ドラキュラ Bram Stoker’s Dracula (1992) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1897年に発表された、ブラム・ストーカー同名小説を基に製作された作品。
製作、監督フランシス・フォード・コッポラ、主演ゲーリー・オールドマンウィノナ・ライダーアンソニー・ホプキンスキアヌ・リーヴス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作総指揮:マイケル・アプテッド
製作
フランシス・フォード・コッポラ

フレッド・フックス
原作:ブラム・ストーカーDracula
脚本:ジェイムズ・V・ハーオト

撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集
アン・ゴアソード

グレン・スキャントベリー
ニコラス・C・スミス
衣装デザイナー:石岡瑛子
美術・装置
トーマス・サンダース

ギャレット・ルイス
音楽
ヴォイチェフ・キラール

アニー・レノックス

出演
ドラキュラ伯爵/ヴラド・ドラクルゲーリー・オールドマン

ミナ・マーレイ・ハーカー/エリザベータ:ウィノナ・ライダー
アブラハム・ヴァン・ヘルシング教授/司祭:アンソニー・ホプキンス
ジョナサン・ハーカー:キアヌ・リーヴス
アーサー・ホルムウッド卿:ケーリー・エルウェス
R・M・レンフィールド:トム・ウェイツ
ルーシー・ウェステンラ:サディ・フロスト
ジャック・セウォード医師:リチャード・E・グラント
クインシー・P・モリス:ビリー・キャンベル
ドラキュラの花嫁:モニカ・ベルッチ
ホーキンス:ジェイ・ロビンソン
老女:ナンシー・リネハン・チャールズ

アメリカ/イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1992年製作 127分
公開
北米:1992年11月13日
日本:1992年12月
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $82,522,790
世界 $215,862,692


アカデミー賞 ■

第65回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン・メイクアップ・音響編集賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1462年、ワラキア
トルコ軍は、キリスト教世界に襲い掛かかっていたのだが、トランシルヴァニアドラゴン騎士団の一員、ヴラド・ドラクル公(ゲーリー・オールドマン)がそれに立ちはだかる。

新妻エリザベ-タ(ウィノナ・ライダー)に別れを告げ、戦地へと向かい、敵を打ち破ったドラクルは彼女の元に急ぐ。

しかし、敵はドラクルが戦死したという報せをエリザベータに送り、彼女はそれを信じ川に身を投げてしまう。

それを知ったドラクルは怒り狂い、神のために戦ったことを後悔し、司祭(アンソニー・ホプキンス)の前で神への復讐を誓う。

1897年、ロンドン
青年弁護士ジョナサン・ハーカー(キアヌ・リーヴス)は、10軒の屋敷を手に入れようとしていた、トランシルヴァニアのドラキュラ伯爵の城に向かうことになる。

前任者のR・M・レンフィールド(トム・ウェイツ)が、その地に赴き発狂してしまったからだった。

ジョナサンは、婚約者ミナ・マーレイ(ウィノナ・ライダー)に、帰国後の結婚を約束してトランシルヴァニアに向かう。

城に着いたジョナサンは、異様な雰囲気の老人ドラキュラ伯爵(ゲーリー・オールドマン)に迎えられる。

ロンドンに屋敷を持つと言うドラキュラの相談を聞くジョナサンは、婚約者ミナの写真を持参していた。

それを見たドラキュラは、身投げして死んだ妻エリザベータとミナが瓜二つだと気づき、ジョナサンに彼女の話を始め、彼を1ヶ月、城に滞在させることを告げる。

その頃ミナは、男達を物色する年頃のルーシー・ウェステンラ(サディ・フロスト)と、楽しい毎日を過ごしていた。

軟禁状態のジョナサンは、ミナの写真を見たドラキュラの異様な眼差しを気にしていた。

城のある部屋を調べたジョナサンは、ドラキュラの三人の妻(モニカ・ベルッチら)に血を吸われてしまう。

ジョナサンの滞在延期を手紙で知らされたミナは、ルーシーがアーサー・ホームウッド卿(ケーリー・エルウェス)との結婚を決めたことを告げられる。

ドラキュラは、城の地下の土50箱をロンドンに送り、それが迫る中、ルーシーは夢遊病者のようにさ迷い、現れた狼男のような男と交わり血を吸われてしまう。

ある日、ミナは街中で外国人男性に道を聞かれるが、彼こそが、妻エリザベータに生き写しの彼女を狙うドラキュラだった。

ミナはドラキュラを警戒するものの、トランシルヴァニアの伯爵だと言う彼を信じて道案内をする。

ルーシーに心惹かれていた精神科医ジャック・セウォード(リチャード・E・グラント)は、彼女の異変に気づき、それをホルムウッドや、テキサスの大富豪クインシー・P・モリス(ビリー・キャンベル)に知らせる。

自分の手に負えないことを悟ったセウォードは、形而上学者アブラハム・ヴァン・ヘルシング教授(アンソニー・ホプキンス)の助けを借りようとする。

活動写真を見に行ったミナとドラキュラだったが、彼は態度を豹変させ、彼女に襲い掛かろうとする。

そこに動物園から逃げ出した狼が現れ、それを手懐けたドラキュラは、ミナの心も捉え彼女を屋敷に送り届ける。

連絡を受けたヘルシングは屋敷に到着し、セウォードに出迎えられる。

ルーシーのうめき声を聞いたヘルシングは、血液が失われている彼女に輸血をしようとする。

処置をしたヘルシングは、ルーシーの生き血を吸うモンスターが潜んでいると指摘する。

ドラキュラと親交を深めたミナは、彼の亡くなった妃のことなど、心の中で感じたことを語り始める。

その頃、ジョナサンはドラキュラの花嫁達に血を吸われ続けていたが、城から脱出してルーマニアの修道院に逃げ込み保護される。

そのことがミナに知らされ、ジョナサンは危機が迫る彼女を呼び寄せ、結婚式を挙げようとする。

ミナは、そのことをルーシーに伝えるが、その直後、彼女はモリスに襲い掛かる。

ニンニクを嫌い、牙をむき出すルーシーを見たヘルシングは、彼女が吸血鬼に化したと悟り、ドラキュラの存在を知る。

ミナは、ドラキュラに別れの手紙を送りルーマニアに旅立ち、彼の悲しみは怒りに変わり災いをもたらそうとする。

それを知ったヘルシングは、ホルムウッド、セウォード、モリスらとドラキュラに立ち向かうとする。

ルーマニアで、ジョナサンとミナは再会して結婚式を挙げるが、同じ頃、ルーシーはドラキュラに襲われ命を落とす。

やがて、ジョナサンとミナはロンドンに戻るのだが、彼女はドラキュラに会うことを切望してしまう。

ルーシーの棺を開け、遺体がないことを確認したヘルシングは、彼女が吸血鬼となったことをホルムウッドらに伝える。

現れたルーシーが棺に戻った後、ヘルシングはホルムウッドに彼女の心臓に鉄杭を打たせ、首を切断する。

ドラキュラを街で目撃していたジョナサンも、ヘルシングに協力することになる。

しかし、ミナはドラキュラに同情してしまい、セウォードが彼女を自分の部屋で待機させようとする。

ミナはそこで、ジョナサンの前任者レンフィールドの存在を知り、ドラキュラのことを主人と語る彼に、この場から立ち去るよう言われる。

ドラキュラの屋敷に向かったヘルシングらは、悪魔祓いを始めようとする。

屋敷を抜け出したドラキュラは、レンフィールドを裏切り者とみなして殺し、ミナの部屋に向かう。

それ待ち望んでいたミナは、ドラキュラに生のない吸血鬼だと告白される。

ドラキュラが、ルーシーを殺したことを責めるミナだったが、彼への愛を伝える。

ミナは、ドラキュラと同じ世界で生きることを望み、二人はお互いの生き血を吸う。

そこに、儀式を終えたヘルシングらが現れ、ホルムウッドの銃弾がドラキュラの心臓を貫く。

ドラキュラは、大量のネズミに姿を変えその場から逃げ出し、ヘルシングはミナに催眠術をかける。

そして、ヘルシングはミナからドラキュラの居場所を聞き出し、ロンドンを発つ。

ヘルシングらは、先回りして、ドラキュラの船をヴェルナで待ち伏せして沈めようとする。

しかし、ミナの心を読んだドラキュラは、一行の裏をかき城に向かったとの連絡が入る。

ミナを連れたヘルシングはドラキュラの城に向かい、三人の花嫁を葬り首を切り落とし川に捨てる。

やがて、ドラキュラは城に近づき、ジョナサンらがそれを追う。

城に着いたドラキュラに、ジョナサンらは襲い掛かるが、ミナがそれに立ちはだかる。

心臓を剣で貫かれたドラキュラを、ミナは城の中に運び彼に安らぎを与えるため止めを刺す。

そしてミナは、息を引き取ったドラキュラの、胸に突き刺さった剣を抜き彼の首を切り落とす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

15世紀半ば、ワラキアの領主ヴラド・ドラクルは、戦いで自分が命を落としたと思い込み、自ら命を絶った妻エリザベータの死を悲しみ、神への復讐を誓う。
19世紀末、ロンドンの物件を手に入れるために、ドラキュラ伯爵は、弁護士ジョナサン・ハーカーを呼び寄せるが、彼の婚約者ミナが、今は亡き妻のエリザベートに瓜二つだということを知る。
ドラキュラは、ジョナサンを軟禁状態にしてロンドンに向かう。
ミナの友人ルーシーと交わったドラキュラは、伯爵を名乗りミナに接近する。
ミナに心を寄せるセウォード医師、ホルムウッド卿、富豪モリスは、ルーシーの異変に対処できないまま、形而上学者のヘルシングを呼び寄せるのだが・・・。
_________

何度となく映画化されている、永遠のキャラクター”ドラキュラ”を、その定番のイメージを打ち破り、原作を忠実に再現すべく映像化した、フランシス・フォード・コッポラの野心作。

製作も兼ねるコッポラは、恐怖シーンはもとより、全編をその洗練された映像美で、迫力と官能の世界として映し出している。

北米興行収入は約8250万ドルに留まるものの、全世界では約2億1600万ドルのヒットとなった。

第65回アカデミー賞では、衣装デザイン、メイクアップ、音響編集賞を受賞した。
・ノミネート
美術賞

衣装デザイン賞を受賞した石岡瑛子の、色彩感覚豊かな衣装は素晴らしく、その後、映画での活躍があまり見られないのは非常に残念だ。

主人公ドラキュラ演ずるゲーリー・オールドマンは、紳士、戦士、そして悪魔の宿る吸血鬼を怪演して、彼のハリウッドでの地位を決定付けた。

20歳を過ぎたばかりのウィノナ・ライダーは、少女役者から大人の女性へと変貌し、体を張った熱演を見せる。

前年「羊たちの沈黙」(1991)でアカデミー賞を受賞したアンソニー・ホプキンスは、吸血鬼ハンターのヴァン・ヘルシングを豪快に演じ、美青年の雰囲気漂う弁護士キアヌ・リーヴスも、ブレイクする直前ながら印象深い演技を見せている。

ヘルシング(A・ホプキンス)に協力する貴族ケーリー・エルウェス、医師リチャード・E・グラント、アメリカ人の富豪役のビリー・キャンベル、発狂した弁護士のトム・ウェイツ、ドラキュラの犠牲になるミナ(W・ライダー)の友人サディ・フロスト、ドラキュラの花嫁の一人でモニカ・ベルッチも共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター