コップ・アウト Cop Out (2010) 3.52/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベテラン刑事が、妻の浮気疑惑に悩む相棒と共に麻薬組織の陰謀が絡む事件に巻き込まれる騒動を描く、監督、編集ケヴィン・スミス、主演ブルース・ウィリストレイシー・モーガン他共演のアクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ケヴィン・スミス
製作総指揮:アダム・シーゲル
製作
マーク・プラット

マイケル・F・タドロス
ポリー・ジョンセン
脚本
ロブ・カレン

マーク・カレン
撮影:デイヴ・クライン
編集:ケヴィン・スミス
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー

出演
ジェームズ“ジミー”モンロー:ブルース・ウィリス

ポール・ホッジス:トレイシー・モーガン
デイヴ:ショーン・ウィリアム・スコット
バリー・マンゴールド:アダム・ブロディ
ハンサカー:ケヴィン・ポラック
ロイ:ジェイソン・リー
エヴァ・モンロー:ミシェル・トラクテンバーグ
デビー・ホッジス:ラシダ・ジョーンズ
ポー・ボーイ:ギレルモ・ディアス
フアン・ディアス:コリー・フェルナンデス
ガブリエラ:アナ・デ・ラ・レゲラ

ラウル:フアン・カルロス・エルナンデス
パム:フランシー・スウィフト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 107分
公開
北米:2010年2月26日
日本:2010年9月4日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $44,867,350
世界 $55,583,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク市警のベテラン刑事ジェームズ“ジミー”モンロー(ブルース・ウィリス)と相棒のポール・ホッジス(トレイシー・モーガン)は、追っていたギャングのフアン・ディアス(コリー・フェルナンデス)を取り逃がし、30日間の無給停職を言い渡される。

ジミーは、娘エヴァ(ミシェル・トラクテンバーグ)の結婚式を控えていたが、4万8000ドルもの結婚費用がかかることを知らされる。

元妻パム(フランシー・スウィフト)の再婚相手ロイ(ジェイソン・リー)は、ジミーにそれを支払う能力がないと判断し、自分が負担しようとする。

プライドを傷つけられたジミーはそれを断り、エヴァに盛大な結婚式を挙げさせることを約束する。

一方、ポールは妻デビー(ラシダ・ジョーンズ)の浮気を疑い始め、ぬいぐるみに隠したカメラで彼女を監視する。

何とか結婚式の費用を捻出するために、ジミーは”アンディ・パフコ”の秘蔵のベースボール・カードを売りさばこうとする。

しかし、ジミーはカードを売ろうとしていた店で強盗に襲われてしまう。

店の外にいたポールは、デビーに電話中で強盗に気づかず、ジミーのカードも奪われてしまう。

ジミーは強盗のタトゥーを覚えていたことから、犯人のデイヴ(ショーン・ウィリアム・スコット)を捕らえる。

デイヴを締め上げたジミーとポールは、メキシカン・ギャングのポー・ボーイ(ギレルモ・ディアス)に、カードが渡ったことを知る。

ベースボール・コレクターだったポー・ボーイは、交換条件として、盗まれたメルセデスを捜すようジミーとポールに伝える。

弁護士が車を手に入れたことを突き止めたジミーとポールは、その車を奪うが、ポー・ボーイの弟フアンに襲われてしまう。

フアンの追跡を振り切ったジミーとポールは、車のトランクの中にいた、ガブリエラ(アナ・デ・ラ・レゲラ)という女性に気づく。

その頃、不審な他殺体を調べていた、ジミーの同僚のバリー・マンゴールド(アダム・ブロディ)とハンサカー(ケヴィン・ポラック)は、殺された男が所持していた拳銃がポールの物だと知る。

ジミーとポールは、ガブリエラがメキシコの麻薬王の愛人で、ポー・ボーイの手下に誘拐されたことを知る。

オールは、家によって隠しカメラを持ち出すが、それを見る勇気がなく、ジミーに確認してもらう。

ジミーは、デビーが浮気している映像を確認するが、何もなかったと言ってポールを安心させる。

その後、モーテルの部屋に戻ったジミーは、ハンサカーからの電話で、ポールが汚職警官で殺人犯でもあると言われる。

バーで、ハンサカーとマンゴールドに会ったジミーは、ポールの銃を持っていたのが、自分達を追う途中に死んだフアンで、最初に取り逃がした犯人だと知らされる。

そして、フアンの兄ポー・ボーイが麻薬組織の拡大を企み、警官にワイロも渡していたのだった。

ポールを裏切る気のないジミーは、情報を求めるハンサカーらを脅してその場を立ち去る。

フアンの葬儀の時間を調べ、モーテルに戻ったジミーは、ポールがビデオを見てしまったことを知る。

ショックで泣いていたポールは、ガブリエラが逃亡したのに気づかず、彼女はUSBメモリーを残していた。

その中には、麻薬王の銀行口座と取引先のデータが入っていて、それをポー・ボーイが狙っていたことが分かる。

ジミーは、拘留されていたデイヴを保釈させ、ポー・ボーイが葬儀に出席する間に家に侵入し、カードを奪い返す手助けをさせようとする。

しかし、デイヴはポー・ボーイの家に侵入するのに失敗して、屋根から落下して死んでしまう。

仕方なくジミーが家に侵入するが、その間ポールは、デビーがゲイのいとこと、自分を騙してビデオ撮影していたことが分かり安堵する。

ポー・ボーイは、ガブリエラを捕らえて家に戻るが、ポールはUSBと引き換えに、彼女とカードを渡すよう要求する。

その後、ハンサカーとマンゴールドが現れ、ポー・ボーイ一味とジミーとポールを含めた銃撃戦となる。

ジミーとポールは、ガブリエラに銃を向けるポー・ボーイを射殺して、事件は解決する。

ガブリエラは、銃弾を浴びながらも自分を救ってくれたポールに感謝し、証人として警察に向かう。

ポー・ボーイの遺体からカードを見つけたジミーは、それがポールの弾丸で撃ち抜かれていることを知る。

結局、エヴァの結婚式の費用はロイが出すことになり、ジミーは彼を立てるようにパムに強要される。

そして、神父による誓いの言葉が始まるが、ポールはロイに銃を突きつけ、エヴァの元にジミーを向かわせる。
__________

安置所に運ばれたデイヴの遺体だったが、検死官が異変に気づき死体バッグを開けると、生きていた彼が起き上がる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
NY市警のベテラン刑事ジェームズ“ジミー”モンローは、捜査ミスで相棒ポールと共に1ヶ月の無給停職になってしまう。
娘エヴァの結婚資金がいるジミーは、”アンディ・パフコ”の秘蔵のベースボールカードを、仕方なく売りさばこうとする。
しかし、ジミーはカードを売ろうとしていた店で強盗に遭ってしまい、カードが奪われてしまう。
妻デビーの浮気疑惑で悩むポールと共に、カードの行方を追うジミーは、メキシカン・ギャングのポー・ボーイに、それが渡ったことを知る。
ポー・ボーイは、カードを渡す代わりに、盗まれた車を捜すようジミーに要求する。
車を捜し出したジミーとポールだったが、やがて2人は、麻薬組織の絡む犯罪事件に巻き込まれてしまう・・・。
__________

大スターのブルース・ウィリスと”サタデー・ナイトライブ”で人気者になったコメディアン、トレイシー・モーガンによる、凸凹コンビが繰り広げる痛快刑事アクション。

ベテラン刑事らしくクールなブルース・ウィリスと、ジョークを連発するユーモラスなトレイシー・モーガン、人間味のある双方のやり取りが楽しめる作品。

スピーディーなケヴィン・スミスの演出は、泣き笑いを取り混ぜ無難な仕上がりを見せているが、大物ブルース・ウィリスの出演にも拘らず、興行的には成功しなかった。

北米興行収入 $44,867,350
世界 $55,583,800

ジョークの中で、映画作品のネタが多く登場するので、それを知っていると結構楽しい。

同僚刑事のケヴィン・ポラックが、得意の物真似で、一瞬ロバート・デ・ニーロの表情を真似するところなども面白い。

貴重なベース・ボールカードを奪う、破天荒な強盗のショーン・ウィリアム・スコット、主人公の同僚アダム・ブロディケヴィン・ポラック、主人公の元妻役のフランシー・スウィフト、その再婚相手ジェイソン・リー、娘役のミシェル・トラクテンバーグ、ポール(T・モーガン)の妻役のラシダ・ジョーンズ、メキシカン・ギャングのボス役のギレルモ・ディアス、その弟役コリー・フェルナンデス、彼らが誘拐する麻薬王の愛人アナ・デ・ラ・レゲラなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター