ブラス! Brassed Off (1996) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

廃坑問題で揺れる田舎町の唯一の希望である名門ブラスバンドが、苦境を乗り越えながら全国優勝を果たすまでを描く、監督、脚本マーク・ハーマンピート・ポスルスウェイトユアン・マクレガー他共演による心温まる感動のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:マーク・ハーマン
製作:スティーブ・アボット
脚本:マーク・ハーマン
撮影:アンディ・コリンズ
編集:マイケル・エリス
音楽:トレヴァー・ジョーンズ

出演
ダニー・オーモンドロイド:ピート・ポスルスウェイト

アンディ:ユアン・マクレガー
グロリア・マリンズ:タラ・フィッツジェラルド
フィル・オーモンドロイド:スティーブン・トンプキンソン
ハリー:ジム・カーター
サンドラ:メラニー・ヒル
ヴェラ:スー・ジョンストン
ジム:フィリップ・ジャクソン
アイダ:メアリー・ヒーリー
アーニー:ピーター・マーティン
グリーズリー:ケネス・コリー
リタ:リル・ラフリー

イギリス/アメリカ 映画
配給
Channel Four Films(イギリス)
ミラマックス(北米)

1996年製作 107分
公開
イギリス:1996年11月1日
北米:1997年5月23日
日本:1997年12月20日
製作費 ₤2,800,000
北米興行収入 $2,560,471


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1990年代。
イングランドサウス・ヨークシャー、グリムリー。
炭坑の町は閉鎖問題で揺れ、創立100年以上の伝統ある楽団”グリムリー・コリアリー・バンド”のメンバーも、リストラが迫る中、解散を覚悟していた。

そんな故郷に戻ったグロリア・マリンズ(タラ・フィッツジェラルド)も、音楽を愛する女性だった。

問題を抱えながらも、バンドに人生と情熱を傾けるリーダー、ダニー・オーモンドロイド(ピート・ポスルスウェイト)は、息子フィル(スティーブン・トンプキンソン)が、妻サンドラ(メラニー・ヒル)に不満をぶつけられるのも気にせず、彼と共に練習に向かう。

不安を抱えるメンバー、アンディ(ユアン・マクレガー)、ハリー(ジム・カーター)、ジム(フィリップ・ジャクソン)、アーニー(ピーター・マーティン)、フィルらと共に演奏を始めたダニーは、全く身が入っていないことを指摘する。

炭鉱閉鎖の不安を訴えるメンバーに、ダニーは、彼らの気持ちは理解しつつ、全国大会の準決勝を勝ち抜けば、ロンドンの”ロイヤル・アルバート・ホール”で演奏きると言って彼らを励ます。

今は音楽に集中するべきだと付け加えたダニーは、メンバーから会費を集めようとするが、ジムらはそれを拒む。

そこに、”フリューゲルホルン”を持参したグロリアが現れ、バンドに参加することを希望する。

ダニーは、よそ者が入れないことを伝えるが、グロリアは、自分が街の出身者だと答える。

名前を聞いたダニーは、亡くなった楽団メンバーの孫娘だと知り彼女を歓迎する。

ジムらは仕方なく会費を払い、アンディは、グロリアが自分の名前を覚えていなかったことを気にするが、美しい彼女に心惹かれる。

グロリアは、ロドリーゴの”アランフェス協奏曲”を奏でて聴かせ、ダニーを満足させてメンバー達も称賛の拍手を贈る。

ダニーは、グロリアの出現で演奏活動に希望を見出すが、咳き込んだ際に吐血したことに気づく。

炭坑労働者の集会が開かれ、代表のグリーズリー(ケネス・コリー)は、地質調査で石炭の埋蔵量を調べ、その結果で閉鎖を受け入れるか、上乗せ分を含めた退職金と特別手当を受け取り、今すぐ廃坑を受け入れるかという提案をする。

しかしグリーズリーは、炭坑局の妥協案には応ずることなく、炭鉱存続を訴えることを労働者に求める。

ジムの妻ヴェラ(スー・ジョンストン)やアーニーの妻アイダ(メアリー・ヒーリー)は、グロリアがバンドに入ったことを知り、演奏会に向かう夫らが、彼女目当だと疑い始める。

フィルは、サンドラに4人の子供達の世話をするよう命ぜられて、仕方なく演奏会に連れて行くことになる。

スーとアイダも、夫達が見張るために同行することになり、バンドは賞金を得て活動資金にするため、各地の演奏会に出場する。

演奏旅行は散々な結果に終わり、無様なメンバーをダニーは非難する。

メンバーは、再び炭鉱閉鎖のことを口に出し、ハリーが、その場合はバンドも解散するべきだと意見する。

しかし、町の希望である伝統あるバンドを、ダニーは解散させる気はなかった。

ダニーはフィルに、才能を生かすために新しい楽器を買うよう助言する。

解散を口に出され興奮したダニーは、再び吐血していたのだが、それを知ったフィルは、父が塵肺であることに気づく。

ダニーの態度に感心したグロリアは、アンディとの食事に付き合う。

グロリアは、アンディも気づいていた通り、自分が炭坑局の地質調査員だということを伝える。

アンディは、それを確認してショックを受けるが、グロリアは炭坑閉鎖には反対であり、労働者の味方だという立場を伝える。

しかし、建前で周囲が動いているだけで、自分は反対するものの、閉鎖は既に決定事項であることをアンディは語る。

本音を語り合った二人は打ち解けて、グロリアは志願して故郷に戻り、名前を知らないふりをしたことをアンディに伝える。

そしてグロリアは、戻った理由として、アンディのことが忘れられなかったことも付け加え、同じ気持ちだった二人は愛し合う。

父ダニーの言葉を聞き、楽器を盗もうとしたフィルだったが、前科のある彼の行為をジムとアーニーが制止する。

グリーズリーの提案で決まった投票が始り、それと、自分の調査が、無駄な行為ではないかということをグロリアは上司に確かめる。

ジムとアーニーは、グロリアが炭鉱局にいることに気づき、彼女と親しげなアンディにそれを追求する。

アンディは、投票で廃坑に賛成する理由ができたとジムに嫌味を言われるが、その場は押さえる。

フィルは、子供達を相手にするピエロのバイトを始め、妻のサンドラは生活費に困るが、スーパーのレジ係りのヴェラに手を差し伸べられる。

楽器を手に入れたフィルだったが、借金の取立てにも遭い追い詰められる。

廃坑を決める投票も始まり、バンドは地区大会の準決勝が行われる演奏会に向かう。

バンドが演奏をしている頃、投票結果で廃坑賛成が多数となる。

サンドラは、フィルがトロンボーンを借金で手に入れたことを知り、その後、取立て屋に家財を没収される。

演奏会の結果、”グリムリー・コリアリー・バンド”が優勝し、彼らは、ついに”ロイヤル・アルバート・ホール”行きを決める。

しかし、町に戻ったダニーらは廃坑決定を知り、ハリーも、不仲だった妻リタ(リル・ラフリー)から、8割もの労働者が廃坑を支持しことを知り落胆する。

直後にダニーが路上で倒れ、駆け寄ったフィルとメンバーは救急車を呼び彼を病院に運ぶ。

様態を気にするメンバーは、ダニーへの見舞金を集めるが、ジムはグロリアを裏切り者扱いして、味方だという彼女をアンディも無視する。

サンドラは、引き止めるフィルの言葉も聞かず、子供達を連れて家を出る。

ハリーは、そんなフィルを呼び寄せ、メンバーと共にダニーを励ますために、病院の外で”ダニー・ボーイ”を演奏する。

ダニーを見舞ったメンバーは、彼にタクトを贈り、フィルは、ハリーらに促されて、バンドを解散することを父に伝えようとする。

しかしフィルは、決勝を楽しみにするダニーに、それを話すことはできなかった。

調査書を上司に提出しようとしたグロリアは、それを確認する気のないことに気づき意見する。

今回の件が、自分の考える以上の茶番劇だったことを知り憤慨したグロリアは、その場を立ち去る。

グロリアと話し合ったアンディだったが、お互い歩み寄ることはできず、彼女は、資金難のバンドが、ロンドン行きも諦めたことを知り心を痛める。

フィルは、バンド解散のことをダニーに言えなかったことをアンディに知られてしまい、病院に向かう。

しかし、決勝の日を待ち焦がれ、徹夜でチャックした楽譜を咳き込むダニーに渡されたフィルは、再び解散のことを言いそびれてしまう。

思い悩んだフィルは、家族も失い絶望して自殺を試みるが失敗し、病院に運び込まれる。

それに気づいたダニーは、落胆するフィルから、バンドが解散したことを知らされてショックを受ける。

困惑するフィルは、様子を見に来たアンディらに、金欲しさに賛成票を入れたことを知らせる。

アンディらとパブに向かったフィルは、ダニーが病気とバンドのことで傷心の身であること伝える。

そこにグロリアが現れ、バンドの決勝への出場資金3000ポンドを提供する。

ジムは、尚もグロリアに皮肉を言うが、これが自分のやり方だと言って、彼女はダニーのためにそれを使うよう伝える。

グロリアの気持ちを理解したジムは優勝を決意し、彼女の演奏もそれに貢献できると言って意気込みを見せる。

アンディは、ビリヤードの賭けで手放した楽器を、再び勝負して取戻す。

フィルは、ダニーに伝言で決勝出場を伝え、バンド・メンバーは、町の人々の声援を受けながらロンドンに向かう。

ロイヤル・アルバート・ホール”に着いたバンドは、出場の順番を迎え、フィルの伝言を受取ったダニーは、病室から姿を消してしまう。

バンドは、ハリーの指揮でロッシーニの”ウィリアム・テル”の演奏を始め、フィルは、会場にサンドラや子供達がいることに気づく。

ステージ裏からダニーも現れ、演奏を終えた彼らは、大喝采を受け、そして”グリムリー・コリアリー・バンド”は見事に優勝する。

壇上に上がったダニーは、トロフィーを受け取らずスピーチを始め、音楽そのものが宝であることを語る。

優勝を返上することを伝えたダニーは、廃坑を意図的に企んだ政府の政策を痛烈に批判する。

炭坑のことだけでなく、それに関わる人々の生きる希望も奪い取り、動物以下の扱いを受けた自分達には、何も残っていないことも付け加える。

演奏が素晴らしいことは認めるものの、それが何になるのかとも語るダニーは、言葉を詰まらせながらその場を去る。

観客は総立ちになりバンドに対して拍手を贈り、ジムはダニーの言葉を無視してトロフィーを持ち去る。

バンドは、夜の街の観光を楽しみながら、エルガーの”威風堂々”の演奏を始める。
__________

イギリス国内では、1984年から140もの炭坑が閉鎖され、25万人もの人々が失業者した。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1990年代。
イングランドサウス・ヨークシャー、グリムリー。
炭鉱の町は廃坑問題で揺れ動き、人々は苦境に立たされていた。
町の人々の希望である、創立100年以上の名門楽団”グリムリー・コリアリー・バンド”に情熱を捧げるリーダーのダニー・オーモンドロイドは、不安を抱えるメンバー、アンディ、息子のフィル、ハリーやジムらに、地区大会を勝ち抜きロンドンの”ロイヤル・アルバート・ホール”で演奏する夢を語り彼らを励ます。
労働者は炭坑局との話し合いで、投票により廃坑を決めることになっていた。
そんな時、地元出身者のグロリアが町戻り、元バンドメンバーの孫娘である彼女は、見事な演奏を披露してバンドに迎えられる。
アンディは、美しいグロリアの帰郷を喜ぶのだが、彼女が地元に戻ったのには、ある理由があったのだった・・・。
__________

イギリス映画お得意の、苦難の時代の市民奮闘ドラマは、単なる成功物語ではなく、社会性を含めた問題を鋭く捉えた力作に仕上がっている。

繁栄の時を経て、その後、見る影もなくなった町の様子や人々の生活を見事に描写した、マーク・ハーマンのヒューマニティー溢れる演出は見ものだ。

きれいごとばかりではなく、人間の醜い部分もストレートに映し出す、生々しい映像も注目だ。

人生の頂点とも言える、全国優勝の栄光を手にしながら、音楽だけを称え社会を批判して立ち去る姿に心打たれる、バンドに・リーダーを熱演するピート・ポスルスウェイト、若い炭鉱夫でありバンド・メンバーの、スターになる予感を感じさせるユアン・マクレガー、炭坑局の調査員という立場ながら、地元出身者として労働者を支えてバンド活動に貢献するタラ・フィッツジェラルド、個性溢れる、愛すべき労働者でありバンド・メンバーのスティーブン・トンプキンソン、その妻メラニー・ヒル、メンバーのジム・カーター、その妻リル・ラフリー、メンバーのフィリップ・ジャクソン、その妻役スー・ジョンストン、メンバーのピーター・マーティン、その妻メアリー・ヒーリー、労働者代表のケネス・コリー等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター