ガルシアの首 Bring Me the Head of Alfredo Garcia (1974) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

100万ドルの賞金がかかった男の首をめぐり、しがない男が裏社会の陰謀に立ち向かう姿を描く、鬼才サム・ペキンパー(監督、脚本)快心の犯罪ドラマ。
主演ウォーレン・オーツイセラ・ベガロバート・ウェッバーギグ・ヤングクリス・クリストファーソン共演。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:サム・ペキンパー
製作総指揮:ヘルムート・ダンティン
製作:マーティン・バウム
原案
フランク・コワルスキー

サム・ペキンパー
脚本
サム・ペキンパー

ゴードン・ドーソン
撮影:アレックス・フィリップJr.
編集
デニス・ドーラン

セルジオ・オルティガ
ロッブ・ロバーツ
音楽:ジェリー・フィールディング

出演
ベニー:ウォーレン・オーツ

エリタ:イセラ・ベガ
サペンスリー:ロバート・ウェッバー
ジョニー・クイル:ギグ・ヤング
マックス:ヘルムート・ダンタイン
大地主:エミリオ・フェルナンデス
バイカー:クリス・クリストファーソン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1974年製作 112分
公開
北米:1974年8月14日
日本:1975年7月5日
製作費 $1,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

南米
広大な牧場を所有する、権力者である大地主(エミリオ・フェルナンデス)は、愛娘を妊娠させた男が、アルフレッド・ガルシアだと知る。

息子のように可愛がったガルシアだったが、大地主は、彼の首に懸賞金100万ドルをかけ、右腕のマックス(ヘルムート・ダンタイン)にそれを伝える。

メキシコ・シティ
100万ドルを自分が手に入れようと考えたマックスは、殺し屋のサペンスリー(ロバート・ウェッバーバー)とジョニー・クイル(ギグ・ヤング)にガルシアを捜すよう指示し、彼らは酒場を回り始める。

バーのマネージャー兼しがないピアノ弾きのアメリカ人で、元軍人ベニー(ウォーレン・オーツ)は、店に現れたサペンスリーとクイルにガルシアのことを聞かれる。

生死にかかわらず、首だけでもいいと言ってガルシアを捜す二人に、ベニーはただならぬ雰囲気を感じる。

ベニーは、かつてガルシアと付き合っていた恋人のエリタ(イセラ・ベガ)の元に向かい、彼が事故死したことを知る。

それを、サペンスリーとクイル、そしてマックスに伝えたベニーは、1万ドルの報酬で、その証拠となるガルシアの首を持ってくるよう指示される。

翌日、ベニーはエリタを伴い、ガルシアが埋葬された故郷の町に向かう。

二人は気楽な旅を続け、ベニーはエリタに結婚することを約束する。

そして、ガルシアが死んだ証拠を示せば、1万ドルの報酬を手に入れられることを伝えるが、彼女は気乗りしない。

その日は、野宿をすることにした二人の前に、二人組のバイカー(クリス・クリストファーソン)が現れ、エリタが体を奪われそうになる。

ベニーは一人を叩きのめし、二人を射殺してエリタを助ける。

二人はその場を離れるが、エリタは、ガルシアの首を持ち帰るというベニーに同意できず、墓の場所だけ教えて別れると言い出す。

引き返すことを提案するエリタの意見を聞かずに、金に執着するベニーは、そのまま車を走らせる。

その夜はホテルに泊まり、ベニーはエリタに優しく接し、二人は愛を確かめる。

墓のある村の安宿で休んだ二人は、日が暮れるのを待ち、ベニーがガルシアの墓を掘り起こして、遺体を断頭しようとするが、彼は何者かに殴られて気を失う。

その場で埋められていたベニーは意識を取り戻すが、エリタは殺され、ガルシアの首は切断されて持ち去られていた。

エリタの死体を置き去りにしたベニーは、ガルシアのことを二人組が探っていたことを知り彼らを追う。

パンクの修理をしていた二人に追いついたベニーは、彼らを射殺してガルシアの首を奪う。

ある村で休息したベニーは、ハエがたかっている首を氷漬けにしようとする。

ガルシアの身内は、奪われた首を取り戻そうとするが、ベニーには気づかずに走り去る。

その後ベニーは、ガルシアの身内に待ち伏せされて、車を止められる。

ベニーは、首を返せという指示に従う気のないことを伝えて金で解決しようとするが、相手は納得せずに、立ち去ろうとするベニーを痛めつけて首を奪う。

そこに、サペンスリーとクイルが現れて道を訪ねる旅人を装い、隙を見てガルシアの身内を皆殺しにしようとする。

クイルが銃弾を浴びながら、機関銃で相手を射殺して、老人一人が残る。

サペンスリーは息絶えたクイルに歩み寄り、ショックを受けた彼は銃を抜こうとするが、金を要求するベニーが彼を射殺する。

ベニーは、クイルの金を奪い、ガルシアの首を持って彼らの車で走り去る。

メキシコ・シティ
自宅に戻ったベニーは、ガルシアの首をドライアイスで冷やし、エリタのことなどを考えながら涙する。

翌日、ベニーはマックスの元に向かい、エリタとの思い出が残るバスケットにガルシアの首を入れて持参し、報酬の1万ドルを受け取る。

バニーは、首をいくらで誰に売るかを尋ね、それに答えようとしないマックスらを射殺する。

手がかりを手に入れたベニーはその場を離れ、南米に向かい大地主に会う。

生まれた孫の洗礼式を終えた大地主は、ベニーからガルシアの件を聞き金を渡そうとする。

大金を受取ったベニーは、大地主から去るよう指示されるが、会ったこともない男の首のせいで、エリタまで死んだことを伝えて恨みがあることを語り、その場にいた者達を銃撃して殺す。

大地主の娘は父親を殺すようベニーに指示し、彼は大地主を射殺する。

ベニーはガルシアの首と金を手にして、大地主の娘に、子供を立派に育てるようにと告げて立ち去る。

ベニーは、屋敷の門を車で突破するが、大地主の手下達の一斉射撃を受けて息絶える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

南米
強大な権力を持つ大地主は、娘を妊娠させた男”アルフレッド・ガルシア”の首に100万ドルの賞金をかける。
大地主の右腕マックスは、その金を手に入れようとしてメキシコ・シティに向かい、殺し屋のスペンスリーとクイルを雇い、ガルシアを捜すよう指示を出す。
二人は酒場を回り、あるバーのマネージャー兼ピアニストのアメリカ人ベニーに、ガルシアのことを尋ねる。
生死にかかわらず、首だけでも報酬を払うという二人に、バニーはただならぬ雰囲気を感じる。
かつてガルシアと付き合っていた恋人エリタの元に向ったベニーは、彼女からガルシアが事故死したことを聞く。
そのことをマックスらに話したベニーは、その証拠となる首を持参すれば、1万ドルの報酬を支払うと言われる。
ベニーは、死者の首を奪うことに抵抗があるエリタを説得して、ガルシアが埋葬されている村に向かおうとする。
しかし、ガルシアの首を狙っている者達は、ベニーだけでなかった・・・。
__________

サム・ペキンパー原案による、バイオレンス・アクションとしてだけでない、全編に漂う男の悲哀なども感じさせてくれる、非常に評価の高い作品でもある。

意識して暴力描写を抑え気味にした終盤までの展開、一気に本領を発揮するクライマックスのペキンパーの演出、彼の作品の多くに出演する盟友とも言える主演のウォーレン・オーツは、キャリアでもベストに近い熱演を見せる。

しがない人生を送る身で、恋人に語る人生観、金が目的であった主人公の心の変化などを繊細に演ずる、ウォーレン・オーツの渾身の演技は注目だ。

100万ドルを狙う、大地主(エミリオ・フェルナンデス)の右腕(ヘルムート・ダンタイン)に雇われる殺し屋ロバート・ウェッバー、同じく、名優の彼にしては、やや物足りない役柄であったギグ・ヤング、そして、ペキンパーとは何作かで組むクリス・クリストファーソンが、バイカー役で出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター