帰郷 Coming Home (1978) 3.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

脚本家ナンシー・ダウドの原案を基に製作された反戦映画。
ベトナム戦争に夫ボブを送り出し軍病院のボランティアを始めた女性と、心を閉ざす下半身不随の帰還兵との関係を描く、監督ハル・アシュビー、主演ジェーン・フォンダジョン・ヴォイトブルース・ダーン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ハル・アシュビー
製作:ジェローム・ヘルマン
原案:ナンシー・ダウド
脚本
ウォルド・ソルト

ロバート・C・ジョーンズ
撮影:ハスケル・ウェクスラー
編集:ドン・ジンマーマン

出演
サリー・ハイド:ジェーン・フォンダ

ルーク・マーティン:ジョン・ヴォイト
ボブ・ハイド:ブルース・ダーン
ビル・マンソン:ロバート・キャラダイン
ヴァイ・マンソン:ペネロープ・ミルフォード
ディンク・モーブリー:ロバート・ギンティ
ピー・ウィー:チャールズ・サイファーズ
コリーン:オリヴィア・コール
キャシー・デリース:キャスリーン・ミラー
アール・デリース:ビーソン・キャロル
リンカーン医師:ブルース・フレンチ
ヴァージル:ウィリー・タイラー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1978年製作 126分
公開
北米:1978年2月15日
日本:1978年9月2日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $13,470,508


アカデミー賞 ■

第58回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ジョン・ヴォイト)
主演女優(ジェーン・フォンダ)
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ブルース・ダーン)
助演女優(ペネロープ・ミルフォード)
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1968年、春、カリフォルニア
夫のアメリカ海兵隊大尉ボブ・ ハイド(ブルース・ダーン)をベトナムに送り出したサリー(ジェーン・フォンダ)は、同じく恋人のディンク・モーブリー(ロバート・ギンティ)に別れを告げたヴァイ・マンソン軍曹(ペネロープ・ミルフォード)に誘われ彼女の家に向かう。

サリーはヴァイから、弟のビル(ロバート・キャラダイン)が軍隊で精神を病み、入院生活を送っていることを聞かされる。

そんな話を聞いたサリーは、病院で働いているヴァイの紹介で、ボランティアの仕事をすることにする。

病院でサリーは、下半身不随の戦傷者でベトナム帰還兵のルーク・マーティン(ジョン・ヴォイト)が、不平を言い取り乱している場に遭遇する。

基地内の将校宿舎から引っ越したサリーは、早速、病院で働き始める。

ルークが高校時代の同級生だと気づいたサリーは、彼の病室に向かい軽く言葉を交わす。

その後サリーは、心を閉ざし人々に悪態ばかりつくルークに腹を立てたりもする。

それと同時にサリーは、世間の人々が傷病軍人に無関心なことを知りショックを受ける。

そんな時、ビルの気持ちを理解し、優しく接するルークを見たサリーは、彼を自宅の食事に誘う。

食事の後、ルークはサリーを求めるが、彼女は夫ボブを裏切れないことを伝え、二人の心だけは触れ合う。

ボブからの連絡で、サリーは休暇の取れたボブの元に向かうことになる。

サリーは、退院できることになったルークにそれを伝え、ボブの待つ香港に向かう。

夫に再会したサリーだったが、ボブはサリーが病院で働いていることが不満だった。

さらにボブは、実際の戦争が、思い描いていたものとは違っていたことで苦悩していた。

その頃、退院したルークは車を手に入れ、買い物などをして気ままな生活を楽しんでいた。

ある夜、ビルの様子がおかしいとの連絡を受けたルークは、病院に急行する。

ビルは血管に空気を注射してしまい、ルークが駆けつけた時には手遅れだった。

帰国したサリーは、ビルのことをヴァイから聞き、落ち込む彼女を慰めクラブに向かい、二人は男を誘ってしまう。

同じ頃ルークは、海兵隊の新兵訓練施設の門に、 チェーンで自分の体を巻きつけ、反戦を掲げ抗議行動を始める。

ヴァイは、酔った勢いで浮かれてはしゃぐが、突然ビルのことを思い出し、サリーの胸の中で泣き崩れてしまう。

ルークの行動をテレビ報道で知ったサリーは、警察に拘束された彼の身柄を引き取りに行く。

そしてサリーは、ルークに一夜を共に過ごすことを伝え、彼のアパートに向かい、二人は愛し合う。

その後も愛を確かめ合う二人だったが、サリーは夫ボブが帰還した後のことを考えると心が沈む。

そんな二人はFBIから監視されていたが、やがてボブが帰国することになる。

足を負傷して帰国したボブはサリーに迎えられ、彼女の変化を気にしながら自宅に向かい、ヴァイの歓迎も受ける。

しかし、ボブは名誉の負傷ではなく、シャワー室で自分の足を誤って撃ってしまったことを、サリーとヴァイに伝える。

ヴァイは、わざと撃ったのではないかと疑うが、反論したボブは興奮して将校クラブに向かってしまう。

海兵隊員を引きつれて戻ってきたボブは騒ぎ始め、その後、サリーは眠り込んだ彼が拳銃を握りしめているのに気づく。

数日後、上官に呼び出されたボブは、FBIからルークの件を知らされ、彼の元に向かい監視されていたことなどを伝える。

ボブは、サリーにも伝えたと言ったものの、それを彼女に確認したルークは、嘘だとわかり警戒する。

その後、自宅に戻り小銃に銃剣を装着したボブは、サリーを相手に混乱してわめき始める。

そこにルークが現れ、興奮するボブを説得し、英雄になりたかっただけで戦ったと言う、彼を労わるサリーに後を任せて立ち去る。

その後、ボブは戦地での武勲を称えられ表彰され、同じ頃、ルークは高校生の前で反戦について熱く語る。

ボブとサリーは、ヴァイを呼んでバーベキューをすることになっていた。

サリーはヴァイを迎えに行くが、ボブは、浜辺で軍服を脱ぎ、サリーから贈られた指輪を外して入水自殺する。

そしてルークは、涙ながらに、”戦わない選択もある”ことを学生達に伝える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ベトナム戦争に夫ボブを送り出したサリー・ハイドは、親友ヴァイの紹介で軍病院のボランティアを始める。
サリーはそこで、高校の同級生である、下半身不随になった帰還兵のルーク・マーティンに出会う。
心を閉ざして周囲に八つ当たりするルークだったが、サリーは彼と心触れ合うようにもなる。
ボブの休暇で香港に向かったサリーだったが、彼が、思い描いていたような戦争でないことで悩んでいるのを知る。
ルークは退院するが、ヴァイの弟で軍役で精神を病んでいたビルの死をきっかけに、反戦行動で問題を起こし、FBIに監視されるようになる。
帰国したサリーは、拘束されたルークの身柄を引き取り、そして二人は愛し合うようになるのだが、ボブが負傷して帰還するという連絡が入る・・・。
__________

戦争により、夫婦の愛、そして残された妻のもう一つの愛が破壊される姿を、ストレートな反戦映画として描いた、当時はかなり衝撃的な作品であった。

その後は、より過激な反戦映画が作られたために、今観ると、ハル・アシュビーの演出は、かなり”穏やかな”感じを受けることを再確認した。

第58回アカデミー賞では、主演男優賞(ジョン・ヴォイト)、主演女優賞(ジェーン・フォンダ)を受賞した。
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ブルース・ダーン)
助演女優(ペネロープ・ミルフォード)
編集賞

ベトナム戦争当時、多くの若者に支持されたビートルズサイモン&ガーファンクルなどの名曲が随所に挿入され、効果的に使われている。

実際に、反戦運動の先頭に立ち活躍していたジェーン・フォンダの、過激な演技が見られるのかと思いきや、一歩も二歩も引いた間接的な傍観者として、物静かに戦争の悲惨さを見つめる役柄に徹する、その控えめな演技が素晴らしい。

同じく、戦争の直接の犠牲者で、とてつもない偏屈な患者として登場するジョン・ヴォイトの、人生や戦争について見つめ直し、精神的に成長していく傷病兵役の熱演も胸をうつ。

戦争、そして帰国した後の現実に絶望し自ら命を絶つブルース・ダーン、軍の体験で精神を病み絶命するロバート・キャラダイン、その姉ペネロープ・ミルフォード、その恋人ロバート・ギンティなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター