シマロン Cimarron (1960) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1929年に発表されたエドナ・ファーバー同名小説の映画化で、1931年の同名作品のリメイク。
フロンティア・スピリット溢れる男の生き様と、それに反発しつつも力強く生き抜いた妻の半生を描く、監督アンソニー・マン、主演グレン・フォードマリア・シェルアン・バクスター他共演のドラマ。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:アンソニー・マン
製作:エドマンド・グレンジャー
原作:エドナ・ファーバーCimarron
脚本:アーノルド・シュルマン
撮影:ロバート・サーティース
編集:ジョン・ダニング
美術・装置
ジョージ・W・デイヴィス

アディソン・ヒアー
ヘンリー・グレイス
ヒュー・ハント
オットー・シーゲル
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
ヤンシー”シマロン”クラヴァット:グレン・フォード

セイブラ・クラヴァット:マリア・シェル
ディクシー・リー:アン・バクスター
トム・ワイアット:アーサー・オコンネル
ジェシー・リッキー:ハリー・モーガン
ウィリアム・ハーディ/チェロキー・キッド:ラス・タンブリン
サラ・ワイアット:マーセデス・マッケンブリッジ
ウェス・ジェニングス:ヴィック・モロー
サム・ペグラー:ロバート・キース
ペグラー夫人:エイリン・マクマホーン
ボブ・ユーンティス:チャールズ・マグロー
ソル・レヴィー:デビッド・オパトッシュ
ミリス:L・Q・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 MGM

1960年製作 147分
公開
北米:1960年12月
日本:1961年1月
製作費 $200,000


アカデミー賞 ■

第33回アカデミー賞
・ノミネート
美術・音響賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1889年、オクラホマ準州
ヤンシー”シマロン”クラヴァット(グレン・フォード)と、両親に反対されながらも彼と結婚した妻のセイブラ(マリア・シェル)は、政府により開放された入植地競争の出発点に向かう。

野営した翌朝、ヤンシーが昔から可愛がっていた悪党の若者ウィリアム・ハーディ/チェロキー・キッド(ラス・タンブリン)やウェス・ジェニングス(ヴィック・モロー)らが現れ、セイブラを脅かす。

セイブラがヤンシーの妻だと知ったキッドは謝罪し、その場を引き上げる。

その後、出発したヤンシーとセイブラは、入植を目指すトム・ワイアット(アーサー・オコンネル)が立ち往生しているのを気の毒に思い、 彼の妻サラ(マーセデス・マッケンブリッジ)と8人の子供達と行動を共にすることになる。

出発点に着いたヤンシーは、かつて関係したディクシー・リー(アン・バクスター)と顔を合わせ気まずい思いをして、トラブルを起こしていた、ボブ・ ユーンティス(チャールズ・マグロー)に因縁をつけられる。

その後ヤンシーは、新聞社の知人サム・ペグラー(ロバート・キース)とその妻(エイリン・マクマホーン)、さらに印刷工のジェシー・リッキー(ハリー・モーガン)にセイブラを紹介する。

翌日、銃砲と共に、人々は自分の土地の確保を目指して一斉に馬や馬車で疾走を始める。

しかし、直後にワイアットが脱落して夢破れ、妻サラは泣き崩れ、ペグラーの馬車は横転し、彼は後続に轢かれて命を落としてしまう。

ディクシーに先を越されたヤンシーは、ペグラーの遺志を継ぎ、農地を諦めオセージの町でジェシーやソル・レヴィー(デビッド・オパトッシュ)の協力を得て、新聞社”オクラホマ・ウィグワム”を立ち上げる。

騒ぎを起こすキッドに頭を悩ますヤンシーは、、先住民に危害を加えるユーンティスの暴挙に立ち向かい、彼を射殺してしまう。

セイブラのお産にも立ち会えなかったヤンシーだったが、わずかな土地を手に入れたワイアットが、石油の掘削を始めたことに感心する。

その頃、懸賞金付きのお尋ね者になったキッドは襲撃事件を起こし、子供のいる学校に立て篭もる。

ヤンシーが説得に向かうが、ウェスが子供を人質に逃げようとする。

キッドは、それを止めようとしたためにウェスに銃撃されてしまう。

ヤンシーがウェスを射殺し、キッドはヤンシーに見守られながら息絶える。

その事件で町は騒然となるが、自分が立ち直らせることが出来なかったキッドの死を悔やみ、ヤンシーは懸賞金を受け取る気にもなれなかった。

息子シムのためにも、それを受け取るべきだとヤンシーを非難するセイブラの意見に、彼は同意できないのだが、息子を前にして、その幸せを願う気持ちは変わらなかった。

そんな時、ディクシーが土地の売却を考え、ヤンシーにそれに関する書類の作成を依頼し、今も続く愛を彼に告げる。

しかし、ヤンシーはそれを受け入れることは出来ず、彼が全てを捨てることを期待するディクシーの元を去る。

かつて殺された先住民の子供が、学校への入学を拒否されたため、ヤンシーはそれに抗議する。

しかし、町の決定はヤンシーの考えを退け、彼の新聞のスポンサーもなくなる危機となる。

やがて、ヤンシーは新たな入植地競争に挑戦するために、セイブラに新聞社を任せ目的地に向かってしまう。

5年間も戻らないヤンシーの居場所を知ろうと、セイブラは、町で社交クラブを始めたディクシーに、それを知っているか確かめに行く。

ヤンシーが、義勇騎兵隊員としてキューバにいることを知ったセイブラは、 彼が自分を愛していることをディクシーから知らされて安心する。

そして、英雄となったヤンシーは、町の騒ぎを避けて家に戻り、セイブラと抱き合う。

その後、ワイアットが石油を掘り当て、各地でそれに続く油田が見つかる。

石油王となったワイアットが、石油が出た先住民が、追いやられた土地までも買い占めていたことを知ったヤンシーは、それを非難して新聞で報道してしまう。

ヤンシーは、ワイアットの攻撃に成功し、先住民に富をもたらし、その後、知事に任命される可能性がでてくる。

ワシントンD.C.
セイブラを伴い、ヤンシーは議会の年越しパーティーに招待されるが、そこで、知事の席と引き換えに、ワイアットの息がかかる委員会への協力を求められる。

知事夫人となることで、ようやく幸せを掴めると喜ぶセイブラだったが、ヤンシーは知事になることを諦めることを彼女に伝える。

憤慨したセイブラは、家族の幸せを第一に考えられないヤンシーを見限り、彼を追い払ってしまう。

その後、セイブラは、成功したソルの資金提供を得て事業を拡大するものの、息子シムは、先住民の娘と結婚して、彼女の元を去って行く。

1914年。
”オクラホマ・ウィグワム”を大新聞社にしたセイブラだったが、息子シムはほとんど連絡もよこさず、ヤンシーは10年も音沙汰なかった。

そんなセイブラは、”オクラホマ・ウィグワム”創刊25年を、内緒で祝おうとしたシム夫婦や孫達に迎えられる。

開拓民として、共に苦労した人々に囲まれたセイブラは感激して、彼女はスピーチで、どこにいるか分からないヤンシーに感謝する。

やがて、第一次大戦が勃発し、ヤンシーが、再びその戦いに身を投じたことを知らせる便りが、彼の戦死の報告と共にセイブラに届く。

そして、セイブラは、自分の人生そのものだったヤンシーのことを想う。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「シマロン」(1931)

*(簡略ストー リー)

ヤンシー”シマロン”クラヴァットと妻セイブラは、オクラホマ準州の入植地競争に参加する。
かつて関係のあった、ティクシーに先を越されたヤンシーは、農地を諦め、亡くなった知人のペグラーの遺志を継ぎ、オセージの町で新聞社”オクラホマ・ウィグワム”を立ち上げる。
子供の頃から可愛がってきた無法者キッドや、先住民に危害を加える者達に手を焼きながらも、妻セイブラの協力などで、ヤンシーは何とか新聞を発行し続ける。
やがてヤンシーは、新たな入植地に興味を持ち、新聞社をセイブラに任せて目的地に向かってしまう。
その後、数年も戻らなかったヤンシーは、義勇騎兵隊の英雄として町に戻る。
その頃、ヤンシーらと共に、苦労して入植したワイアットが石油を掘り当て、皆がそれに続き、町の様子は一変するのだが・・・。
__________

本作は、西部劇に分類されているが、「ジャイアンツ」(1956)などで知られる、エドナ・ファーバーの大叙事詩あり、その内容も、どことなく「ジャイアンツ」に似ている。

実力派俳優の競演が見所の、2時間半に迫る大作ではあるが、異彩を放つ開拓魂を持つ男”シマロン”の人物像が、ドラマが進むにつれて、印象がしぼんでいってしまうような展開は残念だ。
クライマックスは、妻の大奮闘のみが強調され、主人公の影が薄い結末も、いまいちすっきりしない。

序盤のハイライト、入植地を争う開拓民の大疾走のシーンなど、ロバート・サーティースの撮影は素晴らしく、時代の変遷がよくわかるセットなども、見事な仕上がりとなっている。

上記のように、中盤以降、主役を譲ってしまうようなグレン・フォードだが、男気がありロマンを感じさせる主人公を好演している。

世間知らずのお嬢様から、夫に代わり家族や新聞社を支える力強い女性として奮闘する、マリア・シェルの熱演は見ものだ。

もう少し、ドラマにインパクトを加えて欲しかった、かつて主人公と関係のあった女性アン・バクスター、農地を手に入れることに失敗しながら、石油王になるアーサー・オコンネル、その妻マーセデス・マッケンブリッジ、新聞社の印刷工ハリー・モーガン、無法者のラス・タンブリン、その仲間ヴィック・モロー、入植地争いで命を落とす、新聞社社主のロバート・キース、その妻エイリン・マクマホーン、主人公の協力者デビッド・オパトッシュ、先住民に危害を加える男チャールズ・マグロー、その手下でL・Q・ジョーンズが端役出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター