カジュアリティーズ Casualties of War (1989) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベトナム戦争下、ある偵察部隊が少女を拉致して強姦し、それに唯一人抵抗する主人公の負った深い心の傷と悪夢の体験を描く、監督ブライアン・デ・パルマ、主演マイケル・J・フォックスショーン・ペンジョン・C・ライリージョン・レグイザモヴィング・レイムス他共演のドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:アート・リンソン
原作:ダニエル・ラング

脚本:デヴィッド・リーブ
撮影:スティーヴン・H・ブラム

編集:ビル・パンコー
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
マイケル・J・フォックス:マックス・エリクソン上等兵
ショーン・ペン:トニー・ミザーブ軍曹
ドン・ハーヴェイ:トーマス・E・クラーク伍長
ジョン・C・ライリー:ハーバート・ハッチャー上等兵
ジョン・レグイザモ:アントニオ・ディアズ上等兵
ヴィング・レイムス:ライリー中尉
デイル・ダイ:ヒル大尉
エリック・キング:ブラウン伍長
ツイ・ツウ・リー:ワン/電車の大学生

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1989年製作 113分
公開
北米:1989年8月18日
日本:1990年2月
製作費 $22,500,000
北米興行収入 $18,671,317


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1974年。
ベトナム帰還兵マックス・エリクソン(マイケル・J・フォックス)は、同じ電車に座っている大学生(ツイ・ツウ・リー)の姿を見て戦場の悪夢が甦る。
__________

ベトナム戦争下。
ジャングルを偵察中のエリクソン上等兵は、敵の爆撃に遭い、地下道に下半身がはまり身動きが取れなくなってしまう。

そこに、エリクソンを捜しに来たトニー・ミザーブ軍曹(ショーン・ペン)が現れ、エリクソンは命を救われる。

ある村で休養を取っていた部隊は奇襲攻撃に遭い、ブラウン伍長(エリック・キング)が、銃撃されて死亡する。

休暇中の小隊に偵察の命令が出ると、ミザーブは、村の少女を拉致し慰安婦にすると言い出す。

エリクソンはそれを冗談だと思っていたが、ミザーブは、少女ワン(ツイ・ツウ・リー)を親元から連れ去ってしまう。

クラーク伍長(ドン・ハーヴェイ)、ハッチャー上等兵(ジョン・C・ライリー)、ディアズ上等兵(ジョン・レグイザモ)、そして、エリクソンを加えたミザーブの小隊は目的地に向かう。

ミザーブのとった行動に反発するエリクソンだったが、抵抗できずにディアズだけが彼に同調する。

やがて、ミザーブはエリクソンにワンをレイプするよう命ずるが、彼はそれを頑なに拒み、見張りにまわされ、ディアズまでがミザーブに逆らうことができなかった。

ベトコンを見つけた小隊は、エリクソンをワンの見張りに残し攻撃に向かう。

縛られているワンの縄を解き、クラッカーと水を与えたエリクソンは、彼女の言葉が分からず、訴えていることが理解できない。

ワンを逃がそうとしたエリクソンだったが、ミザーブの命令で戻ってきたクラークに見つかり連れ戻される。

ミザーブは、病気で咳をするワンを殺すようエリクソンに命令する

しかしエリクソンは、それを拒みワンを解放するようミザーブに詰め寄る。

見方のヘリコプターが接近し、ミザーブは証拠隠滅のため、ディアズにワンを殺させようとするが、エリクソンが銃を空中に乱射し、敵にみつかり銃撃戦が始まる。

クラークがワンをナイフで突き刺すが、瀕死の彼女は歩き始め、それを見たミザーブは、部下に彼女の射殺を命ずる。

それを止めようとするエリクソンは、ミザーブに機関銃で強打され倒れこみ、ワンは射殺される。

ヘリの総攻撃で敵は全滅し、エリクソンは、崖下に横たわるワンの死体を見つめながら気絶する。

本隊基地に戻ったエリクソンは、戦場であったことを上官のライリー中尉(ヴィング・レイムス)に訴えるが聞き入れられず、彼は小隊を離れることになる。

ヒル大尉(デイル・ダイ)に直訴したエリクソンだったが、口封じされると共に、ミザーブが自分を救って勲章をもらったことを知らされる。

その後エリクソンは、クラークに手榴弾で殺されそうになる。

エリクソンが、従軍牧師に戦場で起きたことの一部始終を話したのをきっかけに、事件の捜査は行われる。

そして軍法会議が開かれ、事件に関わった4人の兵士は懲役刑を科せられる。
__________

エリクソンは、電車を降りた大学生が忘れたスカーフを、彼女に渡して言葉を交わし別れる。

彼女の笑顔を見たエリクソンは、あの時の悪夢と心の傷が癒えたような気がしていた。


解説 評価 感想 ■

1969年”ザ・ニューヨーカー”で報じた、ダニエル・ラングベトナム戦争時の実話を基にしたドラマ。

*(簡略ストー リー)

ベトナム戦争下。
ミザーブ軍曹率いる、休暇中の小隊に偵察の命令が出たため、苛立つ彼は、村の少女を拉致し慰安婦にすると言い出す。
上等兵エリクソンは、それを冗談だと思っていたのだが、ミザーブは少女ワンを親元から連れ去ってしまう。
ミザーブのとった行動に、唯一人反発するエリクソンだったが、抵抗できず、彼は見張りに回され、ワンは部隊員にレイプされてしまう・・・。
__________

実話を基にした作品ということで、それを考えると、かなり痛ましいリアルな内容に、目を背けたくる場面が多くある。

どうも型にはまり過ぎた感じの演出で、ブライアン・デ・パルマらしさが全く見られない珍しい作品でもある。

音楽はエンニオ・モリコーネが担当している。

 

当時の人気若手俳優の共演で大いに期待された作品ではあるが、興行的には失敗に終わり、製作費の回収すら出来なかった。

製作費 $22,500,000
北米興行収入 $18,671,317

バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの合間ということもあり、シリアスな演技が注目のマイケル・J・フォックスは好演してはいるが、新鮮味があるようで、やはり彼のイメージには合わないような気がする。

こちらも、若手俳優として活躍中だったショーン・ペンは、当時の悪ガキ風の彼のキャラクターを生かし熱演を見せる。

全てが戦場での出来事という判断で罪を犯す部隊員ドン・ハーヴェイジョン・C・ライリージョン・レグイザモ、上官のヴィング・レイムスと実際のベトナム帰還兵でもあるデイル・ダイ、早々に死亡する伍長エリック・キング、そして拉致される少女と大学生の二役を演ずるツイ・ツウ・リーが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター