであり、その演出を支える、キンバリー・ピアースの女性らしい細やかな人物描写も注目だ。

第72回アカデミー賞では、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)を受賞した。
・ノミネート
助演女優賞(クロエ・セヴィニー)

少女時代に生活苦を経験したヒラリー・スワンクが、若くして演技派としての才能を開花させた作品であり彼女の演技は各方面で絶賛された。

主人公を疑い排除しようとする犯人のピーター・サースガードブレンダン・セクストン3世、主人公の世話をするアリシア・ゴランソン、ヒロインの母親ジーネッタ・アーネット、主人公のゲイの友人マット・マクグラス、ヒロインの友人役のアリソン・フォランドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター