マンハッタン無宿 Coogan’s Bluff (1968) 3/5 (25)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハーマン・ミラーの原作を基に製作された作品で、この後ヒット作を数多く世に出すことになる、製作、監督ドン・シーゲルと主演リント・イーストウッドのコンビ誕生となった記念すべき作品。
犯人引き渡しのためにニューヨークに来たアリゾナのはみ出し保安官補の活躍を描く、リー・J・コッブスーザン・クラーク他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ドン・シーゲル
製作:ドン・シーゲル

製作総指揮:リチャード・E・ライオンズ
原作:ハーマン・ミラー
脚本
ハーマン・ミラー

ディーン・リーズナー
ハワード・A・ロッドマン
撮影:バッド・サッカリー
編集:サム・E・ワックスマン
音楽:ラロ・シフリン

出演
クリント・イーストウッド:ウォルト・クーガン保安官補
リー・J・コッブ:マッケルロイ警部補
スーザン・クラーク:ジュリー・ロス
ドン・ストラウド:ジェームズ・リンガマン
ベティ・フィールド:エレン・リンガマン
ティシャ・スターリング:リニー・レヴン
トム・テューリー:マックレー保安官
メロディ・ジョンソン:ミリー
ジェームズ・エドワーズ:ウォレス
デヴィッド・ドイル:プッシー
シーモア・カッセル:ジョー
アルバート・パウエル:ディグビー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1968年製作 93分
公開
北米:1968年10月2日
日本:1969年2月
北米興行収入 $3,110,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アリゾナ
保安官補ウォルト・クーガン(クリント・イーストウッド)は、追跡中の先住民の犯罪者を、手荒な方法で捕える。

署に戻る途中クーガンは、 恋人ミリー(メロディ・ ジョンソン)の家に寄り愛し合おうとする。

クーガンの、悪人達も恐れる、強引で乱暴な捜査の手口と度重なる命令違反に、保安官のマックレー(トム・テューリー)は手を焼いていた。

保安官はクーガンを厄介払いするように、ニューヨークで捕らえられた凶悪犯ジェームズ・リンガマン(ドン・ストラウド)の身柄の引渡しのために、彼を現地に派遣する。

ニューヨーク
マンハッタンに着いたクーガンは、ニューヨーク市警の警部補マッケルロイ(リー・J・コッブ)の元を訪ねる。

クーガンは、早速、リンガマンの引渡しを要求するのだが、彼はLSD服用で入院中であり、マッケルロイに連絡待つよう言われる。

仕方なく引き上げようとしたクーガンは、保護観察官ジュリー・ロス(スーザン・クラーク)に絡もうとしていた、街のチンピラのジョー(シーモア・カッセル)を殴ってしまう。

ジョーに逃げられてしまったジュリーは憤慨するが、クーガンは彼女に謝罪して食事に誘う。

ジュリーのアパートに向かったクーガンは、彼女を強引に口説き始める。

厚かましいクーガンに、最初は戸惑うジュリーだったが、徐々に彼に心を許していく。

しかし、ジュリーに緊急の仕事が入ったため、クーガンは仕方なく立ち去り、安宿に部屋を取る。

翌日、マッケルロイを訪ねたクーガンは、リンガマンの引渡しを再び拒絶され追い払われる。

裁判所の許可を待てと言う、マッケルロイの指示を無視したクーガンは、リンガマンを病院から連れ出してしまう。

クーガンは、リンガマンと共にヘリコプターに乗るために、”パンナム・ビル”(現メットライフ・ビル)に向かう。

しかし、リンガマンは、恋人リニー・レヴン(ティシャ・スターリング)とプッシー(デヴィッド・ドイル)の手助けで、クーガンを襲い怪我を負わせ逃亡してしまう。

病院に運ばれ、マッケルロイにアリゾナに帰るよう言われたクーガンだったが、単独でリンガマンの捜索を始める。

クーガンは、リンガマンの母親エレン(ベティ・フィールド)を訪ね、リニーの手がかりをつかむ。

しかしクーガンは、既に張り込みをしていた、マッケルロイの部下ウォレス(ジェームズ・エドワーズ)らに連行されてしまう。

マッケルロイに、捜査妨害だと非難されたクーガンだったが、リンガマンが、母親の元に現れると思っている捜査こそが、見当違いだと指摘する。

マックレー保安官から、アリゾナに戻るよう連絡があったことを、マッケルロイはクーガンに伝えるが、彼はそれを不満に思いながら署を出る。

心の晴れないクーガンを見て、気を使ったジュリーは、彼を自宅に呼び食事をしようとする。

ジュリーはクーガンに心を許すが、彼はその場にあった資料から、リニーの所在を調べ彼女の元へと向かう。

クーガンはリニーを見つけ、彼女に言い寄りその場で愛し合い、リンガマンの居場所だというプッシーのバーに案内される。

しかし、リニーの罠にはめられたクーガンは、プッシーらに襲われ格闘となる。

プッシーを叩きのめし、リンガマンの居場所を吐かせようとしたクーガンだったが、警察の到着に気づき、その場から逃れる。

現場に現れたマッケルロイは、落ちていたテンガロンハットを見て、クーガンがその場にいたことを知る。

クーガンはホテルに戻るが、リニーの保釈がなくなり、彼女の部屋でのことなどを聞きショックを受けたジュリーが現れ、彼を非難する。
憤慨したクーガンはリニーを脅して、”フォート・トライオン・パーク”内の美術館”クロイスターズ”に案内させて、潜んでいたリンガマンを見つけ、追跡の末に捕らえる。

現場に現れたマッケルロイは、強引ではあるが、リンガマンを追い続けたクーガンの執念を買い、彼に正規の手続きを踏むよう納得させ、二人にはほのかな友情すら芽生える。

そして、マッケルロイとジュリーは、リンガマンをアリゾナに連行するクーガンを、”パンナム・ビル”屋上のヘリポートで見送る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アリゾナ
強引で手荒な手法を保安官に批判された保安官補ウォルト・クーガンは、捕らえられた凶悪犯リンガマンの引渡しをのためニューヨークに向かう。
市警のマッケルロイ警部補の元を訪ねたクーガンは、リンガマンがLSD服用で入院中だと知らされて相手にされない。
クーガンはマッケルロイの指示を無視し、リンガマンを病院から連れ出してアリゾナに戻ろうとする。
しかしリンガマンは、恋人リニーらの手助けでクーガンを襲い痛めつけて逃亡してしまう。
憤慨したマッケルロイは、捜査の妨害になるクーガンを非難しアリゾナに追い帰そうとする。
その後クーガンは、親しくなった保護監察官ジュリーの資料を基に、リニーを捜してリンガマンを捕らえようと強引な捜査を始めるのだが・・・。
__________

同じコンビの大ヒット作である「ダーティハリー」(1971)への布石とも言える内容は、ユニバーサルTVシリーズ「警部マクロード」を誕生させるきっかけにもなった。

警部マクロード」は、イーストウッドの起用予定だったが、「ダーティハリー」の企画が決まっていたために、主演はデニス・ウィーバーになった。

イーストウッド演ずるふてぶてしい型破りな主人公の魅力を十分活かした、ドン・シーゲルのメリハリのある演出は痛快でもある。

このコンビ作品には欠かせない、ラロ・シフリンの音楽は、3年後の「ダーティハリー」のメロディーと、ウエスタン調を合体させた小気味好さだ。

主演のクリント・イーストウッドは、若々しく甘いマスクにテンガロンハットとウエスタンブーツで周囲の目も気にせず、背筋を伸ばした長身でニューヨークを颯爽と歩く姿は実に凛々しい。

傲慢で情け無用の一匹狼が、世話になった警部補に、”勉強になった”と言い残し、連行する犯人に情を見せたりするラストもなかなかいい。

タバコが苦手なイーストウッドに無理矢理に吸わせているとことなどはご愛嬌で、「ダーティハリー」(1971)でも使うサングラス姿は、ふてぶてしい主人公を印象付ける最高の小道具だ。

主人公を厄介者扱いする警部補役の名優リー・J・コッブの存在が、本作に重みを加えている。

同じくベテラン、ベティ・フィールドの、曲者の主人公を手玉に取ろうとする犯人の母親役も印象に残る。

やや地味な存在、保護観察官のスーザン・クラーク、長身のイーストウッドと並ぶと子供のようなティシャ・スターリングが、小悪魔的な魅力で好演している。

T・スターリングは、ロバート・スターリングアン・サザーンの娘。

凶悪犯には見えないドン・ストラウドだったが、4年後「シノーラ」(1972)でもイーストウッドと再び共演する。

気になるのは、クーガンがアリゾナで、保安官のトム・テューリーから出張を命ぜられる警察署のシーンがカットされてしまっていること。
恋人といちゃついていたクーガンが、突然マンハッタンに向かうヘリコプターに乗っているシーンに変わってしまうのが実に不自然だし、この保安官とのやり取りがまた面白いのだが・・・。

私が、1970年代初頭にテレビ観賞した際には、このシーンが挿入されていたのだが・・・。

1991年に破産したパンナムの本社ビルが、街の象徴として登場するのも興味深い。
(現在メットライフ・ビル)

主人公のアリゾナの恋人メロディ・ジョンソン、張り込みを邪魔される刑事ジェームズ・エドワーズ、リンガマン(D・ストラウド)の仲間のデヴィッド・ドイル(TVシリーズチャーリーズ・エンジェル”のボスレー役)、保護観察下の若者シーモア・カッセル、その後イーストウッド作品(「ダーティハリー」シリーズ)の常連となるアルバート・パウエルが、クラブで彼に絡む役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター