おしゃれスパイ危機連発 Caprice (1967) 3.8/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

化粧品会社の女性産業スパイの活躍を描く、監督フランク・タシュリン、主演ドリス・デイリチャード・ハリスレイ・ウォルストンエドワード・マルヘアジャック・クラスチェンリリア・スカラ他共演によるサスペンス・タッチのラブ・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:フランク・タシュリン
製作
アーロン・ローゼンバーグ

マーティン・メルチャー
脚本
フランク・タシュリン

ジェイ・ジェイソン
撮影:レオン・シャムロイ

編集:ロバート・L・シンプソン
音楽:フランク・デ・ヴォール

出演
フェリッパ・ファウラー/パトリシア・フォスター:ドリス・デイ

クリストファー・ホワイト:リチャード・ハリス
スチュアート・クランシー博士:レイ・ウォルストン
ジャイソン・フォックス:エドワード・マルヘア
マシュー・カッター:ジャック・クラスチェン
マダム・ピアスコ:リリア・スカラ
バーニー:マイケル・J・ポラード
スー・リン:アイリーン・ツー
ファウラー:アーサー・ゴッドフリー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1967年製作 97分
公開
北米:1967年6月7日
日本:1967年6月23日
製作費 $4,595,000
北米興行収入 $4,075,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

スイス
インターポール捜査官が、雪山で何者かに殺される。

パリ
フェミナ化粧品の工業デザイナー、パトリシア・フォスター(ドリス・デイ)は、向かう先々で監視される。

パトリシアはレストランである男に会い、現金を受け取り極秘資料を手にする。

その後の尾行をさせないために、パトリシアは男にズボンを脱ぐよう指示し資料を渡して席を立つ。

しかしパトリシアは、警官だったズボンを脱いだ刑事らに逮捕される。

警察署に現れたフェミナの社長ジャイソン・フォックス卿(エドワード・マルヘア)は、パトリシアの行為を責める。

ジェイソン卿はパトリシアに失望し、厳罰に処するよう警察に要求する。

しかし、フランスでは産業スパイが軽犯罪であり、ライバル社”メイ・フォーチュン”のオーナー、マシュー・カッター(ジャック・クラスチェン)の、化粧品業界のイメージダウンという言葉を考慮し、ファックスは、パトリシアを解雇して追放することにする。

その後、カッターとイギリス人の部下クリストファー・ホワイト(リチャード・ハリス)は、パトリシアを強引に車に乗せる。

アメリカに向かうカッターは、パトリシアを雇うことで話をつける。

メイ・フォーチュン社。
工業デザイナーとして迎えられたパトリシアは、クリストファー
にオフィスへと案内され、その後、彼の家で食事をする。

プレイボーイのクリストファーはパトリシアに迫り、彼女に自白剤を注射する。

クリストファーは、フェミナが開発中のウィッグのことをパトリシアから聞き出す。

それは、化学処理を施すことで低価格の動物の毛を最高級の人毛と同じ品質にする製品であった。

クリストファーはそれをカッターに知らせ、その後もパトリシアを監視することになる。

しかし、二重スパイだったパトリシアは、ジェイソン卿の指示でメイ・フォーチュンを探っていたのだった。

パトリシアは、ジェイソン卿の自家用機内で、メイ・フォーチュンの防水性新開発ヘア・スプレーの映像を見せられる。

その製品化を阻止するためにジェイソン卿は、パトリシアに一生暮らせる報酬を約束して、開発者スチュアート・クランシー博士(レイ・ウォルストン)に近づきヘア・スプレーを入手するよう命ずる。

クランシーに会ったパトリシアは、製品開発の秘密保持に関する管理体制を知らされる。

パトリシアは、女性の美を追求できる画期的なクリームなどを開発しているクランシーが、その技術を盗まれることを警戒して自分を疑っているため、それを否定する。

クリストファーのランチの誘いを断り、クランシーの愛人で秘書のスー・リン(アイリーン・ツー)に近づいたパトリシアは、彼女の髪の毛に注目する。

スー・リンを追ったパトリシアは、彼女の髪の毛を入手しようとするものの失敗する。

パトリシアを監視していたクリストファーは、自分もジェイソン卿の部下であることを彼女に伝える。

それを信じさせたクリストファーは、レストランでパトリシアと待ち合わせをして、角砂糖に盗聴器を仕掛け会話をカッターに聴かせようとする。

盗聴器のことに気づいたパトリシアはジェイソン卿に連絡を入れ、クリストファーを雇ったことを確認するものの彼を疑う。

クリストファーは、スプレーを盗もうとするジェイソン卿の企みを聞き出そうとするが、パトリシアはわざと雑音を出して盗聴を妨害する。

カッターは苛立ち、パトリシアは盗聴器が仕組まれた角砂糖をコーヒーの中に入れてしまう。

帰宅したクリストファーは、自分に惹かれるモデルから、パトリシアが以前、別名であったことを知らされる。

スー・リンを尾行してドリス・デイリチャード・ハリス共演の”Caprice”(本作)を上映する映画館に向かったパトリシアは、彼女と恋人バーニー(マイケル・J・ポラード)の後ろの席に座る。

スー・リンの髪の毛を切ろうとしたパトリシアだったが、バーニーに気づかれて失敗する。

タイムズ
クリストファーは、インターポールのファウラー捜査官(アーサー・ゴッドフリー)がスイスで殺害された記事を調べる。

スー・リンの部屋に侵入し彼女が倒れていることに気づいたパトリシアは、その場にあった灰が気になり、スプレーを手に入れて去ろうとする。

そこに現れたクリストファーは、パトリシアを部屋に戻し、本名が”フェリッパ・ファウラー”であることを調べたと彼女に伝える。

パトリシアとクリストファーは、部屋に入ろうとしたクランシーに気づき、その場から逃れようとする。

クランシーは、通報で駆けつけた警官に逮捕されそうになり、パトリシアとクリストファーは建物から脱出する。

CIAであることを話したクリストファーは、父親が麻薬組織の捜査中にスイスで殺害されたことをパトリシアから知らされる。

父親殺害の黒幕からジェイソン卿にたどりついたものの、パトリシアは純粋に彼の仕事をこなしていることを伝える。

パトリシアは、スプレーの瓶がスイス製だったことから、クランシーがスイスと関係が深いことを知る。

スイスのスプレー瓶の販売元を調べたパトリシアは、ジェイソン卿の専用機で現地に向かう。

化粧品を開発しているマダム・ピアスコ(リリア・スカラ)に会ったパトリシアは、例の防水スプレーを作ったのが彼女であることを知る。

スプレーを提供してもらえることになったパトリシアは、マダム・ピアスコの亡くなった娘の夫クランシーが、彼女の開発を製品化しているという話を聞く。

マダム・ピアスコは、開発案を提供する代わりにクランシーの子供達である孫と暮らすことができたのだった。

その後パトリシアは、父親が殺害された雪山に向かい、何者かに追われて銃で狙われる。

そこにヘリコプターで現れたクリストファーは、パトリシアを助ける。

ホテルに戻ったパトリシアは、自分を狙ったのがクランシーであると考えるが、クリストファーはそれを否定する。

スプレーを開発したのがクランシーの義母だったことを知ってもクリストファーが驚かなかったことで、その件がどうでもいい話だと気づいたパトリシアは彼を責める。

クリストファーは、10年前にクランシーはジェイソン卿の下で働く開発部長であり、コピー製品ばかりを作り解雇されたことを話す。

その後メイ・フォーチュンに移ったクランシーは、突然ヒット商品を連発したため、ジェイソン卿は彼の背後にいる真の開発者を探ろうとしていたのだった。

ジェイソン卿は今でもマダム・ピアスコが開発者だとは知らないと言われたパトリシアは、それらの件と父親の死が関係しているかを考える。

そしてパトリシアは、よき協力者となったクリストファーと愛し合うようになる。

雪山で楽しむクリストファーは、パトリシアのコートに盗聴器をつけて、その場に現れたクランシーと彼女の接触現場を盗撮する。

パトリシアは自分がフェミナのスパイであることを伝えるが、クランシーはライバル社に移る気はなく、義母のことは社長カッターに話してあることを知らせる。

その映像と会話を確認したカッターは、ジェイソン卿の破滅を確信しクリストファーの働きを評価する。

パリ
パトリシアはジェイソン卿の屋敷を訪れ、女王との謁見を約束したことでマダム・ピアスコと契約できたと知らされる。

ジェイソン卿から、スー・リンの部屋で手に入れた灰を分析した結果、麻薬が含まれていたと言われたパトリシアは、それを承知していたと伝える。

パトリシアからそれを知りなが分析を頼まれたことで、父親の殺害に自分が関与していると疑われているとジェイソン卿は考える。

ジェイソン卿はそれを重要視せず、カッターの通報でこの場に警察が来ることをパトリシアに知らせて逃がそうとする。

盗撮をしたクリストファーを信じるパトリシアに、彼が二重スパイであることをジェイソン卿は知らせる。

ショックを受けるパトリシアは、盗撮フィルムを奪うと言って屋敷を出るが、駆けつけた警官に逮捕されそうになる。

そこに現れたクリストファーがパトリシアを連れ去り、抵抗する彼女に自分がインターポールであることを知らせる。

パトリシアは、メイ・フォーチュンのフェイス・パウダーを燃やして灰にすると幻覚剤となることを、クリストファーら捜査官に伝える。

麻薬組織と絡む事件の黒幕が、カッターではなく女性であることをパトリシアは指摘しメイ・フォーチュンの社長室に侵入する。

掃除婦に扮したクランシーがパトリシアに銃を向けるものの、それが暴発し銃弾を受けた彼は階下に落下する。

そこに銃を手にしたジェイソン卿が現れ、カッターが破滅するため、自分が業界を牛耳れることをパトリシアに伝えてヘリコプターで逃げようとする。

駆けつけたクリストファーはジェイソン卿を銃撃するが、飛び立ってしまったパトリシアを助けることはできない。

パトリシアは、エッフェル塔の先端に機体が引っかかり助かる。

その後、パトリシアはベッドの中でクリストファーに自白剤の注射を打ち、スパイは辞めて自分以外の女性との関係も断つことを彼に約束させる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

フェミナ化粧品の工業デザイナー、パトリシア・フォスターは、会社の極秘情報を外部に持ち出そうとして逮捕され、社長ジェイソン卿に解雇される。
ライバル社メイ・フォーチュン社長カッターは、部下のクリストファーにパトリシアを監視させて、彼女を産業スパイとして雇う。
しかしパトリシアは、メイ・フォーチュンが開発した画期的なヘア・スプレーを手に入れるよう、ジェイソン卿に指示されていた二重スパイだった・・・。
__________

アニメーターとしても活躍した監督フランク・タシュリンの色彩感覚や、その時代のファッション、雰囲気などが印象的な作品。

公開当時はそれほど評価が高い作品ではなかったが、上記のことに注意して今観ると実に新鮮に感じる作品でもある。

当時、一世を風靡していた”007シリーズ”を思わせるイメージと音楽も注目で、人気スター、ドリス・デイの圧倒的な個性が光る。

また、共演者や舞台なども国際色豊かで楽しい作品に仕上がっている。

ドラマの中で宣伝を兼ねて、本作が上映されている映画館が登場する場面も面白い。

そして、画期的な映像手法であったシネマスコープの最後の作品でもある。

イギリス人のスパイであり、実はインターポール捜査官だった若きリチャード・ハリスが、主演のドリス・デイより8歳も若いのでミスマッチのようにも思えるが、パリなどが舞台として登場するため、いかにも”アメリカン”という男優より内容に合っているとも言える。

化粧品会社の開発部長レイ・ウォルストン、主人公の上司であるエドワード・マルヘア、そのライバル社社長ジャック・クラスチェン、実は画期的な化粧品の開発者だった開発部長の義母リリア・スカラ、開発部長の秘書兼愛人アイリーン・ツー、その恋人マイケル・J・ポラードなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター