コールド マウンテン Cold Mountain (2003) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1997年に発表された、チャールズ・フレイジャーの小説”Cold Mountain”を基に製作された作品。
南北戦争に出征した青年と、彼の帰りを待つ牧師の娘の一途な愛を描く、製作シドニー・ポラック他、監督、脚本アンソニー・ミンゲラ、主演ジュード・ロウニコール・キッドマンレネー・ゼルウィガードナルド・サザーランドフィリップ・シーモア・ホフマンレイ・ウィンストン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:アンソニー・ミンゲラ
製作
アルバート・バーガー

ウィリアム・ホーバーグ
シドニー・ポラック
ロン・イェルザ
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン

ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・オシャー
イアイン・スミス

原作:チャールズ・フレイジャーCold Mountain
脚本:アンソニー・ミンゲラ

撮影:ジョン・シール
編集:ウォルター・マーチ
音楽:ガブリエル・ヤレド

出演
W・P・インマン:ジュード・ロウ

エイダ・モンロー:ニコール・キッドマン
ルビー・シューズ:レネー・ゼルウィガー
モンロー:ドナルド・サザーランド
ヴィージー:フィリップ・シーモア・ホフマン
ティーグ:レイ・ウィンストン
ボジー:チャーリー・ハナム
サリー・スワンガー:キャシー・ベイカー
エスコー・スワンガー:ジェームズ・ギャモン
スタブロッド・シューズ:ブレンダン・グリーソン
パングル:イーサン・サプリー
ジョージア:ジャック・ホワイト
ジュニア:ジョヴァンニ・リビシ
マディ:アイリーン・アトキンス
サラ:ナタリー・ポートマン
盲目の老人:トム・アルドリッジ
医師:ジェームズ・レブホーン
モーガン夫人:エミリー・デシャネル
渡し舟の少女:ジェナ・マローン
ライラ:メローラ・ウォルターズ
オークリー:ルーカス・ブラック
バードルフ:キリアン・マーフィー

アメリカ/イギリス/ルーマニア/イタリア 映画
配給 ミラマックス

2003年製作 154分
公開
北米:2003年12月25日
日本:2004年4月24日
製作費 $79,000,000
北米興行収入 $95,632,614
世界 $173,013,509


アカデミー賞 ■

第76回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(レネー・ゼルウィガー)
・ノミネート
主演男優(ジュード・ロウ)
撮影・編集・作曲・歌曲賞(Scarlet Tide/You Will Be My Ain True Love)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1864年7月30日、バージニア州、ピーターズバーグ
南北戦争末期、北軍南軍の防衛線の地下に大量の爆薬を仕掛ける。
(リッチモンド・ピータースバーグ方面作戦/クレーターの戦い)

南軍兵士W・P・インマン(ジュード・ロウ)は、故郷ノースカロライナ州のコールドマウンテンで、短期間ではあるが心通じ合った牧師の娘エイダ・モンロー(ニコール・キッドマン)の写真を見ながら彼女を想う。

エイダから渡された本に写真を挟み戦いに備えるインマンは、突然の大爆発により吹き飛ばされる。

3年前、コールドマウンテン。
父親モンロー(ドナルド・サザーランド)と共にサウスカロライナチャールストンからこの地に越してきたエイダは、町の人々による教会建設を見守っていた。

そんなエイダは、作業をする青年インマンが、自分に関心があることをサリー・スワンガー(キャシー・ベイカー)から知らされる。

インマンが気になったエイダは声をかけ、彼が狩りや大工仕事をして暮らしていることを知り、農作業ができることも確認する。

無口なインマンは多くを語らず、エイダは彼の気持ちが理解できずに戸惑ってしまう。
___________

土砂に埋もれていたインマンはその場から這い出し、エイダの写真と本を見つける。

その後、インマンと同郷の青年オークリー(ルーカス・ブラック)は北軍の突撃に気づく。

北軍兵は、爆破でできたクレーターから這い上がれず南軍兵に狙い撃ちされる。

やがて激しい戦いは始まり、インマンは傷ついたオークリーを助け出し、その日の南軍は勝利する。

瀕死のオークリーを見舞った同郷のバイオリン弾きスタブロッド・シューズ(ブレンダン・グリーソン)は、彼のために曲を弾こうとする。

しかしオークリーは、”コールドマウンテンに先に戻る”と言い残し、インマンとスタブロッドに見守られながら息を引き取る。
___________

届いたピアノを運ぶエイダはサリーの農場に立ち寄り、インマンが彼女の畑を耕していることに気づく。

親しくなりたければ挨拶するべきだとサリーに言われたエイダは、インマンの考えが理解できないため、ピアノを弾きながらその場を通り、それの気づいた彼の様子を窺う。

教会が完成したため、住民を家に招待して挨拶したモンローは、無作法なこの地域の元大地主ティーグ(レイ・ウィンストン)についてを、サリーの夫エスコー(ジェームズ・ギャモン)に尋ねる。

エスコーは、モンローや自分の土地をティーグが取り戻そうとしていることを伝える。

表にいたインマンに気づいたエイダは、彼に話しかけて、戦争に志願したことについてなどを尋ねる。

出征を前に写真を撮ったのかなどを聞かれたインマンは、気持ちを伝えたくともエイダと話がかみ合わない。
___________

エイダの手紙を受け取っていたインマンは、斥候を命ぜられて出撃し敵の反撃に遭い首を撃たれてしまう。
___________

インマンは、父親が使っていた楽譜を渡すためにエイダの家であるブラック・コーブ牧場を訪ね、彼女とモンローと共に散歩をすることになる。

モンローは肺を患っていたため、空気のきれいなこの地に越してきことをインマンに伝える。

家に戻ったエイダは、楽譜にインマンの写真が挟まっていたことに気づき喜ぶ。

その後、ノースカロライナは州を離脱して参戦することになり、インマンとエイダは、複雑な思いで歓喜する若者達を見つめる。

ティーグは義勇軍の指揮官となり、北の支持、又は戦争を批判する者達を監視することになる。
___________

負傷して移送されるインマンは、なくしていた本を渡される。
___________

エイダは、出征するインマンに本と自分の写真を渡す。

インマンは多くを語らずエイダにキスし、彼女に見守られながら若者達と戦地へと向かう。
___________

病院を訪れたモーガン夫人(エミリー・デシャネル)は、医師(ジェームズ・レブホーン)にその場を案内される。

夫人は、”コールドマウンテン・・・”と呟くインマンに気づき寄り添う。

インマンからの便りが届かないエイダは、それを心配する父モンローに財政状態を話し、冬が越せるか不安であることを伝える。

その後モンローは、エイダのピアノの曲を聴きながら静かに息を引き取る。
___________

モーガン夫人は、差出人が分からない手紙をインマンに読んで聞かせる。

父親が亡くなりブラック・コーブ牧場は荒れ果て、インマンの生死も不明な上、生活に困窮するエイダにティーグが接近する。

サリーらの施しも受けようとしないエイダの支えはインマンだけであり、彼の帰りをひたすら待つしかなかった。

インマンは、エイダの手紙が”全てを捨てて戻っって来てほしい”と締めくくられていることを知る。

回復したインマンは、愛する者のところに戻るのは危険だと盲目の老人(トム・アルドリッジ)に忠告される。

脱走兵は銃殺であることを知りつつ、インマンはエイダの元に戻る決心をして旅立つ。

コールドマウンテン。
同じ頃、ティーグの部下ボジー(チャーリー・ハナム)は、脱走兵を反逆罪とみなし、匿った者も罰せられることを通達する。

父親の形見の懐中時計まで手放そうとしたエイダは、手を差し伸べてくれるサリーに、全てを失ったことを伝える。

この地を去る気持ちはないことを付け加えたエイダは、井戸を鏡で覗くと未来が見えるとエスコーに言われ、それを試してみる。

エイダは、井戸の中にインマンが見えたような気がして動揺する。

数日後、手伝いとしてブラック・コーブ牧場に現れたルビー・シューズ(レネー・ゼルウィガー)が、エイダと同等の立場でいられることをジィう件に強引に居座る。

その頃インマンは、牧師でありながら奴隷の女を妊娠させたため、彼女を殺そうとしていたヴィージー(フィリップ・シーモア・ホフマン)に出会う。

ヴィージーに銃を向けたインマンは、彼の家に向かい女を助ける。

インマンは、ヴィージーを表に縛り上げてその場を去る。

翌早朝からエイダは、ルビーに指示されて労働を始める。

義勇軍に追われたインマンは、逃れて来たヴィージーに沼地で再会し、彼と共に川を渡ろうとする。

渡し舟の少女(ジェナ・マローン)に金を払うものの、彼女は義勇軍に撃たれてしまい、インマンとヴィージーは船を懸命に漕ぎその場から逃げる。

重労働に耐えながらインマンを想うエイダは、冬を越すためにピアノと食料を交換する。

難を逃れたインマンとヴィージーは、森の住人ジュニア(ジョヴァンニ・リビシ)に出会い、家に招かれて食事と酒を与えられる。

酔ったインマンは、食事後にジュニアの妻ライラ(メローラ・ウォルターズ)に迫られる。

そこに義勇軍が現れ、ジュニアに売られたインマンとヴィージーは捕えられる。

仕事にも慣れてきたエイダは、ルビーと共にサリーの家を訪ねる。

ルビーは、サリーが自分達を招き入れなかったことを不思議に思うが、エイダは気にしなかった。

移送中、北軍が近づき身を潜めていたインマンらだったが、鎖につながれた彼らはその場から逃れる。

ヴィージーは敵に気づかれるよう叫び声をあげ、彼は義勇軍の指揮官に撃たれてしまう。

インマンらは丘から転げ落ちて義勇軍は全滅する。

エイダの様子を見に来たティーグは、ルビーに農場を乗っ取られると言って忠告し、この土地は自分のものだと言い放つ。

意識の戻ったインマンは、ヴィージーの死を確認する。

現れたティーグらを警戒するエスコーは、息子を隠していると言われて殺害される。

サリーは柵で指を潰されて拷問を受け、隠れていた息子二人は、母親を助けようとして射殺される。

銃声が聞こえたためサリーの家に向かったエイダとルビーは、殺されたエスコーを見つけて息のあったサリーを助ける。

老女マディ(アイリーン・アトキンス)に救われたインマンは、傷の手当てをされながら、故郷のエイダの元に帰りたい気持ちを彼女に伝える。

サリーを介抱していたエイダは、盗みに入り罠にかかった男がいることをルビーから知らされる。

しかし、その男はルビーの父親スタブロッドで脱走兵であり、相棒のパングル(イーサン・サプリー)ともう一人とで山に籠っているいう彼をルビーは追い出してしまう。

体力が回復したインマンは、マディに食料などを渡されて旅立つ。

翌朝、スタブロッドはルビーのために歌いパングルはもらったコートのことを感謝し、二人は山に戻る。

食料もなくなり、雨の中、ある民家にたどり着いたインマンは、産まれて間もない子供と暮らす未亡人のサラ(イーサン・サプリー)に招き入れられる。

サラは、子供が病気であることを伝えてインマンを警戒する。

夫が戦死したことなどを話したサラは、インマンに食事と衣服、そして寝床を与える。

ベッドに入ったサラは、インマンに寄り添って寝てほしいことを伝えて涙する。

インマンは愛している人がいることを話すが、辛い思いに耐えながら生きているサラの気持ちを察し、彼女を抱き寄せて眠らせる。

クリスマス。
スタブロッドとパングル、そして青年ジョージア(ジャック・ホワイト)と共に、エイダ、ルビー、サリーは楽しい夜を過ごす。

ルビーとジョージアは意識し合い、彼女はスタブロッドに山に戻るよう指示する。

翌朝、北軍が来たことに気づいたサラは、インマンに逃げるようにと指示する。

戦うつもりのインマンだったが、自分達が殺されると言うサラは彼を逃がす。

サラは兵士に家から出されて縛られ、子供も地面に放置される。

豚がいることを伝えたサラは、子供が病気だと言って泣き叫ぶ。

サラは、兵士に家の中に連れて行かれて乱暴されそうになるが、戻っていたインマンが待ち構える。

兵士の一人バードルフ(キリアン・マーフィー)は、子供の様子を気にする。

もう一人の兵士が家の中に向かい、インマンが斧でその男を殺す。

先に入った兵士も殺していたインマンは、バードルフに銃を向けてブーツと衣服を脱ぐようにと指示する。

インマンはバードルフを逃がすが、子供を家の中に入れたサラは彼を射殺する。

スタブロッドらは野営をして眠り、死んでいた子鹿の肉を食べたジョージは、吐き気がして目覚めその場を離れる。

そこにティーグらが現れ、火で暖まらせてほしいとスタブロッドに伝え、ボジーは彼に何か曲を弾くようにと 指示する。

それに従ったスタブロッドは警戒するものの、パングルがルビーのことなど余計な話をしてしまう。

スタブロッドは、ルビーが戦争には無関係だと言ってエイダにも手を出さないようにとティーグに伝える。

それを無視するティーグとボジーは、二人を銃撃する。

全てを目撃していたジョージアはブラック・コーブ牧場に向かい、その件をエイダとルビーに知らせる。

エイダとルビーは山に向かい、現場に着いた二人はパングルの死体を見つける。

スタブロッドの息があることに気づいた二人は、彼の背中の弾丸を摘出して、付近にあった小屋に向かう。

食料を手に入れようとしたエイダは、近づいてくる男に気づき銃を向ける。

その男インマンは、エイダが自分に気づかないために引き返そうとする。

男がインマンであることを知ったエイダは驚き、彼を小屋に連れて行きルビーに紹介する。

エイダは、黒いカラスと共に現れたインマンが、自分の前で倒れたのをサリーの井戸で見たことをルビーに話す。

その夜、眠っていたエイダはインマンが見張っていることに気づき、彼と手紙のことなどを話す。

インマンは、エイダを想っていたからこそ苦しみに耐え再会できたことを伝えるが、異常な世の中を見てきた自分の心は汚れていると語る。

起きてきたルビーは、不平を言いながらも気を利かせて部屋を開け、エイダはインマンを誘う。

そして二人は、結婚を約束して愛し合う。

翌朝インマンは、自分が馬でスタブロッドを運ぶことを伝えて、エイダとルビーを徒歩で先に農場へと向かわせる。

ジョージアを捕えたティーグらがエイダとルビーの前に現れ、脱走兵を助けたことで二人の罪を問おうとする。

そこに馬に乗ったスタブロッドが現れ、隙を見て銃を抜いたルビーは撃たれてしまう。

エイダも抵抗し、インマンも襲い掛かりティーグを射殺する。

逃げたボジーを追ったインマンは彼を射殺するが、銃弾を受けてしまう。

その場に向かったエイダは、カラスの後から姿を現し自分の前で倒れたインマンに近づく。

”ようやく君の所に戻れた”と言いながらほほ笑むインマンに愛を告げたエイダは、息を引き取った彼にいつまでも寄り添う。

時は流れ、エイダは、成長した娘グレースと共に牧場で暮らしていた。

エイダは、結婚して子供も生まれていたルビーとジョージア、スタブロッド、そしてサリーとグレースと共に、神に感謝しながら復活祭を祝う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1864年。
南北戦争南軍兵として戦うW・P・インマンは、短期間ではあるが心通じ合った、故郷ノースカロライナ州コールドマウンテンの牧師の娘エイダのことを心の支えとして生き抜いていた。
父を亡くしたエイダは苦しい日々を送るが、手伝いとして現れたルビーや隣人サリーらの協力で、何とか生活を維持していた。
負傷したインマンは、辛い立場のエイダからの手紙を受け取り、何としても戻ってきてほしいという彼女の気持ちを知り戦場から逃れる。
脱走兵となったインマンは、様々な困難を乗り越えながらエイダのことだけを考え、コールドマウンテンに向かうのだが・・・。
__________

離れた地で互いを支えに生きる男女のロマンスではあるが、その二人の心通じ合う愛の描写は極わずかだというところがポイントである。

主人公が出征する前は、惹かれ合うものの二人の愛に対する描写は殆ど成立しない状態で、それが、離れた状況下での互いの愛の深さを強調させる演出となっている。

クライマックスで再会した二人は、当然のごとく激しく愛し合うのだが、たちまち迎える別れ・・・しかし、暗い時代が終わり、辛い”別れ”を乗り越えて希望手に入れる、人々の幸福で締めくくられラストは心地よい。

豪華スター競演は興味深いが、そのオンパレード的な展開が気になり(若手出演者の多くが、この後に活躍しているためそのように思えるのかもしれない)、そのせいか、アカデミー監督賞を受賞した「イングリッシュ・ペイシェント」(1996)に比べると、アンソニー・ミンゲラの演出はやや深みに欠ける感じもする。

アンソニー・ミンゲラの盟友と言える両者、四季の自然を見事に映し出す撮影のジョン・シールガブリエル・ヤレドの美しい音楽は印象に残る。

第76回アカデミー賞では、助演女優賞(レネー・ゼルウィガー)を受賞した。
・ノミネート
主演男優(ジュード・ロウ)
撮影・編集・作曲・歌曲賞(Scarlet Tide/You Will Be My Ain True Love)

北米興行収入は約9600万ドル、全世界では約1億7300万ドルのヒットとなった。

平凡で無口な主人公の青年を淡々と演ずるジュード・ロウの演技は高く評価されてファンの心も捉え、翌年、雑誌”ピープル”で”最もセクシーな男性”に選ばれた。

良くも悪くも彼女らしい、美しさが際立ち過ぎるかなとも思えるヒロインを演ずるニコール・キッドマン、共に生活して彼女を支える、アカデミー賞ゴールデングローブ賞で助演賞をダブル受賞した、体当たりの汚れ役が注目のレネー・ゼルウィガー、ヒロインの父親である牧師のドナルド・サザーランド、問題を起こす牧師で主人公と共に逃亡するフィリップ・シーモア・ホフマン、元大地主で義勇兵の指揮官レイ・ウィンストン、その部下チャーリー・ハナム、ヒロインの隣人夫婦キャシー・ベイカージェームズ・ギャモン、ルビー(レネー・ゼルウィガー)の父親で脱走兵のブレンダン・グリーソン、その相棒イーサン・サプリージャック・ホワイト、森の住人で主人公を騙すジョヴァンニ・リビシとその妻メローラ・ウォルターズ、主人公に食事と寝床を与える未亡人ナタリー・ポートマン、主人公を助ける老女アイリーン・アトキンス、盲目の老人トム・アルドリッジ、医師ジェームズ・レブホーン、負傷した主人公に手紙を読む夫人エミリー・デシャネル、渡し舟の少女ジェナ・マローン、主人公が助ける同郷の兵士ルーカス・ブラック北軍キリアン・マーフィーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター