マイ・ブラザー Brothers (2009) 3.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

スザンネ・ビア監督のデンマーク映画「ある愛の風景」(2004)の、ハリウッド版リメイク。
戦場で捕虜になり止むを得ず部下を殺してしまい心に傷を負った海兵隊大尉と彼を迎えた家族の苦悩を描く、監督ジム・シェリダントビー・マグワイアジェイク・ジレンホールナタリー・ポートマンら若手実力派スター共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ジム・シェリダン
製作総指揮:タッカー・トゥーリー
製作
ライアン・カヴァノー
シガージョン・サイヴァッツォン
マイケル・デ・ルカ
脚本:デイヴィッド・ベニオフ
撮影:フレデリック・エルメス
編集:ジェイ・キャシディ
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:U2Winter

出演
サム・ケイヒル:トビー・マグワイア
トミー・ケイヒル:ジェイク・ジレンホール
グレース・ケイヒル:ナタリー・ポートマン
ハンク・ケイヒル:サム・シェパード
カヴァゾス少佐:クリフトン・コリンズJr.
エルシー・ケイヒル:メア・ウィニンガム
イザベル・ケイヒル:ベイリー・マディソン
マギー・ケイヒル:テイラー・ギア
キャシー・ウィリス:キャリー・マリガン
ジョー・ウィリス二等兵:パトリック・フリューガー

アメリカ 映画
配給
ライオンズゲート
Relativity Media
2009年製作 105分
公開
北米:2009年12月4日
日本:2010年6月4日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $28,501,651
世界 $43,318,349


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2007年10月7日。
海兵隊員のサム・ケイヒル大尉(トビー・マグワイア)は、4日後のアフガニスタンへの出発を控え、妻グレース(ナタリー・ポートマン)に遺書を書き、上官カヴァゾス少佐(クリフトン・コリンズ)にそれを託す。

一家の問題児で弟のトミー(ジェイク・ジレンホール)が出所して、サムの無事を願い、ケイヒル一家は集まり食事をすることになる。

父ハンク(サム・シェパード)と義母エルシー(メア・ウィニンガム)に迎えられたトミーは、戦場の英雄サムと、 自堕落な自分を父に比較されて苛立つ。

アフガニスタンに着任したサムは、ヘリコプターで移動中に攻撃を受ける。

そして、サムの訃報を知らされたグレースはショックを受け、トミーや家族も悲しみに暮れる。

教会で、サムら戦没者のためのミサが行われ、グレースはカヴァゾス少佐から遺書を受け取る。

サムの死を悼む父ハンクは、未だ生活を変えようとしないトミーを嘆く。

その頃、ヘリを撃墜されたものの、一命を取り留めていたサムは、部下のジョー・ウィリス二等兵(パトリック・フリューガー)と共に捕虜になっていた。

バーで酒代が払えずにいたトミーを迎えに行ったグレースは、その夜、彼を泊めることにする。

その後トミーは、グレースに相談もせずに、キッチンのリフォームを始めてしまうが、彼女はそれに意見する気力もなかった。

リフォームは終わり、意外にも子供達イザベル(ベイリー・マディソン)とマギー(テイラー・ギア)はトミーに懐き、それを見たグレースに笑顔が戻る。

そんなトミーを理解し始めたグレースは、彼を求めようとするが思い止まる。

アフガニスタンでは、アメリカの侵略を認めさせるためにウィリスが拷問を受ける。

ウィリスは価値のない者と判断され、サムが彼を殺すよう強要され仕方なくそれに従う。

そして、サムは、現れた援軍により救い出され、それがグレースに知らされる。

サムを飛行場に迎えに行ったトミーは、家族と共に彼の帰還を喜ぶが心中は複雑だった。

ウィリスの遺体も帰国するが、サムの様子がおかしいことを父ハンクは気にする。

サムは、恋人同士の様に接するトミーとグレースを見て二人の関係を疑う。

その後、ウィリスの妻キャシー(キャリー・マリガン)が、サムに、夫の死に目についてを聞くが、彼はそれを知らないと答える。

時々、塞ぎ込むサムに、何があったのかを問うグレースだったが、逆にトミーとのことを聞かれる。

グレースは、寂しさからキスしただけと正直に答えるがサムはそれを信じない。

子供達もサムの異変に気づき、マギーの誕生日を祝う家族の食事の席で、イザベルは、グレースがトミーを求めていると嘘をついてしまう。

異常に見える父親を嫌う子供達は、それをグレースに伝え、彼女はサムが何かしそうな気配を感じてトミーに連絡を入れる。

取り乱したサムは、キッチンを壊し始め、現れて自分を抱きしめるトミーに銃を向ける。

警察も現れ、興奮するサムは、アフガニスタンであったことを話そうとしながら、銃口をこめかみにあてる。

しかし、トミーに話しかけられたサムは銃を捨てて警察に取り押さえられる。

グレースは、未開封だったサムの遺書を読み、それが、明らかに今の彼と違うと感じる。

翌日、釈放されたサムを迎えに行ったグレースは、彼に何があったのかを尋ねる。

そしてサムは、ウィリスを殺したことをグレースに伝え、二人は固く抱き合う。


解説 評価 感想 ■

スザンネ・ビア監督のデンマーク映画「ある愛の風景」(2004)のハリウッド版リメイク。

*(簡略ストー リー)

海兵隊大尉サム・ケイヒルは、アフガニスタンに向かう任務を受けて、妻グレースに遺書を書く。
サムは、戦場での移動中、ヘリコプターを撃墜されてしまい、家族には彼が死亡したことが伝えられる。
ショックを受け気力をなくしたグレースだったが、意外にも、家族のお荷物で、自堕落な毎日を送る、サムの弟トミーとの親交により癒される。
そんなグレースは、寂しさからトミーに心を許しかけるが、彼女はそれを思い止まる。
その頃、一命を取り留めていたサムは、部下のウィリスと捕虜になっていた。
サムは、拷問の末に、ウィリスを殺すよう強要され仕方なくそれに従う。
その後、サムは援軍に救い出されて帰国するのだが、家族の喜びとは裏腹に、戦場での体験を思い苦悩し、そして、グレースとトミーの関係を疑う・・・。
__________

戦場での過酷な体験による心の傷、それを告白できず、家族崩壊を招こうとする主人公の姿が痛々しい。
その、アメリカ社会が抱える大きな問題を鋭く描いたジム・シェリダンの力作。

主演陣から脇役まで、若手実力派及びベテラン勢など、豪華スター競演も注目の作品ではあるものの、興行的には結果を残せなかった。

鬼気迫る演技で熱演するトビー・マグワイアは、いつの間にか30代も半ばとなり、少年スターから脱皮し、いよいよ演技派として今後が期待される。

問題児として登場するが、中盤からは意外にあっさりとした演技で、やや物足りなさも感じる主人公の弟ジェイク・ジレンホール、方や、全編を通し、見事な感情表現でドラマを支えるナタリー・ポートマンの好演は光る。

一家の家長サム・シェパード、その再婚相手のメア・ウィニンガム、主人公の上官クリフトン・コリンズJr.、主人公の娘役ベイリー・マディソンテイラー・ギア、主人公が殺すことになる部下のパトリック・フリューガー、そして、その妻で、短い出演が残念なキャリー・マリガンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター