クローバーフィールド Cloverfield (2008) 3/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎の巨大生物がマンハッタンに出現し、ある若者が友人と協力して恋人を助けようとする姿を描く、製作J・J・エイブラムス、監督マット・リーヴス、主演マイケル・スタール=デヴィッドオデット・ユーストマンリジー・キャプラン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:マット・リーヴス
製作
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮
ガイ・リーデル
シェリル・クラーク
脚本:ドリュー・ゴダード
撮影:マイケル・ボンヴィレイン
編集:ケヴィン・スティット

音楽:マイケル・ジアッチーノ

出演
マイケル・スタール=デヴィッド:ロブ・ホーキンス
オデット・ユーストマン:ベス・マッキンタイア
リジー・キャプラン:マリーナ・ダイアモンド
ジェシカ・ルーカス:リリー・フォード
T・J・ミラー:ハッド・プラット
マイク・ヴォーゲル:ジェイソン・ホーキンス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2008年製作 85分
公開
北米:2008年1月18日
日本:2008年4月5日
制作費 $25,000,000
北米興行収入 $80,034,302
世界 $170,764,026


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アメリカ合衆国国防総省、デジタル記録、事件目撃記録、暗号名”クローバーフィールド”。

カメラ回収地点、かつて”セントラルパーク”と呼ばれた公園。
__________

ニューヨーク
4月27日 6:41AM
ロブ・ホーキンス (マイケル・スタール=デヴィッド)は、恋人ベス・マッキンタイア(オデット・ユーストマン)の父が保有する、マンハッタンの高層アパートで彼女と過ごす。

5月22日 7:20PM
ロブの、日本転勤の送別”サプライズ”パーティーが開かれていた。

喜ぶロブだったが、ベスが男連れだったので、二人は口論になり、彼女は帰ってしまう。

その時、,地響きと共に凄まじい爆発音がマンハッタンに響き渡る。

テレビの臨時ニュースでは、各地で惨事が起き、大地震かとも思われた。

その瞬間、通りに出ていたロブ達の目の前に、もぎ取られ飛ばされた自由の女神の頭部が落下してくる。

そして、ビルの陰には、巨大生物が見えて街を破壊していた。

ビルは崩壊し、橋は崩れ落ちて人々は大パニックになり、ロブ達も避難しようとするが、彼の弟ジェイソン(マイク・ヴォーゲル)が命を落とす。

ベスから、アパートで身動きできないとの連絡があり、ロブは救出に向かう。

ロブ、マリーナ・ダイアモンド(リジー・キャプラン)、リリー・フォード(ジェシカ・ルーカス)、ハッド・プラット(T・J・ミラー)は、地下鉄伝いにベスのアパートに向かうのだが、途中、正体不明の生物に襲われ、マリーナが負傷してしまう。

何とか軍隊の避難所に到着した4人だったが、マリーナは軍に隔離されて、傷が悪化して死亡する。

そしてロブは、ベスのアパートに向かうことは許可されるが、政府がマンハッタン全域を破壊する計画があることを知らされる。

ベスの元に向かったロブ達は、倒壊寸前のアパートの隣のビルの階段を上がる。

屋上から負傷したベスのアパートにたどり着いたロブ達は、瓦礫の下敷きになったベスをなんとか助け出す。

ロブ達は、救出ヘリコプターの発着所でリリーとはぐれ、別のヘリで飛びたつものの、軍の総攻撃が始まり、ヘリは墜落してしまう。

一命を取り留めたロブ、ベス、ハッドの三人だったが、ハッドが謎の巨大生物に殺されてしまう。

5月23日 土曜日 6:42AM
ロブとベスは逃れるが、軍の攻撃は更に激しくなり、二人は覚悟を決めて、この事件を一部始終記録していたカメラに向かい、遺言を残す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
ロブの、日本転勤の送別パーティーが開かれていた。
喜ぶロブだったが、恋人ベスが男連れだったことで彼女と口論になる。
ベスは帰ってしまうが、その直後、地響きと共に凄まじい爆発音が響き渡る。
各地でも惨事が起き、大地震かとも思われたその時、通りに出ていたロブ達の目の前に、自由の女神の頭部が落下してくる。
街を破壊する巨大生物を目撃したロブは、数人の友人と共に避難しようとする。
正体不明の生物に襲われ、負傷者を出しながら、軍隊の避難所に到着したロブは、ベスのアパートに向かおうとするのだが・・・。
__________

WebSiteなどを見ても、詳しい解説などが全くないのでとまどってしまい、鑑賞する際の警告がやたらに目立つ宣伝も、不可思議な感じのする作品。

ハンディ・カメラの映像、スターの出演もなく、正直あまり期待していなかった作品でもある。

そのハンディ・カメラの映像がいつ終わるのかと思っていると、全編そのまま続いてしまうのには驚く。

要するに、冒頭の説明にあるように、この映像は、政府及び軍が保管する記録映像だということなのだ。

避難しながら動き、揺れ、そして落とす、素人が撮っているようなハンディ・カメラの映像が、予期せぬ事件を目撃、臨場感と迫力のシーンを映し出す。

単純なストーリーに加え、出演者も無名ということで、本作が普通のカメラ映像なら、ここまで話題にはならなかったかもしれない。

見慣れている自由の女神の頭部が飛ばされ、路上に転がってくるシーンなども、妙に新鮮味がある。

謎の生物が、何なのか・・・
地球外生物のような雰囲気もあり、何が目的でどこから来たのかも結局は分からない。

また、見逃せないのが、マンハッタンの破壊される街並みの見事なセットと特撮だ。

B級作品的に思われてしまうのが残念だが、手抜きが感じられないところも満足できる作品でもある。

主人公のマイケル・スタール=デヴィッド、その恋人役のオデット・ユーストマン友人のリジー・キャプランジェシカ・ルーカスT・J・ミラー、弟マイク・ヴォーゲルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター