コンフィデンス Confidence (2003) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

裏社会の大物の金を騙し取ったために、その代償として大掛かりな詐欺を仕掛ける集団の駆け引きを描く、監督ジェームズ・フォーリー、主演エドワード・バーンズレイチェル・ワイズポール・ジアマッティブライアン・ヴァン・ホルトアンディ・ガルシアダスティン・ホフマン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・フォーリー
製作
マイケル・バーンズ
マーク・バタン

マイケル・オホーヴェン
マイケル・パセオネック
製作総指揮
スコット・バーンスタイン
エバーハード・ケイサー
エリック・コペロフ
マルコ・メーリッツ
脚本:ダグ・ユング
撮影:フアン・ルイス・アンチア

編集:スチュアート・レヴィ
音楽:クリストフ・ベック

出演
ジェイク・ヴィッグ:エドワード・バーンズ

リリー:レイチェル・ワイズ
ゴードー:ポール・ジアマッティ
マイルス:ブライアン・ヴァン・ホルト
ルーパス:フランキー・G
ギュンター・ビュターン:アンディ・ガルシア

ウィンストン・キング:ダスティン・ホフマン
トラヴィス:モリス・チェストナット
ロイド・ウィットワース:ドナル・ローグ
オマー・マンザノ:ルイス・ガスマン
アルフォンソ”ビッグ・アル”ムーアリー:ルイス・ロンバルディ
レオン・アッシュビー:ジョン・キャロル・リンチ
モーガン・プライス:ロバート・フォスター
ハーリン:タイニー・リスターJr.
ライオネル・ドルビー:リーランド・オーサー

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2003年製作 97分
公開
北米:2003年4月25日
日本:2004年2月7日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $12,251,640
世界 $23,014,206


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス、3週間前。
ジェイク・ヴィッグ(エドワード・バーンズ)は、バーで仲間のゴードー(ポール・ジアマッティ)を射殺し、ライオネル・ドルビー(リーランド・オーサー)に手伝わせて死体を運び出そうとする。

バーテンダーのマイルス(ブライアン・ヴァン・ホルト)が口出ししたため銃を抜いたジェイクは、銃を向けらて一触即発となる。

パトカーのサイレンを聴き動揺するライオネルはその場から逃げ出し、警察が現れたため車で走り去る。

市警の刑事オマー・マンザノ(ルイス・ガスマン)とロイド・ウィットワース(ドナル・ローグ)はバーに押入るが、詐欺師集団のジェイクらに、到着が遅いと言われる。

ジェイクは、ライオネルを騙して手に入れた大金を山分けし、サクラ役のアルフォンソ”ビッグ・アル”ムーアリー(ルイス・ロンバルディ)らに渡す。

高飛びすることを考えたライオネルは、裏社会の大物ウィンストン・キング(ダスティン・ホフマン)の元に連れて行かれる。

翌朝、ゴードーとマイルスから連絡を受けアルの部屋に向かったジェイクは、アルが殺害されたことを知る。

昔からの仲間のアルを置いて行けないと言うゴードーを説得したジェイクは、部屋をそのままの状態にして立去る。

情報を集めたゴードーは、キングの会計士だったライオネルが貯水池で溺死したことをジェイクに伝える。

大事になったと言って嘆くゴードーは、自分達の名は伏せたものの、アルがライオネルの件を口にしたため、キングに殺されたことを話す。

執念深いキングから逃げるのは無理だと判断したジェイクは、彼に会い話をつけようとする。

オマーとロイドを護衛につけたジェイクは、二人を車に残してキングに会う。

金の出処を知っていたらライオネルを騙さなかったと言うジェイクは、詐欺を仕掛けて奪った金の数倍を返すことをキングに約束する。

ジェイクの詐欺師としての才能を認めたキングは、ライバルである悪党の大物銀行家モーガン・プライス(ロバート・フォスター)から金を巻き上げることを強要し、部下のルーパス(フランキー・G)を仲間に入れるよう指示する。

以前、財布をスラれたリリー(レイチェル・ワイズ)に声をかけて仲間に引き入れたジェイクは、彼女とルーパスをゴードーとマイルスに紹介する。

今回のターゲットがモーガン・プライスだと言うことを知らせたジェイクは、それに驚くゴードーらに500万ドルを奪う計画を話す。

それに乗り気しないマイルスを説得したジェイクは、ゴードーとリリーにも同意させて計画の準備を始める。

運転資金の20万ドルをキングから借りようとしたジェイクは、話をまともに聞こうとしない彼を”ADD”(注意欠陥・多動性障害)だと言って軽蔑する。

AHDH”だと訂正するキングは、同行したリリーを牽制し、ジェイクに自分との接し方を教える。

資金を得たジェイクらは、プライスの銀行の中からカモを探し、法人融資の副部長レオン・アッシュビー(ジョン・キャロル・リンチ)に目をつける。

リリーを連れて宝石店に向かったジェイクは、その場にいた見知らぬ紳士を騙し、彼女のサクラとしてのテストを行う。

特別捜査官ギュンター・ビュターン(アンディ・ガルシア)に監視されていたオマーとロイドは、かつてハメられたジェイクを逮捕するため協力をするよう言われる。

ジェイクとの関係は見逃すとビュターンに言われたオマーとロイドは、彼に従うしかなかった。

イメージを変えろと指示したリリーが、縁起の悪い赤毛にしたことを嘆くジェイクは、彼女を非難する。

気分を害したリリーはその場を去り、バーに向った彼女は、カウンターにいたレオンの隣に座り話をする。

仲間達と起ち上げようとしたビジネスが失敗したことをリリーから知らされたレオンは、彼女に惹かれて協力しようとも考える。

ジェイクらも現れ、リリーから食事に誘われたレオンは、彼らとの話で盛り上がり心を許し、自分がプライス信託銀行の法人融資担当副部長であることなどを話す。

ITバブルの崩壊で自分達のビジネス展開が難しい現状を語ったジェイクらだったが、レオンをその気にさせることに成功する。

店を出てゴードーらと別れたジェイクは、リリーを誘い愛し合う。

その後レオンは、融資を検討する段階でジェイクらから現金を受け取り、今後の自分の取り分を確認する。

ビュターンから、キングの仕事に絡むよう指示されたオマーとロイドは、連邦捜査官が動き出していることをジェイクに伝えて脅し、仲間に加わる。

ゴードーらにビュターンとの腐れ縁を話したジェイクは、危険過ぎると言って計画を中止しようとする。

それに納得できないリリーは報酬を要求するが、それをジェイクに拒まれ、彼を罵倒してその場を去る。

ルーパスからキングが許さないと言われたジェイクは、仕方なく計画を再開するものの、リリーは除外した。

それを知ったリリーはプライスに会い、ジェイクの計画を話す。

この件を調べて処置するよう、プライスは部下のトラヴィス(モリス・チェストナット)に命ずる。

計画は実行され、レオンは金を送金し、ベリーズの銀行でその小切手を受け取ったゴードーは、それを現金にする。

レオンは取り分が口座に入金されたことを確認し、ゴードーからの連絡を受けたジェイクは、ルーパスと共にアジトのバーに向かう。

現金を4人で山分けすることを考えたジェイクは、ルーパスがそれに乗ることを確認して、オマーとロイドにビュターンの監視を続けさせる。

オマーからそれを知らされたビュターンは、FBIに連絡して現金が届く空港に向かわせる。

計画が順調だとキングに連絡するようジェイクに言われたルーパスだったが、裏切りをボスに報告する。

ゴードーは空港の税関のチェックを受け、ビュターンはそれを確認する。

キングの指示を受けた部下のハーリン(タイニー・リスターJr.)は、トイレに入ったゴードーから荷物を奪う。

ルーパスがアルを殺したことを知ったジェイクは彼を殴り、二人は格闘になる。

車に戻ったハーリンに銃を向けたオマーとロイドだったが、駆けつけたFBIがその場を包囲する。

オマーとロイドは銃を向けられ、キングも逮捕される。

ハーリンが運んだ荷物の中身がヘロインだと知ったキングは、ジェイクにハメられたことに気づきながら連行される。

奪ったヘロインをさばこうと考えるオマーとロイドの録画ビデオをビュターンから渡されていたFBIは、それを二人に見せて逮捕する。

その様子を監視していたマイルスから連絡を受けたジェイクは、ルーパスに銃を向けられる。

キングが逮捕されたことをジェイクから知らされたルーパスは動揺する。

取り乱しそうになったルーパスは現れたトラヴィスに射殺され、リリーも姿を見せる。

トラヴィスに外に連れて行かれたジェイクは金の在りかを聞かれ、裏切られたことで恨むリリーに射殺される。

現金は税関ですり替えられ、税関の特別捜査官だったビュターンがそれを受け取る。

死んだ振りをしていたジェイクは、仲間だったビュターンが分け前を手にしたことを確認して、現金を受け取り別れる。

迎えに来たゴードーとマイルスの車に乗ったジェイクは計画成功を喜び、後部座席のリリーと愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロサンゼルス
詐欺師のジェイク・ヴィッグは、ゴードーやマイルスら仲間達と共に、ライオネルという男から金を騙し取る。
それが、裏社会の大物キングの金だと知ったジェイクは、本人に会い話をつけようとする。
大掛かりな詐欺を仕掛けて数倍の金額を返すことをキングに約束したジェイクは、ライバルの悪党で銀行家のプライスから金を奪うようキングに強要される。
監視役としてキングの部下ルーパスと、自分から財布を奪ったリリーを仲間に入れたジェイクは、プライスから500万ドルを奪う計画の準備を始めるのだが・・・。
__________

窮地に立った詐欺師集団の駆け引きをスタイリッシュに描く、ジェームズ・フォーリーの軽快な演出が見所の作品。

新旧の実力派スター豪華競演も注目で、個性を生かした役柄を、それぞれが楽しんで演じている様子が窺える痛快作でもある。

主人公がいきなり殺される冒頭は驚くが、詐欺師集団を描く作品であることを考えながら観ていると、全てが仕組まれているのだろうと分かる筋立てが見えてくる。
それを凝った演出と考えられるかどうかで観方が変わる作品でもある。

一流の詐欺師らしく、大物に脅されても全く動じない集団のリーダーを好演するエドワード・バーンズ、彼と愛し合うようになる仲間のレイチェル・ワイズ、同じく仲間のポール・ジアマッティブライアン・ヴァン・ホルト、それに加わる、キング(ダスティン・ホフマン)の部下フランキー・G、実は仲間だった特別捜査官アンディ・ガルシア、裏社会の大物を独特の個性で演ずるダスティン・ホフマン、そのライバルで悪党でもある銀行家ロバート・フォスター、その部下モリス・チェストナット、主人公と手を組む刑事ルイス・ガスマンドナル・ローグ、主人公の仲間ルイス・ロンバルディ、計画に加担させられる銀行員ジョン・キャロル・リンチ、キングの部下タイニー・リスターJr.、会計士リーランド・オーサーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター