ブレスレス Breathless (1983) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヌーヴェル・ヴァーグの代表作、ジャン=リュック・ゴダールの「勝手にしやがれ」(1960)のハリウッド版リメイク。
窃盗を繰り返す青年の恋と無軌道な行動を描く、主演リチャード・ギアヴァレリー・カプリスキー他共演、監督ジム・マクブライドによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ジム・マクブライド
製作:マーティン・アーリックマン
製作総指揮:キース・アディス
原作:ジャン=リュック・ゴダール
脚本
L・M・キット・カーソン

ジム・マクブライド
撮影:リチャード・H・クライン
編集:ロバート・エストリン 
音楽:ジャック・ニッチェ

出演
ジェシー・ルジャック:リチャード・ギア

モニカ・ピカード:ヴァレリー・カプリスキー
バーン・バウム:アート・メトラーノ
パーメンタル:ジョン・P・ライアン
ポール:ウィリアム・テッパー
エンライト:ロバート・ダン
食料品店店主:ジェームズ・ホン

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピクチャーズ

1983年製作 100分
公開
北米:1983年5月13日
日本:1984年10月
北米興行収入 $19,910,002


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ラスベガス
マーベル・コミック”の”シルバー・サーファー”に夢中の無軌道な男ジェシー・ルジャック(リチャード・ギア)は、路上にあったポルシェを盗みロサンゼルスに向う。

一度付き合ったフランス人モニカ・ピカード(ヴァレリー・カプリスキー)が忘れられず、会いにいくためだった。

途中、無謀な運転でパトカーに追われたジェシーは、車内にあった拳銃で、誤って警官を銃撃してしまう。

ロサンゼルス
モニカのアパートに侵入したジェシーは、彼女が通っているらしいUCLAに向う。

建築学の学生モニカに迫り、強引に口説こうとするジェシーだったが、彼女に相手にされずに、その場は引き下がる。

使い走りをしていたコイン・ショップで、報酬の小切手を受けとったジェシーだったが、既に警察は彼を殺人犯として指名手配していた。

警部補パーメンタルジョン・P・ライアン)は、コインショップでジェシーの足取りを掴み彼を追う。

その後、ジェシーは車を盗み再びモニカの元に向かい、彼女を誘いあるバーに向う。

ジェシーはそこで、自分が殺人で警察に追われていることを知り、客の金を奪い店を出る。

その夜はモニカと過ごそうとしたジェシーだったが、彼女はホテル”ボナヴェンチャー”で教授ポール(ウィリアム・テッパー)と会うと言って車を降りてしまう。

その後、自分が撃った警官が死亡したことを知ったジェシーは焦るが、モニカの部屋に侵入して彼女の帰りを待つ。

翌朝、帰宅したモニカといいムードになったジェシーだったが、ポールからの電話メッセージを聞き彼は気分を害する。

テレビで自分のことが報道されていることを知ったジェシーは、開き直りモニカと愛し合う。

車を替えたジェシーは、殺人犯として新聞に写真が掲載されていることに気づき、逃亡資金を作ろうと車を売りさばこうとする。

その頃、モニカはパーメンタルにジェシーが殺人犯だと知らされ、彼のことを追求される。

動揺したモニカは、パーメンタルにジェシーがサンフランシスコに向ったと話してしまう。

車代を払おうとしない解体屋バーン・バウム(アート・メトラーノ)から、金を奪ったジェシーはモニカを捜す。

モニカを付けていた巡査部長エンライト(ロバート・ダン)に、ジェシーは奪った車を激突させる。

ジェシーはモニカと共に警察の追跡をかわして映画館に逃げ込み、二人は愛し合う。

メキシコに向うためにジェシーは再び車を奪い、翌朝、モニカは食料品を買いに向う。

モニカは、店の店主(ジェームズ・ホン)にテレビで見たことがあると言われ不安を感じ、自分が共犯になっていることを新聞記事で知る。

ジェシーの元に戻ったモニカは、警察に通報してしまったことを伝える。

憤慨したジェシーは、モニカに愛してないと言われたるが、逃亡の手助けをする男から現金と拳銃を渡される。

パーメンタルらに包囲されたジェシーは、突然”ジェリー・リー・ルイス”の”Breathless”を歌い始める。

モニカは、ジェシーが覚悟を決めたことに気づき愛を告げるが、彼は拳銃を拾い上げ警官に向ける・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

コミックを好み、窃盗を繰り返す無軌道な青年ジェシー・ルジャックは、忘れられない女性モニカに会うために車を盗んでロサンゼルスに向う。
途中、パトカーに追われたジェシーは、誤って警官を銃撃してしまう。
ロサンゼルスに着くものの、ジェシーはモニカに相手にされず、彼女を口説き続けようやく愛し合うようになる。
しかし、ジェシーは既に自分が指名手配され、銃撃された警官が死亡したことを知る。
何とか逃亡資金を作ろうとするジェシーは、警官に追われながら、モニカとメキシコに向おうとするのだが・・・。
__________

世界に衝撃を与えた作品のリメイクだけに、前年公開された「愛と青春の旅だち」(1982)でブレイクしたリチャード・ギアの人気にあやかっただけの平凡な作品。

B級作品にスターが出演した程度にしか思えない、ジム・マクブライドの演出も今一冴えない。

注目のリチャード・ギアは、今見ると、まずまず新鮮には思えるが、話題となったヒロインのヴァレリー・カプリスキーは、逆に役に馴染んでいない、その肉体ばかりが気になるミス・キャストだと言える。

自動車の解体屋アート・メトラーノ、警官ジョン・P・ライアンとロバート・ダン、ヒロインと親密な関係の大学教授役のウィリアム・テッパー、食料品店店主ジェームズ・ホンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター