センターステージ Center Stage (2000) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

名門バレエ団で踊ることを夢見る若者達の努力や挫折、そして栄光を掴む道を切り開く姿を描く、監督ニコラス・ハイトナー、出演アマンダ・シュルゾーイ・サルダナスーザン・メイ・プラットピーター・ギャラガー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ニコラス・ハイトナー
製作:ローレンス・マーク
脚本:キャロル・ヘイッキネン
撮影:ジェフリー・シンプソン
編集:タリク・アンウォー
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ジョディ・ソイヤー:アマンダ・シュル

エヴァ・ロドリゲス:ゾーイ・サルダナ
モーリーン・カミングス:スーザン・メイ・プラット
ジョナサン・リーヴス:ピーター・ギャラガー
ナンシー・カミングス:デブラ・モンク
クーパー・ニールソン:イーサン・スティーフェル
チャーリー・シムス:サシャ・ラデツキー
ジュリエット・シモーネ:ドナ・マーフィ
エリック・O・ジョーンズ:シャキーム・エヴァンズ
セルゲイ:イリア・クーリック
キャサリーン・ドナヒュー:ジュリー・ケント
ジム・ゴードン:アイオン・ベイリー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2000年製作 115分
公開
北米:2000年5月12日
日本:2001年5月12日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $17,200,925
世界 $26,385,941


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
アメリカン・バレエ・カンパニー付属のアカデミーに合格したジョディ・ソイヤー(アマンダ・シュル)は、同室のエヴァ・ロドリゲス(ゾーイ・サルダナ)に、ベスト・ダンサーであるクーパー・ニールソン(イーサン・スティーフェル)と言葉を交わしたことを話す。

そこに、同室のモーリーン・カミングス(スーザン・メイ・プラット)が現れ、タバコを吸うエヴァを追い払う。

廊下で会ったゲイのエリック・O・ジョーンズ(シャキーム・エヴァンズ)に誘われ、タバコを吸いに行ったエヴァは、セルゲイ(イリア・クーリック)に、モーリーンが、ダンスは一番だが最悪な女だと言われる。

そこに、シアトルから来たチャーリー・シムス(サシャ・ラデツキー)が現れて、エヴァらは彼に挨拶する。

集合したジョディらは、芸術監督兼振付師ジョナサン・リーヴス(ピーター・ギャラガー)の挨拶で歓迎される。

レッスンは始り、インストラクターのジュリエット・シモーネ(ドナ・マーフィ)は、規則を守らないエヴァに厳しい態度で接する。

数日後、クーパーと、プリンシパルでリーヴスの恋人の妻キャサリーン・ドナヒュー(ジュリー・ケント)の、見事なバレエが披露されたガラ公園が終わる。

後援後のパーティーで、以前関係していたことで未練のあるクーパーは、キャサリンにそれを伝えるが相手にされない。

給仕などで、招待客をもてなしていたジョディらは、誰もいない劇場での、二人のやり取りを目撃してしまう。

その後もレッスンは続き、エヴァは、ジュリエットの厳しい言葉に声を荒げてしまう。

そんな時、リーヴスとジュリエットに呼ばれたジョディは、体型による技術的な限界を指摘される。

ショックを受けたジョディは、モーリーンにも同じことを言われるが、エヴァに励まされる。

バレエ漬けのモーリーンは、コロンビア大学の医学部予科に通うジム・ゴードン(アイオン・ベイリー)に誘われてボーリングを楽しむが、深入りは避ける。

ジョディは、仲間達とクラブに向かい、チャーリーと親交を深める。

モーリーンは、アカデミーの職員でもある母親ナンシー(デブラ・モンク)が、自分の人生を管理し過ぎることを嫌い反抗する。

禁止されている、外部のダンス・スクールに通うジョディは、そこでクーパーに出くわす。

ジョディは、クーパーのアパートに誘われ、そして二人は愛し合う。

発表会の配役が決まり、ジョディはクーパーの推薦で、彼の組にチャーリーやエリックと共に選ばれる。

エヴァは、反抗的な態度が原因でリーヴスの組となり、ショックを受けるもののエリックに慰められる。

その後、各組に分かれた厳しいレッスンは始り、エヴァは、ダンサーとしての最も大切な考えをジュリエットに教えられ、嫌われているだけだと思い込む。

ジュリエットの助言を、素直に受け入れられないエヴァは苛立ちながら、エリックの誕生パーティーにジョディらと向かう。

モーリーンもジムとそれに参加するが、彼女が羽目を外す姿を見たナンシーは、娘の行動を気にする。

チャーリーは、ジョディにデートを申込むが、彼女は付き合っている人がいることを伝える。

クーパーのアメリカン・バレエ・カンパニーの公演を観に行ったジョディだったが、彼の冷たい態度が気になる。

弄ばれたことを後悔したジョディは、レッスンでクーパーに反論してしまう。

その場を出て行くよう言われたジョディは、チャーリーに慰められてレッスンに戻り、クーパーをダンスで納得させる。

ナンシーは、娘モーリーンが体調不良だということと、ジムと付き合い続けていることにいて、意識過剰な反応を示す。

モーリーンは、体系を維持するために食べたものを吐き続けていたが、ダンスのために、そこまでする必要があるのかと気遣うジムの元を去る。

ジュリエットは、夜、一人でレッスンをするエヴァを見て、彼女の努力を評価する。

その後、エリックがリハーサルで怪我をしてしまい、クーパーが自ら代役を務めることになる。

それを見たモーリーンは、エリックが羨ましく思えてしまい、自分を見失いかけた彼女はジムの元に戻る。

ジョディは、最高のダンサーであるクーパーを相手にすることで怯えながら、公演の日を迎える。

公演は始まるが、ナンシーは、エヴァがモーリーンの役を演じていることに驚く。

自分の夢を押し付けられたという娘が、ダンスへの情熱を失い役を降りたことにショックを受ける。

エヴァは喝采を受けて、彼女の演技をジュリエットは称える。

クーパー組の演技は始り、愛やセックスをテーマにした内容にリーヴスは頭を傾げるものの、その斬新な演出に観客の目は釘付けとなる。

ジョディは、クーパーとチャーリーを相手に見事な演技を見せ、カーテンコールを受ける。

直後にアメリカン・バレエ・カンパニーへの入団発表が行われ、エヴァはそれに選ばれる。

資産家夫人からの資金援助を得たクーパーは、ジョディを、自分のアカデミーのプリンシパルに誘う。

ジョディは、答えを返さないままリーヴスに呼ばれ、入団の件は聞かずに、クーパーのアカデミーのプリンシパルになることを伝えてその場を去る。

怪我をしたエリックも入団を許可され、モーリーンはエヴァを祝福する。

ジョディは、アカデミーに入ることではクーパーに感謝するが、恋人としては最低だと言い切る。

そしてジョディは、入団が決まっていたチャーリーを誘いパーティーに向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
名門アメリカン・バレエ・カンパニー付属のアカデミーに合格したジョディ・ソイヤーは、同室となったエヴァやマーリーンらと共に、厳しいレッスンを始める。
エヴァは、反骨精神を隠そうとせず規則を破り、厳しく接するだけのインストラクター、ジュリエットに反感を抱く。
バレエ漬けのジョディらだったが、若者らしく毎日をエンジョイする。
そんな時ジョディは、振り付け、芸術監督のリーヴスから、体系的な技術の限界を指摘されてショックを受ける。
それでも諦めずにレッスンを続けるジョディに、ベスト・ダンサーのクーパーが近づく・・・。
__________

バレエ界及び、その頂点を目指す若者達のアカデミーでの内幕ドラマは、内容的には同じような作品は他にもあるために新鮮味に欠ける。

しかし、役者としてのキャリアが殆どない、プロのダンサーの演技に注目だ。

「クルーシブル」(1996)やブロードウェイの舞台「ミス・サイゴン」の演出家としても知られる、ニコラス・ハイトナーの演出力の賜物だろう。

映画芸術は役者だけでは成り立たず、その才能を引き出す、スタッフの影の力を痛感できる作品でもある。

2008年に続編「センターステージ2」が公開された。

美貌に加えた演技力、そして見事なバレエを披露してくる、様々な体験を経て成長するヒロインを清々しく演ずるアマンダ・シュル、幼少期からのバレエ体験を生かしデビュー作となるゾーイ・サルダナ、母デブラ・モンクの夢に反発するスーザン・メイ・プラット、振付及び芸術監督役のピーター・ギャラガー、ベスト・ダンサーのイーサン・スティーフェル、ヒロインを優しく見守るサシャ・ラデツキー、厳しさだけでない、人間味も感じる演技が印象的なインストラクター役のドナ・マーフィ、アカデミーの学生役シャキーム・エヴァンズ、同じく、世界的なフィギュアスケート選手で、長野オリンピック金メダリストでもあるイリア・クーリック、バレエ団プリンシパルのジュリー・ケント、医学生アイオン・ベイリーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター