クリスティーン Christine (1983) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1983年に発表された、スティーヴン・キング同名小説の映画化。
内気な少年に買い取られた廃車寸前の車が、持ち主と一体化して事件を起こす様を描く、監督、音楽ジョン・カーペンター、主演キース・ゴードンアレクサンドラ・ポールジョン・ストックウェル他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・カーペンター
製作
リチャード・コブリッツ
ラリー・J・フランコ

製作総指揮
カービー・マッコーリー

マーク・ターロフ
原作:スティーヴン・キングクリスティーン
脚本:ビル・フィリップス
撮影:ドナルド・M・モーガン
編集:マリオン・ロスマン
音楽
ジョン・カーペンター

アラン・ハワース

出演
アーロルド”アーニー”カニンガム:キース・ゴードン

リー・キャボット:アレクサンドラ・ポール
デニス・ギルダー:ジョン・ストックウェル
ウィル・ダーネル:ロバート・プロスキー
ラドルフ”ルディ”ジャンキンス:ハリー・ディーン・スタントン
レジーナ・カニンガム:クリスティーン・ベルフォード
ジョージ・ルベイ:ロバーツ・ブロッサム
ロザンヌ:ケリー・プレストン
ケーシー:デヴィッド・スピルバーグ
クラレンス”バディ”レパートン:ウィリアム・オストランダー
ピーター”ムーチー”ウェルチ:マルコム・ダネア

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1983年製作 110分
公開
北米:1983年12月9日
日本:1984年5月5日
製作費 $9,700,000
北米興行収入 $21,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1957年、デトロイト
真っ赤な”プリマス・フューリー”が、自動車工場で組み立てられるが、ボンネットに手を挟まれた者と、車内で葉巻の灰をシートに落とした作業員が死亡する事件が起きる。

1978年9月12日、カリフォルニア州、ロックブリッジ。
内気な高校生アーロルド”アーニー”カニンガム(キース・ゴードン)は、自動車整備室で不良グループのクラレンス”バディ”レパートン(ウィリアム・オストランダー)やピーター”ムーチー”ウェルチ(マルコム・ダネア)らに絡まれる。

アーニーの親友デニス・ギルダー(ジョン・ストックウェル)が現れ、彼に加勢して抵抗するが、結局はバディに逆恨みされる。

学校からの帰り道、アーニーはスクラップ同然の赤い”プリマス・フューリー”を見かけて、それを手に入れようとする。

アーニーは、”クリスティーン ”と名付けられたその車を買うことを決めて、250ドルで、持ち主ジョージ・ルベイ(ロバーツ・ブロッサム)と話をつける。

帰宅したアーニーは、母親のレジーナ(クリスティーン・ベルフォード)に車を持つことを反対されたため、それをウィル・ダーネル(ロバート・プロスキー)の整備工場に持っていく。

10月9日。
アーニーは、ダーネルの工場で雑用をすることで、廃車の部品を譲ってもらえることになる。

車をいじり始めてから3週間、アーニーの様子に変化が起こり始める。

母レジーナは、前の車の持ち主が車内で亡くなったことを知り、その話を聞かされたデニスは、ルベイに会ってそれを確かめる。

その後、アーニーは愛車”クリスティーン”の修理を終え、男子が憧れる女生徒のリー・キャボット(アレクサンドラ・ポール)を乗せて、キスまでする姿を目撃したデニスは驚いてしまう。

フットボールの試合中だったデニスは、それに気をとられ、ハードタックルを受けて入院してしまう。

11月5日。
ドライブイン・シアターでデートしていたアーニーとリーだったが、リーは、アーニーがクリスティーンのことばかり考えていることに腹を立てる。

その後リーは、クリスティーンに嫉妬されているかのように車内に閉じ込められ、ハンバーガーがのどに詰まり取り乱してしまう。

車を工場に戻したアーニーだったが、バディらがそこに忍び込み、クリスティーンを叩き壊してしまう。

ショックを受けたアーニーは、クリスティーンを家に置かせてくれなかった両親のせいにする。

しかし、クリスティーンはアーニーの目の前で、自ら元の姿に戻ってしまう。

そして、クリスティーンは、ムーチーを路地に追い詰めて殺害する。

11月23日。
ムーチーの死と、壊された車の関係などを捜査し始めた警察のラドルフ”ルディ”ジャンキンス刑事(ハリー・ディーン・スタントン)は、アーニーに会い彼に探りを入れる。

12月16日。
バディをガソリン・スタンドに追い詰めたクリスティーンは、彼の車を潰して爆破する。

走り去ったバディを追ったクリスティーンは、火達磨になりながら彼を轢き殺す。

焼けて工場に戻ってきたクリスティーンに、アーニーが乗ってないことを確認したダーネルだったが、車内で殺されてしまう。

翌日、工場では、警察がクリスティーンを調べていたが、そこにアーニーが戻る。

アーニーはジャンキンスに尋問されるが、ダーネルの用事で出かけていたことを伝える。

リーはアーニーを心配してデニスに相談し、前の持ち主と娘が車内で死んだことを知らされる。

その後、デニスはクリスティーンに乗せられ、何を言っても聞き入れない、人が変わってしまったアーニーに驚く。

翌日の夜、デニスとリーは、警察により閉鎖された工場にアーニーを誘い出す。

既に待ち構えていたアーニーは、クリスティーンで二人に襲い掛かる。

アーニーは傷ついて死亡するが、クリスティーンは、尚も抵抗する。

しかし、デニスはブルドーザーでクリスティーンを踏み潰し、スクラップにしてしまう。

翌日、ジャンキンスは、アーニーを救えなかったことで落胆する、デニスとリーを慰めて英雄だと称える。

そして、鉄の塊となったクリスティーンだったが、一部の部品が動きだす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

校内でいじめに遭う気弱で内気な高校生アーニー・カニンガムは、廃車寸前の、”クリスティーン”という名の赤い”プリマス・フューリー”を気に入り買い取ることにする。
アーニーは、クリスティーンを修理していくと同時に人が変わり始め、校内一の美女リーの心も射止めてしまう。
そんなアーニーの変貌に、親友のデニスは驚いてしまい、クリスティーンの前の持ち主が、車内で死んだことなどを知っていた彼は不吉な予感も感じる。
やがて、アーニーが車のことばかりを考えていることにリーは憤慨し、クリスティーンは彼女に嫉妬して危害を加える。
そんな時、アーニーに恨みを持つ不良少年バディらは、クリスティーンを叩き壊してしまう。
しかし、クリスティーンは自ら元通りに復元しバディらに襲い掛かる・・・。
__________

意思を持った”プリマス・フューリー”(1957年型)が、自分に危害を加える者を襲うという奇抜なアイデアを、鬼才ジョン・カーペンターが監督した異色のサスペンス・ホラー。

話の筋書き自体は単純だが、徹底的に壊された車”クリスティーン”が、自ら復元するSFX及びVFXの素晴らしさなどは注目だ。

主人公が、車の復活と共にワイルドに変貌する展開などもなかなか面白い、B級的ではあるが見所満載の作品だ。

主人公を演ずる「殺しのドレス」(1980)でも前半の気弱な少年が同じような役柄だったキース・ゴードン、恋人となるものの、変貌していく彼についていけなくなるアレクサンドラ・ポール、彼女と力を合わせて”クリスティーン”の暴挙を止める、主人公の親友ジョン・ストックウェル、修理工場オーナーのロバート・プロスキー、事件を追う刑事役のハリー・ディーン・スタントン、主人公の母親クリスティーン・ベルフォード、”クリスティーン”の持ち主ロバーツ・ブロッサム、端役ながらキュートで印象に残る学生、後のジョン・トラボルタ夫人ケリー・プレストン、不良少年ウィリアム・オストランダーマルコム・ダネア等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター