カジノ Casino (1995) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ニコラス・ピレッジの著書を基に、彼自身と監督マーティン・スコセッシの脚本により製作された作品。
マフィアが支配していた時代のラスベガスを舞台に、ある天才ギャンブラーが仕切る一流カジノで展開される裏の世界を描く、ロバート・デ・ニーロジョー・ペシ シャロン・ストーンジェームズ・ウッズ主演犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:マーティン・スコセッシ
製作:バーバラ・デ・フィーナ
原作:ニコラス・ピレッジ
脚本
ニコラス・ピレッジ

マーティン・スコセッシ
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:セルマ・スクーンメイカー
音楽:ロビー・ロバートソン

出演
サム”エース”ロススティーン:ロバート・デ・ニーロ

ニコラス”ニッキー”サントロ:ジョー・ペシ
ジンジャー・マッケナ・ロススティーン:シャロン・ストーン
レスター・ダイアモンド:ジェームズ・ウッズ
フランキー・マリーノ:フランク・ビンセント
ビリー・シャーバート:ドン・リックルズ
リモ・ギャッジ:パスケル・カヤーノ
ドナルド”ドン”ウォード:ジョン・ブルーム
フィリップ・グリーン:ケヴィン・ポラック
パット・ウェッブ:L・Q・ジョーンズ
アンディ・ストーン:アラン・キング
ジョン・ナンス:ビル・アリソン
ドミニク・サントロ:フィリップ・スリアーノ
アーティ・ピスカーノ:ヴィニー・ヴェラ
K・K・イチカワ:ノブ・マツヒサ
チャーリー”クリーン・フェイス”クラーク:リチャード・リール
ハリソン・ロバーツ上院議員:ディック・スマザーズ
本人:フランキー・アヴァロン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1995年製作 178分
公開
北米:1995年11月22日
日本:1996年4月20日
製作費 $52,000,000
北米興行収入 $42,438,300
世界 $116,112,375


アカデミー賞 ■

第68回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(シャロン・ストーン )


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

サム”エース”ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)は、天才的なギャンブルの腕を買われて、ラスベガス一のカジノである”タンジール”の総支配人となる。

かつてノミ屋だったサムは、その世界の裏を仕切るボス、リモ・ギャッジ(パスケル・カヤーノ)を大きく稼がせ、安全の保障を得ていた。

ギャッジはサムに、ニコラス”ニッキー”サントロ(ジョー・ペシ)を用心棒に付けるのだが、血の気の多い彼は暴挙を繰り返す。

完璧な監視体制下でカジノを仕切っていたサムは、ある日、ギャンブラーのジンジャー・マッケナ(シャロン・ストーン)に一目惚れしてしまう。

ジンジャーは、自分の仕事をスムーズに進めるために、あらゆる人間に金を掴ませる。

そんなジンジャーは、ケチな小悪党レスター・ダイアモンド(ジェームズ・ウッズ)に惚れるという一面を持っていた。

ニッキーは、サムを守るために妻子と共にラスベガスに現れる。

サムはそれを心配するが、やがてニッキーは、カジノにクビを突っ込み始め、彼を知る別の組織の者達は姿を消す。

右腕の支配人ビリー・シャーバート(ドン・リックルズ)らと共に、目を光らせるサムは、イカサマ師などを決して許さずに一掃する。

そんなサムはある賭けに出て、ついにジンジャーとの結婚を決意する。

ジンジャーは躊躇するものの、サムの熱意に負けてそれを受け入れる。

レスターとは縁を切るようジンジャーに伝えたサムは、彼女のために豪邸や宝石を用意する。

さらにサムは、ロサンゼルスの貸し金庫に200万ドルを預け、ジンジャーにその鍵を渡す。

同じ頃、ニッキーは手懐けたイカサマ師をカジノに送り込むようになり、サムは彼に警告を発しながら、ラスベガスの支配者として君臨する。

その後、ニッキーはブラックリストに載ってしまい追放されるが、サムは、彼がこのまま黙るとも考えなかった。

サムは、弟のドミニク(フィリップ・スリアーノ)や仲間達を呼び寄せ、ホテルの従業員などを巻き込み、強盗を重ねて宝石類などを裏で売りさばき合法的なレストラン経営などでも成功する。

ニッキーは、ギャッジへの上納金も几帳面に届けボスへの義理も果たした。

ある日、レスターと縁が切れていなかったジンジャーが、彼に大金を渡そうとする。

それに気づいたサムはレスターを痛めつけ、納得の出来ないジンジャーはニッキーに愚痴をこぼす。

サムは、無能なスロットマシーンのマネージャー、ドナルド”ドン”ウォード(ジョン・ブルーム)をクビにするが、彼の義兄で郡のコミッショナーのパット・ウェッブ(L・Q・ジョーンズ)が、それに苦言を呈する。

しかし、サムは知事などからの圧力を承知で、ドンを雇えというウェッブの要求を退ける。

ギャッジは、カジノの上がりが途中でくすねられていることを不満に思い、アーティ・ピスカーノ(ヴィニー・ヴェラ)を現地の目付役に派遣する。

その頃、カジノの表面上の経営者フィリップ・グリーン(ケヴィン・ポラック)は、裏で組んでいたビジネスパートナーに金を要求され、それを拒んだために訴えられてしまう。

その結果、カジノ側は帳簿の提出を要求され、ギャッジらは原告を抹殺してしまう。

サムは、自分がカジノのボスだということと、ギャングのニッキーとの関係もマスコミに報道されてしまう。

コミッショナーのウェッブは、サムのライセンス疑惑を追及するため、徹底的に調査して彼を破滅させようと企む。

ニッキーが、ギャッジらに代わりカジノの金を吸い上げようと考えているのは明らかで、その後、次々と周辺の関係者が殺害され、彼に疑いがかけられる。

FBIの監視にもニッキーは余裕だったが、ピスカーノのヘマで、カジノの金が裏に流れていることが知られてしまう。

1980年。
カジノのライセンス疑惑に関する審問会が開かれ、サムは申請を拒否されるものの、あくまでコミッショナーに対抗するが、ギャッジもその様子を気にし始める。

自分を不利な立場に追い込むニッキーとサムの仲はこじれ、彼はアル中のジンジャーと別居することになる。

ジンジャーが、レスターと逃亡する可能性を知ったサムは、彼女と娘を取り戻そうとする。

レスターは、ジンジャーを連れて彼女の200万ドルを持って高飛びしようと考える。

しかし、ジンジャーは既にサムが手を回していると考えて、ニッキーに連絡を入れる。

ニッキーは、怯えているジンジャーを安心させるようサムを説得し、妻子は彼の元に戻る。

サムはジンジャーを許すことはなく、二人は罵り合うものの、無一文の彼女は出て行く勇気もなかった。

ジンジャーは、サムに自由を奪われて恐怖も感じ、その後も相談に乗ってくれるニッキーと親密な関係になってしまう。

それをサムに追及されたジンジャーは正直に答えるが、三人は組織の掟を破ったことで消される恐れが出てくる。

ニッキーの右腕フランキー・マリーノ(フランク・ビンセント)は、ギャッジにそれを問われるが、真実を隠してしまう。

再びサムとジンジャーはトラブルになり、取り乱した彼女はニッキーに夫を殺してくれと頼む。

手が付けられない状態のジンジャーを、追い払ったニッキーの立場は悪くなり追い込まれる。

金庫の現金を手に入れようとするジンジャーは、現れた警察にサムを説得させて強引に家に押し入り、金庫の鍵を持ち出して銀行に向かう。

それを知ったサムはジンジャーの後を追うが、彼女は現金を持ち去る。

しかし、警察に車を止められたジンジャーは逮捕され、その後は全てがバレて、組織の一斉操摘発が始まる。

それを察知していたニッキーは逃亡し、カジノは閉鎖され、経営者のグリーンは組織を裏切る。

その後、ピスカーノの帳簿も見つかり、彼はその場で心臓発作を起こして死亡する。

サムは、ニッキーとジンジャーの浮気現場の写真に目をつぶり何も語らず、法廷に出廷したギャッジらボス達は、周辺の目撃者の粛清を始める。

ジンジャーは全てをなくしヤクで死亡し、サムは車に爆弾を仕掛けられるものの、素人の仕事だったために命拾いする。

ニッキーは、弟のドミニクと共に、フランキーらの裏切りに遭い、トウモロコシ畑で痛めつけられて生き埋めにされる。

サンディエゴ
生き延びたサムは、アミューズメントパークのように変貌したラスベガスを離れ、ギャンブラーの才能を活かして初めから出直す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ノミ屋だったサム”エース”ロススティーンは、天才的なギャンブルの腕を買われる。
サムは、ラスベガスのカジノ”タンジール”の総支配人を、それを支配するマフィアから任される。
その後、”タンジール”はNo.1カジノとなり、サムはラスベガスの帝王として君臨する。
そんな時サムは、ギャンブラーのジンジャーに一目惚れして交際を始める。
莫大な金額を稼ぎ出し、上がりを、裏で支配するマフィアに流すサムだったが、かつての用心棒ニッキーの出現を懸念する。
血の気の多いニッキーは、組織とサムのためという考えの下、暴挙を繰り返し、やがて、カジノを利用して金の流れを自分に呼び込む行動に出る。
自らの手腕とニッキーの威光で、カジノの順調な経営を維持していたサムだったが、結婚したジンジャーは酒とヤクに溺れ始め・・・。
__________

全編に渡り、登場人物のモノローグにより、その巧みに仕組まれた裏社会や人間模様を矢継ぎ早に映し出すスピーディーな展開、どことなく滑稽でユーモラスでもある、犯罪組織の描写などがアクセントとなり、マーティン・スコセッシらしいメリハリの利いた演出は、約3時間の長編も全く飽きることがない。

主人公らのキャラクターなどは、他の犯罪映画などとダブり、内容的にはそれほど新なものではないが、豪華なカジノの運営システムや、犯罪組織との絡みと金の流れ
などが、実に興味深く描かれてはいる。

第68回アカデミー賞では、主演女優賞にシャロン・ストーンがノミネートされた。

豪華スタッフ・キャストの話題作にも拘らず、北米興行収入は約4200万ドルと低迷し、全世界では約1億1600万ドルと、まずまずのヒットとなった。

知性、度胸、そして優雅さ、全てを兼ね備えた完璧な人物が、一人の女性で運命を狂わされる姿を、円熟の演技で見事に演じたロバート・デ・ニーロと、彼に勝るとも劣らない、用心棒から悪事の限りを尽くし成り上がる、ジョー・ペシの凄まじい演技も見応えがある。

後半は狂人のようになり破滅していく、体を張った熱演が光る主人公の妻役のシャロン・ストーン、その愛人で、やや影が薄いのが残念なジェームズ・ウッズ、ニッキー(J・ペシ)の右腕フランク・ビンセント、カジノの支配人ドン・リックルズ、裏組織を牛耳るボス、パスケル・カヤーノ、スロットマシーンのマネージャー、ジョン・ブルーム、その義兄の郡コミッショナー、L・Q・ジョーンズ、カジノの表面上の経営者のケヴィン・ポラック、組織の弁護士アラン・キング、組織の一員ビル・アリソンヴィニー・ヴェラ、ニッキー(J・ペシ)の弟フィリップ・スリアーノ、本人役でフランキー・アヴァロンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター