ザ・クリーナー Cleaner (2007) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

元刑事の”クリーナー”が、警察汚職の発覚を防ごうとする陰謀に巻き込まれながら事件を解決するまでを描く、監督レニー・ハーリン、主演サミュエル・L・ジャクソンエド・ハリスエヴァ・メンデス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:レニー・ハーリン
製作総指揮
エリ・セルデン
ポール・グリーン
ジュリー・ヨーン
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ジョー・ガッタ
製作
アヴィ・ラーナー

サミュエル・L・ジャクソン
スティーヴ・ゴリン
アリックス・マディガン
マイケル・P・フラニガン
ラティ・グロブマン

脚本:マシュー・オルドリッチ
撮影:スコット・キーヴァン

編集:ブライアン・バーダン
音楽:リチャード・ギブス

出演
トム・カトラー:サミュエル・L・ジャクソン

エディ・ロレンゾ:エド・ハリス
アン・ノーカット:エヴァ・メンデス
ジム・ヴァーガス:ルイス・ガスマン
ローズ・カトラー:キキ・パーマー
シェリー:マギー・ローソン
ミゲル:ホセ・パブロ・カンティージョ
アーロ・グランゲ:ロバート・フォスター

アメリカ 映画
配給
スクリーン・ジェム

Millennium Films
2007年製作 88分
公開
北米:2007年12月14日
日本:2009年2月7日
製作費 $25,000,000
世界 $3,768,452


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

元警官のトム・カトラー(サミュエル・L・ジャクソン)は、犯罪現場の清掃業をビジネスにしていた。

几帳面な性格なトムは、妻を亡くし14歳の娘ローズ(キキ・パーマー)と二人暮しをしていた。

そんなトムは、ある殺人現場のクリーニング依頼を受け、手際よくそれを済ませる。

翌日、現場の家の鍵を戻しておくのを忘れたトムは、その家に向かいそれを返そうとする。

しかし、現場の屋敷でトムを出迎えた女性アン・ノーカット(エヴァ・メンデス)は、前日は留守にしていて、清掃を依頼した覚えがないことをトムに告げる。

やがて、その邸宅の主人が失踪したことを知ったトムは、自分が何かの事件に巻き込まれた可能性に気づき、その仕事の資料を封印してしまう。

トムは、元同僚のエディ・ロレンゾ(エド・ハリス)に会い、それとなくノーカット失踪の件に触れ、彼が、警察の汚職に関して、大陪審で証人として召喚されていたことを知らされる。

アンは、トムが現れたことが気になり、彼の元を訪ねて、掃除の内容を聞き出そうとするが、トムはそれを拒む。

そして、トムの仕事現場に現れたエディは、ノーカット邸の鑑識の結果、残されていたのは化学薬品と洗剤だけだったことを彼に告げる。

自分が、ノーカット失踪事件の犯人となりうることを知ったトムは、元同僚ジム・ヴァーガス(ルイス・ガスマン)に探りを入れられる。

母親を失ったローズは、父トムの愛情に餓えていたが、事件に集中する彼は娘に気が回らない。

トムとアンは、知りたいことを正直に話すことで同意し、彼女の夫が殺されたことと、ノーカットが運営する子供福祉財団に、警官への賄賂が記された帳簿があることを確認する。

そして、それにはヴァーガスが関わっていて、記されていた警官バッジの番号の中に、自分の番号があることを知る。

帳簿に記されたバッジの番号を、エディから知らされたトムは、帳簿を焼き捨てるよう彼に忠告される。

従業員のミゲル(ホセ・パブロ・カンティージョ)の家の食事に招待されたトムは、アンを連れ立って楽しい時を過ごす。

しかし、帰宅途中、警官に車を止められ、いきなり殴打されてしまう。

父親まで失いかねない状況に、不安が募るローズは取り乱してしまう。

夫の遺体確認のため、呼び出されたアンに同行したトムは、検死官のアーロ・グランゲ(ロバート・フォスター)から、被害者が数年前に不妊手術を受けていたことを聞く。

トムは、流産したと言っていたアンの話と食い違うことで、彼女が浮気していたことに気づく。

それをエディに知らせたトムは、あくまで真相を解明しようとする。

しかし、エディは帳簿をヴァーガスに渡して、取引するよう提案する。

トムは、アンの愛人がエディだと気づき、彼が合鍵を持っていれば、犯人は他にいると言い、彼女の家からエディに電話をかける。

電話に出たアンは、エディから合鍵は捨てたことを知らされ、トムは彼がアンの夫を殺害したことを確信する。

警察に全てを打ち明けることにしたトムは、ヴァーガスとの取引現場に向かう。

トムとヴァーガスはエディを待つが、ローズからの電話で彼がトムの自宅にいることがわかる。

自宅に戻ったトムはエディと言い争いになり、銃を抜いたエディは、自分の子を中絶させたノーカットが死ぬのは当然の報いだと主張する。

トムは、それがアンの嘘だとエディに知らせ、警察に投降するよう説得する。

しかし、父親トムの危険を察知したローズが、エディを射殺する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

クリーナー”(犯罪現場の清掃業)を営む元警官のトム・カトラーは、ある殺人事件現場の清掃作業依頼される。
仕事を済ませたトムだったが、家の鍵を返し忘れて、翌日、再び現場に向かう。
しかし、出迎えた女性アンは、前日は留守にしていて、清掃を依頼した覚えがないことをトムに告げる。
その後、アンの夫が行方不明となり、トムは彼が殺されたと確信する。
トムは、証拠隠滅の片棒を担がされたことに気づき、元同僚である刑事エディに協力を求めるのだが・・・。
__________

アクション派のレニー・ハーリンが、純粋なサスペンスと、主人公と家族の過去を絡めた、細やかな心理描写を描いた人間ドラマとして仕上げ、派手さはないが、その作風に新鮮味が感じられる。

アメリカでは、実際に多くの場で活躍する”crime scenecleanup”が非常に興味深く、「サンシャイン・クリーニング」(2009)でも登場する職業だが、こちらは生活のため、仕方なく始めた素人の仕事に対し、本作は、プロの技が見事に描写されているところや、魅力的なキャストも注目の作品となっている。

主人公を演ずるサミュエル・L・ジャクソンは、見かけに反し、几帳面で神経質な一面見せる、妻を亡くした元警官を繊細に演じている。

彼を利用する元同僚で、孤独感から過ちを犯してしまう、殺人犯を演ずるエド・ハリスの、重みのある演技が作品を締め、エヴァ・メンデスの怪しげな魅力も注目だ。

悪徳警官そのもののような風貌のルイス・ガスマン、主人公の娘キキ・パーマー、社員のホセ・パブロ・カンティージョ、検死官ロバート・フォスター、秘書マギー・ローソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター