星の王子 ニューヨークへ行く Coming to America (1988)


3.69/5 (32)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

結婚相手を探すアフリカの某国王子がニューヨークで巻き起こす騒動を描く、監督ジョン・ランディス、原作、主演エディ・マーフィ、コンビによる、アーセニオ・ホールジェームズ・アール・ジョーンズ他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ランディス
製作総指揮
マーク・リップスキイ
レスリー・ベルツバーグ

製作
ジョージ・フォルセイJr.

ロバート・D・ウォッチス
原作:エディ・マーフィ

脚本
デビッド・シェフィールド

バリー・W・ブラウスティン
撮影:ウディ・オーメンズ
編集
マルコム・キャンベル

ジョージ・フォルシーJr.
衣装デザイン:デボラ・ナドゥールマン・ランディス
特殊メイク:リック・ベイカー
音楽:ナイル・ロジャース

出演
アキーム・ジャファ王子/クラレンス/ランディ・ワトソン/ソール:エディ・マーフィ

セミー/モーリス/ブラウン牧師/女装男性:アーセニオ・ホール
リサ・マクダウェル:シャーリー・ヘドリー
ジョフィ・ジャファ王:ジェームズ・アール・ジョーンズ
エオリオン王妃:マッジ・シンクレア
ダリル・ジェンクス:エリク・ラ・サル
クレオ・マクダウェル:ジョン・エイモス
パトリス・マクダウェル:アリソン・ディーン
モーリス:ルイ・アンダーソン

オーハ:ポール・ベイツ
ランドロード:フランキー・フェイソン
スウィーツ:クリント・スミス
イマニ・イジー:ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ

イジー大佐:カルヴィン・ロックハート
モティマー・デューク:ドン・アメチー
ランドルフ・デューク:ラルフ・ベラミー
ザムンダの同胞:ヴォンディー・カーティス=ホール
強盗:サミュエル・L・ジャクソン
理髪店の客の青年:キューバ・グッディングJr.

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1988年製作 116分
公開
北米:1988年6月29日
日本:1988年12月10日
製作費 $39,000,000
北米興行収入 $128,152,300
世界 $288,752,300


アカデミー賞 ■
第61回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アフリカのザムンダ王国のアキーム・ジャファ王子(エディ・マーフィ)は、21歳の誕生日を迎えたのだが、何一つ自分で決断して物事を実行する許可が得られないでいた。

その不満を、父王ジョフィ・ジャファ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)と王妃エオリオン(マッジ・シンクレア)に訴えたアキームだったが、彼の意見は聞き入れられない。

アキームの世話係セミ(アーセニオ・ホール)は、何不自由ない王子の贅沢な暮らしを羨むばかりで、彼の悩みに親身になって答えない。

国王の決めた相手との婚約発表を前に、アキームは浮かない顔で式典を迎える。

イジー大佐(カルヴィン・ロックハート)の娘イマニ(ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ)が、アキームの花嫁となるため会場に現れるのだが、彼はイマニを別室に誘い質問を始める。

イマニはアキームが言うがままに従うだけで、彼はとても結婚する気にはなれない。

国王に外国も見てみたいと提案したアキームは、ただ羽目を外したいだけだろうと勘違いされ、40日後には結婚式を挙げることを決められてしまう。

婚礼の儀が開かれるまでに、アキームはセミと共に旅に出ることを決断し、アメリカのニューヨークの”クイーンズ”に向かい、密かに花嫁を探そうとする。

ニューヨークに到着したアキームとセミは、ごく普通の留学生に扮しクイーンズに向かう。

薄汚い街角でタクシーを降りたアキームは、理想の地にたどり着き満足する。

粗末な部屋を探して、ランドロード(フランキー・フェイソン)のアパートを借りたアキームらは、大量の荷物を住民に盗まれてしまう。

アパートの階下の理髪店に顔を出したアキームは、主人のクラレンス(エディ・マーフィ)に、同僚のモーリス(アーセニオ・ホール)やスウィーツ(クリント・スミス)、店に屯するソール(エディ・マーフィ)の前で、生まれた時から伸ばしていた髪の毛を切られてしまう。

その後、アキームとセミは街に出て花嫁探しを始めるのだが、女装の男性(アーセニオ・ホール)などしか見つからず、まともな女性に出会えない。

クラレンスに相談したアキームは、彼にブラウン牧師(アーセニオ・ホール)の教会に案内される。

教会では、美人コンテストに続き、ゲストのランディ・ワトソン(エディ・マーフィ)のショーまで始まってしまう。

その場を楽しむアキームは、信者でハンバーガー・ショップのオーナー、クレオ・マクダウェル(ジョン・エイモス)の娘リサ(シャーリー・ヘドリー)に一目惚れしてしまう。

翌日アキームは、クレオの店を訪れ、そこで働かせてもらおうとする。

アキームとセミは雑用係として雇われることになり、事務を担当するリサを見つけたアキームは、早速、彼女に挨拶するものの、素っ気無い態度をとられてしまう。

クラレンスに、リサを物にしたければ、父親に気に入られることだと助言させられたアキームは、彼女の父クレオに近づくが相手にされない。

さらにリサは、ヘアスプレー”ソウル・グロウ”を当てた父のすねかじりダリル・ジェンクス(エリク・ラ・サル)と付き合っていたため、アキームの付け入る隙は全く無かった。

ダリルが、リサにプレゼント攻勢をかけているということを知り、アキームは彼女に高価な宝石を贈る。

リサの妹パトリス(アリソン・ディーン)に、バスケットの試合に誘われたアキームは、リサに同行したダリルにアフリカ出身をからかわれる。

その場でアキームを見つけた、ザムンダの同胞(ヴォンディー・カーティス=ホール)は感激してしまい、王子との記念写真撮影を求め、それを見ていたリサは驚いてしまう。

翌日、店でリサに話しかけられていたアキームは、押し入って来た強盗(サミュエル・L・ジャクソン)を、セミと共に撃退してしまう。

クレオに感謝されたアキームとセミは、屋敷のパーティーに呼ばれるが、二人はそこでも雑用係だった。

アキームは、クレオにバーのカウンター係を任され、セミが来客にシャンパンを配り始める。

そしてダリルが、リサにプロポーズしたと発表してしまう。

リサは、ダリルの勝手な行動に憤慨して席を外してしまい、それをアキームが優しく慰める。

その後、労働に疲れたセミが不満を抱き始め、店のスタッフのモーリス(ルイ・アンダーソン)に、2年頑張れば出世できると励まされるものの、セミは嫌気がさしてしまう。

一方、アキームはリサとの親交を深め、彼女を安アパートに招待するが、セミが内部を豪華に改造してしまっていた。

急遽、リサと外食することにしたアキームは、セミの現金を没収し、ホームレスのモティマー・デューク(ドン・アメチー)とランドルフ(ラルフ・ベラミー)兄弟に渡してしまう。

アキームとリサは心が通い合い、彼女は”貧しさ”を恥じることはないとアキームを励ます。

滞在費が無くなったセミは、100万ドルを送金してもらおうと国王宛に電報を打つ。

アパートに帰ったセミは、パトリスに優雅な生活を知られてしまい、彼女に素性がばれてしまう。

セミは、自分が王子だとパトリスに話してしまい、アキームは、家主のランドロードの部屋と換えてしまう。

そんな時、セミの電報を見たジャファ国王が、側近のオーハ(ポール・ベイツ)などを引き連れてニューヨークに到着し、王子アキームのアパートに現れる。

国王は、アキームが働いていることに驚き、セミは監視役を降ろされ、国王の滞在する”ウォルドルフ=アストリア”に監禁されることになるが、彼はそれを歓迎する。

娘に苦労させたくない一身のクレオは、何とかリサと裕福なダリルを結婚させたかったのだが、そこにジャファ国王一行が現れる。

クレオは、アキームが王子だと知り驚き、リサが彼とデートをしているのを知り喜んでしまう。

その頃、アパートに戻ったアキームは、国王が現れた気配を感じ、セミが”ウォルドルフ=アストリア”に行ったことを知る。

リサの家に向かったアキームは、クレオに歓迎されるが、彼は国王に連絡を入れてしまう。

現れたダリルを追い払ったクレオだったが、アキームはその場を立ち去る。

父からアキームが王子だと知らされたリサは、複雑な思いでアキームのことを考える。

ウォルドルフ=アストリア”に着いたアキームだったが、国王らがクレオの家に向かったことをセミから知らされる。

国王はクレオの家に到着し、アキームには婚約者がいて、アメリカには女遊びに来たとリサに話してしまう。

リサは気分を害して外出してしまい、国王は彼女がアキームには釣り合わないと言い放ち、金で解決しようとする。

それを聞いたクレオは、無礼な国王に憤慨し、エオリオン王妃も国王の暴言を非難する。

そこにアキームとセミが現れ、アキームは王妃に後押しされ、国王の命令に背きリサを追う。

街角でリサを見つけたアキームは、彼女を追い誤解を解こうとする。

アキームに結婚を申し込まれたリサだったが、気持ちの整理がつかない。

失意の内にザムンダに帰国することになったアキームだったが、エオリオン王妃は、ばかげた仕来りが王子を傷つけたと国王に語る。

そして、アキームの結婚式が執り行われることになるのだが、国王の計らいで、バージンロードを歩いてきた花嫁はリサだった。


解説 評価 感想 ■
大ヒットコメディ「大逆転」(1983)のジョン・ランディスと、若くしてハリウッドのトップ・スターとなったエディ・マーフィが再び組んだ、抱腹絶倒の痛快コメディ。

*(簡略ストー リー)

アフリカ某国の王子アキーム・ジャファは、父王が選ぶ花嫁を押し付けられるのが不満だった。
アキームは、結婚相手を自分で探そうとして、世話係のセミを伴い、ニューヨーククイーンズに向かい生活を始める。
その後、理想の花嫁探しが難航する中で、アキームは、ハンバーガー・ショップの経営者クレオの娘リサに一目惚れしてしまう。
アキームは、自分の身分を隠しアフリカの留学生に扮して、セミと共にクレオの店で働くことになる。
二人は、あの手この手でリサの心を掴もうとするのだが、それが父王ジャファに知られてしまう。
ようやくリサと親交を持ったアキームだったが、そこに、国王とエオリオン王妃が現れ、大騒動になる・・・。
__________

大ヒット作を連発していたエディ・マーフィにとっては、第一期絶頂期の最後?を飾る作品で、北米で約1億2800万ドル、全世界では約2億8900万ドルの興行収入を上げた大ヒット作。

非常に完成度の高いコメディでもあり、自然に囲まれたのどかな雰囲気のアフリカの架空の小国”ザムンダ”と、荒れ果てた社会構造が見え隠れするニューヨークの、生活環境のギャップなどの描写も実に興味深い。

第61回アカデミー賞で衣装デザイン賞にノミネートされた、ジョン・ランディス夫人のデボラ・ナドゥールマン・ランディスの、大胆な衣装も素晴らしい。

また、一人何役もこなすエディ・マーフィのパフォーマンスも見事な、リック・ベイカーのメイクアップも同賞にノミネートされた。

特筆すべきは、スマートなギャグの面白さで、前記の「大逆転」(1983)でエディ・マーフィ演ずる主人公に奈落の底に突き落とされた大富豪のデューク兄弟(ドン・アメチーラルフ・ベラミー)をホームレスで登場させる場面は最高だ。
王子に恵んでもらった大金で、復帰しようと意気込む二人に、拍手を送ったファンも多いだろう。

原作も担当のエディ・マーフィは、抜群のコメディ・センスに加え、王族としての品格と、洗練された輝きを持った人物を見事に演じている。
彼の4役は圧巻で、本作をはじめとして、この手法はその後、彼の作品でも楽しむことができる。

同じく4役をこなす、いい加減な世話係が実に彼らしいアーセニオ・ホール、王族に臆することなく自己主張する、主人公と結ばれる女性シャーリー・ヘドリー、傲慢な国王ながら、ラストで人間味を見せるジェームズ・アール・ジョーンズ、その国王と王子を見守る思慮深い王妃のマッジ・シンクレア、典型的などら息子のエリク・ラ・サル、苦労人故に娘達の幸せを願うハンバーガー・ショップのオーナー、ジョン・エイモス、次女アリソン・ディーン、店員ルイ・アンダーソン、国王の側近ポール・ベイツ、アパートの家主フランキー・フェイソン、理髪店の店員クリント・スミス、王子の婚約者役のヴァネッサ・ベル・キャロウェイ、その父親カルヴィン・ロックハート、ザムンダの同胞ヴォンディー・カーティス=ホール、そして、無名時代で強盗のサミュエル・L・ジャクソンと理髪店でカットしてもらい、ニタニタしているだけの、これがデビュー作となるキューバ・グッディングJr.も登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。