クロエ Chloe (2010) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2004年に公開されたアンヌ・フォンテーヌによるフランススペイン合作映画「恍惚」のリメイク作品。
何不自由なく暮らす家族が、妻の夫に対する浮気の疑惑から崩壊していく姿を描く、製作アイヴァン・ライトマン、製作総指揮ジェイソン・ライトマン、監督アトム・エゴヤン、主演ジュリアン・ムーアリーアム・ニーソンアマンダ・セイフライド他共演のサスペンス・タッチのドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:アトム・エゴヤン
製作総指揮:ジェイソン・ライトマン
製作
ジョー・メジャック

アイヴァン・ライトマン
原作:アンヌ・フォンテーヌ
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
撮影:ポール・サロッシー
編集:スーザン・シプトン
音楽:マイケル・ダナ

出演
キャサリン・スチュアート:ジュリアン・ムーア

デヴィッド・スチュアート:リーアム・ニーソン
クロエ・スウィーニー:アマンダ・セイフライド
マイケル・スチュアート:マックス・シエリオット
フランク:R・H・トムソン
アンナ:ニーナ・ドブレフ
ミランダ:メイガン・ヘファーン

アメリカ/カナダ/フランス 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス

2010年製作 96分
公開
北米:2010年3月26日
日本:2011年5月28日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $3,074,838
世界 $11,702,642


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

トロント
大学教授のデヴィッド・スチュアート(リーアム・ニーソン)と産婦人科医の妻キャサリン(ジュリアン・ムーア)は、息子マイケル(マックス・シエリオット)と共に何不自由ない生活を送っていた。

デヴィッドの誕生日、パーティーを催していたキャサリンだったが、彼から、講演先で飛行機に乗り遅れたという連絡が入る。

息子マイケルとの会話も少なく、デヴィッドの言葉も疑うキャサリンは憂鬱な日々を送る。

翌朝、デヴィッドが戻っていることに気づいたキャサリンは、マイケルが、ガールフレンドのアンナ(ニーナ・ドブレフ)を部屋に泊めたことを知り、それを注意する。

その後、出かけようとしたキャサリンは、デヴィッドの携帯電話に、昨夜のお礼を伝えるミランダ(メイガン・ヘファーン)という学生からのメールを見てしまう。

その夜、デヴィッドには何も語らずに、友人フランク(R・H・トムソン)と食事をしたキャサリンは、トイレで悲しげな表情の若い女性(アマンダ・セイフライド)と言葉を交わす。

クロエは、キャサリンにヘアピンを渡そうとするが、彼女はそれを遠慮してデヴィッドの元に戻る。

帰りの車内で、パーティーに遅れたことなどでデヴィッドと口論になりかけたキャサリンは、翌日、昨晩の女性と会う。

キャサリンは、その女性クロエ・スウィーニーが娼婦だと承知していて、彼女が夫好みだと考え、浮気の疑いがある夫デヴィッドの行動を探らせようとする。

デヴィッドに偶然会ったように見せかけたクロエは、その時の様子をキャサリンに報告し、もう一度だけ彼を誘うことを頼まれる。

普段の生活に戻り、気分がまぎれたキャサリンは、クロエに今回のことは忘れてもらおうとする。

しかし、クロエがデヴィッドとランチを共にした後、”アレン・ガーデン”でキスしたことを知り、キャサリンはショックを受けて席を立ってしまう。

キャサリンは、自転車で立ち去るクロエが転んだために、その傷を治療し、再びデヴィッドとのことを彼女から聞く気になる。

二人が愛し合ったことを知ったキャサリンは、クロエに病気がないか、その証明となるものを求める。

翌日、その証明書をクリニックに持参したクロエは、そこに現われたマイケルに声をかける。

クロエに気づいたキャサリンは、彼女がデヴィッドと会うことを知らされて別れる。

その後、クロエから連絡を受けたキャサリンは、彼女がデヴィッドと愛し合ったホテルの部屋に向かい、二人のした行為についてを聞ながら、欲求を感じてしまう。

辛い現実を知った失意のキャサリンを慰めようと、クロエは彼女にキスしようとする。

しかしキャサリンはそれを拒み、その場を立ち去る。

キャサリンは、動揺しながらマイケルのピアノ演奏会に向かい、その成功をデヴィッドと喜び合う。

しかし、疑惑と欲望が入り混じる思いのキャサリンは、クロエを呼び出し愛し合ってしまう。

クロエは、初めて会った時に、実は話しかけたかったことをキャサリンに伝え、ヘアピンを譲る。

帰宅したキャサリンはデヴィッドに浮気を疑われ、彼は自分の潔白を伝えるが二人は言い争いになり、マイケルもそれを見て両親を非難する。

翌日、クリニックに現われて、関係を続けたいことを伝えるクロエに、キャサリンは、それを終わらせることを伝え彼女を突き放す。

納得のいかないクロエは、マイケルの元に向かい、親交を深めようとする。

キャサリンは、クロエの、デヴィッドから連絡があったという知らせで、彼女をカフェに呼び出す。

デヴィッドも呼んでいたキャサリンは、彼の女性関係などを問い質すが、そこにクロエが現われる。

クロエを見ても全く動揺しないデヴィッドに、彼を疑っていたキャサリンは困惑する。

デヴィッドは、自分が正直に話しているにも拘らず、何も語らないキャサリンを非難して席を立つ。

キャサリンはデヴィッドを追い、クロエに誘惑され、浮気を偽装され現金まで渡し、彼女と愛し合ったことなどを正直に話す。

年齢を重ねるデヴィッドの魅力を再確認できた反面、老いていくだけの自分を悲観するキャサリンは、その思いを彼に伝える。

そんなキャサリンを愛おしく思い、デヴィッドは彼女を抱き寄せる。

クロエは、自宅にいたマイケルを訪ねて愛し合い、帰宅してそれに気づいたキャサリンに、自分を都合よく利用しただけだと言い寄る。

キャサリンは、動揺するクロエを落ち着かせようとする。

しかし、キャサリンを、譲ったヘアピンで傷つけようとしたクロエは、誤って二階から落下して死亡する。

その後、家族は平穏な生活に戻るが、キャサリンは、クロエから譲られたヘアピンをつけていた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

大学教授デヴィッド・スチュアートと産婦人科医の妻キャサリン、音楽家志望である息子のマイケルは、何不自由ない生活を送っていた。
ある日、ふとしたことで、デヴィッドの浮気を疑ったキャサリンは、クリニックに隣接するホテルで客をとる娼婦クロエを雇う。
キャサリンは、クロエをデヴィッドに近づかせ、彼の行動を探らせようとする。
早速、デヴィッドに会ったことを、キャサリンに報告したクロエは、彼女から報酬を受け取る。
自分との肉体関係も殆どなくなったデヴィッドが、クロエを求めたことを知ったキャサリンはショックを受ける。
疑惑は確信となり、自分だけが取り残されていく思いのキャサリンは動揺し、やがてその欲求をクロエに求めてしまう・・・。
__________

各方面で高い評価を受ける、エジプト出身のカナダ国籍の監督アトム・エゴヤン演出の問題作で、トップ・スターのジュリアン・ムーアリーアム・ニーソンなどの魅力的なキャスティングと、同国出身のアイヴァン・ライトマンジェイソン・ライトマンが製作を担当した注目作でもある。

どこにでもある家族崩壊の怖さを、人も羨む、不自由ない生活を送る裕福な家庭で起きることとして、官能的なサスペンス・タッチでそれを象徴的に描いている。

ハリウッド資本は入っているが、製作者らの母国カナダトロントでのロケも興味深い。

夫の浮気の疑惑を明らかにしようとする、妻の単なる嫉妬心を描く作品かと思いきや、さすがに実力派ジュリアン・ムーア主演だけに、それだけでは終わらない中盤以降の展開は見応えがある。

年齢を重ねるごとに魅力が増す夫を再確認し、老いていくのみと悲観して自らをさらけ出す、ジュリアン・ムーアの、見事な感情表現などを観るだけでも価値がある作品。

その妻を理解して優しく抱き寄せる、包容力あるリーアム・ニーソン、主人公を翻弄する娼婦役のアマンダ・セイフライド、息子役のマックス・シエリオット、そのガールフレンド役のニーナ・ドブレフ、夫妻の友人役R・H・トムソン、夫との浮気を疑われる学生メイガン・ヘファーンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター